ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSLで「白夜の魔人」を作成。選んだ特技の構成、装備を紹介し、使い道を考えてみました

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)で、2018年4月に特別クエスト「呪われし魔宮」が実装されました。

 

呪われし魔宮と同時に、親モンスター「魔人」も実装され、今回ようやく魔人の1体「白夜の魔人」を作ることができました。

 

転生の手順や、私が選んだ特技の構成を紹介し、使い道と装備を考えてみました。

 

目次

スポンサーリンク

 

特別クエスト「呪われし魔宮」

DQMSLでは毎月下旬に特別クエスト「呪われし魔宮」が展開されます。

終了日時は毎月末日のはず。

 

www.dragonquest.jp

 

DQMSLの中で私が最も苦手とするコンテンツの一つでした。

 

dysdis.hatenablog.com

 

今現在も苦手意識は持っているのですが、最近モンスターの強化が進んだことで以前ほどの苦手意識は持たなくなっています。

 

白夜の魔人

それでは「白夜の魔人」について書いていきましょう。

 

概要

まずは概要です。

 

白夜

  • No.1256
  • 防御タイプ
  • ランク:A
  • ウェイト:8
  • HP: 609
  • MP: 186
  • 攻撃力:271
  • 防御力:402
  • 素早さ:239
  • 賢さ:126
  • リーダー特性:全系統の最大HPを10%アップ

 

ウェイトが「8」と少なく済む点が大きいですよね。

ウェイト制限のかかるクエストや闘技場(対人戦)で生きる場面がありそう。

 

 

DQMSL運営 (@DQMSL_OFFICIAL) のツイートも貼っておきましょう。

 

説明

説明です。

 

説明

種族名:白夜の魔人

系統:物質系

 

青と赤のカケラが結合した 白の魔人。

チカラの一部を取り戻し 世界にふたたび

暗黒をもたらさんと 魔宮より侵攻を開始する。

 

説明テキストにはこのように書かれています。

 

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト 究極対戦ガイドブック (SE-MOOK)

ネットで調べたところによると、白夜の魔人は本作DQMSLが初出のモンスターのようです。

 

私は、『ドラゴンクエスト』シリーズはナンバリング1から8と、GBのテリーのワンダーランド、『トルネコの大冒険』の1と2くらいしかプレイしていません。

 

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 - 3DS

似たようなモンスターとして、「暗黒の魔人」が『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』などに登場したようです。

私はドラクエ8をプレイしているはずですが、暗黒の魔人については全く覚えていないのですよね……どこで登場しましたっけ?

調べたところ、暗黒の魔人は「暗黒魔城都市から脱出する際」にボスとして出てくるそうです。

私はそもそも暗黒魔城都市なるものを覚えてません……。

 

「呪われし魔宮」の「暗黒のメダル」で手に入る、「ほむらの魔人」や「ふぶきの魔人」、「いかずちの魔人」、「はやての魔人」、「宵闇の魔人」、そして今回紹介している「白夜の魔人」といったモンスターは、DQ8の「暗黒の魔人」から派生したDQMSLのオリジナルと捉えて良いでしょうか。

認識を誤っていたら申し訳ありません。

 

白夜の魔人の転生まで

白夜の魔人は転生で手に入れるまで手順が多いです。

 

dysdis.hatenablog.com

 

まずは「呪われし魔宮」で守護者たちを倒して「暗黒のメダル」を手に入れるところからスタートです。

 

手順1

メダルが一定数集まったら、メイン画面のメニュー「ショップ」→「交換所」→「暗黒のメダル交換所」の順に選択(タップ)します。

 

手順2

白夜の魔人の作成に必要なモンスターは「ほむらの魔人」と「ふぶきの魔人」です。

各120枚ですから、計240枚の「暗黒のメダル」が必要になります。

 

画像ではメダルの所持数が「58」になっていますが、これは交換した後に撮ったスクショだからです。

 

手順3

1体ずつ手に入れました。

 

手順4

2体とも「気合伝授」などを使って、ランクBのレベルマックスである「レベル60」までレベリングをします。

 

手順5

メイン画面のメニュー「モンスター」→「育成する」→「転生させる」→「ほむらの魔人」の順に選択(タップ)します。

白夜の魔人を作るには「ほむらの魔人」がベースになります。

転生用モンスター、いわゆる生贄に「ふぶきの魔人」を用います。

 

宵闇の魔人

ちなみに「ふぶきの魔人」をベースにすると、別の魔人に転生しますのでご注意ください。

私の場合は転生の条件を満たせず、事故は起こり得ませんでした。

 

手順5

引き継ぐ「とくぎ(特技)」を選択して……

 

手順6

最終確認画面に移行するので、内容に問題がなければ「転生させる」ボタンを選択すると……

 

手順7

ほむらの魔人からの転生として「白夜の魔人」を作成できました。

 

その後、気合伝授でレベリングをして、ランクAのレベルマックスである「レベル70」に上げています。

 

とくぎ転生

次に、白夜の魔人に「とくぎ転生」をして特技を追加します。

 

とくぎ転生を行うためには、転生に必要な「タマゴロン」を所持していて、且つそのタマゴロンが新たに加えたい特技を所持している必要があります。

 

とくぎ転生1

メイン画面のメニュー「モンスター」→「育成する」→「とくぎ転生させる」→「白夜の魔人」の順に選択(タップ)します。

とくぎ転生に必要な「タマゴロン」をセットします。

画像からお分かりのように、今回は「マジックバリア」を選びました。

 

