ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

物質アレフガルドパ。DQMSLマスターズGP「7周年杯」第1週ウェイト125で「マスター」ランクに昇格できていない、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、2021年1月31日より闘技場「マスターズGP」にて2021年2月度「7周年杯」が開催されています。

 

2021年1月31日12:00から、7周年杯の第1週が始まりました。

第1週のルールは「ウェイト125+王不在ルール+魔童子殿堂入りルール」です。

記事作成現在、通常の「カイザー1」である「マスター1」ランクに昇格できていません。

マスターランクに昇格できていない、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「7周年杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では、2021年2月度「7周年杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による「7周年杯」の告知です。

 

  • 第1週:2021年1月31日12時00分~2021年2月07日09時59分
  • 第2週:2021年2月07日??時00分~2021年2月??日09時59分
  • 第3週:2021年2月??日??時00分~2021年2月??日09時59分
  • 第4週:2021年2月??日??時00分~2020年1月31日09時59分

 

全4回を1シーズンとみなして、7周年杯を1ヶ月間戦うことになるはずです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2021年1月31日(日)12時00分から、レジェンドの名を冠するマスターズGP「7周年杯」を開催!
「7周年杯」は特別な効果を持つ装備品「栄光のマント(ランクSS)」を獲得することができるイベントです!

 

■「7周年杯」限定でウィークリーポイントミッション報酬に下記を追加!
・ジェム
・ふくびき券スーパー
・魔王の宝珠
・神獣の宝珠

■ウィークリー順位報酬登場!
「7周年杯」では、各回の順位によって報酬が獲得できるウィークリー順位報酬が登場します!
ランキングに応じて「神鳥の羽ペン」が手に入るチャンス!

■マスターメダル交換所のラインナップに下記を追加!
・超魔王確定ふくびき券スーパー(2020)
・系統の王確定ふくびき券スーパー(2020)
・魔王確定ふくびき券スーパー(2020)
・神獣確定ふくびき券スーパー(2020)
・第4回神獣杯の黒のオーブ

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

 

ランクについて

「7周年杯」では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「ジェネラル」は「ブリーダー」、「ゴールデン」は「ブリーダー」、「カイザー」が「マスター」にそれぞれ変更されます。

 

「マスター1」で対戦に敗北して所持しているランクポイントが必要分を下回った場合でも、「ブリーダー3」へと降格しません。

 

そして、週が変わるとランクが3段階下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

マスターメダル

マスターズGPでは報酬の1つに「マスターメダル」があります。

報酬に「マスターメダル」がある大会と無い大会があるようです。

私はこの辺のことがいまいち把握できていません。

 

今回はマスターメダルをもらえるみたいです。

 

ポイントボーナスについて

2019年8月の「神獣杯」から、編成するモンスターに「ポイントボーナス」なるものがつくようになりました。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトの「神獣杯」のページに、上記引用部のように書かれていました。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがつき、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

7周年杯 第1週「ウェイト125+王不在ルール+魔童子殿堂入りルール」

2020年1月31日12時00分から2021年2月07日09時59分までは、「7周年杯」の第1週が開催されています。 

 

ブリーダー1

前回「神獣杯」の第4週は通常のカイザー3である「神獣3」まで行けました。

「7周年杯」第1週は前回終了時から6ランク下がった、通常のジェネラル3である「トレーナー3」からのスタートです。 

 

DQMSL

記事作成現在2戦しか戦えていません。

しかしそれでもトレーナー3からブリーダー1へは昇格することができました。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

DQMSL

  • 所持ランクポイント:2,226
  • シーズンランクポイント:2,226

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

勝利数

戦績を見てみましょう。

 

  • シーズン勝利数:--勝
  • ウィークリー勝利数:--勝

 

今回画像の紹介はなし。

2戦して2勝しています。

 

7周年杯 第1週のルール

マスターズGP「7周年杯」第1週のルールについてです。

 

