ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

カイザー到達!DQMSLマスターズGP「帝王杯」第3回ウェイト140以下で「エスターク1」昇格できた、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、対人戦となる闘技場「マスターズGP」にて2019年10月14日から「帝王杯」の第3回が開催されています。

 

帝王杯の第3回は「ウェイト140以下制限」です。

通常でいうカイザー帯である「エスターク」に昇格できました。

エスターク1に昇格した際の、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「帝王杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では「帝王杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による「帝王杯」の告知です。

 

  • 第1回:2019年09月30日月曜日19時00分~2019年10月07日月曜日09時59分
  • 第2回:2019年10月07日月曜日15時00分~2019年10月14日月曜日09時59分
  • 第3回:2019年10月14日月曜日15時00分~2019年10月21日月曜日09時59分
  • 第4回:2019年10月21日月曜日15時00分~2019年10月31日木曜日09時59分

 

スケジュールは上記のようになっていて、全4回を1シーズンとみなして、帝王杯を1ヶ月間戦うことになります。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2019年9月30日(月)19時00分から闘技場マスターズGP「帝王杯」を開催します!
「帝王杯」は「地獄の帝王エスターク」や「デスピサロ」にちなんだ報酬を獲得することができるイベントです!

「マスターズGP」では全国のプレイヤーとマッチングして対戦することができます。
対戦に勝利すると、上位のランクに進出!「帝王杯」限定の報酬や最上位ランクを目指そう!

さらに、2019年10月7日(月)15時00分からは「帝王ふくびきGP」を復刻!
ランクSSの装備品「帝王のつるぎ」や「魔剣士のつるぎ」をゲットできるチャンス!

また、第1回から第4回のマスターズGPのウィークリー報酬では、「デスピサロ★」以上のランクで「とくぎの秘伝書」や「とくぎバイブル」が手に入る!

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

詳しいことは公式サイトの当該ページをご覧になってください。

 

ランクについて

大魔王杯では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランクランク「ゴールデン」が「デスピサロ」に、ランク「カイザー」が「エスターク」にそれぞれ変更されています。

 

「エスターク」ランクについては、通常では開催されている大会の最終の回に解放されますけど、今回は常に解放されているみたいです。

  

「エスターク1」で対戦に敗北し、所持しているランクポイントが必要分を下回った場合は、デスピサロ3へと降格しません。

 

私はGPが苦手なためカイザー帯まで上がった経験がほとんどなく、カイザーの仕様を把握できていません。

間違えたことを書いていたら申し訳ありません。

 

そして、週が変わるとランクが3つ下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

ポイントボーナスについて

2019年8月の「神獣杯」から編成するモンスターに「ポイントボーナス」なるものがつくようになりました。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトの「神獣杯」のページに、上記引用部のように書かれていました。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスがついて、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

帝王杯 第3回「ウェイト140以下制限」

2019年10月14日月曜日15時00分から2019年10月21日月曜日09時59分までの間は、「帝王杯」の第3回が開催されています。 

 

エスターク1に昇格

私にとってマスターズGPはDQMSLの苦手なコンテンツです。 

毎回のように通常でいうところの「ゴールデン1」に昇格するのが精一杯です。 

 

前回「帝王杯」の第2回は、珍しく通常のカイザー帯である「エスターク1」に昇格することができました。

第3回は前回終了時から3ランク下がったところからのスタートです。

なので帝王杯の第3回は「デスピサロ1」からのスタートでした。

 

帝王杯

このたび通常のカイザー帯である「エスターク1」に昇格することができました。

昇格時の画像です。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

帝王杯

  • 所持ランクポイント:3,610
  • 第31シーズンランクpt:9,850

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

戦績

戦績を見てみましょう。

 

帝王杯

  • シーズン順位:12,990位
  • ウィークリー順位:05,993位

 

総数がわからないですけど、私としては結構上位にいます。

 

帝王杯

  • シーズン勝利数:125勝
  • ウィークリー勝利数:32勝

 

デイリーしかやらないとか書いておいてこのザマです。

 

言い訳

いや記事を上げる前日までは、宣言どおりデイリー3戦だけをしていたのです。

デイリーだけでデスピサロ3に上がれまして、そこで「あれ、上がれるんじゃね?」と色気を出してしまったことが運の尽き。

あと1勝でエスターク、というところまで行っては負け続けてデスピサロ2に落ち、デスピサロ2に落ちては連勝してあと1勝でエスターク……このループが始まりました。

前日、ムキになって何戦も戦っていたのですが、ループから抜けきれずにふて寝。

記事を上げた当日の朝に何とかエスターク1に昇格することができた、という事の顛末です。

 

帝王杯 第3回のルール

マスターズGP「帝王杯」第3回のルールについてです。

開催期間は2019年10月14日月曜日15時00分から2019年10月21日月曜日09時59分までになります。

 

帝王杯

  • ウェイト制限:140
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:なし

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

ウェイト140以下になります。

ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

ウェイト140以下制限パーティ

マスターズGP「帝王杯」の第3回、ウェイト140以下制限でエスターク1に昇格できた、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

編成

パーティの編成です。

 

帝王杯

メンバーは「WORLD☆1、ネオ・ドーク☆4、パンデルム、ガリンガ、クロコダイン☆4+4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

