ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

ゾンビ。DQMSLマスターズGP「神獣杯」第1週ウェイト130で「神獣」ランクに昇格できていない、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、2020年12月31日より闘技場「マスターズGP」にて2021年1月度「神獣杯」が開催されています。

 

2020年12月31日12:00から神獣杯の第1週が始まりました。

第1週のルール「ウェイト130+神獣王殿堂入りルール」です。

記事作成現在、通常の「カイザー」帯である「神獣」ランクに昇格できていません。

デイリー3戦+1戦のみしただけで、「ゴールデン」すら昇格できていません。

神獣ランクに昇格できていない、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「神獣杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では、2021年1月度「神獣杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による「魔神杯」の告知です。

 

  • 第1週:2020年12月31日12時00分~2021年1月07日09時59分
  • 第2週:2021年1月07日15時00分~2021年1月??日09時59分
  • 第3週:2021年1月??日15時00分~2021年1月??日09時59分
  • 第4週:2021年1月??日15時00分~2020年1月??日09時59分 

 

全4回を1シーズンとみなして、魔神杯を1ヶ月間戦うことになるはずです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2020年12月31日(木)12時00分から、マスターズGP「第4回神獣杯」を開催!
「第4回神獣杯」は「グラブゾンジャック」や「グラブゾン」にちなんだ報酬を獲得することができるイベントです!

 

■「キング★」ランク到達時の昇格報酬に「クラブオーブ」を追加!

■特定モンスターのポイントボーナスを50%に!

■「神獣杯ふくびきGP」を開催!

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

 

ランクについて

「神獣杯」では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「ゴールデン」は「グラブゾン」、「カイザー」が「神獣」にそれぞれ変更されます。

 

「神獣1」で対戦に敗北して所持しているランクポイントが必要分を下回った場合でも、「グラブゾン3」へと降格しません。

 

そして、週が変わるとランクが3段階下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

マスターメダル

マスターズGPでは報酬の1つに「マスターメダル」があります。

報酬に「マスターメダル」がある大会と無い大会があるようです。

私はこの辺のことがいまいち把握できていません。

 

今回はマスターメダルをもらえるみたいです。

 

ポイントボーナスについて

2019年8月の「神獣杯」から、編成するモンスターに「ポイントボーナス」なるものがつくようになりました。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトの「神獣杯」のページに、上記引用部のように書かれていました。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがつき、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

神獣杯 第1週「ウェイト130+神獣王殿堂入りルール」

2020年12月31日12時00分から2021年1月07日09時59分までは、「神獣杯」の第1週が開催されています。 

 

ジェネラル2

前回「魔神杯」の第4週は通常のカイザー1である「魔神1」まで行けました。

「神獣杯」第1週は前回終了時から6ランク下がった、ジェネラル1からのスタートです。 

 

DQMSL

まだデイリー3戦+1戦しか戦っていません。

まだジェネラル帯にいます。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

DQMSL

  • 所持ランクポイント:1,740
  • 第46シーズンランクpt:1,740

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

勝利数

戦績を見てみましょう。

 

  • シーズン勝利数:2勝
  • ウィークリー勝利数:2勝

 

今回は画像なし。

4戦して2勝でした。

初期パーティで3戦して1勝2敗だったので、パーティを変更し1戦1勝しただけ。

 

神獣杯 第1週のルール

マスターズGP「神獣杯」第1週のルールについてです。

 

DQMSL

  • ウェイト制限:130
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:神獣王殿堂入りルール

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

総ウェイトは「130」。

制限ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

神獣王殿堂入りルール

特別ルール「神獣王殿堂入りルール」について。

 

DQMSL

  • 特別ルール:神獣王殿堂入りルール
  • 説明:神獣王モンスターは パーティに入れられません。

 

神獣王は使えません。

「WORLD」と「ケトス」の2体ですね。

 

「ウェイト130+神獣王殿堂入りルール」パーティ

マスターズGP「神獣杯」の第1週、ウェイト130+神獣王殿堂入りルールで「神獣」ランクに昇格できていない、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

これから紹介するパーティは、あくまでも記事作成現在のものです。

これが最強だとか最適解だとか言っているものではありません。

ご了承ください。

 

編成

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「ラザマナス☆1、ガナサダイ☆3、パンデルム、ゴルゴナ、コンジャラー☆4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

ラザマナスのリーダー特性は「ゾンビ系素早さ+18%斬撃息効果+10%」。

 

装備込みのパーティの総ウェイトは「127」。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

コンジャラーが50%、他が0%。

トータル50%のボーナスが入ります。

 

もう少し積みたいのでコンジャラーを他のゾンビ系に変更するかも。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • ラザマナス:黄金のカギ爪+3、紫電の瘴気+3、ホラーブレス+3、黄泉がえりの舞い+3
  • ガナサダイ:屍皇帝のいあつ+3、暗黒の魔槍+3、命凍る波動+3、暴風斬り+3
  • パンデルム:ジェノサイドストーム+3、悪夢食らい+3、ギラグレイド+1、命凍声+1
  • ゴルゴナ:冥府の邪法、光葬魔雲、六芒魔法陣、腐・病・葬・怨・魔
  • コンジャラー:ラリホーマ+2、ベギラマ+1、ピオリム、ダメージバリア

