ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

ネジ壺マデサ超ムーアダメバリ。DQMSLマスターズGP「宝物王杯」第1週ウェイト140で「ネオ・ドーク」ランクに昇格できていない、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、2021年2月28日より闘技場「マスターズGP」にて2021年4月度「宝物王杯」が開催されています。

 

2021年3月31日から、宝物王杯の第1週が始まりました。

第1週のルールは「ウェイト140+宝物王杯殿堂入りルール」です。

記事作成現在、通常の「カイザー1」である「ネオ・ドーク1」ランクに昇格できていません。

ネオ・ドークランクに昇格できていない、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「宝物杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では、2021年4月度「宝物王杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による告知ツイートです。

 

  • 第1週:2021年3月31日12時00分~2021年4月07日09時59分
  • 第2週:2021年4月07日15時00分~2021年4月??日09時59分
  • 第3週:2021年4月??日15時00分~2021年4月??日09時59分
  • 第4週:2021年4月??日15時00分~2020年4月??日09時59分

 

全4回を1シーズンとみなして、宝物王杯を1ヶ月間戦うことになりそうです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2021年3月31日(水)12時00分から、マスターズGP「宝物王杯」を開催!
「宝物王杯」は「ドーク・スフィア(ランクSS)」を獲得することができるイベントです!

 

■今回もウィークリー順位報酬に「神鳥の羽ペン」が登場!

■「宝物王ふくびきGP」開催!

 

■第1回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:140
フィールド効果:なし
系統ボーナス:なし
特別ルール:宝物王杯殿堂入りルール

・特別ルール【宝物王杯殿堂入りルール】について
マスターズGPレジェンド7周年杯の第5週で使用率が上位15位以内のモンスターはパーティに入れられません。

■第2回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:130
フィールド効果:なし
系統ボーナス:なし
特別ルール:宝物王杯殿堂入りモンスター1体制限

・特別ルール【宝物王杯殿堂入りモンスター1体制限】について
マスターズGPレジェンド7周年杯の第5週で使用率が上位15位以内のモンスターは1つのパーティに2体以上入れられません。
最大1体までパーティに入れられます。

■第3回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:120
フィールド効果:なし
系統ボーナス:悪魔系の素早さ+20%
特別ルール:超魔王・???系・超伝説1体制限

■第4回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:135
フィールド効果:なし
系統ボーナス:なし
特別ルール:定期大会スタンダード

・特別ルール【定期大会スタンダード】について
超魔王系モンスターは、計1体まで使用可能です。
神獣王系モンスターは、計1体まで使用可能です。
超伝説系モンスターは、計1体まで使用可能です。
※第4回マスターズGPのルールは、後日実施を予定しているオンライン大会でのルールとは異なる場合があります。

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

 

ドーク・スフィアが!

2021年4月度に開催されている「宝物王杯」にて入手できる「宝物王ふくびき券GP」から、新装備「ドーク・スフィア」が獲得できるようです。

ネオ・ドークの専用装備ですか。

 

マスターズGP「宝物王杯」で入手できる
「宝物王ふくびき券GP」がウィークリー報酬と冒険スタンプに登場します。
「宝物王ふくびきGP」では、
「ドーク・スフィア(ランクSS)」が獲得できます。

 

・系統:アクセサリー
・ウェイト:5
・能力:賢さ+40 素早さ+26
・固有効果:なし
※+7まで強化することで、固有効果「HP回復ボディ」を持つ装備品に変化します。
※「ネオ・ドーク(新生転生/ランクSS)」が装備した際、ウェイトが5から0に変化します。

■固有効果「HP回復ボディ」について
敵から攻撃を受けた時、最大HPの5%分回復します。

※敵から攻撃を受けた際に効果を発揮する特性やとくぎとは重複せず、「HP回復ボディ」の効果のみが有効になります。

[ 錬金素材 ]
■今回獲得できる錬金素材について
・黒のオーブ
錬金効果
悪夢のさん奪のダメージ+30%
奈落の風のダメージ+15%
悪夢のよびごえのダメージ+30%
イオグランデのダメージを15%アップ
・げんませき/せいれいせき
錬金効果
悪夢のさん奪のダメージ+15%
奈落の風のダメージ+5%
悪夢のよびごえのダメージ+15%
イオグランデのダメージを5%アップ

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

ランクについて

「宝物王杯」では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「ジェネラル」はそのまま、「ゴールデン」は「ドーク」、「カイザー」が「ネオ・ドーク」にそれぞれ変更されます。

 

「ネオ・ドーク1」で対戦に敗北して所持しているランクポイントが必要分を下回った場合でも、「ドーク3」へと降格しません。

 

そして、週が変わるとランクが3段階下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

マスターメダル

マスターズGPでは報酬の1つに「マスターメダル」があります。

報酬に「マスターメダル」がある大会と無い大会があるようです。

私はこの辺のことがいまいち把握できていません。

 

