ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

新海域6-4攻略、「秋津洲ルート」における編成・装備・陣形を紹介します(攻略できてません)

スポンサーリンク

2016年3月11日に実装された、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の新海域6-4「中部北海域ピーコック島沖」で、秋津洲型水上機母艦1番艦「秋津洲(あきつしま)」を使ったルートが流行っているみたいです。自軍でも試したところ、まだゲージは削れていないものの、一番可能性を感じるものでしたので紹介します。

 

追記

攻略できました。

dysdis.hatenablog.com

 

 

 

www.dmm.com

 

 

6-4「中部北海域ピーコック島沖」

f:id:dysdis:20160312112008j:plain

新海域の海域名は「中部北海域ピーコック島沖」、作戦名が「離島再攻略作戦」、作戦内容が「水雷戦隊を基幹とした攻略部隊または空母最大2隻を擁する機動部隊による中部海域離島攻略作戦を発動!艦隊、出撃せよ!」です。

秋津洲を使ったルートは、以前当ブログで紹介した水雷戦隊と同じSTART→A→D→C→F→Nと進みました。DとFが空襲戦で、Nがボス戦です。

 

 

6-4秋津洲ルートにおける自軍編成と装備と陣形

新海域6-4「秋津洲ルート」における編成・装備・陣形です。ありふれたものです。

 

編成

f:id:dysdis:20160314084125j:plain

画像が秋津洲ルートの自軍の編成です。利根型改二+戦艦+大淀改、霞改二(or霞改二乙)+皐月改二+秋津洲改の6隻です。ボスへのスナイプを狙う意味で大淀さんを最後尾か下から2番目にした方がいいかもしれないですね。

戦艦は高速でなくてもルート逸れすることはありません。自軍は先日、大和とケッコンカッコカリをしたばかりなのでレベリングを兼ねて彼女を使っています。軽巡は、WG42が少なく大発動艇が余っているなら、大淀改を阿武隈改二にする手もあろうかと思います。

 

装備

装備は、利根型改二がSKC34 20.3cm連装砲*2+三式弾+WG42(Wurfgerat 42)、大和改が試製51cm連装砲*2+三式弾+一式徹甲弾、大淀改が20.3cm(2号)連装砲*2+WG42(Wurfgerat 42)*2、霞改二(or霞改二乙)と皐月改二が[10cm連装高角砲+高射装置]*2+大発動艇、秋津洲改が二式大艇*3です。

利根型改二と大淀改の主砲は20.3cm連装砲でステータスの高いものから使うようにします。大淀さんには14cm連装砲を装備している提督さんもいらっしゃるようです。14cm連装砲に特攻があるのでしょうか? 秋津洲には瑞雲系を載せている方もいらっしゃいました。

Cマスの戦艦編成に対して二式大艇を使って制空争いを均衡以上に持ち込みたい、ということが秋津洲を使う主な目的になろうかと思います。仕様上、二式大艇には水爆のような熟練度低下がなく安定しますから。二式大艇の熟練度は高い方が良いですね。またこの編成の場合、大和型を投入できるので、高速戦艦を入れる編成よりも火力が上がります。

 

陣形

陣形は空襲戦が「輪形陣」で、それ以外はボスマスを含め「単縦陣」です。

 

 

おわりに

以前紹介した水雷戦隊に高速戦艦と航空巡洋艦を入れた編成では全く勝ち目がなくボスでのD敗北もよくある光景でしたが、秋津洲を入れた今回の編成では、あと少しでボスも倒せたのに……というA勝利までこぎつけたので、最も可能性を感じています。とはいえまだ一度もゲージを削れていないので結果的には変わりはないのですが。

ボス戦が5隻編成のときがあるので、そのときが最大のチャンスです。そこに上手いこと大淀さんがスナイプしてくれれば……。

今回紹介した秋津洲を使った編成や装備は、あくまでこういう手もあるのかと参考程度にお考えください。秋津洲を使えば絶対に攻略できるとか他の編成より有効だとか、そういうことを言っているものではありません。

 

dysdis.hatenablog.com