ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

「鎮守府秋刀魚祭り2016」は海域3-3と6-5が優秀な漁場です。秋刀魚漁における自軍の編成・装備を紹介します

スポンサーリンク

2016年10月21日より『艦隊これくしょん ~艦これ~』で開催されている「鎮守府秋刀魚祭り 2016」にて、秋刀魚を24尾取り終えました。自軍における、秋刀魚漁の漁場は1-1,1-5,3-2,3-3,6-5でしたが、最も取れたのは3-3です。

 

 

鎮守府秋刀魚祭り2016のTIPS

 

2016年10月21日金曜日のメンテ&アプデ開けから艦これ「鎮守府秋刀魚祭り2016」が開催されています。秋刀魚の漁場は、第1海域「鎮守府海域」と、第3海域「北方海域」、第6海域「中部海域」の3海域にあるということです。

引用部の「海を照らす光源」は「探照灯」、「魚群探知を支援できる装備」は「三式水中探信儀」などのソナー、「少し乱暴な手法で海の中にどかーん!」は「爆雷投射機」でしょうか……? 「もっとスマートに暗闇でも魚群を捉える熟練のあの方々の活用」は「熟練見張員」のことを示していると思われます。

出撃予定の艦にこれらを装備させて出撃させると、秋刀魚を取りやすくなり、数が多いほどシナジーを得られるようになる、ということと考えられています。しかし、秋刀魚を取れるタイミングは敵艦隊を倒した後、それもS勝利後と思いますから、敵艦隊を倒せなければいくら上記の装備を積んでいても秋刀魚を取ることは叶いません。装備はバランスが大切になります。

 

 

秋刀魚漁の任務を完遂

f:id:dysdis:20161025084155p:plainf:id:dysdis:20161025084205p:plainf:id:dysdis:20161025084208p:plain

自軍は昨日、秋刀魚祭りに関連する3つの任務を完遂しました。「きらりーん!」は秋刀魚3尾、「もっともーっと」は8尾、「もっとぉ!」は24尾を取ることが条件だったかと思います。

数は総数です。3尾の任務が達成されてから次の8尾の任務までは5尾取れば達成でき、8尾の任務が達成されてから24尾の任務までは16尾取れば良い、ということです。ただし、途中でアイテムとしての秋刀魚を使用してしまうと、その分は多く取らなければいけなくなるはずです。自軍は試していません。

 

 

「もっともーっと、秋刀魚漁!」はWG42 (Wurfgerat 42) を選択

f:id:dysdis:20161025084658j:plain

f:id:dysdis:20161025084705j:plain

秋刀魚8尾の任務「もっともーっと」を達成すると褒賞が3つあり、その中から1つを選ぶシステムが採用されていました。これは昨年には見られなかった仕様ですし、他の任務でも見られなかったと思います。新仕様。8尾のときは「大発動艇」と「探照灯」と「WG42 (Wurfgerat 42) 」から1つを選べて、自軍はWG42を選択しています。ダイハツも探照灯も艦娘を鍛えさえすれば入手可能なアイテムで、WG42は現状入手手段がないアイテムですから全く迷いませんでした。

 

「最新鋭の秋刀魚漁!もっとぉ!」は大漁旗2016ver.を選択

f:id:dysdis:20161025085046j:plainf:id:dysdis:20161025085054j:plainf:id:dysdis:20161025085110j:plain

秋刀魚24尾の任務「もっとぉ!」は、褒賞が大型探照灯の「96式150cm探照灯」と、昨年2015年バージョンの「大漁旗」、今年2016年バージョンの「大漁旗」の三択です。自軍は最新バージョンの大漁旗を選択しています。

自軍は96式150cm探照灯を持っていますし、探照灯から改修工廠で装備改修をして作ることができるので要りませんでした。戦艦の装備は主砲*2+零式水上観測機+徹甲弾or三式弾で4スロット全てが埋まります。ですからほとんどの場面において、戦艦に探照灯は必要がありません。少なくとも自軍では。

2015年バージョンの大漁旗は昨年取っているので要らないですから、今回も2016ver.大漁旗の一択でした。

 

 

秋刀魚漁の漁場は海域3-3がメイン

自軍の秋刀魚漁の漁場は海域3-3「アルフォンシーノ方面」がメインでした。8割方がこちらで取ったはずです。残りは1-1と1-5と3-2と6-5でした。

 

秋刀魚漁における3-3の編成・装備

秋刀魚漁における3-3の編成は、「軽巡洋艦(旗艦)+戦艦+正規空母*3+重巡洋艦」の6隻です。戦艦は金剛型、正空は雲龍型を使いコストを低く抑えています。軽巡は4スロットの大淀か夕張で。

