ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

ほぼ安定。DQMSL「竜王城攻略」を周回しているパーティメンバーや装備、特技、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、2020年2月28日から期間限定の特別クエスト「レジェンドクエスト ドラゴンクエストⅠ」が復刻されています。

 

今回の「レジェンドクエストⅠ」復刻と同時に「魔王城攻略」なるクエストが追加されていました。

この記事では「魔王城攻略」のうち「竜王城攻略」を扱います。

竜王城攻略のほぼ安定した周回ができるようになりました。

周回中に、竜王城攻略に設定されているミッションのうち「経過ラウンド3以下でクリア」を達成することもできました。

「闇の覇者りゅうおう」のほぼ安定周回と3ラウンド撃破を達成した際の、私のパーティや装備、特技の構成、戦い方などを紹介します。

 

ネットの攻略情報を見てしまっています。

なので情報に目新しさは一切ないでしょう。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「レジェンドクエスト ドラゴンクエストⅠ」

2020年2月28日から、DQMSLでは期間限定の特別クエスト「レジェンドクエスト ドラゴンクエストⅠ」が復刻されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) の告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

「レジェンドクエスト ドラゴンクエストⅠ」は定期的に復刻される期間限定クエストの一つです。

 

「魔王城攻略」

今回の「レジェンドクエストⅠ」の復刻から、「魔王城攻略」なるクエストが追加実装されています。

 

レジェンドクエスト ドラゴンクエストI「魔王城攻略」開催!!

[ 開催期間 ]
2020年2月28日(金)12時00分 〜 2020年3月16日(月)14時59分

[ 対象クエスト ]
■ひとりで冒険
期間限定クエスト「竜のすみか攻略」
・竜のすみか攻略
期間限定クエスト「メルキド攻略」
・メルキド攻略
期間限定クエスト「竜王城攻略」
・竜王城攻略

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

「魔王城攻略」には「竜のすみか攻略」と「メルキド攻略」と「竜王城攻略」の3つのクエストがあるようです。

3クエストのうち今回は「竜王城攻略」を取り扱います。

 

dysdis.hatenablog.com

 

3つのクエストを解放するための条件はそれぞれ異なります。

以前の当ブログの記事に書いていますのでご覧になってください。

 

「竜王城攻略」

「魔王城攻略」のうち「竜王城攻略」についてです。

 

概要

DQMSL

  • クエスト名:竜王城攻略
  • 目標平均レベル:90
  • スタミナ:5

 

目標平均レベル「90」ですから通常攻略から難しくなっています。

消費スタミナは「5」、初回挑戦時のみ「0」。

 

ミッション

DQMSL

f:id:dysdis:20200229081931j:plain

  • 闇の覇者りゅうおうを撃破してクリア:報酬「覇者の首飾1個」
  • 経過ラウンド7以下でクリア:報酬「覇者強化の首飾+2 1個」
  • 経過ラウンド5以下でクリア:報酬「覇者強化の首飾+2 1個」
  • 経過ラウンド3以下でクリア:報酬「りゅうおうエッグ 1体」

 

ミッションは4つ用意されています。

 

dysdis.hatenablog.com

 

以前、「経過ラウンド3以下でクリア」の他のミッションについては、以前当ブログで記事にしています。

 

討伐リスト

DQMSL

討伐リストは「覇者の首飾」を強化する「覇者強化の首飾」などです。

さらに、本クエストのボスを倒すと「覇者強化の首飾」だけでなく新装備「ロトのよろい 」を強化する「ロト強化のよろい」もドロップします。

これらの装備を強化するためには周回が必要です。

 

道中

「竜王城攻略」は道中戦が2戦あります。

「経過ラウンド3以下でクリア」は道中雑魚戦のラウンド数もカウントすると思われます。

経過3ラウンド以下のミッションを達成させたい場合、雑魚戦は戦わないようにしましょう。

 

雑魚戦があるマスの先に「せかいじゅのは」などのHP・MP回復、蘇生アイテムが配置されています。

勝てないと道具に頼りたくなるので欲しい気持ちはわかります。

私も当初は道具を取りに行っていました。

しかし、本クエストはアイテムは無くともクリアできますから、あえて雑魚戦を戦う必要はないでしょう。

 

