ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

勝てない!DQMSLダイ大「地下9階から挑戦」をクリアできていない私の攻略パーティや装備、戦い方について紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以降DQMSL表記)では、2020年10月30日からアニメ『ダイの大冒険』公開記念「ダイの大冒険」コラボクエストが開催されています。

 

2020年11月6日アップデートが入り、アプデ終了と同時にダイの大冒険イベントの新たなクエストが展開されました。

新クエストのうち「地下9階から挑戦」がクリアできません。

9〜最深部まで攻略できていない私のパーティのメンバーや装備、戦い方などをご紹介します。

 

ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「ダイの大冒険」コラボクエスト

DQMSLでは2020年10月30日より「ダイの大冒険」コラボクエストが開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による告知です。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

■「ダイストーリー前編」クリアでジェム2500個が手に入る!

■「イオマータ」「一刀両断」など、新しいとくぎを覚えた「魔界のたまご」がたくさん登場!

■ランクSS装備品「覇者の剣」「真魔剛竜剣」を+10まで強化すると固有効果が変化!

■エリアの構成やクエストの難易度など、遊びやすさを改善!

■11月16日に「ダイストーリー後編」や新クエストを追加予定!お見逃しなく!

 

[ クエストの開催期間 ]
2020年10月30日(金)12時00分 ~ 2020年11月30日(月)11時59分

※「ダイストーリー後編」は、2020年11月16日(月)15時00分 ~ 2020年11月30日(月)11時59分の間、開催される予定です。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

一度は通読なさると良いでしょう。

 

真・ダイチャレンジ

ダイの大冒険コラボイベントのうち「破邪の洞窟 深部」についてです。

2020年11月6日行われたアップデートにより追加実装されたクエストになります。

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による告知です。

 

【2020年11月6日 追記】
[ 「破邪の洞窟 深部」について ]

深部エリア
[ 注目ポイント ]

■地下13階におよぶ高難易度ダンジョン!強敵たちがキミを待ち受ける!

■一定階層までクリアすると、途中の階層から挑戦できるぞ!

■地下13階までクリアすると、「魔界のたまご(ミナカトール)」が仲間になるぞ!

■討伐リストの報酬でジェム1500個を手に入れよう!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

DQMSL

  • クエスト名:真・ダイチャレンジ
  • 目標平均レベル:100

 

目標平均レベルが最高値です。

心してかかりましょう。

 

地下9階から挑戦

この記事では「真・ダイチャレンジ」のうち「地下9階から挑戦」を紹介します。

 

DQMSL

  • クエスト名:地下9階から挑戦
  • 目標平均レベル:100
  • スタミナ:5

 

目標平均レベルは100。

 

ミッション

ミッションについてです。

 

DQMSL

  • 経過ラウンド25以下でクリア:報酬「神々の金属+3 1個」
  • どうぐを使わずにクリア:報酬「大冒険のカギ 10本」

 

ミッションは2つ設定されています。

記事作成現在ミッションはどちらも達成できていません。

難しいです。

 

討伐リスト

討伐リストについてです。

 

DQMSL

討伐リストは「真・ダイチャレンジ」で共通とのこと。

全階層をクリアできれば結構なジェムをいただけます。

最下層はおそらく「ヴェルザー」で、「魔界のたまご(ミナカトール)1体」が報酬になっています。

 

味方全体が受けるダメージを、1ターンの間34%軽減する。
ラウンドの最初に使用する。

※「いてつくはどう」などで解除されません。「神のはどう」などで解除されます。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

使える特技の予感がしますので、できれば欲しいところです。
 

道中

道中です。

本クエストは道中はありません。 

 

ボス戦

ボス戦です。

 

DQMSL

地下9階のボスは「超魔の覇者ハドラー」。

今回のコラボイベントの開催と同時に実装された超魔王系の「超ハドラー」ですね。

 

DQMSL

地下10階のボスは「死神キルバーン」と「魔影参謀ミストバーン」の2体。

ここが突破できません。

 

討伐リストによると11階がバーンで、12階がヴェルザーのようです。

 

攻略パーティ

「地下9階から挑戦」を攻略している、私のメンバーと特技構成、装備、戦い方をご紹介します。

 

これから紹介する内容は私が攻略したときのものです。

これが最強とか最も効率が良いとか、そういうことを言っているものではありません。

ご了承の上、参考程度に抑えてご覧になってください。

 

