ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

フバマジバリ。DQMSL「勇者の試練」を16ラウンドで攻略した際の、私のパーティと装備と戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以降DQMSL表記)にて、2021年1月21日より「バージョン8」が実装されました。

 

バージョン8と同時に「ひとりで冒険」の新コンテンツ「冒険者クエスト」も実装されました。

2021年2月19日行われたアップデートにより冒険者クエストに「勇者の道」が、さらに2021年2月26日からは「勇者の試練」が追加実装されました。

この記事では「勇者の試練」についてお伝えします。

 

以前、この勇者の試練を15ラウンドでクリアしたことをご紹介しました。

ところが紹介したパーティと言いますか特技構成では安定しなかったです。

その後特技を少しいじったところ、16ラウンドかかりましたが以前に比べれば安定して戦えました。

16ラウンド攻略ミッションを達成した際の、私のパーティ編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

以降ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLバージョン8「光と闇の共演」

DQMSLの「ひとりで冒険」に2021年1月21日より追加実装された「冒険者クエスト」に関してです。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) の告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

■「超伝説系」を追加!夢のタッグが実現…!?

■新たなチカラ「冒険者の証」「マスターボード」で更なる高みへ!

■ひとりで冒険に「冒険者クエスト」「サイドクエスト」登場!

■その他にも、初心者ミッションやパーティ編成画面リニューアル、一部転生用モンスターの任意化など、アップデートが盛りだくさん!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

今回のバージョンアップは私がDQMSLを始めて以来経験したことのないくらいの大幅なアップデートが行われています。

私の拙い説明を読むより公式サイトの説明テキストを読まれた方が確実です。

私は理解を間違えているかもしれませんので。

 

ひとりで冒険「冒険者クエスト」

「ひとりで冒険」に2021年1月21日より追加実装された「冒険者クエスト」に関してです。

 

 

運営Twitterによる新コンテンツ「冒険者クエスト」に関する告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

※一部「試練」は、現時点で達成の難しいミッションが含まれています。

※各「○○使いの道」の「試練」は、旅の僧侶を呼ぶことができません。

※各「○○使いの道」の「試練」は、初回のみ消費スタミナ0で挑戦できます。

※冒険者クエスト「神鳥の郷」以外の冒険者クエストは、ダンジョンが存在せずバトルのみのクエストとなります。

※「ドルマ使いの道」の「超級」は「神鳥の郷」の「記憶の図書館3」をクリアすると解放されます。

※「ドルマ使いの道」以外の各「○○使いの道」の「超級」は、ひとつ前の「○○使いの道」の「超級」をクリアすると解放されます。

※各「○○使いの道」の「地獄級」は、それぞれの「超級」で、ミッション「経過ラウンド5以下ですべてのモンスターを撃破してクリア」を達成して「地獄級のカギ」を手に入れることで解放されます。

※各「○○使いの道」の「試練」は、それぞれの「地獄級」で、ミッション「経過ラウンド5以下ですべてのモンスターを撃破してクリア」を達成して「試練のカギ」を手に入れることで解放されます。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

こちらも仕様を把握するために熟読した方が良さそうです。

 

冒険者クエスト「勇者の道」

冒険者クエスト「勇者の道」についてです。

 

 

cache.sqex-bridge.jp

 

■ひとりで冒険
冒険者クエスト「勇者の道」
・勇者の道 地獄級
・勇者の道 襲来級

※一部クエストは、現時点で達成の難しいミッションが含まれています。

※難易度「襲来級」よりもさらに難しい難易度「試練」を、2021年2月26日(金)に追加予定です。

※「勇者の道」の「地獄級」は、「呪文使いの道」の「超級」をクリアすると解放されます。

※「勇者の道」の「襲来級」は、旅の僧侶を呼ぶことができません。

※「勇者の道」の「襲来級」は、初回のみ消費スタミナ0で挑戦できます。

 

勇者の道は「地獄級」と「勇者の道 襲来級」と「勇者の試練」の3つのクエストがあります。

デフォルトは地獄級のみ展開され、ミッション達成により襲来級や試練を冒険できるようになる仕様です。

 

勇者の試練

冒険者クエスト「勇者の試練」についてです。

 

  • クエスト名:勇者の襲来
  • 目標平均レベル:100
  • スタミナ:5

 

初回挑戦時のみスタミナ0で冒険することができます。

 

