ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

52万!DQMSLランキングクエスト「女王の試練」でハイスコアが40万ポイントに届いた際の、私のパーティと装備と戦い方を紹介します(追記あり)

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)では、2020年3月31日から「ランキングクエスト」が再び始まりました。

 

2020年3月31日から、ランキングクエストは「女王の試練」が展開されました。

今回も到達ハイスコア40万ポイントを稼ぐことが個人的な目標になりそうです。

記事作成時点で40万ポイントに到達することができました。

40万ポイントに到達した際の、私のパーティ編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

攻略情報を見てしまっています。

目新しさはありません。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「ランキングクエスト」

2020年1月20日からDQMSLでは「ランキングクエスト」なる新コンテンツが実装されました。

1ヶ月ほどですか、展開された後はしばらくの間、ランキングクエストは中断されていました。

中断期間をおいた2020年3月31日から、再びランキングクエストが展開されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) からの告知ツイートです。

 

ひとりで冒険に新コンテンツ「ランキングクエスト」が登場!

ランキングクエストは、全国のモンスターマスターたちと攻略のウデを競い合う新しいクエスト!
キミだけの攻略方法を見つけ、最強のモンスターマスターを目指そう!


[ ランキングクエストの特徴 ]
■新感覚のボスバトル!
ランキングクエストは、今までにない能力を持つボスたちに挑戦したり、特別なルールで戦うクエストだ!
今後もさまざまなモンスターやバトルのルールが登場予定!
新しいボスバトルを体験しよう!

■練習バトルでウデをみがいて本番バトルに挑戦!
ランキングクエストには、本番バトルと練習バトルの2つのクエストがあるぞ!
本番バトルは、「歯車のカギ」を1本消費するかわりに、達成したハイスコアに応じて報酬を獲得でき、ランキング集計の対象に!
練習バトルは、「歯車のカギ」を消費せず、本番バトルと同じモンスターと戦うことができるぞ!
練習バトルで色々なパーティを試して、本番バトルでハイスコアを狙おう!

「歯車のカギ」の詳細は<こちら>!

■ハイスコア達成で豪華報酬!
クエスト終了後、与えたダメージなどでスコアが算出されるぞ!
達成したハイスコアに応じて「ランキングメダル」などの報酬が手に入る!
手に入れたランキングメダルは、豪華報酬と交換しよう!
ランキング上位に入るとさらなる報酬も…!?

報酬の詳細は<こちら>!

■スコアを倍増させる「オーダー」!
ハイスコア達成のカギをにぎるのは、ランキングクエストの番人「レコードマシン」から出題される「オーダー」!
「オーダー」の達成に応じてスコアがアップするぞ!
意外なモンスターがオーダー達成に活躍するかも…!?

※オーダーはミッションとは異なり、クエスト挑戦ごとに達成状況がリセットされます。

 

基本的な情報は上記引用部に書かれているとおりです。  

 

ランキングクエストは、メイン画面の「冒険する」→「ひとりで冒険」→「ランキングクエスト」を選択することで遊ぶことができます。

 

女王の試練

2020年4月度のランキングクエストは「女王の試練」です。

 

DQMSL

  • クエスト名:女王の試練
  • 目標平均レベル:70

 

目標平均レベルは70ですから、敵はそこまで強くないです。

 

開催期間

開催期間についてです。

 


[ 開催期間 ]
4月シーズンのランキングクエストは全2回開催されます。
それぞれの開催期間は、下記のとおりです。

■第4回ランキングクエスト「女王の試練」
2020年3月31日(火)12時00分 ~ 2020年4月8日(水)9時59分

■第5回ランキングクエスト「決戦!幻魔王」
2020年4月8日(水)15時00分 ~ 2020年4月15日(水)3時59分

※各開催期間終了日の終了時刻 ~ 14時59分は集計期間です。
※集計期間の終了後にランキングクエスト画面に移動することでランキング報酬を獲得できます。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

2020年3月31日火曜日12時00分から2020年4月8日水曜日09時59分までは「女王の試練」が展開されます。

 

ランキングクエスト「女王の試練」内には「練習バトル」と「本番バトル」の2つのクエストがあります。

メインは「本番バトル」です。

 

本番バトル

ランキングクエストの「本番バトル」についてです。

 

DQMSL

  • クエスト名:本番バトル
  • 目標レベル:70
  • 消費スタミナ:5

 

本番バトルは目標レベルが70です。

 

本番バトルを冒険するためには「歯車のカギ」が1本必要です。

歯車のカギは「冒険スタンプ」にて毎日3本ずつ配布されます。

つまり冒険の回数が限られているということ。

目標の到達ハイスコアを出せたら、デイリーミッション分の1日1個のみ使って、後は貯めて置くのもあり。


ランキングクエストには「練習バトル」があります。

練習バトルは消費スタミナも0ですし、「歯車のカギ」も必要ありません。

なので「練習バトルでパーティメンバーや装備、戦い方を試す→本番バトルに挑む→傾向と対策を練って練習バトル→本番バトル」という流れが基本になるでしょう。

 

達成ハイスコア40万を目指せ!

