ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

マデュラプソーン!DQMSL「超魔王への道 襲来級」を30ラウンド以内で攻略した際の、私のパーティと装備と戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以降DQMSL表記)にて、2019年7月8日から、強敵クエストに「超魔王への道」が実装されました。

 

同年9月27日には「超魔王への道 襲来級」が追加実装されています。

襲来級の1つ前の「地獄級」までは実装当時にクリアしています。

しかし襲来級の攻略は無理だろうと端から諦め、そのまま2021年まで来てしまいました。

2021年に入ってから初めて挑んでみました。

 

襲来級に設定されているミッションのうち「経過ラウンド30以下ですべてのモンスターを撃破してクリア」を攻略できました。

「???系なし」ミッションは記事作成現在まだクリアできていません。

 

30ラウンド以下ミッションを達成した際の、私のパーティ編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

以降ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

また、この記事はバージョン8実装前に書いたものです。

予めご了承ください。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「超魔王への道」

DQMSL特別クエストに「超魔王への道」についてです。

2019年7月8日から実装されたコンテンツだそう。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) の告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2019年7月8日(月)8時00分から、強敵クエストに「超魔王への道」が登場!
『超魔王』闇の覇者りゅうおうとバトル!自信のあるパーティで挑戦しよう!
※初回のみスタミナ0で挑戦できます。

バトルに勝利すると、ミッション報酬などで「りゅうおうエッグ(ランクS)」「超魔王のたまご(ランクS)」などの「超魔王転生用たまご」が仲間になる!
「りゅうおうエッグ(ランクS)」「超魔王のたまご(ランクS)」は後日登場予定の「悪の化身りゅうおう(ランクS)」を「闇の覇者りゅうおう(ランクSS)」に転生させることができるぞ!
そのほかにも、ミッション報酬で「オリハルコン」などが獲得できる!

討伐リストは、毎月リセットされるので忘れずに!

【2019年7月23日 追記】
2019年7月23日(火)15時00分から、さらなる高難易度のクエスト、「襲来級」を追加!
本気になった闇の覇者りゅうおうに挑戦して、報酬を獲得しよう!
※「闇の覇者への道 襲来級」には討伐リストはありません。
※「闇の覇者への道 襲来級」は旅の僧侶を呼ぶことができません。

[ 対象クエスト ]
■ひとりで冒険
強敵クエスト「超魔王への道」
・闇の覇者への道 上級
・闇の覇者への道 超級
・闇の覇者への道 地獄級
・闇の覇者への道 襲来級

※「闇の覇者への道 上級」「闇の覇者への道 超級」「闇の覇者への道 地獄級」は、一度クエストをクリアするとスキップ券が使用できます。(2019年7月23日 更新)
※「闇の覇者への道 襲来級」では、スキップ券を使用することはできません。(2019年7月23日 追記)

「超魔王転生用たまご」は「超魔王への道」のミッション報酬や討伐リストのほか、「超級」「地獄級」「襲来級」のバトルに出現する「超魔王転生用たまご」を倒すことで仲間になるぞ!(2019年7月23日 追記)
※難易度に応じて出現する確率が上昇します。

「闇のたね」は、「超魔王への道」の討伐リストで手に入るぞ!
※「闇のたね」をふりわける際に必要なゴールドは、1個につき2000ゴールドです。

[ 「闇のたね」の所持数確認方法について ]
「闇のたね」の所持数は、「闇のたね」を使用してスキルふりわけを行うことができるモンスターを「スキルふりわけ」画面で選択すると確認ができます。
2019年7月8日(月)時点では、「闇のたね」を使用してスキルふりわけを行うことができるモンスターがいないため、所持数を確認することができません。また、今後「闇のたね」を使用してスキルふりわけを行うことができるモンスターが登場した後も、仲間にいない場合は所持数を確認できません。あらかじめご了承ください

 

上に貼ったリンク先のwebページには上記引用部のように書かれています。

 

超魔王への道 襲来級

「超魔王への道 襲来級」についてです。

 

DQMSL

  • クエスト名:超魔王への道 襲来級
  • 目標平均レベル:100
  • スタミナ:40

 

初回挑戦時のみスタミナ0で冒険できるようです。

2回目以降は40でした。

結構な消費スタミナ量です。

 

ミッション

設定されているミッションです。

 

DQMSL

DQMSL

  • すべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「超魔王のたまご 3体」
  • ???系をパーティに入れずにクリア:報酬「超マスターエッグ 1体(ザオリク)」
  • 経過ラウンド30以下ですべてのモンスターを撃破してクリア:報酬「超マスターエッグ 1体(聖魔斬)」

 

公式キャンペーンサイトによれば、超マスはザオリクと聖魔斬だそうです。

特にザオリクが欲しいです。

 

DQMSL

経過ラウンド30以下は達成しました。

超マスは「聖魔斬」持ちです。

同時にすべてのモンスターを撃破も達成できています。

 

 

討伐リスト

討伐リストについて。

本クエストは討伐リストがありません。

 

道中

道中についてです。

襲来級には道中戦が3つありました。

 

DQMSL

初戦は「神馬アルシオン」2体と「グランドラゴーン」1体の3体。

???系で挑むときは、アルシオンの「聖魔一閃」でしたっけ、それと「ボイドブレス」が特に要注意です。

 

