ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

ヒヒュ超ムーアゲスノーグ盾。DQMSLマスターズGP「神獣杯」第1週ウェイト130で「神獣」ランクに昇格した際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、2020年12月31日より闘技場「マスターズGP」にて2021年1月度「神獣杯」が開催されています。

 

2020年12月31日12:00から神獣杯の第1週が始まりました。

第1週のルール「ウェイト130+神獣王殿堂入りルール」です。

記事作成現在、通常の「カイザー」帯である「神獣」ランクに昇格できました。

神獣ランクに昇格した際の、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「神獣杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では、2021年1月度「神獣杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による「魔神杯」の告知です。

 

  • 第1週:2020年12月31日12時00分~2021年1月07日09時59分
  • 第2週:2021年1月07日15時00分~2021年1月??日09時59分
  • 第3週:2021年1月??日15時00分~2021年1月??日09時59分
  • 第4週:2021年1月??日15時00分~2020年1月??日09時59分 

 

全4回を1シーズンとみなして、魔神杯を1ヶ月間戦うことになるはずです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2020年12月31日(木)12時00分から、マスターズGP「第4回神獣杯」を開催!
「第4回神獣杯」は「グラブゾンジャック」や「グラブゾン」にちなんだ報酬を獲得することができるイベントです!

 

■「キング★」ランク到達時の昇格報酬に「クラブオーブ」を追加!

■特定モンスターのポイントボーナスを50%に!

■「神獣杯ふくびきGP」を開催!

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

 

ランクについて

「神獣杯」では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「ゴールデン」は「グラブゾン」、「カイザー」が「神獣」にそれぞれ変更されます。

 

「神獣1」で対戦に敗北して所持しているランクポイントが必要分を下回った場合でも、「グラブゾン3」へと降格しません。

 

そして、週が変わるとランクが3段階下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

マスターメダル

マスターズGPでは報酬の1つに「マスターメダル」があります。

報酬に「マスターメダル」がある大会と無い大会があるようです。

私はこの辺のことがいまいち把握できていません。

 

今回はマスターメダルをもらえるみたいです。

 

ポイントボーナスについて

2019年8月の「神獣杯」から、編成するモンスターに「ポイントボーナス」なるものがつくようになりました。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトの「神獣杯」のページに、上記引用部のように書かれていました。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがつき、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

神獣杯 第1週「ウェイト130+神獣王殿堂入りルール」

2020年12月31日12時00分から2021年1月07日09時59分までは、「神獣杯」の第1週が開催されています。 

 

神獣1

前回「魔神杯」の第4週は通常のカイザー1である「魔神1」まで行けました。

「神獣杯」第1週は前回終了時から6ランク下がった、ジェネラル1からのスタートです。 

 

dysdis.hatenablog.com

 

以前はデイリー3戦に加えて1戦対戦して、ジェネラル2に昇格しているときのパーティをご紹介していたかと思います。

 

DQMSL

あれからパーティを大幅に変更して、何とか通常の「カイザー1」である「神獣1」に昇格することができました。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

DQMSL

  • 所持ランクポイント:3,760
  • 第46シーズンランクpt:3,760

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

勝利数

戦績を見てみましょう。

 

DQMSL

  • シーズン勝利数:20勝
  • ウィークリー勝利数:20勝

 

20勝でした。

今回はジェネラル1からのスタートなので、このくらいでしょう。

 

神獣杯 第1週のルール

マスターズGP「神獣杯」第1週のルールについてです。

 

DQMSL

  • ウェイト制限:130
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:神獣王殿堂入りルール

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

総ウェイトは「130」。

制限ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

神獣王殿堂入りルール

特別ルール「神獣王殿堂入りルール」について。

 

DQMSL

  • 特別ルール:神獣王殿堂入りルール
  • 説明:神獣王モンスターは パーティに入れられません。

 

神獣王は使えません。

「WORLD」と「ケトス」の2体ですね。

 

「ウェイト130+神獣王殿堂入りルール」パーティ

マスターズGP「神獣杯」の第1週、ウェイト130+神獣王殿堂入りルールで「神獣」ランクに昇格できていない、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

これから紹介するパーティは、あくまでも記事作成現在のものです。

これが最強だとか最適解だとか言っているものではありません。

ご了承ください。

 

編成

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「ヒヒュドラード☆4、老王デスタムーア☆4、ドルマゲス☆4、ディアノーグ☆4、マアモン☆4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

便宜上、以降は「老王デスタムーア」のことを「超デスタムーア」などと表記します。

 

ヒヒュドラードのリーダー特性は「全系統の賢さ20%素早さ10%アップ」。

 

装備込みのパーティの総ウェイトは「129」。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

ディアノーグが50%、ヒヒュドラードが30%、マアモンが20%、他が0%。

トータル100%のボーナスが入ります。

 

今回は神獣杯、且つグラブゾンジャック関連の装備が実装されたとあって、ミニ神獣たちにポイントボーナスがついています。

せっかくなので使いました。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • ヒヒュドラード:奇襲の邪弾+3、真・ごう慢な構え+3、醜悪な暴風+3、混沌の爆炎+3
  • 老王デスタムーア:呪いの爆炎+3、正体をあらわす+3、虚脱のいかずち+3、邪悪なめいそう+3
  • ドルマゲス:秘術イオマータ+3、狂気のいあつ+3、あんこくのはばたき+3、ヒャドマータ+3
  • ディアノーグ:かがやく息+1、バギクロス、いてつく眼光、まどいのさけび+1
  • マアモン:どくばくだん+2、みがわり+1、もうどくの息、ドルクマ+1

 

上記のとおりです。

 

