ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

パッケージデザイン変更!Big-Aの食パン「Newファミリーブレッド」を購入。生のままとトーストで食べた感想を書いています

スポンサーリンク

Big-A』でPB商品と思われる食パン「Newファミリーブレッド」を購入しました。

パッケージや価格、容量、原材料、見た目の紹介、食べた感想を書いています。

 

実は「Newファミリーブレッド」は当ブログで三度目の登場です。

二度目は一度目から製造委託先が代わり、パッケージデザインや原材料、味も変わったことを書きました。

三度目となる今回、二度目からまたパッケージデザインが変わっているようです。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

やっぱりパンが好き

ここ数年、私の中で「パンブーム」が起きています。

世間では「食パンブーム」が来ているらしいので、私もそれと知らずにブームに乗っかっているのでしょう。

私も食パンは市販のものから個人店のものまで、気になる品があるとついつい買っています。

お金がないので頻繁には買えないものの。

 

Big-A「Newファミリーブレッド」

今回購入した品は「Newファミリーブレッド」です。

 

パン

画像が本品のパッケージです。

 

New

ファミリーブレッド

 

パネトーネ種を加え、

豊かな風味と香りを引き出しました。

 

6枚切

(1斤)

 

パネトーネ種とは

イタリア北部に生息する酵母と

乳酸菌が共存するパン種です。

 

アレルギー表示

乳成分・小麦を使用しております

アレルギー特定原材料を記載

 

上記引用部のように書かれていました。

 

角食パン。

6枚切り1斤です。

 

パン

別の面です。

 

dysdis.hatenablog.com

dysdis.hatenablog.com

 

「Newファミリーブレッド」はこれまで2回ご紹介しています。

3度目です。

 

食パンとは何?

「食パン」とは何か?

あえて書く必要があるのかというほど、食パンは私たちの生活に入り込んでいる食品ですね。

でも一応調べました。

 

食パンとは、生地を発酵させ、大きな長方形の箱型の型に入れて焼いたパンのことである。

 

食パン - Wikipedia

 

食パンのWikipediaには上記引用部のように書かれています。

まんまです。

 

角食パンと山食パン

食パンには大きく分けて2種類あります。

「角食パン」と「山食パン」。

この両者の違いは何でしょう?

 

まず見た目から異なりますよね。

角食パンは生地を型に入れた後に蓋をして焼くために四角くなります。

山食パンは生地を型に入れた後に蓋をせず焼くために上部が膨らんで山型になります。

 

食感の違いは、角食パンは蓋をして焼くため湿気が内部にこもり、しっとり滑らかな触感・食感になります。

角食はそのまま食べても柔らさが出ます。

一方山食パンは蓋をせずに焼くため湿気が蒸発し、生地が縦に伸びることからキメが粗くなり、ふんわりとした軽い触感・食感になります。

山食は焼いた方が良さをより生かせるでしょうか。

 

『第一屋製パン』

今回紹介している「Newファミリーブレッド」は製パン会社『第一屋製パン株式会社』が製造をしている品のようです。

いわゆる『第一パン』ですね。

 

『Big-A』が『第一パン』に製造を委託したという認識で良いでしょう。

 

www.daiichipan.co.jp

 

第一パンの本社は東京都小平市にあるようです。

 

 

原材料や栄養成分など

Big-A「Newファミリーブレッド」の原材料や栄養成分を見てみましょう。

 

原材料

原材料です。

 

パン

  • 小麦粉(国内製造)
  • マーガリン
  • 砂糖
  • 脱脂粉乳
  • 食塩
  • パン酵母
  • 乳等を主原料とする食品
  • 発酵風味料
  • パネトーネ種 

 

一部に小麦・乳成分・小麦・大豆を含む。

内容量は「6枚」。

アレルギー物質に注意してください。

 

原材料そのものは前回紹介時と違いありません。 

 

しかし前回紹介したときは、アレルギー表示に「卵」があったと思います。

この点が今回紹介する「Newファミリーブレッド」が前回と違っています。

原材料の種類は同じでも、分量が微妙に異なっているみたいなこともあるのでしょう。

 

それにしても卵が気になります。

詳しく記載されていない箇所、例えば「乳等を主原料とする食品」に使われていたのでしょうか。

 

栄養成分

栄養成分です。

 

f:id:dysdis:20201216161230j:plain

  • エネルギー:155Kcal
  • たんぱく質:5.2g
  • 脂質:2.3g
  • 炭水化物:28.5g
  • 食塩相当量:0.8g

 