秋刀魚漁における3-3の装備は、4スロ軽巡が[12.7cm高角砲+高射装置]+FuMO25 レーダー+三式水中探信儀+三式爆雷投射機(or三式水中探信儀)で、戦艦が主砲*2+熟練見張員+96式150cm探照灯、正空が2隻に32号対水上電探を載せて他は艦戦+艦攻or艦爆を適当に、重巡が主砲*2+熟練見張員+探照灯★7です。

4スロ軽巡は、対空カットインと対潜セットで秋刀魚対策と道中の渦潮対策もして、戦艦は主砲と秋刀魚対策、正空は2隻に電探で渦潮対策をして、艦載機は適当に熟練度上げを兼ねていたため特別ステータスの高い艦載機を使っていた訳ではなかったです。

 

dysdis.hatenablog.com

 

秋刀魚漁における3-2の編成・装備は3-3とほぼ同じ

秋刀魚漁の3-2は初手で北東方向へ進み、そこに秋刀魚ドロップチャンスがあります。

北東マスで1戦行った後に母校へ帰港して、再出撃して1戦したら帰って……の、いわゆる「3-2-1」を繰り返します。艦隊の疲労が重なりますからローテーションをさせましょう。自軍はオレンジや赤疲労では出撃させない主義なので3艦隊用意してローテさせていました。

3-2-1の編成は3-3とほぼ同じでした。空母を減らして潜水艦や重雷装巡洋艦などを入れていたと思います。装備も同じです。潜水艦は魚雷のみ、雷は甲標的+対潜セットでした。雷はソナー+見張員でも良かったですか。

 

秋刀魚漁における1-1の編成・装備

正直1-1は1,2尾しか取れなかったので自分の中で編成と装備の最適解が出ていません。ドロップチャンスはボスマスでない方のハズレマスらしいです。私は他のことをしながら回していたので見ていませんでした……。

自軍の編成は「駆逐艦*3」で回していました。4隻以上だと陣形選択をしなければならず面倒です。装備は主砲+秋刀魚対策*2です。主砲+ソナー+探照灯、主砲+ソナー+見張員、主砲+探照灯+見張員です。レベルがある程度(70以上?)まで行っていれば主砲はなくても良いと思いますから、その分、秋刀魚装備を増やしても良いですね。

 

秋刀魚漁における1-5の編成・装備

1-5も1-1と同様にごく僅かしか秋刀魚を取れなかったです。ボスマスにドロップチャンスがあります。

自軍の編成は「軽空母+軽巡洋艦+駆逐艦*2」の4隻編成で行っていました。軽巡と駆逐は「対潜先制爆雷」攻撃ができる艦を2隻以上入れています。軽空母は自軍で1-5用に使っている鳳翔の無印です。無印の鳳翔は装備スロットが2つしかないですけど、コスト最優先にしています。

装備は、軽空母が三式指揮連絡機(対潜) *2で、軽巡と駆逐は対潜セット+aです。aの部分は秋刀魚対策の何か、ソナーか見張員か探照灯を載せています。

 

秋刀魚漁における6-5の編成・装備

数えていなかったのであれですけど、おそらく6-5「KW環礁沖海域」は3-3の次に多く秋刀魚を取った海域と思います。下記の編成で出撃すると下ルートを取り、初手のBマスで潜水艦と戦い、次のFマスでも戦った後に帰港します。Fマスで1回、秋刀魚のドロップチャンスがあります。

秋刀魚漁における6-5の編成は、「駆逐艦*2+軽巡洋艦*2+潜水艦*2」の6隻です。装備は軽巡が対潜セット+探照灯、駆逐が対潜セット+見張員、潜水艦が魚雷*2です。

6-5-Fの戦闘は「基地航空隊」にお任せします。基地航空隊は2隊出撃させて、Fマスに集中です。基地航空隊の編成(装備?)は、自軍は1スロットだけ艦戦にしていましたが、全て一式陸攻など「陸上攻撃機」で良いかと。

艦隊は2艦隊でローテ、基地航空隊の疲労が出たらこの海域での秋刀魚掘りは一時止めて、他の海域に行くようにしていました。

 

 

おわりに

20尾くらいまではさしたる苦もなく秋刀魚を入手できていました。主に3-3で。しかし、残り数尾になってから全くドロップしなくなりまして、どうしたものかと思い、数時間艦これをプレイしない時間を作ってから3-3を回したところ再びドロップするようになりました。乱獲したせいでしょうね……。

やはり主な漁場は3-3です。どのルートを取っても1回は秋刀魚チャンスがありますし、ルートによっては一周に2回のドロップチャンスがあるのですから。しかし、24尾取り終わった時点で資源は燃料が1万近く減っていました。自軍の3-3の編成は少し重いですからね……正空1隻を軽空母にした方が良いかもしれません。それと6-5は基地航空隊の熟練度を付ける意味でも、なかなか優秀な漁場です。こちらもオススメ。

上に貼った記事は昨年2015年時の秋刀魚祭りのものです。この記事とともに皆さんの何かの足しになれば幸いです。

 

dysdis.hatenablog.com