ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

イヴァリース?『FINAL FANTASY ⅩⅥ』のティザーサイトが公開され、私好みのゲームそうでPS5ごと欲しくなっています

スポンサーリンク

2020年10月29日ですか、『スクエアエニックス』の新作RPG『FINAL FANTASY ⅩⅥ 』のティザーサイトが公開されたようです。

さっそくサイトを拝見したところ、個人的に好みなゲームの香りがプンプンしていました。

 

目次

スポンサーリンク

 

スクエニRPG『FINAL FANTASY ⅩⅥ』

2020年10月29日、スクエア・エニックス社のロールプレイングゲーム『FINAL FANTASY ⅩⅥ』のティザーサイトがインターネット上に公開されたようです。

ファイナルファンタジー16ですね。

 

ティザーサイトとは宣伝告知用のwebサイトの認識で良いと思います。

 

jp.finalfantasyxvi.com

 

ティザーサイトでは、メインビジュアルと世界観、登場人物の紹介が掲載されていました。

公開された情報はまだわずかで、今後続々と追加されることでしょう。

 

twitter.com

 

FF16の公式Twitterアカウント (@FF16_JP) も存在しています。

アカウントをフォローしておけば情報をいち早く入手できそうです。

 

FF16は私好みになりそう

このFF16は私好みのゲームになりそうです。

 

dysdis.hatenablog.com

 

私は『FF』では「6」と「12」が特に好きです。

『ファイナルファンタジータクティクス』も好きですし、もっと言うと『タクティクスオウガ』が好きです。

タクティクスオウガ=TOは『ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇』と並んで私の人生でトップを争うくらいの作品。

 

FFの話をしているのにどうしてTOを持ち出したか。

FF12とFFTとTOは「松野泰巳」さんと「吉田明彦」さんが参加している作品ですよね、確か。

松野さんが作り出す世界観、吉田さんの絵柄を私は好んでいます。

 

その松野・吉田コンビの気配をFF16から感じ取りました。

だから私好みのゲームと感じたのだと思います。

 

FF13と15は一見して私には合わないと思えたので、FFシリーズからこの感覚を得たのは久しぶりです。

 

どこに松野・吉田コンビの気配を感じたか

FF16のどこに松野・吉田コンビの気配を感じたか。

それは国家がいくつも存在して、国家間の政争が行われそうなところ、そしてキャラクターデザインです。

 

イヴァリースか?

例えばFF16には「ロザリア公国」という国が存在します。

確かFF12には「ロザリア帝国」があったと記憶しています。

製作さんがそこに気づいていないはずがないので、意識的に名付けられたのでしょう。

 

もしかしたらFF16はFF12と世界観がつながっているのかも、と思わせますね。

FF16も「イヴァリース」世界かもしれない。

 

吉田さんではなさそう

FF16のキャラクターデザインは吉田さんではなさそうです。

よく見ると異なる絵柄に見えます。

でも似た雰囲気を感じます。

 

プラットフォームはPS5

『FF16』のプラットフォームはどうやら「PlayStation5」のみになりそうですね。

ティザーサイトの右上に「PS5」としか書かれていませんので。

 

www.playstation.com

 

PS5は2020年11月12日に発売予定です。

PS5は購入する予定がありませんでしたが、今回のFF16の情報を知って俄然欲しくなってきました。

PS5は発売直後にはもはや手に入らないでしょうけど、FF16が発売される頃には手に入りやすくなっているでしょうか。

その頃はその頃で、私と同じようにFF16欲しさにPS5の需要も高まっていそうですけど。

 

おわりに

ということで、『FINAL FANTASY ⅩⅥ』のティザーサイトが公開され、私好みのゲームになりそうなので欲しくなったことを書いた記事でした。

 

タクティクスオウガ 運命の輪 Art Works (画集)

タクティクスオウガ 運命の輪 Art Works (画集)

  • 発売日: 2011/05/19
  • メディア: 大型本
 

  

スポンサーリンク