ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

ワーラプエビヴォルカ木。DQMSLマスターズGP「天魔王杯」第3週「ウェイト130+天魔王杯殿堂入り」で「天魔王2」にいる、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、2020年10月14日より闘技場「マスターズGP」にて「天魔王杯」の第3週が開催されています。

 

天魔王杯の第3週は「ウェイト130+天魔王杯殿堂入りルール」です。

少し前に通常のカイザー帯である「天魔王」ランクに昇格できました。

あれからまたメンバーを変更して記事作成現在は「天魔王2」にいます。

以前紹介したパーティより勝てています。

変更後の私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「天魔王杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では「天魔王杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による「天魔王杯」の告知です。

 

  • 第1週:2020年09月30日12時00分~2020年10月07日09時59分
  • 第2週:2020年10月07日15時00分~2020年10月14日09時59分
  • 第3週:2020年10月14日15時00分~2020年10月21日09時59分
  • 第4週:2020年10月??日??時??分~2020年10月??日??時??分 

 

全4回を1シーズンとみなして、天魔王杯を1ヶ月間戦うことになるはずです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2020年9月30日(水)12時00分から、マスターズGP「天魔王杯」を開催!
また、2020年10月7日(水)15時00分からは「天魔王ふくびきGP」を復刻!

 

■一部の報酬に「マスターメダル」追加!

■「マスターメダル交換所」のラインナップ一部変更!

■新登場!「プチおまけふくびき」!

■「天魔王ふくびきGP」復刻!

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

サイトには上記引用部の他にも詳しいことが書かれています。

一読されると良いでしょう。

 

ランクについて

「天魔王杯」では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「カイザー」が「天魔王」に変更されます。

 

「天魔王1」で対戦に敗北し、所持しているランクポイントが必要分を下回った場合も、ゴールデン3へと降格しません。

 

そして、週が変わるとランクが3段階下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

マスターメダル

マスターズGPでは報酬の1つに「マスターメダル」があります。

報酬に「マスターメダル」がある大会と無い大会があるようです。

私はこの辺のことがいまいち把握できていません。

 

今回はマスターメダルをもらえるみたいです。

 

ポイントボーナスについて

2019年8月の「神獣杯」から、編成するモンスターに「ポイントボーナス」なるものがつくようになりました。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトの「神獣杯」のページに、上記引用部のように書かれていました。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがつき、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

天魔王杯 第3週「ウェイト130+天魔王杯殿堂入りルール」

2020年10月14日15時00分から2020年10月21日09時59分までは、「天魔王杯」の第3週が開催されています。 

 

天魔王2

前回「天魔王杯」の第2週は通常のカイザー2である「天魔王2」まで行けました。

「天魔王杯」第3週は前回終了時から3ランク下がった、ゴールデン2からのスタートです。

 

dysdis.hatenablog.com

 

以前デイリーミッション分、3戦のみ戦った段階の様子をお伝えしました。

当時ゴールデン2のままでした。

それから多くの勝ち負けを繰り返して、何とか「天魔王」ランクに昇格したことを上にリンクを貼った記事で紹介しています。

 

DQMSL

あれからまたメンバーを大幅に変更したところ、デイリーミッション3戦分しか戦っていないにも関わらず「天魔王2」に昇格することができました。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

DQMSL

  • 所持ランクポイント:4,640
  • 第43シーズンランクpt:14,080

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

勝利数

戦績を見てみましょう。

 

  • シーズン勝利数:--勝
  • ウィークリー勝利数:--勝

 

勝利数の紹介は今回はなし

 

天魔王杯 第3週のルール

マスターズGP「天魔王杯」第3週のルールについてです。

開催期間は2020年10月14日15時00分から2020年10月21日09時59分までになります。

 

f:id:dysdis:20201014180542j:plain

  • ウェイト制限:130
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:天魔王杯殿堂入りルール

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

総ウェイトは「130」。

制限ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

天魔王杯殿堂入りルール

特別ルール「天魔王杯殿堂入りルール」について。

 

DQMSL

f:id:dysdis:20201014180815j:plain

  • 特別ルール:天魔王杯殿堂入りルール

  • 説明:マスターズGP真夏杯の第4週で 使用率1%以上で 勝率が上位15体のモンスターはパーティに入れられません。

 

ゴア・サイコピサロが使えないのは個人的に痛恨でした。

 

ウェイト130+天魔王杯殿堂入りパーティ

マスターズGP「天魔王杯」の第3週、ウェイト130+天魔王杯殿堂入りで「天魔王2」ランクに昇格した際の、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

これから紹介するパーティは、あくまでも記事作成現在のものです。

これが最強だとか最適解だとか言っているものではありません。

ご了承ください。

 

編成

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「WORLD☆2、ラプソーン☆4、エビルプリースト☆4、ヴォルカドラゴン☆4、エビルトレント☆4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

WORLDのリーダー特性は「全系統の最大HPと素早さ10%攻撃力5%アップ」。

 

装備込みのパーティの総ウェイトは「129」。

 

ラプソーンの新生転生が実装されて以降、パーティにラプソーンを加えるユーザーが急激に増えました。

なので「いきなりマホカンタ」持ちのエビプリを久々に投入しています。

「ミルドラース」を入れている方も多いですね。

ミルドラースは確かボーナスが30%ついたはず。

 