WORLDのリーダー特性は「全系統のHPと素早さ10%攻撃力5%アップ」です。

装備込みのパーティの総ウェイトは「140」ジャスト。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

ガリンガが30%、他は全員0%。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • WORLD:破魔天光+2、ミナデイン+3、神獣の封印+1、ゆうきの斬舞
  • ネオ・ドーク:悪夢のさん奪+3、奈落の風+3、イオグランデ+3、ぬすっと返し+3
  • パンデルム:ジェノサイドストーム+3、悪夢食らい+3、ギラグレイド+1、命凍る声+1
  • ガリンガ:竜神の絶技+2、青の衝撃+2、稲妻雷光斬+2、はやての息吹+2
  • クロコダイン:かばう+1、獣王激烈掌+2、ダメージバリア、ザオリク

 

上記のとおりです。

クロコダインの他はデフォルトと思います。

 

作戦

作戦です。

クロコダインが「いのちをだいじに」の他、全員「ガンガンいこうぜ」です。

 

装備

装備です。

 

帝王杯

  • WORLD:ダイヤオーブ
  • ネオ・ドーク:魔法使いハート・覇
  • パンデルム:禁じられし息の書+8(錬金「マヒ耐性1ランクアップ」)
  • ガリンガ:バリクナジャのムチ+7(錬金「会心率2%アップ」)
  • クロコダイン:天空のフルート+7

 

以上です。

 

私はGPが苦手ですけど「みんなで冒険」も苦手なコンテンツです。

装備の強化が進んでいません。

 

WORLDは「まれに魔力かくせい」がつく「ダイヤオーブ」。

ドークは???系への呪文ダメージを15%アップする「魔法使いハート・覇」。

パンデルムは+7以上に強化することで息ダメージを5%上げる「禁じられし息の書」。

ガリンガは+7以上に強化することで「通常攻撃時2%で行動停止い」がつくランダム5回攻撃の「バリクナジャのムチ」。

今回は「くじけぬ心」系を持つ???系が多く使われていることから、絶技で手数の多いガリンガにムチを採用しました。

クロコダインは+7以上に強化することで「いきなりみかわし率最大」がつく「天空のフルート」です。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

クロコダインが初手で「ダメージバリア」。

内容は「味方全体の すべてのダメージを軽減する」。

状況次第ですけど、2手目以降はAIオートでザオリクをさせます。

 

WORLDは「ミナデイン」がほとんど。

内容は「味方のMPを消費し 敵全体にダメージ軽減無視の光の呪文」。

相手がスライムパーティの場合や???系が多い場合は「破魔天光」。

内容は「敵1体に体技攻撃後 全体に体技攻撃 ???系に効果大」。

相手に「メカバーン」のようなマホカンタつきの「におうだち」要員がいる場合は「神獣の封印」をすることも。

内容は「戦闘中1回のみ 1ターンの間1体を行動停止にする」。

相手の数が減ってきた場合は、くじけぬ心対策として「ゆうきの斬舞」です。

内容は「敵全体にランダムで踊りダメージ 自分の能力を上げる」。

 

ドークは初手は「悪夢のさん奪」が多いです。

内容は「みがわり不可の全体無属性踊り攻撃 HP吸収状態にする」。

2手目以降は「奈落の風」です。

内容は「敵全体にランダムに風のダメージを与え 確率で眠らせる」。

 

ガリンガは初手は「青の衝撃」。

内容は「敵全体に無属性の大ダメージを与えて 状態変化を解く」。

ガリンガは素早さが低いため、状態変化系の特技を撃つことは意味がないと思われるかもしれません。

しかし、後述するパンデルムはラウンドの最後にジェノサイドストームを撃つ可能性があります。

なので、ジェノサイドの前に「青の衝撃」で状態変化をリセットできれば意味があるかなと考えての採用です。

一番の理由はポイントボーナスですけど。

 

2手目以降は「竜神の絶技」がほとんど。

内容は「ランダムに6回 斬撃ダメージ 防御力を下げる ドラゴン系が多いほど 威力大」。

先ほども書いたように、今回はウェイトに余裕があるため「くじけぬ心」や「不屈の闘志」持ちの???系モンスターを採用する率が高いです。

心をくじけさせるために、ガリンガには威力よりも手数の多さを求めています。

 

パンデルムは基本AIオートで「ジェノサイドストーム」です。

内容は「ねむり・猛毒にするランダム息 毒・ねむり・マ素に効果大」。

AIオートで必ず「ジェノサイドストーム」を撃たせるために、特技を設定しています。

 

ただし、ポセイドンなど自然系パーティの場合は「命凍る声」にします。

内容は「敵全体に無属性の体技ダメージを与え 確率で即死させる」。

自然系モンスターはザキ耐性が無効ではないことが多いからです。

 

以上のような立ち回りで戦っているでしょうか。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「帝王杯」第3回のウェイト140以下で「エスターク1」に昇格できた、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

このままのパーティでもマッチング運が良ければエスタークに行けるでしょう。

まぁでももっとシンプルに、ガリンガのところにミラクルムーン持ちの「エスターク」を入れたり、状態異常リセット役の「ダークドレアム」か「キラーマジンガ強」を入れてたりし、クロコダインのところに精霊の守りかダメバリ持ちの「ウルスラ」を入れた方が、私のパーティより勝率は高い気がします。

私はポイントボーナス欲しさにガリンガを入れました。

 

ドラゴンクエストモンスターズ+ 新装版 コミック 全5巻完結セット (ガンガンコミックス)

ドラゴンクエストモンスターズ+ 新装版 コミック 全5巻完結セット (ガンガンコミックス)

 

 

スポンサーリンク