とくぎ転生2

最終確認をします。

必要なゴールドは50,000Gです。

 

とくぎ転生3

とくぎ転生が終了しました。

 

白夜の魔人

特技の構成は画像のようになりました。

詳しくは後述します。

 

特技の構成

私が選んだ「特技」の構成です。

 

f:id:dysdis:20190131091107j:plain

先ほども貼った画像で恐縮です。

私が選んだ特技は「リビルド」と「斬撃よそく」、「体技よそく」、「マジックバリア」の構成です。

「リビルド」のみが固定で、残り3枠のうち2枠が転生前から引き継ぎ、最後の1枠は先ほど紹介したとくぎ転生で付与しました。

 

リビルド

まずはデフォルトの「リビルド」です。

 

リビルド

消費MP「40」

内容は「自分のHPを大幅に回復し 確率で防御力を上げる」になります。

体技の回復技で、一定確率で防御力が2段階上がるようです。

 

斬撃よそく

ほむらの魔人から引き継いだ「斬撃よそく」です。

 

斬撃よそく

消費MP「8」

内容は「1ターンの間 敵の斬撃をはね返す」です。

 

体技よそく

ふぶきの魔人から引き継いだ「体技よそく」です。

 

体技よそく

消費MP「8」

内容は「1ターンの間 敵の体技をはね返す」です。

 

マジックバリア

「マジックバリア」です。

 

マジックバリア

消費MP「16」

内容は「味方全体の 呪文ダメージを軽減する」になります。

 

特性と耐性

特性と特性を紹介します。

 

特性

まずは特性。

 

特性

特性は「いきなりマインドバリア」と「毎回ダメージバリア」です。

内容は、いきなりマインドバリアが「バトルの最初に発動し 行動停止系の効果を防ぐ」、毎回ダメージバリアが「ラウンドの最初に毎回発動し 味方全体のダメージを軽減する」です。

毎回ダメージバリアが特に便利そう。

 

耐性

耐性です。

 

耐性

少ない。

 

スキルのたね

「スキルのたね(種)」は現状、振り分ける予定がありません。

 

種を振り分けるとするならば、より固くするために「防御力」に全振りしますね、私なら。

 

「素早さ」には振らないと思います。

というのも、オムド・レクスがリーダーの「オムドパーティ」に白夜を組み込む可能性があるからです。

オムドは「リバース」あるいは「リバース・改」で素早さを逆転させる特技を持っています。

リバースの影響下では数値が低い=遅いモンスターの方が早く動くことが可能になるのですね。

 

使い道

白夜の魔人の使い道はどこにあるかと考えます。

 

特技の内容を考えると、クエストよりは闘技場(対人戦)向きと思います。

クエストでも、チャレンジ系のボス戦のみ戦う場合には必要になることがあるかも。

 

パーティ

記事作成現在、闘技場の「マスターズGP」では「ウェイト110」の制限が入っています。

ウェイト110のような低ウェイト戦では、ウェイトが8の白夜が活かせられそうです。

 

私は画像のようなパーティで今回のGPを戦っています。

具体的には「オムド・レクス、マデュラーシャ、アックル、白夜の魔人、凶スカルゴン」の5体です。

 

ゴールデン

上記のパーティで「ゴールデン」の☆1まで行けました。

 

私はマスターズGPが苦手でして、デイリーミッション消化のために毎日3戦を戦うだけです。

しかし、今回は比較的勝てそうな制限だったので、3戦以上戦った日もあって、ようやくゴールデン1にたどり着くことができています。

 

dysdis.hatenablog.com

dysdis.hatenablog.com

dysdis.hatenablog.com

 

最近、オムドの新生転生が実装されたり、マデュラーシャやアックルが手に入ったりしたことで、画像のようなパーティを組むことができました。

 

戦闘におけるそれぞれの役割は、オムドでリバース要員(2ターン目からは「構え」たり蘇生したりします)、マデュラーシャが獄炎で呪文攻撃、アックルもマヒャドストームで呪文攻撃、アックルがマジックバリア(2ターン目からはどちらかの「よそく」をします)、凶スカルゴンがオムドのみがわり要員です。

凶スカルゴンは「マインドバリア」も覚えさせていますから、白夜の特性である毎ターン・ダメージバリアとマジックバリアを唱えれば、1ターンで3種のバリアを張ることも可能です。

対戦相手が状態異常をして来そうだなと思ったときは、凶スカルゴンには「みがわり」よりマインドバリアを使うような感じで。

 

装備

白夜の魔人の装備は、記事作成現在は「りせいのサンダル」です。

 

装備 

りせいのサンダルの能力は「素早さ+8」、効果は「ごくまれにみかわし率最大」です。

白夜には特技に「タップダンス」を入れる方もいらっしゃるようです。

しかし私はタップダンスを入れませんでしたから、その代わりにりせいのサンダルを装備させている、ということ。

代わりになっているかどうかは微妙ですが。

 

おわりに

ということで白夜の魔人の転生の方法と、特技の構成、使い道、装備についてでした。

 
毎回ダメージバリアは重宝しますね。

敵に回すと厄介ですけど味方にいるとありがたい存在です。

宵闇も作りたいのですが、相当先の話になりそう。

 

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

 

 

スポンサーリンク