DQMSL

  • ウェイト制限:125
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:王不在ルール、魔童子殿堂入りルール、冒険者の証なし

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

総ウェイトは「125」。

制限ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

王不在ルール

特別ルール「王不在ルール」について。

 

DQMSL

  • 特別ルール:王不在ルール
  • 内容:超魔王系・魔王系・系統の王系 神獣王系・深淵の魔王系モンスターは パーティに入れられません。

 

王という王が無理みたいです。

いや、ランプの魔王は入るでしょうか。

 

魔童子殿堂入りルール

特別ルール「魔童子殿堂入りルール」について。

 

DQMSL

  • 特別ルール:魔童子殿堂入りルール
  • 内容:魔童子系モンスターは パーティに入れられません。

 

魔童子は1体でもNGです。

 

冒険者の証なし

特別ルール「冒険者の証なし」について。

 

f:id:dysdis:20210121180121j:plain

  • 特別ルール:冒険者の証なし
  • 内容:冒険者の証は使用できません。

 

2021年1月21日から実装されたバージョン8の新仕様です。

正直、GPには不必要な仕様に感じます。

 

「ウェイト125+王不在ルール+魔童子殿堂入りルール」パーティ

マスターズGP「7周年杯」の第1週、ウェイト125+王不在ルール+魔童子殿堂入りルールで「マスター」ランクに昇格できていない、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

これから紹介するパーティは、あくまでも記事作成現在のものです。

これが最強だとか最適解だとか言っているものではありません。

ご了承ください。

 

編成

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「暗黒の魔人☆3、クニクズシ☆4、伝説のアレフガルド、チウ☆4、マーズフェイス☆4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

便宜上、以降「伝説のアレフガルド」のことを「アレフガルド」と表記します。

 

暗黒の魔人のリーダー特性は「全系統の最大HPを30アップ」。

 

装備込みのパーティの総ウェイトは「124」。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

アレフガルドとマーズフェイスが30%、他が0%。

トータル60%のボーナスが入ります。

 

もう少し積みたいところです。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • 暗黒の魔人:暗黒しょうへき+3、おおいかくす+1、アイアンヒット+1、だいぼうぎょ+1
  • クニクズシ:二天流・背水斬+3、真・甲冑くずし+3、亜流・必殺の一撃+3、兵糧丸+3
  • アレフガルド:勇者の一撃+2、竜王の息吹+3(王女の愛)、ベギラマの剣+3、勇者のきらめき+3
  • チウ:窮鼠包包拳+1、窮鼠文文拳+1、ダメージバリア、ミナカトール
  • マーズフェイス:におうだち・防魔、マインドバリア、メラゾーマ、なし

 

上記のとおりです。

暗黒のアイアンヒットは全然使っていないので「体技よそく」か「息よそく」に替えたいです。

と思いながら何ヶ月も放置しています。

 

作戦

作戦です。

暗黒とチウとマーズが「みんながんばれ」、他が「ガンガンいこうぜ」。

 

装備

装備です。

 

f:id:dysdis:20210131161256j:plain

  • 暗黒:メガトンハンマー+7
  • クニクズシ:魔神のかなづち+7
  • アレフガルド:竜神のツメ+10
  • チウ:りせいのサンダル
  • マーズフェイス:プラチナシールド+8

 

上記のとおりです。

 

暗黒の魔人は+7以上で「通常攻撃がアイアンヒット」がつく、攻撃力+31と防御力+32の装備「メガトンハンマー」。

ウェイト2。

クニクズシは+7以上で「会心の一撃ダメージが2倍アップ」がつく、攻撃力+31と防御力+32の装備「魔神のかなづち」。

ウェイト2。

アレフガルドは+7以上で「ドラゴン・???系へダメージを10%アップ」がつく、素早さ+42の装備「竜神のツメ」。

ウェイト2。

チウは「ごくまれにみかわし率最大」がつく、素早さ+8の装備「りせいのサンダル」。

ウェイト0。

マーズフェイスは+7以上で「メラ耐性を1ランクアップ」と「メラ系息ダメージ40%軽減」がつく、防御力+80の装備「プラチナシールド」。

ウェイト2。

 

