ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSLマスターズGP「5周年杯」の第4回ウェイト130で「花嫁☆」に昇格したパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、対人戦となる闘技場「マスターズGP」にて2019年2月21日から「5周年杯」の第4回が開催されています。

 

5周年杯の第4回は「ウェイト130」で、今回は「花嫁☆」にまで上がることができました。

花嫁☆に昇格できたパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「5周年杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では「5周年杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

私は、マスターズGPがとても苦手なコンテンツでして、普段は1日にデイリーミッション消化分の3試合をこなす他はほとんど対戦をしません。

しかし、5周年杯では「栄光の盾」や、その強化アイテムなどが手に入るということで、今までないくらいに頑張っています。

 

dysdis.hatenablog.com

dysdis.hatenablog.com

 

第1回と第2回では「花嫁☆」に、第3回では何と「花嫁☆☆」に上がることができています。

 

dysdis.hatenablog.com

 

これはひとえに、先日行われた一部魔王の能力に上方修正が入ったからと思っています。

 

5周年杯 第4回ウェイト130

2019年2月21日木曜日15:00から2019年2月28日木曜日09:59まで、「5周年杯」の第4回が開催中です。 

 

昇格

第4回も何とか「花嫁☆」に昇格することができました。

私ではこの辺りが限界です。

 

リザルト

リザルト2

リザルト3

戦績のスクリーンショットを貼っておきましょう。

順位は、スクショを撮った時点でシーズン順位が「15995位」でウィークリー順位が「23826位」です。

記事作成現在はシーズン順位が「14110位」でウィークリー順位が「12675位」です。

スクショの勝利数は5勝、記事作成現在は9勝しています。

 

5周年杯 第4回のルール

マスターズGP「5周年杯」の第4回のルールについてです。

 

f:id:dysdis:20190224135216j:plain

開催期間は2019年2月21日木曜日15:00から2019年2月28日木曜日09:59です。

 

  • ウェイト制限:130
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし

 

以上のルールが定められています。

 

パーティの総ウェイトは「130以下」です。

総ウェイト131以上は戦闘すらできません。

総ウェイトは装備のウェイトを含めたものになりますのでご注意ください。

 

制限

特別ルール:殿堂入りルール

 

「殿堂入りモンスター」は使用できません。
※「殿堂入りモンスター」は 3シーズン連続でモンスターランキング上位20位以内に入っているモンスターです。

 

第4回は使用モンスターに制限がかかっています。

 

制限2

  • 新生転生「魔人ダークドレアム」(ランクSS)
  • 新生転生「ガルマザード」(ランクSS)
  • 「ヴォルカドラゴン」(ランクSS)
  • 新生転生「魔王オルゴ・デミーラ」(ランクSS)
  • 新生転生「じめじめバブル」(ランクS)
  • 「暗黒神ラプソーン」(ランクSS)
  • 新生転生「ダーティードール」(ランクS)
  • 新生転生「ハヌマーン強」(ランクSS)

 

以上のモンスターを使うことができません。

ヴォルカとじめバブとダーティードールがいかに優秀かがわかります。

 

ウェイト130のパーティ紹介

では、マスターズGP5周年杯の第4回、ウェイト130で「花嫁☆」に昇格した際の私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

編成

ウェイト130のパーティの編成です。

 

パーティ

メンバーは「オムド・レクス、竜王☆3、ドラゴメタル強☆ 4、レティス、クロコダイン☆4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは新生転生しています。

 

オムド・レクスのリーダー特性は「全系統のHPを30%アップ・素早さ15%ダウン」です。

 

パーティの総ウェイトは「127」。

 

大別するなら「耐久パーティ」ですか。

攻め手が足りないのではないかと思われる方もいるかもしれません。

しかし、オムドの反射と竜王と咆哮だけで半壊以上にでき、勝つことができますよ。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • オムド・レクス:裁きの構え+2、時の秘術+3、リバース・改+2、ジャッジメント+2
  • 竜王:くいちぎる+1、咆哮+1、しゃくねつ、メラゾーマ
  • ドラゴメタル強:チアフルダンス+1、みがわり、光のはどう+2、ピオリム+2
  • レティス:神鳥の守護、いやしの雨、はやての息吹、いてつくはどう
  • クロコダイン:かばう+1、獣王激烈掌+2、ダメージバリア、ザオリク

 

以上です。

特別なところはないでしょうか。

クロコダインにザオリクを付けているくらい?

 

装備

装備です。

 

装備

  • オムド・レクス:魔法使いハート・覇
  • 竜王:りゅうおうの杖+7
  • ドラゴメタル強:呪われし盾+3
  • レティス:しゅくふくの杖+5
  • クロコダイン:源氏の盾+4

 

以上です。

私はGPが苦手ですけど「みんなで冒険」はもっと苦手です。

装備の強化が進んでいません。

 

戦い方

ウェイト130の戦い方、立ち回りです。

 

オムド・レクスは、1ターン目で「リバース・改」をして素早さを逆転、2ターン目から「裁きの構え」をします。

竜王が倒されたときのみ「時の秘術」をして生き返らせます。

 

竜王はほとんどの場合で「咆哮」をします。

体技よそくを持っているかなぁと思っても、それが1体なら構わず撃ちます。

敵が残り1体になったら「くいちぎる」を使うことがあるくらい。

 

ドラゴメタルは、1ターン目で「チアフルダンス」をし、HP回復と防御バフをし、2ターン目からはレティスを「みがわり」で守ります。

状態異常が出ていれば「光のはどう」をします。

 

レティスは、奇数ターンで「神鳥の守護」をし、2ターン目が「いてつくはどう」、4ターン目まで戦闘が続いていれば流れに任せて、回復するなり「いては」するなり「防御」するなり殴るなりします。

 

レティスが殴るケースも案外あります。

相手のモンスターが1体のみなのに食いしばられている場合ですね。

なかなか倒れないときに手数を増やすために。

 

クロコダインは、1ターン目でオムド・レクスを「かばう」します。

大抵が1ターン目で死んでいますが、彼は死んでも生き返らせないことがほとんどです(スマン)。

2ターン目まで生き残っていれば、ドラゴメタルの代わりにレティスを守り、ドラゴメタルが回復をします。

 

こんな感じで「花嫁☆」までは結構順調に行けました。

 

相手からすると竜王とオムドの「時の秘術」が厄介なはずです。

そもそも、竜王は「不屈の闘志」持ちでHP1で食いしばりますし、HPが0になっても「りゅうおうの杖+7」のリザオラル効果で生き返り、また確率で食いしばります。

ようやく2度倒しても、そこからオムドがリザオラル付きのザオリク効果を持つ「時のと秘術」をかけますから、また一からやり直しになるのですね。

対戦をしていると途中で諦める方が多いです。

 

おわりに

ということでDQMSLマスターズGP5周年杯の第4回のウェイト130で「花嫁☆」に昇格できたパーティの、編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

オムド+竜王の凶悪さたるや……という感じです。

シドーもなかなかに凶悪ですから、オムド+竜王+シドーの3体揃えて戦うのも良いと思います。

シドーはゾーマとのセットで使わていることが多い印象ですけど。

 

 

スポンサーリンク