ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSL「魔砲の試練」を「???系なし」で攻略!パーティ編成や装備、特技、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)で、高難易度の特別クエスト「七王の試練」に「魔砲の試練」などが追加実装されました。

 

「魔砲の試練」に設定されているミッションのうち???系をパーティに入れずにクリア」を達成できました。

???系なしの攻略パーティや装備、特技の構成、戦い方などを紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「七王の試練」

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営 (@DQMSL_OFFICIAL) Twitterアカウントのツイートにあるように、DQMSLでは2019年3月7日15:00から、高難易度の特別クエスト「七王の試練」に「魔砲の試練」と「冒涜の試練」の2つが実装されました。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

DQMSL公式キャンペーンサイトにもページがありました。

リンクを貼っておきましょう。

 

高難易度のバトルに、自信のあるパーティで挑戦しよう!

バトルに勝利すると、討伐リスト報酬で「七王メダル」をゲット!
討伐リストは、毎週月曜4時00分にリセットされるので忘れずに!
また、「魔砲の試練」と「冒涜の試練」は、一度クエストをクリアすればスキップ券が使えるぞ!

 

キャンペーンサイトにはこのように書かれていました。

バトルに勝利すると討伐リストの報酬として「七王のメダル」が手に入り、討伐リストは毎週月曜日にリセットされます。

メダルは七王の試練と同時に実装された装備アイテム「七王剣」などと交換できますから、メダルは毎週回収しておきたいところです。

 

魔砲の試練

「七王の試練」のうち「魔砲の試練」については以前も当ブログに記事を書いていきます。

 

dysdis.hatenablog.com

 

上の記事リンクがそれです。 

 

魔砲の試練

「七王の試練」は、メインメニューから「冒険する」の「ひとりで冒険」を選択(タップ)し、「特別クエスト」の一覧にあります。

 

魔砲の試練は目標平均レベル「100」、消費スタミナ「10」、初回のみスタミナ消費「0」です。

「疾風の試練」と「再生の試練」は消費スタミナが「5」でしたが今回は「10」である点に注意。

 

魔砲の王

「七王の試練」は1戦のみ戦うクエストになります。

 

「魔砲の試練」の敵は「魔砲の王」。

物質系の系統の王「ダークマター」や、その転生前「メテオコア」と同じグラフィックと思われるモンスターが出現します。

 

魔砲の王は戦闘中に仲間モンスターを呼び出します。

呼ばれるモンスターも物質系の「エビルエスターク」です。

 

ミッション1

ミッション2

「魔砲の試練」にはミッションが設定されています。

 

  • 経過ラウンド3以下でクリア:称号「魔砲の王を超越せし者」
  • ???系をパーティに入れずにクリア:「七王剣・鋼」1個
  • 仲間を一度も倒されずにクリア:「七王メダル」5枚

 

以上の3つです。

それぞれ達成することで報酬を得ることができます。

 

以前の記事ではミッションのうち「仲間を一度も倒されずにクリア」のみ達成していることを書いています。

 

???系なしクリア

その後、何とか「???系なしでクリア」を達成することができましたので、今回記事にすることにしています。

「3ラウンド以下」はまだクリアできていません……。

 

「魔砲の試練」クリア時のパーティなど

「魔砲の試練」のうち「???系なしのパーティでクリア」のミッションを達成したときの、パーティ編成や装備、戦い方などを紹介します。

  

パーティ

パーティの編成です。

 

パーティ

ほうおう☆54、コハクそう☆4、コハクそう☆4、はめつの使者☆3、レティス、サポート:ほうおう」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

ほうおうのリーダー特性は「全系統のギラ系ダメージ25%アップ」です。 

サポートは「ほうおう」にお願いしました。

リーダー特性は同じく「全系統のギラ系ダメージ25%アップ」です。

効果は重複したはず。

 

サポートにお願いする「ほうおう」はレティスよりスピードが遅いことが重要です。

スキルのたねを「素早さ」に振っていない「ほうおう」が望ましいですね。

素早さに振っていなくても☆99の場合は、無星のレティスより早く動いてしまうことがあるため、☆99でない方が良いかもしれません。

(交換券でレティスを取った方が良いでしょうか……)

かといって「ディバインフェザー」を習得していないレベル帯では厳しいですから、サポートモンスター選びは重要な要素になっています。

 

そもそもサポートに「ほうおう」を設定していないユーザーさんが多いです。

条件に合った「ほうおう」を探す作業が一番困難という。

お願いです、「ほうおう」をサポートに入れてください。

 

特技

特技です。

 

  • ほうおう:ベギラゴン+3、ギラマータ+2、ぶきみな雷鳴、ディバインフェザー
  • コハクそう:ギラマータ+2、雷のまなざし+1、自然の英知+1、まがまがしい光
  • コハクそう:ギラマータ+2、雷のまなざし+1、自然の英知+1、ピオリム
  • はめつの使者:ギラマータ+3、ギラハック+3、マインドバリア+3、ピオリム+3
  • レティス:神鳥の守護、いやしの雨、ヒャダルコ、いてつくはどう

 

以上です。

 

コハクそう2体は、1体にまがまがしい光を、もう1体にピオリムを「とくぎ転生」で付けました。

コハクそうは鈍足ですから、他との呪文連携を取るためには2段階ピオリムが必須です。

はめつの使者は、当初ザオリクとベホイミを付けていましたが、マインドバリアとピオリムにしています。

 

レティスにも「とくぎ転生」をして攻撃呪文を覚えさせました。

魔砲の王に対してヒャド系は無効ですけど、連携自体は得られるので入れています。

他のタマゴロンを持っていませんでした。

ライデインは持っていますけど、ライデインだと随伴の「エビルエスターク」もデイン無効なので、エビルエスタークに半減ながら効くヒャダルコにしています。

 