作戦

作戦です。

マアモンが「みんながんばれ」、他は「ガンガンいこうぜ」。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • ヒヒュドラード:魔法使いハート・覇
  • 超デスタムーア:冒涜の杖+7
  • パンデルム:禁じられし息の古文書+7
  • ゴルゴナ:魔弾銃+7
  • コンジャラー:理性のサンダル 

上記のとおりです。

 

ヒヒュドラードは「???系の呪文ダメージを15%アップ」がつく、素早さ+15の装備「魔法使いハート・覇」。

ウェイト0。

超デスタムーアは+7以上で「イオ系の呪文ダメージを22%アップ」と「イオ系の呪文使用時素早さアップ」がつく、賢さ+100の装備「冒涜の杖」。

ウェイト5。

ドルマゲスは+7以上で「メタルキラー強」がつく、素早さ53、攻撃力+15の装備「メタルキングのツメ」。

ウェイト5。

パンデルムは+7以上で「息ダメージを10%アップ」がつく、素早さ+37の装備「禁じられし息の古文書」。

ウェイト5。

ディアノーグは「ときどき素早さアップ」がつく、素早さ+12の装備「スペードオーブ」。

ウェイト0。

マアモンは「ごくまれにみかわし率最大」がつく、素早さ+8の装備「りせいのサンダル」。

ウェイト0。

 

ドルマゲスの装備は記事作成後に「おうごんのツメ+10」に変更しました。

 

スキルのたね

「スキルのたね」についてです。

 

  • ヒヒュドラード:素早さ95、賢さ25
  • 超デスタムーア:素早さ75、賢さ44
  • ドルマゲス:素早さ95、賢さ25
  • ディアノーグ:素早さ65、攻撃力55
  • マアモン:なし

 

アタッカーは素早さアップが基本です。

超デスタムーアの賢さが44の理由は、単に種が1つ足りていなかったから。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

ヒヒュドラードは初手はほぼ「真・ごう慢な構え」。

真・ごう慢な構えの内容は「素早さ・賢さが上がり 次ラウンド 呪文ダメージが2倍 1ターンの間 通常攻撃と斬撃を はね返す 味方全体の呪文ダメージを 1ターンの間1.3倍にする」。

2手目以降は「真・ごう慢な構え」が多めながら、「奇襲の邪弾」も選択します。

相手に、HPが少なめな個体が多めだったり「くじけぬ心」系で耐えている個体があったりすれば「邪弾」を選びます。

奇襲の邪弾の内容は「ラウンドの最初に ランダムに6回 呪文ダメージ 命中した敵の呪文ダメージを減少させる」。

「醜悪な暴風」と「混沌の爆炎」は今回ほぼ使いませんでした。

 

超デスタムーアは「呪いの爆炎」ほとんどで、ゾンビパと自然パが相手のとき、相手にも超デスタムーアがいるときは「虚脱のいかずち」。

虚脱を撃つ場合、全体蘇生系特技持ちを主なターゲットにします。

呪いの爆炎の内容は「ランダムに6回 イオ系の呪文ダメージ マヒさせる」。

虚脱のいかずちの内容は「敵1体に みがわり・ダメージ軽減を無視して ギラ系の体技ダメージを与え MPを吸収する」。

2ターン目以降は戦況に応じて、爆炎だったり虚脱だったり「正体をあらわす」だったり「邪悪なめいそう」だったりです。

自然パ相手のとき、相手にも超デスタムーアがいるときは変身していくことがほとんど。

正体をあらわすの内容は「ラウンドの最初に 憤怒の王に 変身する 状態異常・HPが回復し 攻撃力と防御力が上がる さらに ラウンド経過で 夢幻の王に最終変身する」。

邪悪なめいそうの内容は「自分の HP・MPを全回復する」。

 

ドルマゲスは初手「狂気のいあつ」か「あんこくのはばたき」。

「みがわり」系がみがわりをしそうなら「いあつ」、そうでなければ「はばたき」です。

狂気のいあつの内容は「敵全体に体技ダメージ みりょう状態にし さらに防御力を下げる みがわり状態の敵には ダメージが3倍」。

あんこくのはばたきの内容は「敵全体の状態変化を解き 一定確率で呪文防御を下げる」。

2手目も状態変化解除をしたいときは「はばたき」、攻撃した方が良い場合は攻撃です。

攻撃時はイオ系の通りが良さそうだったり相手がマホカンタをしそうなら「秘術イオマータ」、ヒャド系の通りが良さそうなら「ヒャドマータ」。

秘術イオマータの内容は「ランダムに5回 反射不可の イオ系の呪文ダメージ」。

ヒャドマータの内容は「敵全体にランダムに 氷のダメージを与える」。

 

ディアノーグは初手「まどいのさけび」が多めです。

状態変化が効かなそうだったり、相手に体技ダメージが通らない上に状態変化を解いておきたい個体がいる場合は「いてつく眼光」。

まどいのさけびの内容は「敵全体にダメージを与え 混乱させる」。

いてつく眼光の内容は「敵1体にかかっている 状態変化を解く」。

生き残っていればですけど、2手目も「さけび」か「眼光」メインで、ヒヒュが構えていれば効果により呪文ダメが1.3倍になるため「バギクロス」をします。

バギクロスの内容は「敵全体に風の特大ダメージを与える」。

 

マアモンは「みがわり」、超デスタムーアを守ります。

内容は「味方1体への敵の行動を かわりにうける」。

まず2ラウンドまで生き残れないですね。

 

上記のように立ち回っていたでしょうか。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「神獣杯」第1週ウェイト130+神獣王殿堂入りルールで「神獣」ランクに昇格した際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

 

スポンサーリンク