スキルのたね

「スキルのたね」についてです。

 

  • 暗黒の魔人:防御力95、攻撃力25
  • クニクズシ:攻撃力95、防御力25
  • アレフガルド:素早さ95、攻撃力25
  • チウ:なし
  • マーズフェイス:なし

 

クニクズシは素早さに25振ろうかなと書いていて思いました。

命中率を上げたいので。

マーズには防御力に振ろうかなと。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

暗黒は初手「暗黒しょうへき」。

内容は「【先制】味方全体の 息防御を1段階上げ さらに確率で 体技防御を1段階上げる このとくぎは3ラウンド目に『グランドショット』に変化」。

2手目は「だいぼうぎょ」が多め。

内容は「【戦闘中1回】【先制】自分を ダメージ90%軽減状態にする」。

3手目は「グランドショット」 が多め、バトルの流れでは「おおいかくす」にするかもしれません。

グランドショットの内容は「敵全体に みかわし・ダメージ軽減を無視して 体技ダメージ 防御力が高いほど 威力大 一度使用すると とくぎが『暗黒しょうへき』に戻る」。

おおいかくすの内容は「【先制】ラウンド数制限なしで 味方1体への 敵の行動を かわりにうける 行動停止や一部の状態異常でも 解除されない」。

現状4手目以降まで行っていないのであれですけど、通常攻撃でしょうか。

 

クニクズシはほぼ「二天流・背水斬」。

内容は「【アンカー】敵全体に2回 攻撃力依存で 無属性の斬撃攻撃 自分の残りHPが少ないほど 威力大」。

タイマンになったときなど、必殺のようなアンカー特技では困る場合、みかわしされたくない場合は「亜流・必殺の一撃」。

内容は「【みかわし不可】敵1体に 攻撃力依存で 無属性の斬撃攻撃」。

 

アレフガルドは初手「竜王の息吹」が多め。

内容は「敵全体に メラ系の息攻撃 命中時 確率で素早さを1段階下げ 行動停止状態にする」。

2手目以降、自身にバフがかかっていることで「勇者の一撃」を早く撃てるようになっていますので撃ちます。

ですがもう一度息を吐いたり「ベギラマの剣」のことも多いです。

勇者の一撃の内容は「【戦闘中1回】【みかわし不可】【軽減無視】敵1体に 攻撃力依存で ギラ系の斬撃攻撃 斬撃無効状態を貫通する」。

ベギラマの剣の内容は「ランダムに6回 攻撃力依存で ギラ系の斬撃攻撃」。

勇者だけになったら「王女の愛」のことが多いですけど、相手モンスターの数次第では「ベギラマの剣」を撃つことも、「勇者の一撃」を撃っていなければ撃つこともあります。

王女の愛の内容は「【戦闘中1回】味方全体を 復活させ HPを全回復する」。

 

チウは「ミナカトール」。

内容は「【先制】1ターンの間 味方全体を ダメージ34%軽減状態にする」。

ミナカトールを撃つMPがなく、でも「ダメージバリア」を撃てそうならダメバリを撃ちます。

内容は「【先制】味方全体を ダメージ20%軽減状態にする」。

 

マーズフェイスはほぼ「におうだち・防魔」。

内容は「【先制】味方全体への 敵の行動を かわりにうける 自分の呪文防御を1段階上げる」。

 

上記のように戦っています。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「7周年杯」第1週ウェイト125+王不在ルール+魔童子殿堂入りルールで「マスター」ランクに昇格できていない、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

おすすめを見ていると悪魔パーティが異様に多いですね。

デュランを持っていれば私も悪魔パを使ってみたいですけど持っていません。

デュランがいなくてもドルマゲスリーダーで行けるのでしょうか。

試したい気持ちがあります。

 

 

スポンサーリンク