ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

ダンスとシング。『AgentOfAdventure -君の願いを-』でバードギルドに効果の違いがわからない歌があります

スポンサーリンク

スマホゲーム『AgentOfAdventure -君の願いを-』にはいくつものギルドがあり、冒険者はギルドに加入することでスキルを覚えます。

ギルドのうち「バード」、吟遊詩人のことですが、このバードギルドで取得する「歌」の効果で違いがよくわからないものがあります。

 

ネタバレ要素が含まれていますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

目次

 

スポンサーリンク

スマホゲー『AgentOfAdventure -君の願いを-』

放置型スマホゲーム『AgentOfAdventure -君の願いを-』を始めました。

 

概要

本作の概要です。

 

apps.apple.com

 

このゲームは冒険者が得た報酬を使って街を発展させていく、放置系RPGゲームです。


酒場で冒険者を雇い、雇った冒険者たちの装備を整えたら冒険に出発させましょう。

冒険では様々な罠や洞窟、モンスターなどに遭遇します。

放置している間に、冒険者たちはそれらの困難を乗り越えて帰ってきます。

冒険者は「お金」「経験値」「アイテム」を持って帰ってきます。

 

AppStoreに書かれているゲームの説明は上記引用部のとおりです。

 

Wizardryライク

本作は『Wizardry』ライクな放置系RPGです。

 

プレイヤーがすることは雇った冒険者たちが冒険をすることを除いた全てになります。

具体的には、冒険の報酬でギルドや寺院・酒場・武器屋・防具屋・道具屋・学校といった街の施設を開発・発展させます。

ギルドを育て冒険者達をより強いジョブに就かせたり、発展した街から購入できるより強い装備や道具で冒険者たちを強化します。

そうしてより難易度の高いクエストに挑ませ、最終的にはラスボスを倒す流れなのでしょう。

 

攻略サイトは見ていない

攻略サイトは見ないでプレイしています。

 

ゲーム画面の右上に歯車アイコンがあり、その中に攻略サイトへのリンクが貼ってあります。

いくつかの攻略サイトは存在するのだと思われます。

 

しかし、本作のようなゲームは特に攻略を見ないでプレイした方が個人的に楽しめると思いますので、今のところ攻略を見ないでプレイしています。

詰んだら拝見します。

 

これから書く内容は攻略サイトを見ていない人間が書いています。

見当違いのことを書いている可能性があります。

ご注意ください。

 

ギルド

『AgentOfAdventure -君の願いを-』には冒険者が入会する「ギルド」があります。

 

ゲーム

ギルドに入会することでそのギルドのスキルを使えるようになり、ギルドレベルが上がるとスキルの数が増えていき、冒険者のジョブレベルが上がると覚えられるスキルの種類や数が増えます。

 

バードギルドについて

ギルドのうち今回取り扱うのは「バード」です。

 

ゲーム

  • 名前:バードギルド
  • 説明:歌を歌うことでパーティーやモンスターに様々な効果を与える事ができます。歌は敵味方関係なく全員に効果を及ぼすので注意が必要です。歌の抵抗に成功した場合や精神に影響が及ばない対象には効果が現れません。注意)不要な歌を覚えてしまうと戦闘が難しくなるので戦略に合わせた歌を覚えさせましょう。
  • 重要能力:精神点

 

歌はMPを消費しない点が大きいです。

しかしバードは敵味方問わずに効果を及ぼすため使いにくいです。

 

dysdis.hatenablog.com

dysdis.hatenablog.com

 

バードの上位ギルドである「デリバリー」と「ウィスパー」になることで、本領を発揮するギルドと思います。

 

ゲーム

バードで取得可能なスキル一覧。

「ヒーリング」はバードでも役立つスキルなので、ぜひとも覚えたいところ。

 

ダンスとシング

バードギルドで覚えられる歌のうち、効果の違いがわからない歌が2つあります。

「ダンス」と「シング」です。

 

ダンス

ゲーム

  • 名前:ダンス
  • 説明:この歌を聞くとみんな楽しく踊り始めてしまう。踊っている間は攻撃を当てにくく、回避も難しい状況になる。その上、魔法も使えなくなる。

 

1つが「ダンス」です。

敵モンスターにかけた場合は、命中回避のデバフ効果を持った上に、魔法も使えなくします。

 

シング

ゲーム

  • 名前:シング
  • 説明:みんなが口ずさむような歌を歌う。この歌を聞くと歌を口ずさんでしまうため魔法が使えなくなってしまう。

 

もう1つが「シング」。

こちらが敵モンスターにかかった場合、魔法を使えなくします。

 

違いは何か?

ダンスとシングの違いがよくわからないのですよ。

いえ、ダンスは命中回避のデバフ効果があり、シングにはありませんので、その違いはあるとわかります。

でも2つとも「魔法が使えなくなる」効果は同じですよね。

 

シングの方がより高位

f:id:dysdis:20200919161709j:plain

先ほどと同じ画像で失礼します。

一覧を見ると、ダンスよりシングが下に表示されています。

基本的に下に表示されるスキルほど高位にあります。

ギルドレベルが上がると増えていきますので、シングはバードの中で最後に覚えられるようになる、現状の最高位スキルのはずです。

 

シングは最後に覚える高位のスキルなのに、どうしてダンスと同じ効果しかないのか。

それどころか命中回避デバフつきのダンスの方がお得感すらあります。

 

「魔法が使えなくなる」部分に違いがある。

その可能性は高いでしょう。

 

効果がつきやすい?

「魔法が使えなくなる」部分に違いがある。

違いはいくつか考えられます。

 

まず思い浮かぶことは、ダンスよりもシングの方が「魔法が使えなくなる」効果をつけやすいのではないか、ということ。

モンスター側の抵抗力判定が下がるのではないか。

これはありそうです。

 

効果の持続時間が違う?

ダンスよりもシングの方が歌の効果が続く時間が長い可能性。

これもありそうですね。

 

魔法を使えなくなる対象が違う?

本作には、ソーサラーが使う「古代語魔法」、プリーストが使う「神聖魔法」、シャーマンが使う「精霊魔法」があります。

他にもあるかもしれませんけど、私が記事作成時点で使える魔法はこの3種類のはず。

 

歌の効果がこれらの魔法の種類に限定している可能性もありますね。

ダンスの方がより限定的で、シングの方がより汎用的であるということ。

 

わからない

違いがあるならどういう違いがありそうか、あれこれ書き並べました。

しかし正直なところ、よくわからないです。

戦闘ログを逐一見ていられないですし、ログを見ていたとしても同じ敵に同じタイミングでかけるなど条件を絞らないといけないですし。

上に挙げたことも、答えが1つではなく複数が絡んでいるかもしれませんし。

私の力では違いを見出すのは無理そう。

 

シング優先でいい?

私は「シング」が優先で良いかと思っています。

やはりより高位のスキルを使った方が良いだろう、という単純な発想で。

 

でもあくまでもそれは「魔法が使えなくなる」効果に限定しての思考です。

クエストによっては、命中回避デバフが重要になるバトルがあるかもしれず、その場合はダンスの方がシングより有効でしょうからね。

例えばボス敵が物理特化型ならダンスの方が良さそうです。

 

どのクエストに冒険するかで優先順位は変わるかなと。

 

おわりに

ということで、スマホゲーム『AgentOfAdventure -君の願いを-』でバードギルドに効果の違いがわからない歌があるよの記事でした。

 

隣り合わせの灰と青春 (幻想迷宮ノベル)

隣り合わせの灰と青春 (幻想迷宮ノベル)

 

 

スポンサーリンク