その上で、できる限り「ギラマータ」にプラス付けをしています。

 

dysdis.hatenablog.com

 

コハクそうは記事作成現在展開中の「魔物たちの楽園 地獄級」で、確率でドロップします。

ドロップしたコハクそうを餌にコハクそう☆4のパワーアップを繰り返して、ギラマータにプラス付けをしました。

「ほうおう」と「はめつ」は「とくぎ本」を使ってプラス付けをしています。

おかげでS本の他は使い切ってしまいました……もったいない。

 

装備

装備です。

 

装備

  • ほうおう:いかずちの杖+3
  • コハクそう:いかずちの杖+1
  • コハクそう:神鳥の杖+5
  • はめつの使者:いかずちの杖+1
  • レティス:おうごんのツメ+7

 

装備は以上です。

 

ギラマータ持ちはギラ効果を上げるいかずちの杖。

いかずちの杖は3つしか持っていないため、他は賢さを高める装備をしました。

レティスは一番始めに動かしたいのでツメを装備。

 

錬金効果でギラ系ダメージアップを付ければよかったですね。

素材を持っているか未確認ですけど。

 

スキルのたね

「スキルのたね」は、レティスは「素早さ:100」「賢さ:20」です。

他の全員は「賢さ:65」だけ振りました。

素早さに振っていた場合はリセット(素早さ:0)します。

 

大事なことは、レティスが最初に動くことと、「ほうおう」がレティスの次に(はめつの使者とコハクそうより早く)動くことです。

面倒ですけど調整しておくと良いでしょう。

 

立ち回り

戦闘の立ち回りです。

かなりシビアに動かします。

 

1ターン目、必ずレティスが最初に動かないと駄目です。

ほうおうが先に動いたら「冒険をあきらめる」をして良いくらい。

 

いてつくはどう

レティスは「いてつくはどう」をして、魔砲の王と随伴のエビルエスターク2体の状態変化を解除します。

 

ディバインフェザー

次にほうおう2体がディバインフェザーを撃ち、最低でも敵3体のうち2体の呪文耐性を2段階下げます。

デバフが一回も入らないこともままあります。

デバフが一回も入らない、2段階入っても1体しか入っていない、また2体のうち1体が1段階しか入っていないようなら「冒険をあきらめる」で良いです。

ほうおうのデバフが入って、まだ敵3体にデバフが入っていないなら、コハクそう1体の「まがまがしい光」を入れます。

まがまがしい光が入らなければここでも「冒険をあきらめる」で良いです。

つまり、レティスが最初に動くこと、ほうおうとコハクそうで呪文デバフが完全に入っていること、これが1ターン目でできなければ冒険をあきらめます。

はめつの使者ともう1体のコハクそうは「ピオリム」をします。

 

2ターン目、こちらもシビアです。

レティスは「神鳥の守護」で防御バフをして、2ターン目の魔砲の王の「アイアンクロー」でしたっけ、攻撃を防ぎます。

アイアンクローを食らって行動停止が出た場合、「冒険をあきらめる」で良いです。

ほうおう1体で「ぶきみな雷鳴」を撃ち敵3体のギラ耐性を下げます(下げきることが理想ですが下げきらなくてもOK)。

他のギラマータ部隊は「ギラマータ」をエビルエスタークに向けて撃ちます。

2ターン目に、エビルエスタークにターンが回る前にエビルエスタークを2体とも倒しきります。

エビルエスタークを倒しきれず奴らに「ボミオスブレード」を撃たれると、味方の素早さが下げられ、3ターン目以降の行動に響きます。

エビルエスタークを行動前に倒しきれなかったら「冒険をあきらめる」で良いです。

 

上記のように、3ターン目の開始時に魔砲の王のみが残っている状態になっている必要があります。

3ターン目は、ギラマータ+レティスの呪文でできる限りHPを削って、魔砲の王の「リーサルウェポン」を発動させないようにします。

リーサルを発動させなければ何も行動できないで終えますのでとても重要です。

 

リーサルウェポン発動の条件は何でしょうね、最大HPの50%以下にできていればということでしょうか。

リーサルを喰らえばほぼ全滅、コハクそうの「ときどきリザオラル」が発動していれば生き返りますけど、焼け石に水でしょう。

2ターン目に素早さが下げられていると呪文連携が途切れてしまいますので、2ターン目で素早さを下げられないことが(も)大切です。

 

絶望

4ターン目、魔砲の王は「キラーシーカー」でしたか、黄色いキラーマシンを2体呼んでしまい、さらに1ターン目で使っていたダメージ軽減技もここで再び使ってきます。

なので、ターンが王に渡ってしまう前に倒し切ります。

という意味でも1ターン目のピオリムが大事なのですね。

 

倒しきれずに王が随伴を呼んでしまったら倒せる可能性は極めて低くなるでしょう。

勝てるとすれば、王のHP残量がよほど少ない場合くらいではないでしょうか。

 

留め

勝利

上手く立ち回ることができれば、画像のように4ターンで倒せます。

なお3ターン以下……。

 

おわりに

ということで、「魔砲の試練」のミッション「???系なしのパーティでクリア」を達成したときの、攻略メンバーや装備、戦い方についての記事でした。

 

ラウンド3以下でクリアがすっごく難しいです。

以前???系なしよりは簡単ではないかということを書いているかもしれませんが、とんでもないですね……。

何をしても4ターンかかってしまいます。

???系なしも3ラウンドも結局、攻略の鍵はデバフが入るかどうかにかかっています。

 

【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

 

 

スポンサーリンク