DQMSL

2戦目は「死神スライダーク」と「ゴールデンスライム」が1体ずつ、「まおうのかげ」2体の計4体。

ゴルスラのマダンテが怖いですけど、まおかげのマホカンタもヤラシイ。

 

DQMSL

3戦目「ドラゴン・ウー」2体。

強烈な物理攻撃が怖い。

 

ボス

ボスについてです。

 

DQMSL

ボスは「闇の覇者りゅうおう」。

 

DQMSL

3ラウンド目にドラゴン形態の「闇の覇者竜王」に変身します。

変身時にHPが全快したと思います。

 

 

攻略パーティ

「超魔王への道 襲来級」を30ラウンド以下で攻略した際の、私のパーティ編成や装備、戦い方などを紹介します。

 

これから紹介する内容はあくまでも私が攻略したときのものです。

これが最強とか最も効率が良いとか、そういうことを書いたものではありません。

ご了承ください。

 

編成

まずはパーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「マデュラーシャ、ハーゴン☆1、ラプソーン☆4、エルギオス☆2、フレイシャ☆2、サポート:マデュラーシャ☆x」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

「マデュラーシャ」のリーダー特性は「全系統のHPと全属性呪文ダメージ20%アップ」。

 

サポートさんからは「マデュラーシャ」をお借りしました。

サポートさんもできるだけ☆4の個体にお願いするとより良いです。

 

呪文パーティですね。

マデュラーシャは今回紹介するパーティのリーダーに適任でした。

特性「フォースドブレイク」からの「属性ダメージ」だけでなくHPアップと属性呪文を強化できるリーダー特性が理由です。

 

特技

特技です。

 

  • マデュラーシャ:獄炎招来+3、魔界神の構え+1、ほとばしる暗闇+1、ぶきみな眼差し
  • ハーゴン:イオグランデ、邪神への祈り、フバーハ、ザオリク
  • ラプソーン:暗闇の流星+3、暗黒神の儀式+3、儀式反転、魔弾の流星+3
  • エルギオス:極光の舞い+3、堕天使のつばさ+3、憎悪の舞い+3、天使の理+3
  • フレイシャ:過激な火炎、灯火のふえ、いやしの光、神鳥のひやく
  • (サ)獄炎招来+x、魔界神の構え+x、ほとばしる暗闇+x、ぶきみな眼差し+x

 

今回のためにとくぎ転生をしていません。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • マデュラーシャ:マグマの杖+7
  • ハーゴン:プラチナシールド+7
  • ラプソーン:プラチナシールド+7
  • エルギオス:プラチナシールド+7
  • フレイシャ:プラチナシールド+8

 

 

プラチナシールドは「メラ耐性を1ランクアップ」と「メラ系息ダメージ40%軽減」の固有効果を持ちます。

マデュの他の全員に持たせましたが、メラ耐性吸収のフレイシャは「ガルハートスタッフ」など回復量アップ装備の方が良かったかもしれません。

 

スキルのたね

「スキルのたね」です。

 

  • マデュラーシャ:賢さ95、素早さ25
  • ハーゴン:賢さ65、防御力55
  • ラプソーン:素早さ95、賢さ25
  • エルギオス:素早さ95、攻撃力25
  • フレイシャ:賢さ90、防御力25、素早さ5

 

バフ・デバフのラプとエルギは素早さメイン、デバフをかけた上に攻撃させたいマデュは賢さ優先です。

 

立ち回り

立ち回りです。

 

記憶を頼りに書いているので間違えているかもしれません。

そのときは申し訳ありません。

当ブログの内容は参考程度に抑えてください。

 

マデュラーシャ「ぶきみな眼差し」で耐性デバフをかけてから「獄炎招来」。

状態変化解除をされたときも同じ順序で行動。

「せかいじゅの葉」と「せかいじゅのしずく」のアイテムも使っていきます。

 

ハーゴンは「邪神への祈り」メイン。

祈った次のターンで「フバーハ」。フレイシャが倒されたときは「ザオリク」。

道中も味方が倒されたらバトルとバトルの間でザオリク。

 

ラプソーンは「暗闇の流星」。

「せかいじゅの葉」と「せかいじゅのしずく」のアイテムも使っていきます。

道中はMPを節約するため、呪文耐性デバフをしてからは防御。

 

エルギオスは「天使の理」。

しかし私の場合1ラウンド目に倒されてから一度復活させましたが、再びすぐに倒されたのでそれからは復活させませんでした。

道中は「憎悪の舞い」で、混乱を狙っていました。

まおうのかげとドラゴン・ウーが混乱にかかりやすく重宝しました。

 

フレイシャは回復・蘇生がメイン。

竜王が味方を継続ダメージ状態にしてくるので、そのときは最優先で「いやしの光」をしHPと状態変化解除をします。

竜王の攻撃が激しいため「灯火のふえ」をする隙がなかなかありませんけど、隙を見つけられたときは撃ちます。

 

以上のように戦っていました。

 

DQMSL

超竜王は7ラウンド、道中を含めても16ラウンドで撃破できました。

 

おわりに

ということでDQMSL「超魔王への道 襲来級」を30ラウンド以下で攻略した際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

???系なしが難しそうです。

超魔王系の出番でしょうか。

 

この記事はバージョン8実装前に書いたものです。

記事を上げるタイミングを失してしまいました。

 

 

スポンサーリンク