ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSL「魔砲の試練」を「ラウンド3以下」で攻略!パーティ編成や装備、特技、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)で、高難易度の特別クエスト「七王の試練」に「魔砲の試練」などが追加実装されました。

 

「魔砲の試練」に設定されているミッションのうち「経過ラウンド3以下でクリア」を達成できました。

3ラウンドでの攻略パーティや装備、特技の構成、戦い方などを紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「七王の試練」

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営 (@DQMSL_OFFICIAL) Twitterアカウントのツイートにあるように、DQMSLでは2019年3月7日15:00から、高難易度の特別クエスト「七王の試練」に「魔砲の試練」と「冒涜の試練」の2つが実装されました。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

DQMSL公式キャンペーンサイトにもページがありました。

リンクを貼っておきましょう。

 

高難易度のバトルに、自信のあるパーティで挑戦しよう!

バトルに勝利すると、討伐リスト報酬で「七王メダル」をゲット!
討伐リストは、毎週月曜4時00分にリセットされるので忘れずに!
また、「魔砲の試練」と「冒涜の試練」は、一度クエストをクリアすればスキップ券が使えるぞ!

 

キャンペーンサイトにはこのように書かれていました。

バトルに勝利すると討伐リストの報酬として「七王のメダル」が手に入り、討伐リストは毎週月曜日早朝4時にリセットされます。

メダルは七王の試練と同時に実装された装備アイテム「七王剣」などと交換できますから、メダルは毎週回収しておきたいところです。

 

魔砲の試練

「七王の試練」のうち「魔砲の試練」については、以前当ブログに記事を書いています。

 

dysdis.hatenablog.com

dysdis.hatenablog.com

 

上の2つの記事リンクがそれです。 

 

魔砲の試練

「七王の試練」は、メインメニューから「冒険する」の「ひとりで冒険」を選択(タップ)し、「特別クエスト」の一覧にあります。

 

魔砲の試練は目標平均レベル「100」、消費スタミナ「10」、初回のみスタミナ消費「0」です。

「疾風の試練」と「再生の試練」は消費スタミナが「5」でしたが今回は「10」である点に注意。

 

魔砲の王

「七王の試練」は1戦のみ戦うクエストになります。

 

「魔砲の試練」の敵は「魔砲の王」。

物質系の系統の王「ダークマター」や、その転生前「メテオコア」と同じグラフィックと思われるモンスターが出現します。

 

魔砲の王は戦闘中に仲間モンスターを呼び出します。

呼ばれるモンスターも物質系の「エビルエスターク」などです。

 

ミッション1

ミッション2

「魔砲の試練」にはミッションが設定されています。

 

  • 経過ラウンド3以下でクリア:称号「魔砲の王を超越せし者」
  • ???系をパーティに入れずにクリア:「七王剣・鋼」1個
  • 仲間を一度も倒されずにクリア:「七王メダル」5枚

 

以上の3つです。

それぞれ達成することで報酬を得ることができます。

 

以前の当ブログでは、ノーデスと???系なしでクリアの2つのミッションは達成でき、その都度記事にしてきました。

 

コンプリート

そして先日、「ラウンド3以下でクリア」も達成して、ミッション全てをクリアすることができたので、今回記事にしています。

 

「魔砲の試練」ラウンド3以下クリア時のパーティなど

「魔砲の試練」のうち「経過ラウンド3以下でクリア」のミッションを達成したときの、パーティ編成や装備、戦い方などを紹介します。

 

実の所を申しますと、今週リセットされた討伐リストを埋めるためだけに魔砲を一周したところ3ラウンドでクリアしてしまいました。

そのため、3ラウンドで攻略するためにパーティや装備、特技、戦闘中のコマンド操作などあれこれ工夫している訳ではないです。

工夫していないどころか、画面をよく見ていないでプレイしていたため、どのようなコマンド選択をしていたかハッキリと記憶していません。

なので、これから書く戦い方や立ち回りについては、無い記憶を頼りに書いていますから、いつも以上に信憑性に乏しい内容になっています。

  