ランキングクエストには「達成ハイスコア」なるものがあります。

プレイヤーがランキングクエストの本番バトルを終えるとスコアが出、達成したハイスコアの数値に応じて報酬が用意されています。

 

DQMSL

画像が報酬リストです。

 

40万ポイントの報酬が「とくぎバイブル」です。

私が目指すハイスコアは40万ポイントになります。

 

どうすればハイスコアを出せるか?

そもそもランキングクエストのスコアはどのように算出されているのでしょうか?

 

5ラウンド以内に、より多くのダメージを与えることでスコアがアップするぞ!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

ランキングクエストの敵は5ラウンドいっぱいで立ち去ってしまいます。

戦闘が強制的に終わるということ。

 

ボスが立ち去るまで、言い換えると5ラウンド終了までの間に、味方のモンスターがボスに対してどれだけのダメージを与えられるか、です。

1バトルでどれだけの総・与ダメージを出すことができるか。

 

道中

道中についてです。

「ランキングクエスト」に道中はありません。

 

ボス

ボスについてです。

ランキングクエスト「女王の試練」はボス戦を1戦行うだけのクエストになります。

 

DQMSL

ボスは「魔女マガルギ」です。

 

「幻魔の炎柱」と「幻魔の氷柱」が随伴。

随伴はいずれもマガルギへのバフをしてきますので厄介です。

 

40万ポイント到達

「達成ハイスコア」が40万ポイント以上出ました。

 

DQMSL

このたび40万以上のスコアを出すことができました。

 

合計ダメージが237,952で、最大ダメージが23,403。

獲得ポイント420,612ptでした。

 

ここから追記:

 

DQMSL

その後「523,915pt」まで出ました。

パーティや装備、戦い方は全く同じです。

 

練習では55万まで出ています。

サポートの厳選(超ピサロ+宝珠装備)や、マガルギの攻撃が分散するor痛恨が出ないなど、条件が整えば50万以上は行けそうです。

 

:ここまで追記

 

DQMSL

暫定順位は上位10%。

 

DQMSL

DQMSL

40万ポイント出したときの獲得報酬が画像です。

「ふくびき券スーパー 10枚」と「とくぎバイブル 4体」などをゲット。

ありがとうございます。

 

攻略パーティ

ランキングクエスト「女王の試練」で40万ポイントを出したときの、攻略パーティと特技、装備、戦い方などを紹介します。

 

攻略を見てしまっています。

 

パーティ

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「闇の覇者りゅうおう、エスターク☆3、ダークドレアム☆4、オルゴ・デミーラ☆3、デビルパピヨン☆4+4、サポート:剣神ピサロ」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

闇の覇者りゅうおうのリーダー特性は「全系統の攻撃力を25%アップ」。

 

便宜上、闇の覇者りゅうおうは以降「超竜王」、剣神ピサロは「超ピサロ」と呼びます。

 

今回は物理パーティですね。

オルゴは人型です。

 

DQMSL

サポートさんからは「超ピサロ」をお借りしました。

「クエストお助け隊」の「超ピサロ」です。

 

特技

特技の構成です。

 

  • 超竜王:邪悪なともしび+3(竜の炎)、正体をあらわす+1(竜牙)、蘇生封じの術+1、覇者の怒り+1
  • エスターク:必殺の一撃+3、帝王のかまえ+3、いてつくはどう+3、ピオリム+3
  • ドレアム:真・魔神の絶技+3、すさまじいオーラ+3、魔神の構え+3、ベホマ
  • オルゴ・デミーラ:おぞましいカマ+3、天地邪砲+3、身も凍るおたけび+3、フバーハ+1
  • デビルパピヨン:どくがの粉、蝶の舞い+1、マホターン+1、ぎゃくふう
  • (サ)超ピサロ:裂空の一撃+3、葬送の剣技+3、いてつく眼光+3、ソウルブレイカー+3

