ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

『ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち』に「キーファ=オルゴ・デミーラ説」なるものがあると最近知りました

スポンサーリンク

つい先日「キーファ=オルゴ・デミーラ説」なるものを初めて知りました。

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)にプレイしていることもあり、何となくインターネットで「オルゴ・デミーラ」のことを調べていたときに見つけました。

いやいや面白い説だなぁ、この説のとおりにラスボスがキーファのドラクエがあったらプレイしたいなぁと思いました。

 

目次

スポンサーリンク

 

『ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち』

ゲームソフト『ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち』についてです。

 

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

2000年8月26日にリリースされたゲームソフトです。

発売元は『エニックス』、機種は『PlayStation』。

その後3DS版やスマホアプリ版も発売されたみたいです。

 

2000年に入ってからのリリースというのは少々意外です。

てっきり1990年代かと思っていました。

 

私の評価はそこまで

私はDQ7を発売直後に購入し一度だけプレイしました。

攻略本などは一切読まずにクリアしていたと思います。

 

DQ7というと、ある石版が見つからずに一時詰んでいたことを真っ先に思い出します。

やる気が減退していたこともあり、一週間ほどかけて少しずつ行けるところを全て行き、あらゆる場所で視点をぐりぐり回転させまくって何とか見つけ、先に進むことができました。

 

DQ7は各所にショートストーリーが散りばめられている内容でしたっけ。

その多くが陰湿で、プレイしていて楽しくなかった印象も強いです。

人間の悪い面ばかりを続けて見させられている感。

1周が長いこともあって2周目はプレイしませんでした。

 

「キーファ=オルゴ・デミーラ説」なるものを知る

つい先日、ネットで何となくDQ7のラスボス「オルゴ・デミーラ」のことを調べていました。

 

wikiwiki.jp

 

見ていたwebサイトは『ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*』さんです。

 

wikiwiki.jp

 

このサイトの「オルゴ・デミーラ」のページ内「考察」欄まで読み進めたところで出会いました。

「キーファ=オルゴ・デミーラ説」に。

 

当初は「勇者として成長した主人公vs絶望の果てに魔王となってしまった親友」という物語であったものが、それでは鬱すぎてあんまりだということから、発売日を遅らせて急遽手直ししたというものである。

 

『ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*』の「オルゴ・デミーラ」のページには上記引用部のように書かれています。

 

towerof.web.fc2.com

 

他にも探したところ『ドラゴンクエスト7の謎』という名前のwebサイトさんを見つけました。

どちらも拝読しました。

衝撃でしたね。

 

腑に落ちた

衝撃を受けたと同時に「ああそういうことか」と腑に落ちました 。

だからDQ7には陰湿なエピソードが多かったのか、だからモンスターが人間になったり、逆に人間がモンスターに姿を変えたりすることが描かれていたのかと。

最初の主人公たちの島が無事であったことも。

主人公一行がそういう陰湿な人間の闇を何度も見ることによって、キーファが最終的にオルゴ・デミーラへとなっていくストーリーにする予定だったのではないかと思うと、DQ7が陰湿なストーリーばかりなことにも合点がいきます。

 

キャッチコピーは「人は誰かになれる」だったそうです。

人が魔王にもなれるし勇者にもなれると。

 

dysdis.hatenablog.com

 

DQ7では、キーファが物語の序盤と言っていい場面でパーティを抜け、種も奪われ、その後全く登場しなくなる不自然さ。

確かにこの点は当時から違和感を覚えました。

それなのにエンディングではキーファが刻んだと思われる石版が登場することに対して、小さくない「今さら感」がありました。

当時、キーファに対してはそんなキャラいたなくらいで、特別な感慨が湧かなかった記憶です。

中途半端といいますか。

 

シナリオが説のとおりであるならば、キーファは原作よりも長い期間、主人公たちと一緒に冒険をするのでしょう。

冒険をする中で様々な人間の醜悪さを見ていくことになるはずです。

問題に直面し、それを解決したり理不尽な想いをしたりして、主人公は勇者として一人前に成長していく、その一方でキーファは人間に絶望し闇落ちしてしまう。

エンディングでは、オルゴ・デミーラとなったキーファを倒した主人公が、キーファからのメッセージの刻まれた石版を読む。

プレイヤーが一連の出来事をどう捉えて、主人公に投影させて、その心情を読み取るか。

 

プレイしたい

この「キーファ=オルゴ・デミーラ説」のシナリオのゲームが存在しているなら、ぜひプレイしたいです。

DQ7がどういう内容だったかを今やはっきりと思い出せないものの、ストーリーとして「キーファ=オルゴ・デミーラ」の方が面白そうと純粋に思えるので。

ダークファンタジー感が良いです。

あくまでも私にとってはの話ですから、違う考えをお持ちの方も多くいらっしゃるでしょうけど。

 

正しいかどうかではない

「キーファ=オルゴ・デミーラ説」はあくまでも「説」です。

『スクエア・エニックス』社や「堀井雄二」さんが発言したもの・認めたものではない限り、正しくものとは言えないでしょう。

それ以前に正しいかどうかで語るレベルのことでもないと感じます。

そういうことは先ほどリンクを貼った『ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*』さんのページにも書かれています。

押し付けるものではないですよと。

 

おわりに

ということで『ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち』には「キーファ=オルゴ・デミーラ説」なるものがあると最近知ったことを書いた記事でした。

 

iOSのアプリで落として再プレイしようかなと誘惑にかられています。

 

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

  • 発売日: 2018/01/04
  • メディア: アプリ
 

 

スポンサーリンク