 

上記のとおりです。

 

コンジャラーを選んだ理由は、「とくぎ転生」でピオリムとダメバリを覚えさせているからです。

 

作戦

作戦です。

ラザマナスとコンジャラーとゴルゴナが「みんながんばれ」、他は「ガンガンいこうぜ」。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • ラザマナス:輝石のベルト+7
  • ガナサダイ:強戦士ハート・霊
  • パンデルム:禁じられし息の古文書+7
  • ゴルゴナ:魔弾銃+7
  • コンジャラー:理性のサンダル 

上記のとおりです。

 

ラザマナスは+7以上で「ファラオのチカラ」がつく、HP+17の装備「輝石のベルト」。

ウェイト5。

ガナサダイは「ゾンビ系の斬撃ダメージを15%アップ」がつく、装備「強戦士ハート・霊」。

ウェイト0。

パンデルムは+7以上で「息ダメージを10%アップ」がつく、素早さ+37の装備「禁じられし息の古文書」。

ウェイト5。

ゴルゴナは「だれかにホイミ」、+7以上で「メラ系呪文攻撃」がつく、MP+27の装備「魔弾銃」。

ウェイト2。

コンジャラーは「ごくまれにみかわし率最大」がつく、素早さ+8の装備「りせいのサンダル」。

ウェイト0。

 

ウェイトが2分の余裕があるため、ガナサダイの装備を「竜神のツメ」などウェイト2の何かに変更するつもりです。

 

スキルのたね

「スキルのたね」についてです。

 

  • ラザマナス:素早さ95、攻撃力25
  • ガナサダイ:素早さ95、賢さ25
  • パンデルム:なし
  • ゴルゴナ:防御力65、賢さ55
  • デスジャッカル:なし

 

アタッカーは素早さアップが基本です。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

ラザマナスは初手は「ホラーブレス」多め、相手に「ぎゃくふう」持ちがいるときはAIオートか防御します。

「みんながんばれ」でオートにすると「黄泉がえりの舞い」で味方を生き返らせます。

ホラーブレスの内容は「敵全体に息攻撃 猛毒・ねむり・カウントダウン状態にする」。

黄泉がえりの舞いの内容は「味方1体を確実に復活させ さまざまな能力を上げる」。

2手目以降はホラーブレスか「紫電の瘴気」、相手の「ぎゃくふう」の効果が継続されていたりもう一度撃たれそうならAIオート。

紫電の瘴気の内容は「ランダムに4回 ギラ系の息ダメージ 猛毒にする」。

 

ガナサダイは初手は「屍皇帝のいあつ」か「命凍る波動」です。

みがわり要員がいれば「いあつ」、みがわりがいないorザキ耐性が無効でないモンスターが何体かいる場合は「波動」ですかね。

屍皇帝のいあつの内容は「敵全体に 体技ダメージ マヒさせる みがわり状態の敵には ダメージが3倍」。

命凍る波動の内容は「敵全体を確率で即死させ その後状態変化を解く」。

2手目以降も基本は同じです。

相手が単体だったり「くじけぬ心」系特性持ちだったりした場合は「暗黒の魔槍」、超魔王を相手にしたりする場合「暴風斬り」を撃ちます。

ゾンビ系の斬撃アップの強戦士ハート・霊を装備させているため、斬撃はいつもより有効かもしれません。

暗黒の魔槍の内容は「敵全体にランダムで 毒・マヒ・マ素に効果大の連続攻撃」。

暴風斬りの内容は「敵全体にバギ系の大ダメージを与え マヒさせる」。

 

パンデルムはほぼ「ジェノサイドストーム」。

「ぎゃくふう」持ちがいるときはAIオートか「ギラグレイド」。

ジェノサイドストームの内容は「ねむり・猛毒にするランダム息 毒・ねむり・マ素に効果大」。

ギラグレイドの内容は「敵全体に雷の極大ダメージを与える」。

 

ゴルゴナは初手がほぼ「六芒魔法陣」。

内容は「ラウンドの最後に 味方全体の執念状態を解除し復活させる」。

六芒魔法陣を使った次のターンは「冥府の邪法」。

冥府の邪法の内容は「味方全体の 執念状態を解除し 復活させる その後 敵全体の素早さを 一定確率で下げる バトル中1回のみ 使用でき MPを全消費」。

私のゴルゴナは無星なので2回全体蘇生をしたらお役御免。

 

コンジャラーは「ピオリム」が基本で、オムドパーティ相手の場合は「ダメージバリア」。

ピオリムの内容は「味方全体の素早さを上げる」。

ダメージバリアの内容は「味方全体の すべてのダメージを軽減する」。

ラリホーマが有効な場合もあるかもしれませんね。

 

上記のように立ち回っているでしょうか。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「神獣杯」第1週ウェイト130+神獣王殿堂入りルールで「神獣」ランクに昇格できていない、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

暫定パーティですので、今後変更する可能性があります。

 

 

スポンサーリンク