ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

ロビンが地味に活躍。DQMSLマスターズGP「天魔王杯」第2週「ウェイト125+王不在・魔童子殿堂入り」で「天魔王2」に昇格している、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、2020年10月7日より闘技場「マスターズGP」にて「天魔王杯」の第2週が開催されています。

 

天魔王杯の第2週は「ウェイト125+王不在・魔童子殿堂入りルール」です。

先日、通常のカイザー帯である「天魔王」ランクに昇格できました。

あれからまた少しメンバーを変更し、記事作成現在は「天魔王2」に昇格していいます。

天魔王2に昇格した、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「天魔王杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では「天魔王杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による「天魔王杯」の告知です。

 

  • 第1週:2020年09月30日12時00分~2020年10月07日09時59分
  • 第2週:2020年10月07日15時00分~2020年10月14日09時59分
  • 第3週:2020年10月??日??時??分~2020年10月??日??時??分
  • 第4週:2020年10月??日??時??分~2020年10月??日??時??分 

 

全4回を1シーズンとみなして、天魔王杯を1ヶ月間戦うことになるはずです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2020年9月30日(水)12時00分から、マスターズGP「天魔王杯」を開催!
また、2020年10月7日(水)15時00分からは「天魔王ふくびきGP」を復刻!

 

■一部の報酬に「マスターメダル」追加!

■「マスターメダル交換所」のラインナップ一部変更!

■新登場!「プチおまけふくびき」!

■「天魔王ふくびきGP」復刻!

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

サイトには上記引用部の他にも詳しいことが書かれています。

一読されると良いでしょう。

 

ランクについて

「天魔王杯」では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「カイザー」が「天魔王」に変更されます。

 

「天魔王1」で対戦に敗北し、所持しているランクポイントが必要分を下回った場合も、ゴールデン3へと降格しません。

 

そして、週が変わるとランクが3段階下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

マスターメダル

マスターズGPでは報酬の1つに「マスターメダル」があります。

報酬に「マスターメダル」がある大会と無い大会があるようです。

私はこの辺のことがいまいち把握できていません。

 

今回はマスターメダルをもらえるみたいです。

 

ポイントボーナスについて

2019年8月の「神獣杯」から、編成するモンスターに「ポイントボーナス」なるものがつくようになりました。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトの「神獣杯」のページに、上記引用部のように書かれていました。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがつき、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

天魔王杯 第2週「ウェイト125+王不在・魔童子殿堂入りルール」

2020年10月7日15時00分から2020年10月14日09時59分までは、「天魔王杯」の第2週が開催されています。 

 

天魔王2

前回「天魔王杯」の第1週は通常のカイザー3である「天魔王3」まで行けました。

しかしその後「天魔王2」に降格して第1週を終えています。

「天魔王杯」第2週は前回終了時から3ランク下がった、ゴールデン2からのスタートです。

以前は4戦だけ戦った段階の、「ゴールデン2」のままのパーティをご紹介しました。

 

dysdis.hatenablog.com

 

その後メンバーを変更し、通常の「カイザー1」である「天魔王1」に昇格しています。

カイザーに上がってからはゴールデンに降格することがないですから、ボーナスを積まなないで、その分戦えそうなメンバーに変更してデイリー3戦のみ戦っていました。

記事作成日、通常の「カイザー2」である「天魔王2」に昇格できました。

昇格時の画像を撮り忘れてしまい、ありません。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

DQMSL

  • 所持ランクポイント:4,380
  • 第43シーズンランクpt:9,440

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

勝利数

戦績を見てみましょう。

 

  • シーズン勝利数:48勝
  • ウィークリー勝利数:29勝

 

今回は画像の紹介はなし。

 

天魔王杯 第2週のルール

マスターズGP「天魔王杯」第2週のルールについてです。

開催期間は2020年10月07日15時00分から2020年10月14日09時59分までになります。

 

DQMSL

  • ウェイト制限:125
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:王不在ルール・魔童子殿堂入りルール

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

総ウェイトは「125」。

制限ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

王不在ルール

特別ルール「王不在ルール」について。

 

DQMSL

  • 特別ルール:王不在ルール
  • 説明:超魔王系・魔王・神獣王・系統の王・深淵の魔王に該当するモンスターはパーティに入れられません。

 

系統パーティを組みにくいです。

 

魔童子殿堂入りルール

特別ルール「魔童子殿堂入りルール」について。

 

DQMSL

  • 特別ルール:魔童子殿堂入りルール
  • 説明:魔童子モンスターはパーティに入れられません。

 

アーロやジェマなどは使えませんよと。

 

ウェイト125+王不在・魔童子殿堂入りルールパーティ

マスターズGP「天魔王杯」の第2週、ウェイト125+王不在・魔童子殿堂入りで「天魔王2」ランクにいる、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

これから紹介するパーティは、あくまでも記事作成現在のものです。

これが最強だとか最適解だとか言っているものではありません。

ご了承ください。

 

編成

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「サージタウス☆3、キラーマジンガ強☆4、クニクズシ☆4、暗黒の魔人☆3、ロビン☆4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

サージタウスのリーダー特性は「物質系のHP18%素早さ15%アップ」。

装備込みのパーティの総ウェイトは「125」。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

ロビンが20%、他が0%。

トータル20%のボーナスが入ります。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • サージタウス:スタンストリーム+3、王殺しの弓+3、ロストスナイプ+3、シャイニングボウ+3
  • キラーマジンガ:パニックラッシュ+3、ブレードゼロ+3、斬撃よそく、ピオリム
  • クニクズシ:二天流・背水斬+3、真・甲冑くずし+3、亜流・必殺の一撃+3、兵糧丸+3
  • 暗黒の魔人:暗黒しょうへき+1、おおいかくす、アイアンヒット、だいぼうぎょ
  • ロビン:コア・スナイプ、コードゼロ、仁王むそう、マホトラ斬り

