ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

超ムーア一切無!DQMSLランキングクエスト「悪神の試練」でハイスコア64万ポイントに到達した際の、私のパーティと装備と戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)では、2020年9月21日から「ランキングクエスト」が再び始まりました。

 

今回のランキングクエストは第9回でしょうか、「悪神の試練」が展開されています。

以前は「狭間の王デスタムーア」を3体使ったパーティでハイスコア52万ポイントを出したメンバーをご紹介しました。

自前の超デスタムーアを使わずに50万ポイントを出すパーティも紹介しています。

今回は超デスタムーアを一切使わずに64万ポイントまで出すことができました。

超デスタムーアなしで64万ポイントに到達した際の私のパーティ編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「ランキングクエスト」

2020年1月20日からDQMSLでは「ランキングクエスト」なる新コンテンツが実装されました。

1ヶ月ほどですか、展開された後はしばらくの間、ランキングクエストは中断されていました。

中断期間をおいた2020年3月31日から、再びランキングクエストが展開されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) からの告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

9月シーズンのランキングクエスト開催!
全国のモンスターマスターたちと攻略のウデを競い合おう!

今回は「あくがみさま」がボスとして登場!その正体とは……?
あくがみさまとのバトルで、ジェムやふくびき券スーパーなどの豪華報酬をゲットしよう!

 

「闇のチカラ」を引き連れた「あくがみさま」に挑戦するバトル!
6ラウンド以内に、より多くのダメージを与えることでスコアがアップするぞ!

 

基本的な情報は上記引用部に書かれているとおりです。  

 

ランキングクエストは、メイン画面の「冒険する」→「ひとりで冒険」→「ランキングクエスト」を選択することで遊ぶことができます。

 

「悪神の試練」

2020年9月度のランキングクエストは「悪神の試練」です。

 

DQMSL

  • クエスト名:悪神の試練
  • 目標平均レベル:70

 

目標平均レベルは70。

 

開催期間

開催期間についてです。

 

9月シーズンのランキングクエストは全2回開催されます。
それぞれの開催期間は、下記のとおりです。

■第8回ランキングクエスト「悪神の試練」
2020年9月21日(月)15時00分 ~ 2020年9月30日(水)3時59分

■第9回ランキングクエスト「決戦!あくがみさま」
2020年9月30日(水)12時00分 ~ 2020年10月10日(土)3時59分

※各開催期間終了日の終了時刻 ~ 11時59分は集計期間です。
※集計期間の終了後にランキングクエスト画面に移動することでランキング報酬を獲得できます。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

開催期間は2020年9月21日月曜日15時00分から2020年09月30日土曜日03時59分までです。

 

ランキングクエスト「悪神の試練」内には「練習バトル」と「本番バトル」の2つのクエストがあります。

メインは「本番バトル」です。

 

本番バトル

ランキングクエストの「本番バトル」についてです。

 

DQMSL

  • クエスト名:本番バトル
  • 目標レベル:70
  • 消費スタミナ:5

 

本番バトルは目標レベルが70です。

 

本番バトルを冒険するためには「歯車のカギ」が1本必要です。

歯車のカギは「冒険スタンプ」にて毎日3本ずつ配布されるはずです。

つまり冒険の回数が限られているということ。

目標の到達ハイスコアを出せたら、デイリーミッション分の1日1個のみ使って、後は貯めて置くのもあり。

 

最近は歯車を大量に配布することもあるみたいです。

コンテンツ実装当時より挑戦回数の制限は緩くなっています。


ランキングクエストには「練習バトル」があります。

練習バトルは消費スタミナも0ですし、「歯車のカギ」も必要ありません。

なので「練習バトルでパーティメンバーや装備、戦い方を試す→本番バトルに挑む→傾向と対策を練って練習バトル→本番バトル」という流れが本コンテンツの基本になるでしょう。

 

達成ハイスコア40万を目指せ!

ランキングクエストには「達成ハイスコア」なるものがあります。

プレイヤーがランキングクエストの本番バトルを終えるとスコアが出、達成したハイスコアの数値に応じて報酬が用意されています。

 

DQMSL

画像が報酬リストです。

40万ポイントで「とくぎの宝珠 400個」が手に入ります。

60万まで行ければ一番良いですけど、まずは40万まで行きたい。

 

どうすればハイスコアを出せるか?

そもそもランキングクエストのスコアはどのように算出されているのでしょうか?