パーティ

パーティの編成です。

 

パーティ

「マデュラーシャ☆3、ラプソーン、はめつの使者☆3、フレイシャ☆1、ウルノーガ、サポート:マデュラーシャ」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

マデュラーシャのリーダー特性は「全系統のHPと全属性呪文ダメージ20%アップ」です。 

サポートはマデュラーシャにお願いしました。

リーダー特性は同じく「全系統のHPと全属性呪文ダメージ20%アップ」です。

効果は重複したはず。

 

はめつの使者のところは「ワイルドスペディオ」でも「ほうおう」でも良いと思います。

私は、はめつの使者の特技にプラス付けをしているので採用しました。

 

特技

特技です。

 

  • マデュラーシャ:獄炎招来+3、魔界神の構え+3、ほとばしる暗闇+3、スーパーノヴァ+3
  • ラプソーン:神々の怒り+2、魔弾の流星+3、暗黒神掌+3、闇の結界+3
  • はめつの使者:ギラマータ+3、ギラハック+3、マインドバリア+3、ピオリム+3
  • フレイシャ:過激な火炎、灯火のふえ、いやしの光、神鳥のひやく
  • ウルノーガ:アルテマソード、青の衝撃、ライデイン、クリムゾンミスト

 

以上です。

 

ウルノーガのライデインは他の攻撃呪文を持っていればそちらの方が良いです。

フレイシャが敵のメラ耐性を下げてくれますから、メラミなど「メラ系」呪文が良いでしょう。

というのも、魔砲の王と随伴の「エビルエスターク」もデイン無効なので、ライデインではダメージを与えられません。

ダメージを与えられずとも呪文連携は取れるので仕方なくライデインを採用しています。

他の攻撃呪文持ちのタマゴロンを持っているなら、そちらにしましょう。

 

装備

装備です。

 

装備

  • マデュラーシャ:マグマの杖+2
  • ラプソーン:なし
  • はめつの使者:いかずちの杖+1
  • フレイシャ:マグマの杖+3
  • ウルノーガ:竜神のツメ+7

 

装備は以上です。

 

マデュラーシャとフレイシャはメラ系、はめつの使者はギラ系呪文ダメージを強化する杖を装備します。

ラプソーンは装備し忘れていました……装備するなら「魔法使いハート・覇」ですね。

ウルノーガは最初に動かしたいので「ツメ」です。

 

以前も書いていますが、対応する呪文のダメージアップの「錬金効果」を付けることを選択肢として持っておくと良いと思います。

私はまだしていませんけど、今後する予定です。

 

スキルのたね

「スキルのたね」です。

 

マデュラーシャが「賢さ:65」、ラプソーンが「素早さ:55」「賢さ:65」、はめつの使者が「賢さ:65」、フレイシャが「防御力:55」「賢さ:65」、ウルノーガが「素早さ:65」です。

 

大事なことは、ウルノーガが最初に動き、ラプソーンが2番目に動くことです。

面倒ですけど調整しておくと良いですね。

 

立ち回り

戦闘の立ち回りです。

先ほど書いたように、3ラウンド以下でのクリアを目指していないタイミングで達成できてしまったため、いまいち記憶が定かではありません。

狙って攻略しようとすると条件がシビアになろうかと思います。

 

1ラウンド目

1ターン目、必ずウルノーガが最初に動かないと駄目です。

ウルノーガの他が最初に動いたら「冒険をあきらめる」をして良いでしょう。

 

クリムゾンミスト

ウルノーガは「クリムゾンミスト」を撃って、敵のダメージ軽減状態をダメージ上昇状態に逆転します。

 