ボス戦

DQMSL
ボス戦は「闇の覇者りゅうおう」と「死神の騎士」と「ダースドラゴン」の3体編成です。

 

DQMSL

「りゅうおう」は開幕からいきなり「竜王」へ変身します。

 

随伴は死神の騎士が「マジックバリア」、ダースドラゴンが「ブレスブレイク」でしたか、耐性の強化や弱体をしてきたはずです。

随伴をどれだけ早く倒せるか。

これが「経過ラウンド3以下でクリア」達成のための大きな分かれ目になります。

 

竜王城攻略の安定周回パーティ・装備・戦い方

「竜王城攻略」をほぼ安定周回している、私の攻略パーティ編成と装備、作戦、戦い方を紹介します。

同じパーティで「経過ラウンド3以下でクリア」も達成できています。

 

ネット情報をヒントに構成したパーティになります。

目新しいところはありません。

 

パーティ

パーティについてです。

 

DQMSL

メンバーは「全てを滅ぼす者ゾーマ、魔王オムド・レクス☆1、戦帝アックル☆2、魔女グレイツェル☆1、ランプの魔王※3、サポート:全てを滅ぼす者ゾーマ」の6体でした。

新生転生が実装されているモンスターは全て転生しています。

 

サポートは超魔王系の「全てを滅ぼす者ゾーマ」にお願いしています。

貸してくださりありがとうございます。

 

呪文パーティですね。

 

特技

特技についてです。

 

  • 超ゾーマ:滅びの呪文(氷獄招来)、絶望の霧氷+1(闇をまとう)、真・ジゴスパーク、爆裂のこだま+1
  • オムド・レクス:裁きの構え+2、時の秘術+3、リバース・改+2、ジャッジメント
  • アックル:マヒャドストーム+1、ブリザード+1、いてつくはどう、息よそく
  • グレイツェル:冷酷な氷撃、魔女のワルツ+1、プチマダンテ、マジックバリア+1
  • ランプの魔王:バギマータ+1、ぶきみな風、ベホマラー、ぎゃくふう+2

 

以上です。

ランプの魔王の「ぎゃくふう」が重要。

 

装備

装備についてです。

 

DQMSL

  • 超ゾーマ:グラコスのヤリ+6
  • オムド・レクス:プラチナシールド+8
  • アックル:うみなりの杖
  • グレイツェル:うみなりの杖
  • ランプの魔王:メタルキングの盾+7

 

以上です。

 

ランプの魔王の「ぎゃくふう」が非常に大切と思います。

痛恨の一撃を食らって倒されることが怖いので、会心ガードのついた「メタルキングの盾」です。

オムドには、メラ系息ダメージ40%減とメラ耐性1ランクアップがつく「プラチナシールド」を。

 

戦い方

戦い方についてです。

 

道中

道中の戦い方です。

道中は戦いません。

戦闘マスに行かない。

 

ボス戦

ボス戦の戦い方です。

 

自前もサポートも、超ゾーマは初手「滅びの呪文」、死神の騎士へ。

1ラウンド目に雑魚1体を倒せると3ラウンドクリアの道が開けます。

 

DQMSL

衣がはがれたら「氷獄招来」、雑魚から。

随伴を2体とも2ラウンド内に倒したい。

全体ランダムのため、超竜王にもできるだけダメージを与えたい。

 

DQMSL

オムド・レクスは初手「リバース・改」。

リバース・改の内容は「戦闘中1回 全体にリバース効果 味方の素早さを下げる」。

リバース環境では素早さが「逆転」します。

早く動く超竜王が遅くなるということ。

なので超竜王より遅い味方モンスターは全員、リバース環境下では超竜王より早く動けるようになります。

 

2手目以降は「ジャッジメント」でお茶を濁したり、味方が倒されたら「時の秘術」で蘇生したり。

時の秘術は、味方を復活した上でリザオラルがかかるため、戦闘の役に立ちます。

 