 

6ラウンド以内に、より多くのダメージを与えることでスコアがアップするぞ!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

6ラウンドのボスが立ち去るまでに、味方のモンスターがボスに対してどれだけのダメージを与えられるか、です。

1バトルでどれだけの総・与ダメージを出すことができるか。

 

道中

道中についてです。

「ランキングクエスト」に道中はありません。

 

ボス

ボスについてです。

ランキングクエスト「悪神の試練」はボス戦を1戦行うだけのクエストになります。

 

DQMSL

ボスは「あくがみさま」です。

随伴は「闇のチカラ」2体、計3体パーティ。

 

64万ポイント到達

「達成ハイスコア」が64万ポイントに行きました。

 

DQMSL

合計ダメージが「411,976」で最大ダメージが「36,489」。

獲得ポイントは「644,257pt」でした。

 

DQMSL

上位10%でした。

 

DQMSL

60万以上のハイスコアを出すことができたので、報酬「銀の宝珠 20個」を獲得できました。

 

DQMSL

実は練習バトルでは同じメンバーで95万ポイント出せています。

本番になるとどうしても事故が起こってしまい思うようにスコアを出せないです。

 

攻略パーティ

ランキングクエスト「悪神の試練」で64万ポイントを出したときの、攻略パーティと特技、装備、戦い方などを紹介します。

 

これから紹介する内容は、あくまでも下記のパーティで64万ポイントのスコアを出したものです。

これが最強とか最も効率が良いとか、そういうことを申し上げているものではありません。

ご了承ください。

 

パーティ

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「義帝ガオガイヤ☆1、グラブゾンジャック☆3、堕天使エルギオス、軍神トガミヒメ☆3、伝説の神鳥ラーミア、サポート:真・災厄の王☆4」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

便宜上、伝説の神鳥ラーミアを「レジェンドラーミア」や「ラーミア」などと呼称します。

いずれもレジェンドモンスターのラーミアのことを指しています。

 

dysdis.hatenablog.com

dysdis.hatenablog.com

 

以前、超デスタムーアをサポートを含め3体も使用したものと、自前の超デスタムーアを使用しないものと、2つのパーティをご紹介しました。

今回は超デスタムーアを一切使わないパーティで挑みました。

 

「ガオガイヤ」のリーダー特性は「全系統の攻撃力15%素早さ5%アップ」。

 

サポートさんからは「真・災厄の王」をお借りしました。

できるだけ「宝珠そうび」をしているサポートさんが良いですね。

「真・災厄の王」のリーダー特性は「全系統のHPと攻撃力15%アップ」。

 

装備・サポートを含めた総ウェイトは「999」。

カンストです。

 

今回も体技アタッカーで固めたパーティです。

 

ケトスを使う

私のパーティのうちレジェンドラーミアのところは「ケトス」が良いと思います。

私はケトスを持っていないので代替としてラーミアを使っています。

 

特技

特技の構成です。

 

  • ガオガイヤ:ラッシュブロウ、クロスカウンター、ビッグバン、威風堂々
  • グラブゾンジャック:キルジョーカー+2、金剛の構え、パイルハンマー、真・よろいくだき
  • エルギオス:堕天使の怒り、天地崩壊、憎悪の舞い、天使の理
  • トガミヒメ:鬨のふえ、黄泉がえりの舞い、いやしの雨、光のはどう
  • ラーミア:大空の守り、聖なる息吹、いやしの雨、神鳥の蘇生
  • (サ)真・災厄の王:真・厄神の絶技、災いの鉄槌、???、???

 

以上です。

 

装備

装備です。

 

  • ガオガイヤ:エビルバスター+7
  • グラブゾンジャック:エビルバスター+7
  • エルギオス:エビルクロー+7
  • トガミヒメ:エビルクロー
  • ラーミア:エビルクロー+5
  • (サ)真・災厄の王:エビルバスターorエビルクロー

 

以上です。

 

アタッカーの装備を+7に強化しました。

さらに全てに「ドルマ系呪文ダメージ40%軽減」の錬金効果をつけています。

 

宝珠そうび

「エビルバスター」などは「宝珠そうび」と呼ぶそうです。

宝珠そうびは「宝珠」画面内で、「銀の宝珠」との交換で手に入ります。

 

「宝珠」画面へはメイン画面→「ショップ」→「交換所」→「宝珠」の順に選択することで行くことができます。

「宝珠」画面ではプラスなしの宝珠そうびと、+5の宝珠そうびがリストアップされています。

 

宝珠そうびと交換できる銀の宝珠は、「モンスターの地図」を売ることで獲得できます。

モンスター地図を売るためには、メイン画面「モンスター」→「まほうの地図」→「まほうの地図を売る」の順に選択します。

「まほうの地図を売る」画面にて、売ると「宝珠」を獲得できるモンスターがわかるようになっていますので、その中から任意に選択して売却することで銀の宝珠を獲得できます。

 

スキルのたね

「スキルのたね」による強化について。

 

  • ガオガイヤ:攻撃力65
  • グラブゾンジャック:攻撃力65
  • エルギオス:攻撃力65
  • トガミヒメ:なし
  • ラーミア:素早さ45、賢さ65

 

今回からスキルのたねを振りました。

アタッカー陣に攻撃力65、無星のラーミアにも素早さと賢さに振りました。

 

立ち回り

立ち回りです。

 

闇のチカラ

バトルの鍵となるのは、あくがみさまの両脇にいる「闇のチカラ」です。

 

DQMSL

ダメージを与えるとカウントダウンが進み、「0」になった状態からさらにダメージを与えることで、「闇のチカラ」が1サイズ大きくなります。

「闇のチカラ」が大きくなるごとに敵味方問わず被ダメージが増えるみたいです。

味方の被ダメージも与ダメージも増えるということですね。

「闇のチカラ」は3段階あって、3段階のときに大ダメージをどれだけ与えられるかが、本バトルの鍵になりそうです。

 