今回はマスターメダルをもらえるみたいです。

 

ポイントボーナスについて

2019年8月の「神獣杯」から、編成するモンスターに「ポイントボーナス」なる仕様が加わりました。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトの「神獣杯」のページに、上記引用部のように書かれていました。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがつき、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

宝物王杯 第1週「ウェイト140+宝物王杯殿堂入りルール」

2021年3月31日12時00分から2021年4月7日09時59分までは、「宝物王杯」の第1週が開催されています。

 

ドーク1

前回「第2回神獣杯」の第4週は通常のカイザー1である「マスター1」まで行けました。

「宝物王杯」第1週は前回終了時から6ランク下がった「ジェネラル1」からのスタートです。

 

DQMSL

記事作成現在9戦ですか、戦っていると思います。

通常のゴールデン1であるドーク1にいます。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

DQMSL

  • 所持ランクポイント:2,286
  • シーズンランクポイント:2,286

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

勝利数

戦績を見てみましょう。

 

  • シーズン勝利数:--勝
  • ウィークリー勝利数:--勝

 

今回は画像の紹介はなし。

9戦して4勝でした。

当初いつものようにゾンビパを使っていたのですが、ジェネラル帯にも関わらずまったく勝てず、これからご紹介するメンバーに変更したところ多少勝てるようになりました。

 

宝物王杯 第1週のルール

マスターズGP「宝物王杯」第1週のルールについてです。

 

DQMSL

  • ウェイト制限:140
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:宝物王杯殿堂入りルール

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

総ウェイトは「140」。

制限ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

宝物王杯殿堂入りルール

特別ルール「宝物王杯殿堂入りルール」について。

 

DQMSL

DQMSL

  • 特別ルール:宝物王杯殿堂入りルール
  • 内容:マスターズGPレジェンド7周年杯の第5週で 使用率が上位15位以内のモンスターは パーティに入れられません。

 

アレフガルドもエルギオスも超ウルノーガも魔剣士ピサロも入れられません。

 

冒険者の証なし

特別ルール「冒険者の証なし」について。

 

f:id:dysdis:20210121180121j:plain

  • 特別ルール:冒険者の証なし
  • 内容:冒険者の証は使用できません。

 

「冒険者の証」は2021年1月21日から実装されたバージョン8の新仕様です。

 

「ウェイト140+宝物王杯殿堂入りルール」パーティ

マスターズGP「宝物王杯」の第1週、ウェイト140+宝物王杯殿堂入りルール制限で「ネオ・ドーク」ランクに昇格できていない、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

これから紹介するパーティは、あくまでも記事作成現在私が使用しているものです。

これが最強だとか最適解だとか言っているものではありません。

ご了承ください。

 

編成

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「ネジまきどり☆4、インヘーラー☆4、マデサゴーラ☆4、狭間の王デスタムーア☆4、パールモービル☆4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

便宜上、以降「狭間の王デスタムーア」のことを「超デスタムーア」と表記します。

 

ネジまきどりのリーダー特性は「全系統の素早さ10%アップ」。

 

装備込みのパーティの総ウェイトは「136」。

ウェイトに余裕はありますけどウェイト5をもう1個つけるとオーバーしますし、特につけたいウェイト5もないことから、これで良いかなと思っています。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

ネジまきどりが60%、パールモービルが50%、マデサゴーラが40%、他は0%。

トータル150%のボーナスが入ります。

 

パールモービルはランクSのグレイトボンバーの方がポイントボーナスは高いので、そちらに変更するかもしれません。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • ネジまきどり:エアショット+2、はじける爆風+3、なし、なし
  • インヘーラー:魔壺の暴風+2、ボイドブレス+3、パンドラレーザー、魔壺の呪縛
  • マデサゴーラ:マヒャデドス+1、ギラグレイド+1、いてつくはどう+3、フバーハ
  • 超デスタムーア:呪いの爆炎+3(禁呪のマダンテ)、正体をあらわす+3(無限のさばき)、虚脱のいかずち+3、邪悪なめいそう+3
  • パールモービル:ジャンプ+3、ダメージバリア+2

 

今回のためにとくぎ転生をしていません。

 

作戦

作戦です。

全員「ガンガンいこうぜ」。

 

装備

装備です。

 

f:id:dysdis:20210402183708j:plain

  • ネジまきどり:りせいのサンダル
  • インヘーラー:メタルキングのツメ+7
  • マデサゴーラ:マデサゴーラの鎧
  • 超デスタムーア:冒涜の杖+7
  • パールモービル:りせいのサンダル

 

