ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

阿武隈改ニの実装! 2015年7月17日のメンテ&アプデは、32号水上電探改や3-2キス島沖のルート分岐条件変更が実装されました

スポンサーリンク

2015年7月17日金曜日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、本日行われているメンテナンスに伴うアップデートの内容がされています。

 

 

www.dmm.com

 

 

 

 

というツイート群がそれ。まず、かねてから改ニへの改装の実装が告知されていた、軽巡洋艦は大方の予想通り長良型6番艦阿武隈(あぶくま)でした。改装可能なレベルは噂では75だそうです。高いですね……自軍の阿武隈は今朝の演習を終えた段階でレベル17ですから、75で確定だとすると……夏イベントの終盤辺りで改ニにできるかも知れません。イベントにも出撃させてレベリングできればもう少し早いかも。

気になるところで言えば、明石の改修工廠で、「32号対水上電探」と「32号対水上電探改」 の強化改修が可能になった点です。最近は21号も改が実装されていたと思います。電探の改修はしておきたいですけれども……圧倒的にネジが足りません。

それと、3-2のルート分岐の条件が変わった点も気になります。キスクルはあまり使っていないですが、こういう既存の通常海域のルート分岐の条件が変更される、ということは、これまでほとんどなかったことと思います。「駆逐隊に加えて、軽巡洋艦を1隻旗艦として迎えた水雷戦隊で、最終目的ポイントへの到達が可能」とのこと。

あとは夏季限定のグラフィックや家具、ケッコンカッコカリのボイス関連ですね。さて、演習で阿武隈のレベリングをしてきますか……。

 

dysdiskancolle.hateblo.jp

 

dysdiskancolle.hateblo.jp