ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

多摩か?「北方海域警備など北方の護りに就き、戦局の激化により南方へ展開、最期は『レイテ沖海戦』となったある5,500t級軽巡の改二改装が今冬実装予定とのことです

スポンサーリンク

2017年12月3日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、ある軽巡洋艦の改二への改装の情報がもたらされました。軽巡改二の実装の告知は以前もありましたが、今回はより詳しい情報が告知されています。

 

 

ある軽巡洋艦改二情報

 

というツイートがそれ。5,500t級軽巡洋艦の改二への改装が今冬実装されるとのことです。

軽巡洋艦の5,500tクラスとなると球磨型の「球磨(くま)」と「多摩(たま)」、「北上(きたがみ)」、「大井(おおい)」、「木曾(きそ)」、長良型の「長良(ながら)」と「五十鈴(いすゞ)」、「名取(なとり)」、「由良(ゆら)」、「鬼怒」、「阿武隈(あぶくま)」、川内型の「川内(せんだい)」と「神通(じんつう)」と「那珂(なか)」が挙げられます。そのうちで改二が実装されていない艦は、球磨と多摩、長良、名取の4隻です。

さらに絞るにはテキスト内「北方海域警備など北方の護りに就き、戦局の激化により南方へ展開、最期は『レイテ沖海戦』となった」部分が重要でしょう。

 

1941年(昭和16年)7月25日、対ソビエト戦に備えて多摩と姉妹艦の木曾は第21戦隊(第五艦隊、司令長官:細萱戊子郎中将)に編入され、多摩は第五艦隊の旗艦となった。

(略)

1944年10月20日からのレイテ沖海戦で、多摩は小沢治三郎中将率いる囮艦隊に加えられた。ルソン島の北西で、多摩はアメリカ海軍の潜水艦ジャラオ (USS Jallao, SS-368) のレーダーに捉えられた。(略)距離800ヤード(730m)でジャラオの艦尾から放った4発の魚雷のうち3発が多摩に当たり、2発が爆発した。それから数分後、多摩は北緯21度23分 東経127度19分の地点で2つに折れて沈没した。多摩の艦長以下総員が未帰還となった。

- 多摩 (軽巡洋艦) - Wikipedia

多摩(軽巡洋艦)のWikipediaにはこのように書かれています。

今回の艦これ開発/運営Twitterの文言は多摩のWikipediaの内容に合致しているように感じられます。よって私の予想では多摩がこそが今回の軽巡改二かなと予想します。

実装時期については「今冬」としか告知されていないので何ともわからないですけど、最も早い実装は記事作成現在開催中の艦これ2017秋イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」が終わったその日のメンテナンスになるかもしれません。

 

 

おわりに

f:id:dysdis:20171203161639p:plain

自軍は数日前から多摩を育て始めていますが、画像にあるように未だ全然レベルが上げられていません。レベル18の未改装。対潜装備をさせているのは演習の対潜用です。

自軍の多摩は実装日までに改装可能レベルまで上げることは間に合わないと思います。2018冬イベントまでには間に合わせたいですね。レイテ沖海戦に関係している艦であれば冬イベに使う機会も出てきそうですから。