1枚あたりの栄養成分(目安)です。 

こちらは前回と同じです。

 

『Big-A』で購入

今回紹介する食パンは、食料品・日用品のハードディスカウントストアの『Big-A』です。

 

www.biga.co.jp

 

Big-Aは日ごろからお世話になっているお店です。

 

価格

本品を購入したときの価格です。

価格は66円(税抜き)でした。

8%の税込み価格はは71円ほどになりますか。

最安値かも。

 

大きさ

本品1枚の大きさ・サイズです。

 

パン

長辺一辺の長さは一番長いところで12.0センチメートルほどでしょうか。

 

DQMSL

短辺一辺の長さは一番長いところで11.5センチメートルほど。

 

DQMSL

厚さは2.0センチメートル。

 

 

パン

手で半分に割いた様子。

 

特別なものはない、ごく一般的な角食ですね。

色味も変わったところはありません。

 

食べる前の感想 

触感は表面は多少のパサつきがあります。

割いてみると「柔らかさ」と「しっとり感」を感じ取れました。

柔らかさやしっとり感の強さは特別なものはありません。

 

耳はパサつきが大きめでゴワッと感も少し感じられました。

でも耳はそういうものと思います。

割いたときの感覚も特別なことはありませんでした。

 

香りは特別なことのない、シンプルな食パンの小麦の香りです。

 

香りの強さは強くありません、ほのか。

少しすっとした乳酸菌系の酸みを感じさせます。

パネトーネ種の香りなのでしょうか?

それとも発酵風味料の香りでしょうか。

 

食べた感想

Big-A「Newファミリーブレッド」を食べた感想です。

 

これから食べた感想を書きます。

私の感覚や評価が絶対的なものではないことは考慮の上ご覧になってください。

 

生のまま

まずは焼かずに生のまま、何も付けずに食べます。

 

f:id:dysdis:20201216162147j:plain

同じ画像で恐縮です。

 

食感の感想は、触感と同様にしっとり・柔らかいです。

特別なしっとり感や柔らかさはなく、普通な感じ。

一方で耳はもさもさしていて、口に入れると抵抗感があります。

しかし耳は耳ですから、個人的にはこのくらいの抵抗感は特にマイナスには感じないです。

耳が苦手な方は本品の耳は苦手かもしれないです。

前回紹介したときより、生のままでも食べやすさが若干増したと思います。

 

味は特別なことはないパンの味でした。

決して美味しいとは言えません。

しかし、66円でこのくらいの味であれば、個人的には十分と思います。

 

焼いてみた

焼いてみました。

トースト。

 

パン

画像が焼いた状態です。

 

小麦が焼かれた香ばしい香りがします。

某メーカーさんのある食パンは、種類にもよりますけど焼いたときに強めの乳酸菌系の酸味が漂います。

その酸味は個人的には不自然に思えるほどで正直得意ではないのですが、本品はそういった苦手な香りは一切なく、シンプルなトーストの香りです。

それだけで好感を持てます。

 

食感は、中身は外側はサクッとしていて、生のままほどは行かないまでも「もっちり」が残っていました。

耳は噛んだ瞬間にサクッ感がありました。

 

ただ噛んでいるときには中身も耳も若干グニッとするでしょうか。

もっちり感を出すために何かを加えた影響が出ているのかもしれないですね。

 

味は香りと同様、特筆するものはない、シンプルな食パンの味です。

価格を考えれば十分な食感と味と思います。

 

総評

可もなく不可もない角食でした。

66円の値段で可もなく不可もない食パンを食べられるなら、私にとっては十分です。

安価な食パンほど余計なことはしない方が良い気がします。

 

しかも前回よりトータルで食べやすくなっていると感じました。

前回は生のままよりトーストの方が良いと感じましたけど、今回は生のままでも前回よりは行けます。

大きな差はないとは思いますが。

 

リピートはするか?

Big-A「Newファミリーブレッド」はリピートをするかしないかについて。

 

リピートすると思います。

 

66円という価格が何よりの武器ですね。

こういう価格帯の食パンをベースにしつつも、ごくたまぁに個人経営のパン屋で300〜500円の食パンを買って食べるというサイクルにします。

 

おわりに

ということで、食料品・日用品のハードディスカウントストア『Big-A』にPB食パン「Newファミリーブレッド」のパッケージデザインが変わっていたので、買って食べてみた記事でした。

 

食パンの技術

食パンの技術

  • 発売日: 2014/10/17
  • メディア: Kindle版
 

 

スポンサーリンク