出現方法

「勇者の試練」はデフォルトではクエスト選択画面に出現していません。

 

DQMSL

出現条件は「勇者の道 襲来級」を10ラウンド以下でクリアすることです。

画像にあるとおり10ラウンド以下で攻略するとミッション報酬に「勇者の試練のカギ 1本」が手に入ります。

 

dysdis.hatenablog.com

 

当ブログでは7ラウンドで攻略した記事を書きました。

合わせてご覧になってください。

 

ミッション

設定されているミッションです。

 

  • すべてのモンスターを撃破してクリア::報酬「ジェム 50個」
  • 経過ラウンド20以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「虹色の記憶 10個」
  • 経過ラウンド18以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「神鳥の羽ペン 5本」
  • 経過ラウンド16以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「虹色の記憶 10個」
  • 経過ラウンド15以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「神鳥の羽ペン 5本」
  • 経過ラウンド14以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「虹色の記憶 10個」
  • 経過ラウンド13以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「神鳥の羽ペン 5本」
  • 経過ラウンド12以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「虹色の記憶 10個」
  • 経過ラウンド11以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「神鳥の羽ペン 5本」
  • 経過ラウンド10以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「虹色の記憶 10個」
  • 経過ラウンド9以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「神鳥の羽ペン 5本」
  • 経過ラウンド8以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「虹色の記憶 10個」
  • 経過ラウンド7以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「神鳥の羽ペン 5本」
  • 経過ラウンド6以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「虹色の記憶 10個」
  • 経過ラウンド5以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「(称号)勇者の試練 皆伝」

 

全てのミッションを達成するのは、記事作成現在の私のプレイイングスキルや所有モンスター・装備では無理です。

冒険者の証でパーティを強化していくことで達成できるようになるのでしょう。

 

dysdis.hatenablog.com

 

以前15ラウンドでクリアしたことをお伝えしました。

しかし、ただ勝てただけの、安定感のないパーティでした。

 

冒険スタンプ

DQMSL

2021年3月8日から冒険スタンプに「勇者の試練」のラウンドミッションが設定されました。

クリアするだけのミッションと「25ラウンド以下」と「20ラウンド以下」の3つです。

一度の冒険で3つ全てを達成させるためには20ラウンド以内にクリアすれば良いことになります。

ですので今回ご紹介するのは16ラウンドかかったパーティではありますけど、3つのミッションを達成させることはできます。

 

討伐リスト

討伐リストについて。

本クエストは討伐リストがありません。

 

道中

道中についてです。

道中はありません。

 

ボス

ボスについてです。

本クエストはボス戦を1戦行うだけです。

 

DQMSL

ボスは「アレフガルドの伝説」です。

しかし、アレフガルドの伝説は開幕直後に「ドラゴン」を呼び出し、次に「ゴーレム」、さらに「りゅうおう」、最後に「アレフガルドの伝説」が出現します。

HP残量によってモードが変わり、その次のラウンドの開幕時に呼び出すのだと思います。

 

攻略パーティ

「勇者の試練」を16ラウンド攻略した際の、私のパーティ編成や装備、戦い方などを紹介します。

 

これから紹介する内容はあくまでも私が攻略したときのものです。

これが最強とか最も効率が良いとか、そういうことを書いたものではありません。

ご了承ください。

 

編成

まずはパーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「全てを滅ぼす者ゾーマ、ハーゴン☆2、ミルドラース☆4、ラプソーン☆4、フレイシャ☆2、サポート:ウルノーガ&ウルナーガ☆x」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

便宜上、以降「全てを滅ぼす者ゾーマ」と「ウルノーガ&ウルナーガ」を、それぞれ「超ゾーマ」と「超ウルノーガ」と表記します。

 

「超ゾーマ」のリーダー特性は「全系統の呪文ダメージを30%アップ」。

 

サポートさんからは「超ウルノーガ」をお借りしました。

サポートさんのモンスターもできるだけ☆4やそれに近い個体にお願いします。

 

全属性高価+30%

「勇者の試練」は特別条件があります。

 

DQMSL

  • 同一モンスターの重複禁止
  • 全属性効果+30%

 

私は上記のように属性呪文パーティにしました。

同じモンスターを2体以上使えませんので注意が必要です。

条件に引っかかると冒険できません。

 

特技

特技です。

 