 

上記のとおりです。

 

作戦

作戦です。

全員「ガンガンいこうぜ」。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • サージタウス:武闘家ハート・鋼
  • キラーマジンガ:スペードオーブ
  • クニクズシ:魔神のかなづち+7
  • 暗黒の魔人:メガトンハンマー+7
  • ロビン:りせいのサンダル

 

以上です。

 

サージタウスは「物質系の体技ダメージを20%アップ」がつく、素早さ+10の装備「武闘家ハート・鋼」。

ウェイト0。

キラーマジンガは「ときどき素早さアップ」がつく、素早さ+12の装備「スペードオーブ」。

ウェイト0。

クニクズシは+7以上で「会心の一撃ダメージが2倍アップ」がつく、攻撃力+31、防御力+32の装備「魔神のかなづち」。

ウェイト2。

暗黒の魔人は+7以上で「通常攻撃アイアンヒット」がつく、攻撃力+31、防御力+32の装備「メガトンハンマー」。

アイアンヒットの内容は「敵1体に体技攻撃 自分の防御力が高いほど効果大」。

ウェイト2。

ロビンは「ごくまれにみかわし率最大」がつく、素早さ+8の装備「りせいのサンダル」。

ウェイト0。

 

ロビンは特性に「いきなりみかわしきゃく」か何かを持っています。

なのでサンダルはいらないんじゃないかと思われるかもしれません。

サンダルはウェイト0の素早さアップ装備ということと、「ごくまれにみかわし率最大」がつくことで、仮に1ラウンド目に状態変化を解除されたとしても2ラウンド目に発動する可能性がありますから、それに期待してです。

案外1ラウンド目には落とされないのですよね。

 

スキルのたね

「スキルのたね」についてです。

 

  • サージタウス:素早さ95、攻撃力25
  • キラーマジンガ:素早さ95、攻撃力25
  • クニクズシ:攻撃力95、防御力25
  • 暗黒の魔人:防御力95、攻撃力25
  • ロビン:素早さ65、攻撃力55

 

素早さが基本。

クニクズシと暗黒は素早さを求められないので例外です。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

サージタウスは初手「スタンストリーム」。

内容は「敵全体に無属性の体技攻撃 一定確率でマヒさせる」。

2手目以降もスタンストリームが多め。

相手に「かみさま」がいたらザオリーマが怖いので「シャイニングボウ」で落とします。

内容は「敵1体に6回連続で矢を撃ち抜く」。

 

キラーマジンガはほぼ「ブレードゼロ」。

内容は「敵全体に斬撃ダメージを与え その後状態変化を解く」。

2ラウンド目以降もブレードゼロがメインで、相手のモンスター数や状態によって「パニックラッシュ」のことも。

内容は「敵全体にランダムで体技ダメージを与え 混乱させる」。

 

クニクズシはほぼ「二天流・背水斬」。

内容は「ラウンドの最後に2回全体攻撃 HPが少ないほど効果大」。

かみさまなど全体蘇生系持ち相手には、ラウンドの最後に動いていたら不味いことになるので「亜流・必殺の一撃」。

内容は「敵1体に みかわしを無視して極大ダメージ」。

 

暗黒の魔人は初手「暗黒しょうへき」。

内容は「味方全体の 息防御を上げ 一定確率で 体技防御も上げる 3ラウンド目に とくぎが『グランドショット』に変化」。

2手目「だいぼうぎょ」。

内容は「戦闘中1回のみ 受けるダメージを大幅に減らす」。

3手目「グランドショット」。

体技を封じられたら通常攻撃しかできなくなりますけど、通常攻撃にも威力があるので大きなマイナスにはならないですね。

 

ロビンは初手「コア・スナイプ」か「仁王むそう」。

「くじけぬ心」系特性持ちがいれば「コア・スナイプ」、「におうだち」持ちがいれば「仁王むそう」。

相手にどちらもいる場合は、相手盾役はサージタウスで止めることが多いので「コア・スナイプ」が優先されます。

コア・スナイプの内容は「敵1体に みがわり不可の斬撃攻撃 くじけぬ心を解く」。

仁王むそうの内容は「敵全体にランダムで連続攻撃 みがわり中の敵に効果大」。

2手目も基本的には同じです。

3ラウンド目まではほぼ生き残れません。

 

上記のように立ち回っているでしょうか。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「天魔王杯」第2週ウェイト125+王不在・魔童子殿堂入りルールで「天魔王2」にいる、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

本文のパーティでカイザー帯を戦っていても、デイリー3戦2勝1敗ほどのペースで勝てていると思います。

暗黒はもちろんのこと、ロビンが思いの外活躍してくれています。

 

ゴールデン帯にいて後少しでカイザーに行けるけどなかなか勝ちきれないという方は、アイデアの1つとして今回紹介したパーティを持っておくと良いかもしれません。

もちろんこのパーティなら絶対にカイザーに上がれるという保証はないですけど。

 

ドラゴンクエストVI 幻の大地

ドラゴンクエストVI 幻の大地

  • 発売日: 2017/02/16
  • メディア: アプリ
 

 

スポンサーリンク