ラプ

2番目にラプソーンが動けないといけません。

こちらも2番目にマデュラーシャなどが動いてしまったら「冒険をあきらめる」をして良いくらいです。

3ラウンド以下を狙わず倒すだけで良いなら続行します。

 

ラプソーンは「魔弾の流星」をエビルエスタークを狙って撃ちます。

魔弾でエビルエスターク2体の呪文耐性を2段階下げられれば、3ラウンド以下でのクリアが見えてきます。

魔弾は全体ランダムなので、エビルエスタークの呪文耐性を2段階下げた上で魔砲の王の呪文耐性も下げられれば言うことなし。

3ラウンド以下でクリアのはたぶんここにあります。

エビルエスタークを1体まるまる下げられなかったり、1段階しか下げられなかったりしたら、「冒険をあきらめる」を選択しても良いかもしれません。

あきらめなくても良いですけど、ミッション達成の可能性は低くなります。

 

次にマデュラーシャ2体、その次にはめつの使者が動くはずです。

マデュラーシャ2体は「獄炎招来」を撃ちます。

はめつの使者がどう動かしたか記憶が定かではありません。

「ギラマータ」を撃ったような「ピオリム」を撃ったような……申し訳ありません。

 

5ラウンド

ちなみに後で改めて冒険して、1ターン目にはめつの使者に「ピオリム」を撃たせてみました。

このときもクリア自体できましたけど5ラウンド経過しています。

デバフの入り具合など他の条件が微妙に異なるため、はめつの使者がピオリムをしたことが直接5ラウンド経過に関わったかがどうかわからないですけど。

 

ピオリムなし

画像はまた別の冒険のものです。

はめつの使者に1ターン目に「ピオリム」をしないで、「ギラマータ」をエビルエスタークに撃ちました。

画像のとおり3ラウンド以内では倒せずに、3ラウンド目にキラーシーカーでしたっけ、黄色いキラーマシンを呼ばれてしまいましたが、魔砲の王のHPゲージを見る限り残量が0に近いところまで追い詰めることができています。

なので、はめつの使者は1ターン目にピオリムではなくギラマータを撃った方が良い気がします。

 

最後に動くフレイシャは「灯火のふえ」で味方へのバフをします。

 

2ラウンド目

2ターン目です。

ウルノーガは「ライデイン」を撃ちます。

王もエビルエスタークもデイン無効なので効かないですけど、呪文連携は取れますので気にせず撃ちます。

 

ラプソーンは常に魔弾です。

1ターン目で呪文耐性のデバフをかけ切れなかった場合は、その敵を目がけて撃ちましょう。

 

メラ耐性デバフ

マデュラーシャは「獄炎」、はめつの使者は「ギラマータ」です。

フレイシャは「過激な火炎」を撃って、メラ系ダメージに加えメラ耐性のデバフをかけます。

2ターン目の途中でエビルエスタークを2体とも倒せていなければ3ラウンドでのクリアは難しいでしょう。

 

3ラウンド目

運命の3ターン目は2ターン目と同じ行動です。

1体のみとなっているはずの王に呪文攻撃をして倒しましょう。

 

3ラウンドクリア直前

こちらが3ラウンドクリア時です。

一つ上の画像とタイミングは同じですけど、上の画像では倒しきれず4ラウンド目に突入しています。

 

3ラウンドクリア時

こちらはギリギリ3ラウンド内に倒すことができました。

 

おわりに

ということで、「魔砲の試練」のミッション「経過ラウンド3以下でクリア」を達成したときの、攻略メンバーや装備、戦い方についての記事でした。

 

ラプソーンに魔法使いハート・覇を装備させていなくても3ラウンドクリアできていましたから、 ラプソーンのデバフがいかに入るかが攻略の鍵になっていると思います。

運の要素が強めですね。

 

あとは「冒涜の試練」のノーデスのミッションが残っていたはずです。

でもあれはもういいかなという感じがします。

 

ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 ? Switch

ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 ? Switch

 

 

スポンサーリンク