ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

Aパートでサイタマにワンパンされた怪人モスキート娘の声優は沢城みゆきさんだそうです - アニメ『ワンパンマン』2話「孤高のサイボーグ」の感想

スポンサーリンク

毎週月曜日01:05(日曜深夜25:05)より、テレビ東京にてアニメ『ワンパンマン』が放送されています。

 

onepunchman-anime.net

 

以下、ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年10月12日の放送は第2話「孤高のサイボーグ」でした。

 

 

イントロダクション

趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。
彼は3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れた。

だが、あまりに強くなりすぎてしまったゆえに、
どんな強敵が相手でもワンパンチで決着がついてしまう。

「圧倒的な力ってのは、つまらないもんだ」

そんな平熱系最強ヒーローの前に、
今日も新たな敵が現れる。

今日こそ本気が出せるのか!?

 

公式Webサイトのイントロダクションから抜粋しました。

 

ワンパンマン

 

原作のWeb漫画のサイトはこちらになります。

 

 

 

2話「孤高のサイボーグ」

3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れ、今は趣味でヒーローをしてい主人公のサイタマに弟子ができました。それがサブタイにあるサイボーグ、ジェノス(CV石川界人)です。見た目は青年で金髪イケメン、目の白目が黒いのも特徴的。

今回Aパートには、怪人モスキート娘が登場し、これがなかなかに強そうでした。人間などがミイラ化するまで体内の血を吸い尽くす蚊の大群が、サイタマの住むZ市に押し寄せてきています。災害レベルは「鬼」。蚊の大群のボスがモスキート娘です。大群が人間などの血を吸い、それをモスキート娘が集めて養分としているようです。DBのセルみたいな怪人です。モスキート娘たち蚊の大群は、「進化の家」という謎の組織が操っているとのこと。

そのモスキート娘に立ち向かっていったのがジェノスでした。ジェノスは、『コブラ』のサイコガンというとまた少し違いますが、手のひらから火炎を放射していました。これがジェノスのメインの武器になるのでしょう。あとは普通に体術ですか。ジェット噴射的にジャンプをしていたのであるいは飛行も出来る可能性がありそうです。両手を左右に伸ばし全身を回転させて竹とんぼのごとく飛んでいた、というか浮遊したシーンもありました。外観といい武器といい、凄く人気が出そうなキャラクターですね。

ジェノスはモスキート娘とほぼ互角、やや上回る実力があるようでしたが、モスキート娘が一旦退き蚊たちの養分を吸収することでさらにパワーアップし戻ってくると、今度はジェノスでは太刀打ちできなくなっていました。絶体絶命のジェノス……。

と、その間にジェノスは最大火力かは分かりませんけど、超火力の火炎放射をZ市の街全体にぶち撒けていて、街が壊滅状態に……被害は甚大と思いますが、何より一般市民はどうしたのでしょう? 半径500m以内に生体反応はないから吹き飛ばすことが可能とジェノスは言っていたのでシェルター的なところに避難していたのでしょうか。

絶体絶命のピンチに陥ったジェノスは自爆してモスキート娘を道連れにしようとしますが……彼らの近くを偶然通りかかったサイタマによって助けられました。サイタマはワンパンでモスキート娘をぶっ倒しています。唖然とするジェノス……数日後、サイタマの家を探しだしたジェノスがサイタマに弟子入りを志願していました。サイタマは弟子を募集していないので嫌がっていましたけど、ジェノスは勝手に弟子になるみたいです。

これだけでAパートですよ。濃厚です。それからはジェノスのなが〜い身の上話が入った後、もう一戦戦っていました。こちらも進化の家が送り込んだ刺客、ライオンと人間が合体したような獣王、アーマードゴリラ、カエル男、ナメクジャラス、グランドドラゴン(土竜、つまりモグラ)です。まぁ獣王たちもやはりワンパンでした。ジェノスはゴリラを倒していましたね。そうそう、カマキリみたいな怪人も出ていました。カマキュリー。そんな感じで今回もサイタマ無双で終わりました。

怪人モスキート娘の声優さんは沢城みゆきさんだそうです。声優をほぼ知らない私でも名前は知っているくらいの声優さんです。それをAパートで死ぬ怪人に充てるとは……何て贅沢なのでしょう。

次回のあらすじは既に公式Webサイトにアップロードされています。これを読む限りモスキート娘を作った進化の家の話の続きのようです。原作未読のためこの後の展開がさっぱりわからないのですが、物語をどのように展開させていくのでしょうね。今は面白くても、このまま怪人が出てきてワンパン怪人が出てきてワンパン……の繰り返しだとさすがに厳しくなってくると思います。

わからないことがあります。公式WebサイトのCHARACTERSページを読むと、サイタマとジェノスはヒーローのランク付けがされていません。他にはSを最上位にしてA,B,Cとランク付けされたヒーローたちが載っています。サイタマたちはどうやったらヒーローのランクに入れるのでしょう? これがわかりません。何らかの条件を満たさないと世間的にヒーローと認識されないのかな、と思いますが。

それと、今回のモスキート娘に対して「災害レベル鬼」と報道されていたこともわかりません。鬼というのはどの程度危険なものなのでしょうか。鬼の他にも災害レベルはあるはずですから、その辺のランクも知りたいところです。

それにしても戦闘シーンの描写が素晴らしいですね。作画が良いというのももちろんそうですけど、その前の絵コンテの時点で素晴らしい絵を描いているのではないかと思わせる動きの良さ・勢いを感じます。公式サイトを見たところ1,2話の絵コンテは夏目真悟さんだそうです。 

 

dysdisanime.hateblo.jp