ただ、ミルドラースを入れるとウェイトの余裕が減ります。

それと今回のルールと新生ラプソーンの影響で???系が増え、結果的に???系を倒すためのオルゴ・デミーラを入れるパーティも増えてしまいました。

なので私は???系のミルドラースを入れずに悪魔系のエビプリを選んでいます。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

ラプソーンとエビルトレントが30%、他が0%。

トータル60%のボーナスが入ります。

 

以前紹介したパーティよりボーナスは少ないです。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • WORLD:破魔天光+3、ミナデイン+3、神獣の封印+1、ゆうきの斬舞+3
  • ラプソーン:暗闇の流星+3、暗黒神の儀式+3、儀式反転+3、暗黒神掌+2
  • エビルプリースト:カオスストーム+3、バギクロス+3、マインドバリア+2、ピオリム+2
  • ヴォルカドラゴン:大樹の守り+1、におうだち、ハッピーブレス+1、かえんりゅう
  • エビルトレント:浄化の洗礼+2、せかいじゅのしずく+1、せかいじゅの葉、ドルモーア+1

 

上記のとおりです。

 

作戦

作戦です。

エビルトレントが「いのちをだいじに」、全員「ガンガンいこうぜ」。


エビルトレントは「ドルモーア」を使わないように「とくぎ」を設定しています。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • WORLD:魔法使いハート・覇
  • ラプソーン:魔法使いハート・覇
  • エビルプリースト:強戦士ハート・闇
  • ヴォルカドラゴン:ルーンバックラー+7
  • エビルトレント:イシスのアンク+7

 

以上です。

 

WORLDとラプソーンは「???系の呪文ダメージを15%アップ」がつく、素早さ+15の装備「魔法使いハート・覇」。

ウェイト0。

エビルプリーストは「悪魔系の呪文ダメージを15%アップ」がつく装備「強戦士ハート・闇」。

ウェイト0。

ヴォルカドラゴンは+7以上で「イオ耐性を2ランクアップ」がつく、防御力+62の装備「ルーンバックラー」。

ウェイト1。

エビルトレントは+7以上で「回復量を3%アップ」がつく、HP+8 防御力+3の装備「イシスのアンク」。

ウェイト0。

 

スキルのたね

「スキルのたね」についてです。

 

  • WORLD:素早さ95、賢さ25
  • ラプソーン:素早さ95、賢さ25
  • エビルプリースト:素早さ35、賢さ85
  • ヴォルカドラゴン:防御力95
  • エビルトレント:なし

 

アタッカーは素早さアップが基本です。

呪文パーティなので賢さも上げています。

エビプリも素早さ優先の方が良かったでしょうか。

 

エビルトレントは防御力を上げた方が生き残る率は上がりますね。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

WORLDは初手「ミナデイン」。

ラプソーンの呪文耐性デバフが入った後に撃てればかなりの与ダメージを期待できます。

内容は「味方のMPを消費し 敵全体にダメージ軽減無視の光の呪文」。

2手目も基本は「ミナデイン」。

相手の数が少なくなったときは鍵になりそうなモンスターを「神獣の封印」で止めたり、相手の数が少なくさらにそのモンスターが「くじけぬ心」系の特性持ちであれば「ゆうきの斬舞」。

神獣の封印の内容は「戦闘中1回のみ 1ターンの間敵1体を行動停止にする」。

ゆうきの斬舞の内容は「敵全体にランダムで踊りダメージ 自分の脳力を上げる」。

体技反射の新生ラプソーンが相手にいることが多いため、体技の「破魔天光」はあまり撃たないです。

 

ラプソーンはほぼ「暗闇の流星」。

内容は「ランダムに5回 ドルマ系の呪文ダメージ 確実に呪文防御を下げる」。

???系が少ない、特に超魔王系が多い場合は「暗黒神の儀式」。

内容は「敵全体に ドルマ系の儀式ダメージ ???系以外の敵には ダメージ3倍」。

 

エビルプリーストは「カオスストーム」か「ピオリム」。

使い分けは相手がカオスストームの行動停止がかかりやすそうかそうでないかです。

カオスストームの内容は「敵全体にランダムで呪文のダメージを与え 確率で行動停止」。

ピオリムの内容は「味方全体の素早さを上げる」。

2手目もカオスストームかピオリム。

初手でカオスストームを撃っていたら2手目はピオリムをすることが多いですね。

カオスストームは無属性呪文のため、無属性無効状態の超魔王相手には「バギクロス」を選択しても良いでしょう。

しかしそれなら「ピオリム」を2段階かけて、WORLDやラプソーンをできるだけ早く動かしてあげたいです。

 

ヴォルカドラゴンは初手「大樹の守り」。

内容は「戦闘中1回 2ターンの間 味方へのダメージを半分にする」。

2手目以降は「におうだち」。

内容は「味方全体への敵の行動を かわりにうける」。

3ラウンド目まで生き残っていることはあまりありません。

 

エビルトレントは「いのちをだいじに」でAIオート。

 

上記のように立ち回っているでしょうか。

 

ラプソーンで呪文耐性デバフをしてからのWORLDのミナデインは強いですよ。

カオスストームも結構なダメージが出ますし。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「天魔王杯」第3週ウェイト130+天魔王杯殿堂入りルールで「天魔王2」ランクにいる、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

ドラゴンクエストVI 幻の大地

ドラゴンクエストVI 幻の大地

  • 発売日: 2017/02/16
  • メディア: アプリ
 

 

スポンサーリンク