ネジまきどりとパールモービルは「ごくまれにみかわし率最大」がつく、素早さ+8の装備「りせいのサンダル」。

ウェイト0。

インヘーラーは+7以上で「メタルキラー強」がつく、素早さ53・攻撃力+15の装備「メタルキングのツメ」。

ウェイト5。

マデサゴーラは+7以上で「息ダメージを8%アップ」がつく、賢さ+51・防御力+45の装備「マデサゴーラの鎧」。

錬金で「ギラグレイドのダメージを30%アップ」をつけています。

マデサが装備時はウェイト0。

超デスタムーアは+7以上で「イオ系の呪文使用時素早さアップ」と「イオ系の呪文ダメージを22%アップ」がつく、賢さ+100の装備「冒涜の杖」。

ウェイト5。

 

ネジまきどりの装備は「禁じられし息の書」に変更すると思います。

 

スキルのたね

「スキルのたね」についてです。

 

  • ネジまきどり:なし
  • インヘーラー:素早さ95、賢さ25、インヘーラー 30
  • マデサゴーラ:素早さ95、賢さ25、マデサゴーラ 30
  • 超デスタムーア:賢さ45
  • パールモービル:なし

 

アタッカーは素早さアップが基本です。

インヘーラーはパンドラレーザーが攻撃力依存のため、記事を書いた後で賢さを攻撃力に振り直します。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

ネジまきどりは「はじける爆風」、イオ吸収持ちがいる場合は避けて「エアショット」、ぎゃくふう持ちがいる場合はAIオート。

はじける爆風の内容は「敵全体に イオ系の息攻撃」。

エアショットの内容は「敵1体に バギ系の息攻撃」。

2手目以降も同じです。

 

インヘーラーは初手「魔壺の呪縛」、ぎゃくふう持ちがいるなら「パンドラレーザー」。

魔壺の呪縛の内容は「【みがわり無視】敵全体に 無属性の息攻撃 命中時 確率で体技封じ・攻撃ダメージ50%減少状態にする」。

パンドラレーザーの内容は「【マヌーサ無効】敵全体に 攻撃力依存で 無属性の体技攻撃 命中時 確率で斬撃封じ・行動停止状態にする」。

2手目も「魔壺の呪縛」がほとんど。

ピンポイントで落としたい???系がいれば「ボイドブレス」。

内容は「敵1体に無属性の息攻撃 ???系の魔物に 威力2倍」。 

 

マデサゴーラは「いてつくはどう」。

内容は「敵全体の 状態変化を解除する」。

2手目以降も、相手にバフがかかっていれば波動。

バフがかかっていない場合や、超魔王系を相手にする場合は相手の耐性次第で「マヒャデドス」か「ギラグレイド」。

マヒャデドスの内容は「敵全体に 氷の極大ダメージ呪文攻撃」。

ギラグレイドの内容は「敵全体に 雷の極大ダメージ呪文攻撃」。

 

超デスタムーアは「呪いの爆炎」が多めです。

内容は「ランダムに6回 イオ系の呪文攻撃 命中時 確率でマヒ状態にする」。

しかしポセイドンパーティが相手のときには変身をしたいので、その場合は「虚脱のいかずち」を、主に回復・蘇生役に対して撃ちます。

ゾンビパーティ相手にも「虚脱のいかずち」をゴルゴナに撃ちます。

特にゴルゴナは初手で「六芒魔法陣」を撃ってくることが多いですから、MPを吸い取ってしまうと動けなくなる可能性があるので効果的と考えてのことです。

虚脱のいかずちの内容は「【みかわし不可】【マヌーサ無効】【みがわり無視】【軽減無視】敵1体に ギラ系の体技攻撃 ダメージの20%の MPを吸収する」。

2ターン目以降は「呪いの爆炎」を基本に、状況に応じて「正体をあらわす」だったり虚脱だったり「邪悪なめいそう」だったりです。

正体をあらわすの内容は「【先制】状態異常を解除・HP回復し 憤怒の王に変身する 攻撃力・防御力の きそ値が1.5倍・2倍になる さらに ラウンド経過で 夢幻の王に最終変身する」。

邪悪なめいそうの内容は「自分の HP・MPを全回復する」。

変身後は2段階目が危ういので瞑想をしたり防御したりで、攻撃はあまりしません。

変身後は相手の耐性次第で「禁呪のマダンテ」か「夢幻のさばき」。

禁呪のマダンテの内容は「【反射無視】MPを全て消費し 敵全体に 消費量に応じて 無属性の呪文攻撃」。

夢幻のさばきの内容は「【みかわし不可】【マヌーサ無効】ランダムに3回 呪文計算で イオ系の体技攻撃」。

 

パールモービルは「ダメージバリア」のみ。

内容は「【先制】味方全体を ダメージ20%軽減状態にする」。

 

上記のように戦っています。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「宝物王杯」第1週ウェイト140+宝物王杯殿堂入りルールで「ネオ・ドーク」ランクに昇格できていない、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

 

スポンサーリンク