アックルは「マヒャドストーム」のみ、超竜王へ。

超竜王は無属性無効です。

そのため後述するグレイツェルの「魔女のワルツ」は効きません。

「魔女のワルツ」の代わりに超竜王の呪文耐性デバフを入れる役が必要です。

マヒャドストームには呪文耐性デバフがつきます。

超竜王の呪文耐性を下げるためには、アックルがどうしても欲しいです。

しかし、マヒャドストームの呪文耐性デバフは確定ではなく確率みたいです。

確実性はどうしても落ちてしまう。

初手・2手目のマヒャドストームで超竜王に呪文耐性デバフが2段階入れば、3ラウンド撃破への道が開けてくるでしょう。

 

グレイツェルは初手「魔女のワルツ」、随伴のどちらかへ。

魔女のワルツは無属性呪文で、当たった相手の呪文耐性を確定で1段階下げます。

できれば初手のワルツで随伴の呪文耐性デバフを2段階入れたいです。

1ラウンド目に少なくとも随伴のどちらかにデバフが2段階入らないと、3ラウンド以内のミッションクリアは厳しいでしょう。

2手目が「冷酷な氷撃」、超竜王へ。

「冷酷な氷撃」は相手のヒャド耐性を下げます。

味方の氷獄招来やマヒャドストームの通りを良くします。

初手の呪文耐性デバフの入りが悪い場合は、2手目もワルツをする場合があります。

 

ランプの魔王は初手「バギマータ」、私は死神の騎士へ。

 

DQMSL

2手目と3手目は「ぎゃくふう」。

内容は「1ターン味方全体にかかる息攻撃をはね返す」。

 

例外は3ラウンド目で倒しきれそうな場合です。

3ラウンド目の超竜王の行動前に倒しきれると判断できれば、「ぎゃくふう」ではなく「バギマータ」を撃って呪文連携を取ります。

 

DQMSL

DQMSL

敵のブレス攻撃が強烈です。

超竜王が「しゃくねつ」を撃ってきます。

ダースドラゴンも「れんごく火球」や「しゃくねつ」を撃ってきます。

それらを反射するために「ランプの魔王」の「ぎゃくふう」が必要になります。

 

以上のように戦っているでしょうか。

 

行動順

行動順も大事かもしれないですね。

特に「経過ラウンド3以下でクリア」ミッションを達成させるなら。

 

死神の騎士をいかに1ラウンド目で倒せるかが重要かもしれないと、先ほど書いたかと思います。

実現のためには、初手でグレイツェルが超ゾーマより先に動いてデバフを入れることが重要になってきそうです。

 

「スキルのたね」で素早さを調整する。

サポートをお願いする超ゾーマも選ぶときに素早さがどれほどかをチェックする。

この作業はしておいた方が良いかもしれません。

 

ほぼ安定

全滅をすることはほぼありません。

紹介しているパーティや装備、戦い方にしてから10周以上しています。

「ほぼ」と書いていますがこのやり方なら全滅は一度もないですね。

といっても試行回数がまだ10〜15周くらいで物足りないです。

試行回数を増やせば事故もあり得るかなと「ほぼ安定」と書いています。

 

全滅するケースは、アックルとグレイツェルの呪文耐性デバフの入りが悪いときでしょう。

特にアックルのマヒャドストームは確率なので、入らないときは本当入らないです。

デバフが入らないとダメージも入りにくくなり、随伴を倒すのに手こずってバフを入れられ、そうこうしているうちにランプやオムドが倒され、「ぎゃくふう」を撃てずに半壊してしまい立て直せなくなる。

そういうパターンが多そうです。

 

会心(痛恨)で落とされないために「メタルキングの盾」を装備させると良いでしょう。

2個持っている方はどちらにも装備させたいくらい。

私を含む多くのユーザーさんは1個以下しか持っていないと思います。

私は1つ持っているのでランプに装備させています。

 

経過ラウンド3以下でクリアをクリア

周回している中で、3ラウンドで倒せる機会もありました。

 

DQMSL

画像が3ラウンドで倒せたときのもの。

DQMSL

ボス戦を3ラウンドで倒したので「経過ラウンド3以下でクリア」のミッションを達成できました。

ミッションコンプリートです。

 

おわりに

ということで、「魔王城攻略」のうち「竜王城攻略」をほぼ安定した周回ができるようになった、パーティメンバーや装備、特技、戦い方についての記事でした。

 

 

スポンサーリンク