メンバー

メンバーについてです。

 

DQMSL

メンバーは「マデュラーシャ☆4、全てを滅ぼす者ゾーマ、ラプソーン☆4、フレイシャ☆2、ハーゴン☆1」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

便宜上、以降「全てを滅ぼす者ゾーマ」を「超ゾーマ」、「超魔の覇者ハドラー」を「超ハドラー」と呼称します。

 

マデュラーシャのリーダー特性は「全系統のHPと全属性呪文ダメージを20%アップ」。

 

サポートも「マデュラーシャ」です。

お貸しくださりありがとうございます。

 

パーティのうちハーゴンは超ハーゴンではなく、???系のハーゴンです。

 

いやぁ「ケトス」がいれば行けるのではないかと思うんですけどねぇ。

ケトスを持っていないのですよ。

う〜ん、サポートさんからお借りしましょうか。

 

特別条件

本クエストには「特別条件」があります。

 

DQMSL

  • 特別条件:ダイコラボモンスターのダメージ+100%

 

ダイの大冒険コラボ関連モンスターの与ダメージが100%アップします。

自パーティで特別条件の恩恵を受けるモンスターは1体もいません。

 

特技

特技についてです。

 

  • マデュラーシャ:獄炎招来+3、魔界神の構え+1、ほとばしる暗闇+1、ぶきみな眼差し
  • 超ゾーマ:滅びの呪文+3(氷獄招来)、絶望の霧氷+3(闇をまとう)、真・ジゴスパーク+3、爆裂のこだま+3
  • ラプソーン:暗闇の流星+3、暗黒神の儀式+3、魔弾の流星+3、暗黒神掌+3
  • フレイシャ:過激な火炎、灯火のふえ、いやしの光、神鳥のひやく
  • ハーゴン:イオグランデ、邪神への祈り、フバーハ、ザオリク
  • (サ)マデュラーシャ:獄炎招来+3、魔界神の構え+x、ほとばしる暗闇+x、ぶきみな眼差し+x

 

以上です。

 

ほとんどがデフォルト特技と思います。

ハーゴンがフバーハとザオリクを覚えさせています。

ヴェルザーのことを考えるとフバーハ持ちが必要かと思っての採用です。

「バイバーハ」持ちを入れてる手もあるかもしれませんね。

 

スキルのたね

「スキルのたね」についてです。

 

  • マデュラーシャ:素早さ55、賢さ65
  • 超ゾーマ:賢さ65
  • ラプソーン:素早さ95、賢さ25
  • フレイシャ:防御力45、賢さ75
  • ハーゴン:防御力55、賢さ65

 

今回のために種を振り直していません。

 

装備

装備についてです。

 

DQMSL

  • マデュラーシャ:マグマの杖+7
  • 超ゾーマ:竜宮神の杖+7
  • ラプソーン:まがんの杖+7
  • フレイシャ:ガルハートスタッフ+7
  • ハーゴン:ハーゴンの杖+7
  • (サ)マデュラーシャ:???

 

装備は今回のために付け替えていません。

サポートモンスターは装備させてある個体にお願いすると良いと思います。

 

戦い方

戦い方についてです。

 

道中

道中の戦い方です。

道中はなし。

 

ボス戦

ボス戦です。

 

主に超ハドラー戦。

マデュラーシャは初手「ぶきみな眼差し」ができればして、他は「獄炎招来」。

超ハドラーがタメをしたら「ほとばしる暗闇」で解除した方が良いかも。

超ゾーマは「滅びの呪文」から「氷獄招来」。

ラプソーンは「暗闇の流星」か「魔弾の流星」。

フレイシャは基本「灯火のふえ」、必要に応じて回復・蘇生。

ハーゴンは「邪神への祈り」、必要に応じて蘇生。

 

以上のように戦っています。

 

DQMSL

しかし負けてしまいますね。

キルバーンもですけど、とりわけミストバーンの攻撃がきついですから対策が必要そうです。

 

おわりに

ということでDQMSLの「ダイの大冒険」コラボイベント「真・ダイチャレンジ」のうち「地下9階から挑戦」を攻略している、私のパーティや装備、戦い方について紹介した記事でした。

 

小さな勇者、ダイ

小さな勇者、ダイ

  • メディア: Prime Video
 

 

スポンサーリンク