ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSL「冒険者の証」の「銀の宝珠」が足りない!獲得するためのちょっとしたことをご紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以降DQMSL表記)にて、2021年1月21日より「バージョン8」が実装されました。

 

バージョン8により多くの仕様が変更、あるいは追加されたことにより、『DQMSL2』と呼んで何ら問題ないほどの別ゲーム感があります。

また、バージョン8の実装と同時に、新仕様「冒険者の証」が登場しています。

この「冒険者の証」は強化をするために「○○使いの記憶」や「○の宝珠」などの専用アイテムが必要になります。

今回はこのアイテムのうち「銀の記憶」に関する「ちょっとした情報」をお届けします。

本当にちょっとしたことなので期待しないでご覧になってください。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLバージョン8「光と闇の共演」

DQMSLの「ひとりで冒険」に2021年1月21日より追加実装された「冒険者クエスト」に関してです。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) の告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

■「超伝説系」を追加!夢のタッグが実現…!?

■新たなチカラ「冒険者の証」「マスターボード」で更なる高みへ!

■ひとりで冒険に「冒険者クエスト」「サイドクエスト」登場!

■その他にも、初心者ミッションやパーティ編成画面リニューアル、一部転生用モンスターの任意化など、アップデートが盛りだくさん!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

今回のバージョンアップは私がDQMSLを始めて以来経験したことのないくらいの大幅なアップデートが行われています。

私の拙い説明を読むより公式サイトの説明テキストを読まれた方が確実です。

私は理解を間違えているかもしれませんので。

 

冒険者の証

バージョン8から新たに実装された新仕様「冒険者の証」に関してです。

 

 

運営Twitterによる新コンテンツ「冒険者クエスト」に関する告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

「冒険者の証」登場!
冒険者たちの記憶からチカラを借り受け、パーティは更なる強さへ!

 

■パーティに3個まで編成可能!「冒険者特性」でパーティの全モンスターが強くなる!

■特性には「呪文ダメージアップ」「ギラ系ダメージアップ」など様々な効果が!パーティ編成の幅が広がるぞ!

■組み合わせ次第で「ボーナス特性」が発生!更に強力な効果に!

■「冒険者クエスト」を遊んで証を解放!レベルアップとパワーアップで証を育てて、最強のパーティを作ろう!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

「銀の宝珠」が足りない!

その「冒険者の証」の強化アイテムの1つに「銀の宝珠」があります。

 

DQMSL

「銀の宝珠」は記事作成現在「ギラ使いの証」と「バギ使いの証」、「イオ使いの証」、「ドルマ使いの証」の強化に使います。

 

がしかし、足りないです。

画像をご覧になってもおわかりいただけるとおり、全く足りません。

既に現時点ではレベルがカンストしてしまっています。

パワーアップをしてレベル上限を引き上げたいのですが、それができない状況にあります。

 

「○○使いの記憶」や「銀色の記憶」は「冒険者クエスト」などを冒険することで手に入ります。

クエストで手に入るアイテムに関しては周回すれば良いので、時間さえあれば何とかなります。

しかし「銀の宝珠」はそうはいかないです。

 

「銀の宝珠」を手に入れろ!

「銀の宝珠」がなければ手に入れれば良いです。

どうすれば手に入るでしょうか。

 

まほうの地図を売る

方法、それは「まほうの地図」を売ることです。

 

DQMSL

画像はランクS「じめじめバブル」を売ろうとしているところ。

キャンセルして売却しませんでしたが。

画像のとおり、じめバブを売却すると「銀の宝珠*10」を獲得できます。

ランクBスタートのランクSを売却すると「銀の宝珠」が手に入るのでしょうか。

いやでもランクBスタートのランクAでも「銀の宝珠」を獲得できるようです。

 

同じランクSでも「ローズバトラー」を売却すると「銀の宝珠」ではなく「金の宝珠」を獲得できます。

ランクSスタートだと銀ではなく金ということでしょうか。

 

なので「銀の宝珠」をたくさん手に入れるためには「まほうの地図」をたくさん売却すれば良いということになります。

 

別の見方をすれば、課金されている方の方が無課金の方より有利であると言えます。

課金してたくさんガチャを回せばそれだけ地図も手に入りますから。

 

新生や強新生転生が怖い

ところが、DQMSLでは「新生転生」だったり「強新生転生」だったりの仕様が存在します。

モンスターを最高の転生先まで転生させたとしても、さらなる強化が実装されることがあるということです。

 

これらがあるので迂闊に手持ちの「まほうの地図」を売ることができないです。

新生転生も強新生も、新生前もそれぞれ☆4を持っていた方が良いモンスターが出てくるかも知れません。

中でも新生転生が実装されていないモンスターの地図は危険と思います。

 

ポイントボーナスが怖い

また、対人コンテンツである「闘技場」の「マスターズGP」も、「まほうの地図」売却の妨げになり得ます。

 

モンスターの使用率などによって、大会ごとに勝利時の獲得ポイントにボーナスがつくモンスターがいます。

それまで見向きもしなかったモンスターに、ボーナスがついているとわかるや否や、地図から仲間にしてパワーアップをして☆4にする。

私がこれまでに何度か経験したことです。

即座に対応するためには、同一モンスターの地図を5枚持っていなければなりません。

場合によっては1枚で何とかなりますけど。

 

これは全てのモンスターの☆4や☆4+4を作成していれば問題ないことかもしれないです。

しかし「モンスター牧場」や「モンスター預かり所」にも所持の限度数がありますので、全てのモンスターをという訳にもいかないでしょう。

 

「わたぼうポイント」で購入する

今回の記事で最も言いたいことはこれから書くことです。

 

DQMSL

それは「わたぼうポイント交換所」で「銀の宝珠50個セット」が販売されているということ。

「銀の宝珠50個セット」は「今月交換回数」と書かれていることから、毎月回数がリセットされることを意味していると読み取れます。

特に無課金ユーザーの私たちはこの「銀の宝珠50個セット」は毎月交換しておいた方が良いと思います。

もちろん所持わたぼうポイントとの相談にはなるものの。

 

「わたぼうポイント交換所」へはメイン画面フッターメニュー「ショップ」→「交換所」→「わたぼうポイント」の順に選択することで行くことができます。

 

おわりに

ということでDQMSL「冒険者の証」の強化アイテムのうち「銀の宝珠」が足りないので、獲得するためのちょっとしたことをご紹介した記事でした。

 

 

スポンサーリンク