ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSLでゾンビ系ランクC「デススパーク」をまほうの白地図を使いランクD「ナイトウィスプ」に戻して再転生!理由を書きました

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)にて、ゾンビ系モンスター「デススパーク」を作成しました。

 

「デススパーク」は以前から持っていたのですが、思うところがあって「まほうの白地図」を用いて「ナイトウィスプ」地図に戻しています。

そして改めて転生して「デススパーク」を作成したということです。

 

どうして白地図を使ってまで「デススパーク」を「ナイトウィスプ」に戻したのかなどをご紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「デススパーク」

DQMSLのゾンビ系モンスター「デススパーク」を取り上げます。

 

www.dragonquest.jp

 

概要

概要です。

 

DQMSL

DQMSL

  • モンスターNO.:0365
  • モンスター名:デススパーク
  • タイプ:攻撃
  • ランク:C
  • ウェイト:3
  • 系統:ゾンビ系
  • リーダー特性:ゾンビ系の素早さを5%アップ
  • 説明:スパークした稲妻に 邪悪な心が宿って生まれた魔物。集団で現れ 一斉に攻撃呪文を唱えてくる。倒された相手は 新しいデススパークになるという。

 

結構えぐいモンスターですね。

 

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

デススパーク系はスーパーファミコンソフト『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』が初出のようです。

 

マスターズGP用

「デススパーク」は特別なモンスターという訳ではありません。

「地図ふくびきライト」で出現するありふれたモンスターの1体です。

 

ですが以前から私は「デススパーク」を使っていました。

 

dysdis.hatenablog.com

 

どこで使っていたかというとDQMSLの対人コンテンツ「闘技場」の「マスターズGP」です。

以前当ブログの記事にも登場していました。

 

どうしてGPで「デススパーク」を使っているか。

その理由は3点あります。

まずは私がゾンビパーティを使うことが多いことがあります。

系統の王「ラザマナス」は味方ゾンビを確定亡者にする特性を持っています。

ラザマナスの随伴にデススパークなど低ウェイトのゾンビを用いることで、相手モンスターの攻撃を引き寄せてくれる、いわば「避雷針」になってくれます。

 

DQMSL

もう1点は、デススパークがDQMSL的に影の薄いモンスターのため、GPで起用する際にボーナスポイントがつきやすいことです。

3点目も2点目に似ていますけど、ランクCのモンスターは低ウェイトのため、ウェイト制限下でのウェイト調整にうってつけなことです。

そういう理由からGPでデススパークを使っています。

 

相手ユーザーさんから真似た

デススパークをGPで使用するきっかけについて。

これはシンプルに対戦したユーザーさんが使っていたから。

なるほどと思って、速攻真似させてもらいました。

 

何かが違う

ところが、いざ実際にデススパークをGPで使ってみると、どうも何かが違うのです。

私はデススパークを使い切れていない。

先ほどリンクを貼った記事でもデススパークを使っているのですが、あのときも使いながら納得いかない感じを持っていました。

 

「いや、これはいつもの、相手が使うと強いけど自分が使うと微妙というあれか? 」とも思いました。

 

DQMSL

しばらく何が違うのかわからないままでいました。

ところが先日、闘技場にある「対戦を観る」から他ユーザーさんの戦いぶりを観ていたところ、ある点に気がついたのです。

私がデススパークを使いこなせていない理由はこれかと、そのとき思いました。

 

作り直し

気がついたのなら即実行。

「デススパーク」を作り直しました。

 

まほうの白地図で解体

貴重な「まほうの白地図」を用いて、手持ちのデススパークを一旦ランクD「ナイトウィスプ」の地図1枚に戻すことにしました。

 

ランクCに白地図を使うとかアホか! と思われるかもしれません。

しかし、ナイトウィスプは「地図ふくびきライト」で案外出てこない、レアなモンスターなのです。

出てくるまで気長にガチャを回そうなどと考えているうちに、何ヶ月も経ってしまうなんてことになりかねません。

思い立ったが吉日、アイテムはもったいぶらずに使います。

 

いや私がアホなことは事実なのですけどね。

 

とくぎ転生

また、「とくぎ転生」すればいいのに白地図なんてどうして使うの? 

と思った方がいらっしゃるかもしれません。

 

残念ながらランクCのモンスターには「とくぎ転生」ができないのです。

「とくぎ転生」はランクA以上のモンスターしかできなかったはず。

 

転生

そうして再び「ナイトウィスプ」から育てて、再度「デススパーク」に転生し直しました。

今回紹介している中でも最も大事なことはこの転生時に使う「タマゴロン」です。

 

DQMSL

ナイトウィスプの転生には「どくゴロン」と「ホネゴロン」が1体ずつ必要です。

このうち「ホネゴロン」が非常に大事なので、注意して読んでください。

 

DQMSL

この「ホネゴロン」は「ピオリム」を覚えている必要があります。

 

DQMSL

私がかつてデススパークを使っているときに何か足りていない感じがしたと書きました。

そして後に気がついたことあったとも書きました。

 

その足りない何かの正体がこれです。

デススパークに「ピオリム」を覚えさせること、これが足りていませんでした。

 

ピオリム持ちホネゴロンの入手方法

「ピオリム」を持った「ホネゴロン」はどこで手に入るか?

クエストでは手に入らない、ちょっとレアなタマゴロンだったはずです。

 

DQMSL

ピオリムもちホネゴロンは「交換所」の「ちいさなメダル」で手に入ります。

画像のようにちいさなメダル20枚で、ピオリム持ちホネゴロン1体と交換できます。

20回の回数制限つき。

 

私が気づいていないだけで他にも入手手段があるかもしれません。

 

活用法

ピオリムを覚えた「デススパーク」の何が良いか? について。

 

先ほど「ラザマナス」と併用するとか何とか書いたと思います。

ラザマナスは新生転生していることが前提です。

新生ラザマナスは味方ゾンビを確定亡者にするため、味方ゾンビが倒されたとしても昇天さえされしなければ、確実に行動できます。

デススパークが亡者になったとしても、単なる避雷針としてだけの役割ではなく、確実にピオリムを撃つ役割も与えられるのです。

 

デススパークはランクが低いことと特別強化をしていないことがあって素早さが低く、基本的には敵味方問わず最も遅く動くことが多いはずです。

ですから相手モンスターが状態変化解除系の特技を持っていたとしても、相手モンスターの行動の後にデススパークがピオリムを撃つことができます。

次ラウンドで味方を早く動かす準備をラウンドの最後にすることができるということ。

 

例外はあるものの対戦においては「スピード」が命です。

味方の行動順が早くなりますし、命中率と回避率も上がります。

その大切な役割をデススパークに担ってもらうということ。

 

ウェイト調整と避雷針とピオリム、ランクCのモンスターに3つも役割を持たせられるのですから、強くはなくても優秀なモンスターと言えるでしょう。

 

おわりに

ということでDQMSLでゾンビ系モンスター「デススパーク」をまほうの白地図を使ってナイトウィスプに戻し、再び転生したことと、どうしてそんなことをしたかの理由をお伝えした記事でした。

 

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

  • 発売日: 2017/01/12
  • メディア: アプリ
 

 

スポンサーリンク