  • 超ゾーマ:滅びの呪文+3(氷獄招来)、絶望の霧氷+3(闇をまとう)、真・ジゴスパーク+3、爆裂のこだま+3
  • ハーゴン:イオグランデ、邪神への祈り、フバーハ、ザオリク
  • ミルドラース:魔界の洗礼+3、ギラグレイド+3、マジックバリア、フバーハ
  • ラプソーン:暗闇の流星+3、暗黒神の儀式+3、儀式反転、魔弾の流星+3
  • フレイシャ:過激な火炎、灯火のふえ、いやしの光、神鳥のひやく
  • (サ)超ウルノーガ:喰いつくす+x、不敵な笑い+x、やみの閃光+x、陰惨な暗闇+x

 

前回との違いはミルドラースに「フバーハ」だけでなく「マジックバリア」も覚えさせたことです。

以前ご紹介したパーティに安定感がなかった理由は、「りゅうおう」に呪文耐性を下げられた上で「ベギラゴン」を撃たれることにあると判断してのことです。

 

サポートさんのモンスターもできるだけ特技レベルが+3になっている個体にお願いします。

超ウルノーガは「陰惨な暗闇」を覚えている個体である必要があります。

 

装備

装備です。

 

f:id:dysdis:20210308085802j:plain

  • 超ゾーマ:竜宮神の杖+7
  • ハーゴン:ほのおの盾+7
  • ミルドラース:ミルドラースのローブ+8
  • ラプソーン:まがんの杖+7
  • フレイシャ:サタンブレード+7

 

こちらは以前と変わりないはず。

サポートさんのモンスターも属性杖+7以上の装備をしている個体にお願いします。

 

冒険者の証

「冒険者の証」です。

 

f:id:dysdis:20210308085643j:plain

「DQⅢ魔法使い+呪文+ドルマ」です。

こちらも以前と変わりないです。

 

スキルのたね

「スキルのたね」です。

 

  • 超ゾーマ:賢さ45
  • ハーゴン:防御力65
  • ミルドラース:賢さ95、素早さ25、ミルドラース2 30
  • ラプソーン:素早さ95、賢さ25
  • フレイシャ:賢さ95、防御力25

 

以前は超ゾーマに種を振っていませんでしたので少し振りました。

そしてハーゴンは以前賢さにも振っていましたが、あまり意味がないかなと外しました。

 

サポートさんのモンスターも種振りをしている個体にお願いします。 

立ち回り

立ち回りです。

 

記憶を頼りに書いているので間違えているかもしれません。

そのときは申し訳ありません。

当ブログの内容は参考程度に抑えてください。

 

超ゾーマは初手「滅びの呪文」。

他は「氷獄招来」。

 

ハーゴンは「邪神への祈り」。

息耐性が2段階入れられなさそうなときは「フバーハ」の補助。

味方が倒されたときは「ザオリク」。

フレイシャは極力灯火を撃たせたいので、蘇生はハーゴンが行います。

 

ミルドラースはドラゴンとアレフガルドのとき「フバーハ」。

りゅうおうのときは「マジックバリア」。

特性の「やまびこ行動」で一度に2回バフをかけてくれます。

バフが2段階入った後は「魔界の洗礼」でデバフ。

敵がギラ弱点で、且つバフ・デバフをかけきっていれば「ギラグレイド」

 

ラプソーンは「暗闇の流星」。

 

フレイシャはできるだけ「灯火のふえ」を優先。

敵がドラゴンからゴーレムに変わったときに継続ダメージを解消するため「いやしの光」。

他、HPが厳しそうなら「いやしの光」、ハーゴンが倒されたときは「神鳥のひやく」。

味方が複数体倒されてハーゴンでは蘇生が間に合わないときはフレイシャも参加。

 

超ウルノーガは「陰惨な暗闇」。

 

以上のように戦っていました。

 

倒した順番

倒した順番は→でした。

敵が代わる代わる出てきますけど、画面に表示されるのは1体です。

 

DQMSL

以前より1ラウンド多くかかりました。

しかしクリア時に落とされているのはミルドラースだけです。

以前に比べれば格段に安定していました。

 

ネット情報には10ラウンドクリアや6ラウンドクリアの報告も散見されます。

皆さんはそちらを参考にされると良いと思います。

 

おわりに

ということでDQMSL「勇者の試練」を16ラウンドで攻略した際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方をご紹介した記事でした。

 

 

スポンサーリンク