ところが「闇のチカラ」が最大サイズのカウント「0」のときに攻撃を与えると、「闇のチカラ」が大爆発(?)を起こして味方が必死の大ダメージを被ります。

 

一方、「闇のチカラ」はデイン系のダメージを食らうと鎮まり、カウントが何段階か戻されるようです。

なので、最大サイズのカウント「1」や「0」のときにデイン系ダメージを与えて鎮めてやると、大事故を防ぐことができます。

 

ダメージを与えたいから「闇のチカラ」を大きくしたい、でも大きくしすぎると味方が壊滅するかもしれない、そうならない紙一重を攻めることになります。

ギリギリを攻めてうまくいくとハイスコアを残せるという。

スコアを50万以上出せない方は、この部分の仕様をきちんと把握できていないのかもしれません。

 

1ラウンド目

ガオガイヤは「ラッシュブロウ」。

グラブゾンジャックは「パイルハンマー」。

エルギオスは「堕天使の怒り」。

トガミヒメは「鬨のふえ」。

ラーミアは「いやしの雨」。

真・災厄の王は「真・厄神の絶技」。

 

災厄の王の絶技とエルギオスの堕天使で、体技耐性と物理防御デバフを2段階入れたいです。

トガミヒメは攻撃力&素早さバフ。

ラーミアのいやしの雨は味方全体のHPを回復する上に2ターンの間HP回復状態にします。

 

アタッカーは体技で攻撃です。

できれば「闇のチカラ」に均等に攻撃を当てて、左右のカウントを同じにしたい。

全体ランダム特技を用いるため、なかなか上手くいかないですが。

あまりに偏った場合は、6ラウンド目を除いて単体特技や通常攻撃でバランスを取ることもします。

 

2ラウンド目

ガオガイヤは「ラッシュブロウ」。

グラブゾンジャックは「パイルハンマー」。

エルギオスは「天使の理」。

トガミヒメは「いやしの雨」か防御。

ラーミアは防御か「いやしの雨」。

真・災厄の王は「真・厄神の絶技」。

 

2ラウンド目のあくがみさまの攻撃が厳しいので、エルギオスに「天使の理」を撃たせます。

ラーミアで闇のチカラを鎮めます。

 

3ラウンド目

ガオガイヤは「ラッシュブロウ」。

グラブゾンジャックは「パイルハンマー」。

エルギオスは「堕天使の怒り」。

トガミヒメは「鬨のふえ」。

ラーミアは「聖なる息吹」。

真・災厄の王は「真・厄神の絶技」。

 

4ラウンド目

ガオガイヤは「ラッシュブロウ」か通常攻撃。

グラブゾンジャックは「パイルハンマー」。

エルギオスは「天使の理」。

トガミヒメは「鬨のふえ」。

ラーミアは「いやしの雨」。

真・災厄の王は「真・厄神の絶技」。

 

エルギオスがここでもう一度「天使の理」をします。

4ラウンド目のあくがみさまの撃つ「ステテコ乱舞」と「暗黒の舞い」を避けるため。

 

私のガオガイヤは全ターン特技を使うとMPが最後まで保ちません。

6ラウンド目に必ず特技を撃ちたいですから、5ラウンド目までのどこかのタイミングで通常攻撃を一度入れます。

私は4ラウンド目か5ラウンド目に入れます。

 

5ラウンド目

ガオガイヤは「ラッシュブロウ」。

グラブゾンジャックは「金剛の構え」。

エルギオスは「堕天使の怒り」。

トガミヒメは「いやしの雨」か防御。

ラーミアは「大地の守り」。

真・災厄の王は「真・厄神の絶技」。

 

グラブゾンジャックは構えて超ちからためをし、6ラウンド目の攻撃に備えます。

ラーミアは「大空の守り」をして味方の被ダメージを40%減らします。

これで5ラウンド目に味方が倒される確率はだいぶ低くなるはず。

 

6ラウンド目

総攻撃。

ガオガイヤは「ラッシュブロウ」。

グラブゾンジャックは「キルジョーカー」、あくがみさまへ。

エルギオスは「堕天使の怒り」。

トガミヒメは通常攻撃。

ラーミアは「聖なる息吹」。

 

DQMSL

グラブゾンジャックは「キルジョーカー」を撃つ点に注意。

金剛の構えによる超ちからための効果も乗りますから、「闇のチカラ」が最大サイズになっていると40,000ダメージ以上出せます。

 

以上のように戦っていました。

 

DQMSL

この記事を書きながら、記事に書いた内容と全く同じ立ち回りで練習バトルをしたときの結果が画像です。

スコアは78万ポイント、最大5万ダメ出ています。

 

おわりに

ということで、DQMSLランキングクエスト「悪神の試練」で超デスタムーアを一切使わずにハイスコア64万ポイントに届いた際の、私のパーティと装備と戦い方を紹介した記事でした。

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S - PS4

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S - PS4

  • 発売日: 2020/12/04
  • メディア: Video Game
 

 

スポンサーリンク