 

以上です。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • 超竜王:クインキラー+5
  • エスターク:フレイムブレイカー+5
  • ドレアム:クインキラー+5
  • オルゴ・デミーラ:クインキラー+5
  • デビルパピヨン:呪われし盾+7

 

以上です。

 

エスタークのみ「幻魔の炎柱」に当てたいのでフレイムブレイカー。

他のアタッカーは皆「マガルギ」に特攻がついているクインキラー。

デビルパピヨンは素早さ下げ。

ネット情報のまんまですね。

 

宝珠そうび

「クインキラー」などは「宝珠そうび」と呼ぶそうです。

宝珠そうびは「宝珠」画面内で、「銀の宝珠」との交換で手に入ります。

「宝珠」画面へはメイン画面→「ショップ」→「交換所」→「宝珠」の順に選択します。

「宝珠」画面ではプラスなしの宝珠そうびと、+5の宝珠そうびがリストアップされています。

 

宝珠そうびと交換できる銀の宝珠は、「モンスターの地図」を売ることで獲得できます。

モンスター地図を売るためには、メイン画面「モンスター」→「まほうの地図」→「まほうの地図を売る」の順に選択します。

「まほうの地図を売る」画面にて、売ると「宝珠」を獲得できるモンスターがわかるようになっていますので、その中から任意に選択して売却することで銀の宝珠を獲得できます。

 

スキルのたね

「スキルのたね」による強化についてです。

 

今回のために改めて種振りはしませんでした。

デビルパピヨンの他は全て「素早さ」と「攻撃力」、専用の項目があればそちらにも振ってあります。

 

立ち回り

立ち回りです。

 

超竜王は変身するまで「覇者の怒り」。

変身したら「竜牙」、マガルギへ。

 

エスタークは「必殺の一撃」、左の炎柱へ。

柱が両方とも倒れたらもちろんマガルギへ。

 

ドレアムは「真・魔神の絶技」、右の氷柱へ。

柱が両方とも倒れたらもちろんマガルギへ。

 

オルゴは「おぞましいカマ」、右の氷柱へ。

柱が両方とも倒れたらもちろんマガルギへ。

 

1体飛んで、サポートの超ピサロは「裂空の一撃」、右の氷柱へ。

柱が両方とも倒れたらもちろんマガルギへ。

 

最後はデビルパピヨンです。

デビルパピヨンは今回、立ち回りの鍵を握るモンスターです。

 

DQMSL

マガルギは初手で「回復封じの息」をします。

なのでデビルパピヨンは「ぎゃくふう」で息を反射をします。

 

DQMSL

また、マガルギは1ターン目と2ターン目に「氷獄招来」。

3ターン目からは「氷獄招来」に加え「獄炎招来」もしてきます。

柱のバフが入ってからの2種の招来は非常に強力です。

 

DQMSL

デビルパピヨンには「マホターン」をしてもらいます。

招来は全体ランダムの呪文ですので、マホターンで反射をします。

 

以上のような立ち回りをしていたでしょうか。

 

ネオ・ドークとメカバーン

私は最初、自力で始めたときは、オルゴ・デミーラを「ネオ・ドーク」、デビルパピヨンを「メカバーン」にしていました。

 

マガルギは2ターン目に「冥界の門」をしてきます。

冥界の門は無属性の全体ダメージ+攻撃力と賢さデバフの体技です。

ネオ・ドークの「ぬすっと返し」で体技を反射して、他のタイミングでは「奈落の風」をしてバギ系呪文ダメージを入れていました。

確かに体技は反射できるのでその点では良かったのですが、奈落の風では効果的なダメージを入れられなかったです。

 

メカバーンは「つねにマホカンタ」の耐性持ちです。

「におうだち」と組み合わせれば、2種招来は完封できるかなと思っての採用でした。

しかし、少なくとも私のメカバーンでは、呪文の他の攻撃、例えば息や通常攻撃に耐えきれずに、2ラウンド目には倒されてしまいます。

3ラウンド目以降は守る術を失い、身をさらしてしまっていました。

 

結果として自力では40万ポイントにはたどり着けず、ネット情報に頼った次第です。

 

おわりに

ということで、DQMSLランキングクエスト「女王の試練」でハイスコアが40万ポイントに届いた際の、私のパーティと装備と戦い方を紹介した記事でした。

  

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D - 3DS

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D - 3DS

 

 

スポンサーリンク