ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

500ジェム!DQMSL「究極転生への道」がアプデにより周回しやすくなる。私のパーティや装備を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)の、育成クエスト「究極転生への道」についてです。

 

2021年4月9日金曜日アップデートが実施され、「究極転生への道」が周回しやすくなりました。

どのような変更がなされたか、私のパーティや装備、特技の構成、戦い方などを紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「究極転生への道」

ひとりで冒険の育成クエストに「究極転生への道」があります。

常設タイプです。

 

www.dragonquest.jp

 

モンスターの転生に必要になる「タマゴロン」の中でも、魔王や神獣など強いモンスターのの転生に使用する「まおうのたまご」や、ランクSSになるモンスターの転生に使用する「エンペラン」や「ジェネラン」が入手できるクエストです。

 

私がDQMSLを始めた2017年当初は、この究極転生への道がとても難しいクエストに感じられました。

本当に始めたばかりの頃は挑むこともできないくらい高難易度でしたし、しばらく経っても全滅覚悟で挑んでいた記憶です。

あの頃に比べれば私のアカウントも戦力が整い、ゲームのインフレも進みましたから、記事作成現在はAIオートで周回できるようになりました。

パーティに育成枠をいくつか設けても余裕なほどですね。

隔世の感。

 

究極転生への道アップデート

その「究極転生への道」が、2021年4月9日のアップデートにより手を加えられたようです。

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による告知ツイートです。

ツイートにあるように、アプデより変更された項目がいくつかあり、その1つは「スキップ券」を使えるようになったことです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

公式キャンペーンサイトにも当該ページがありました。

変更点についての詳しい内容は上のリンク先の記事をご覧になってください。

私の拙い説明を読むよりあちらをご覧いただいた方が絶対に良いです。

 

究極転生への道

「究極転生への道」についてです。

 

概要

概要。

 

DQMSL

  • クエスト名:究極転生への道
  • 目標平均レベル:80
  • スタミナ:20

 

消費スタミナは「20」。

2021年4月9日のアップデートにより「20」になりました。

それまでは「30」だったはずです。

スクリーンショット画像撮影時は「スタミナ半分」キャペーン実施中のため、さらに少ない「10」になっています。

 

ミッション

ミッションについて。

 

  • すべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「ジェム 500個」
  • どうぐを使わずにクリア:報酬「1000000G」
  • 仲間を一度も倒されずにクリア:報酬「超マスターエッグ」

 

DQMSL

すべてのモンスターを撃破してクリアのミッションは2021年4月9日のアップデートから加わったものでしょうか。

500ジェムもいただけるため必ず一度クリアしておきたいところです。

全てのバトルを逃げずに倒してクリアできれば達成できます。

 

討伐リスト

討伐リストについて。

討伐リストが設定されていて、毎月リセットされます。

 

DQMSL

毎月20体倒せばリストは埋まります。

消費スタミナが減ったことですしそこまで大変な作業ではないでしょう。

私の場合、エンペランは特によく使うタマゴロン、重要な報酬です。

 

道中・ボス

道中について。

と言いたいところですけど、今回のアプデから明確なボスがいなくなったように思います。

その理由は後述することと絡んでくるでしょう。

 

2021年4月9日のアップデートの大きな変化がありました。

それは移動がなくなったことです。

バトルしかありません。

なので雑魚戦もボス戦も特に大きな区切りがない感じで推移します。

 

移動がなくなったことにより、宝箱の設置されたマスを通過することもなくなりました。

その代わりバトルで特定のモンスターを倒すことで、バトル後に「せかいじゅのしずく」などアイテムを手に入れることになりました。

 

これが良いことなのかどうかはよくわかりません。

冒険をしている感覚が減り、作業感が増した気がするので。

 

DQMSL

1戦目は「ごくらくちょう」と「ブラックドラゴン」と「ニジゴロン」が出てきます。

どのモンスターが出現するか何体出現するかは、一定条件内でランダムでしょう。

 

DQMSL

2戦目は「さそりアーマー」と「Sキラーマシン」と「ごくらくちょう」と「グレートライドン」が出てきます。

こちらも一定条件下でランダムと思います。

「超マスターエッグ」は出現しなくなったみたいですね。

 

DQMSL

3戦目「エンペラン」と「まおうのたまご」と「ジェネラン」が出ます。

こちらは固定。

 

確かまおうのたまご戦までに雑魚戦が3戦あった気がします。

まおたま戦は4戦目だった記憶。

1戦減ったのでしょうか。

 

DQMSL

4戦目が「スライムエンペラー」2体と「エンペラン」です。

以前はまおたま戦の後、ルート分岐があり、左ルートへ進むとスライムエンペラー戦になったはずです。

アプデ前はこのバトルを避けることもできたのですが、アプデからはバトルを避けられません。

逃げることができるかを試しませんでした。

 

DQMSL

5戦目「エビルエスターク」2体と「まおうのたまご」です。

アプデ前は、まおたま戦後のルート分岐を右に行くと戦う相手でした。

以前は避けることもできましたが、以降は避けることはできません。

 

エビルエスターク戦を勝利することで「究極転生への道」の1回の冒険が終わります。

先ほどボス戦がないと書きました。

ボス戦を強いて挙げるなら最終戦のエビルエスターク戦になるでしょう。

 

「究極転生への道」周回パーティ

「究極転生への道」を周回している、私のパーティの編成や装備、戦い方などを紹介します。

 

今回紹介するパーティ・装備・戦い方はあくまでも私が採用している方法というだけです。

これが最強とか最適解だとか言っているものではありません。

あらかじめご了承ください。

 

パーティ

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「ダークドレアム☆4、ネルゲル☆4、オルゴ・デミーラ☆4、育成枠、育成枠、サポート:ダークドレアム☆x」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

斬撃魔王パーティですね。

ドレアムでサンドして、後は数体斬撃魔王を入れれば、あとは育成枠に適当なモンスターを入れる感じで十分オート周回が可能です。

 

特技

特技です。

今回紹介する必要はないでしょう。

 

装備

装備です。

 

f:id:dysdis:20210409161105j:plain

  • ダークドレアム:ダークドレアムのつるぎ+8
  • ネルゲル:英雄のヤリ+10
  • オルゴ・デミーラ:スペディオブレード+7
  • 育成枠
  • 育成枠

 

装備はしてもしていなくても問題ありません。

私は他の場面に使うためにメイン装備を設定しているのでそのまま使っただけ。

 

冒険者の証

「冒険者の証」について。

 

DQMSL

「クリフト+アリーナ+DQⅠ勇者」。

育成のために使っているだけです。

攻略的な意味はありません。

 

スキルのたね

「スキルのたね」の振り分けについて。

今回のために振り分けをし直してはいません。

 

立ち回り

戦闘の立ち回りです。

 

「ガンガンいこうぜ」でAIオート、これだけ。 

 

おわりに

ということで、DQMSLにアップデートが入り「究極転生への道」を周回しやすくなったので周回をしている、私のパーティや装備、戦い方について改めてご紹介した記事でした。

 

 

スポンサーリンク