ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

呪文パ!DQMSLマスターズGP「6周年杯」第3回「ウェイト90以下+ランクS以下レギュレーション&ランクS以下限定」で「マスター1」に昇格した際のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、対人戦となる闘技場「マスターズGP」にて2020年2月14日から「6周年杯」の第3回が開催されています。

 

6周年杯の第3回は「ウェイト90以下+ランクS以下レギュレーション&ランクS以下限定」です。

記事作成時点で通常でいうカイザー帯である「マスター」に昇格できました。

「マスター」ランクに昇格した際の、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「6周年杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では「6周年杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による「6周年杯」の告知です。

 

  • 第1回:2020年1月31日金曜日12時00分~2020年2月7日金曜日09時59分
  • 第2回:2020年2月7日金曜日15時00分~2020年2月14日金曜日09時59分
  • 第3回:2020年2月14日金曜日15時00分~2020年2月21日金曜日09時59分
  • 第4回:2020年2月21日金曜日15時00分~2020年2月25日火曜日09時59分
  • 第5回:2020年2月25日火曜日15時00分~2020年2月29日土曜日09時59分

 

スケジュールは上記のようになっていて、全5回を1シーズンとみなして、6周年杯を1ヶ月間戦うことになります。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2020年1月31日(金)12時00分から、レジェンドの名を冠するマスターズGP「6周年杯」を開催します!
「6周年杯」は特別な効果を持つ装備品「じごくのまそう(ランクSS)」や、過去のGPレジェンドで登場した装備品「ぎんがのつるぎ(ランクSS)」「ゴッドアックス(ランクSS)」を獲得することができるイベントです!

[ マスターズGPレジェンド「6周年杯」のスケジュールについて ]
マスターズGPレジェンド「6周年杯」では、約1ヶ月を1つのシーズンとしてバトルを行います。
1つのシーズン中に、第1回から第5回までのマスターズGPを開催します。

各ウィークリーでは、マスターズGPレジェンドにふさわしい特別なルールが開催!
また、ウィークリー毎に冒険スタンプのミッションをクリアすることでジェムや「ふくびき券スーパー」をゲットするチャンス!
さらに、「6周年杯」では各種報酬でもらえる「マスターメダル」やジェムの量もアップ!
最強のパーティを組んで、上位ランクを目指してマスターズGPレジェンドに挑もう!

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

サイトには上記引用部の他にも詳しいことが書かれています。

 

ランクについて

6周年杯では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「ジェネラル」が「トレーナー」、「ゴールデン」が「トレーナー」、「カイザー」が「マスター」に変更されます。

 

「マスター」ランクについては今回は常に解放されています。

 

「マスター1」で対戦に敗北し、所持しているランクポイントが必要分を下回った場合は、ブリーダー3へと降格しません。

 

そして、週が変わるとランクが3段階下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

マスターメダル

「6周年杯」では報酬にマスターメダルは追加されるようです。

 

マスターズGPのイベントだけで入手できる「マスターメダル」を昇格報酬とシーズン報酬に追加します。
「マスターメダル」はマスターメダル交換所で任意の景品と交換することができます。
※「マスターメダル」に有効期限はありません。そのため次回以降の交換可能期間でもマスターメダル交換所の景品と交換することができます。

 

公式キャンペーンサイトには上記のように書かれています。

 

・「10連ふくびき券スーパー」「ふくびき券スーパー」を使用して引くふくびきから出現する地図は、2020年1月23日(木)15時00分から開催した『地図ふくびきスーパー「超魔王・神獣王・系統の王フェス 第1弾」』から出現するモンスターの地図です。

 

超魔王・神獣王・系統の王フェスが対象のようです。

これは交換しておきたいですね。

 

ポイントボーナスについて

2019年8月の「神獣杯」から、編成するモンスターに「ポイントボーナス」なるものがつくようになりました。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトの「神獣杯」のページに、上記引用部のように書かれていました。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがつき、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

6周年杯 第3回「ウェイト90以下+ランクS以下レギュレーション&ランクS以下限定」

2020年2月14日金曜日15時00分から2020年2月21日金曜日09時59分までの間は、「6周年杯」の第3回が開催されています。 

 

マスター1

前回「6周年杯」の第2回は通常のカイザー3である「マスター3」まで行けました。

6周年杯第2回は前回終了時から3ランク下がったところからのスタートです。

なので私は「ゴールデン3」である「ブリーダー3」からのスタートになりました。

 

dysdis.hatenablog.com

 

以前の記事では、一旦ゴールデン1に落ちてからゴールデン3に再浮上したパーティを紹介しました。

しかしこのパーティでも再びゴールデン1に落ちてしまったことから、パーティを再編成しています。

 

DQMSL

後述するパーティに編成したところ、通常のカイザー1である「マスター1」に昇格できました。

 

ポイント

昇格時点の取得ポイントです。

 

DQMSL

  • 所持ランクポイント:3,690
  • 第35シーズンランクpt:12,415

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

戦績

戦績を見てみましょう。

 

DQMSL

  • シーズン順位:15,908位
  • ウィークリー順位:24,954位

 

DQMSL

  • シーズン勝利数:066勝
  • ウィークリー勝利数:011勝

 

勝ったり負けたりを繰り返し、11勝でカイザーに到達です。

 

6周年杯 第3回のルール

マスターズGP「6周年杯」第3回のルールについてです。

開催期間は2020年2月14日金曜日15時00分から2020年2月21日金曜日09時59分までになります。

 

DQMSL

  • ウェイト制限:90
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:ランクS以下レギュレーション、ランクS以下限定ルール

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

総ウェイトは90以下になります。

ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

ランクS以下レギュレーション

特別ルール「ランクS以下レギュレーション」についてです。

 

第3回マスターズGPでは、下記の週を対象とします。
・マスターズGP第2回神獣杯の第3週

【制限の対象となるモンスター】
・ドラゴメタル(ランクS)
・ドラゴメタル強(新生転生/ランクS)
・じめじめバブル(新生転生/ランクS)
・ボボンガー(新生転生/ランクS)
・イーブルフライ(ランクS)
・フォレストドラゴ(ランクS)
・ドラゴンブッシュ(ランクS)
・フレイムドック(新生転生/ランクS)
・ダーティードール(新生転生/ランクS)
・ミステリドール(ランクS)
・バロンナイト(ランクS)
・バロンナイト(新生転生/ランクS)
・白夜の魔人(ランクA)
・宵闇の魔人(ランクS)
・メルトア(ランクS)
・妖魔ゲモン(ランクS)
・えんまのつかい(ランクS)
・ガナサダイ(ランクS)
・オムド・ロレス(ランクS)
・ダースガルマ(ランクS)
・ディアノーグ(ランクS)

 

※「新生転生」と表記されているモンスターは、新生転生後のモンスターのみが対象です。新生転生前のモンスターは対象外です。
※「バロンナイト(ランクS)」を制限に加えるため、同時期に未実装であった「バロンナイト(新生転生/ランクS)」についても制限対象に追加します。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれていました。

バロンナイトは新生転生したばかりなのに早速使えないとか。

 

ランクS以下レギュレーション

 特別ルール「ランクS以下限定ルール」についてです。


ランクS以下のモンスターのみパーティに入れることができます。
ランクSSのモンスターは、ウェイトに関わらず、パーティに入れることができません。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれていました。

ランクSSは使えませんよと。

ランクS以下ですので、ランクAやBのモンスターは使えます。

C以下のモンスターも使えますけど、さすがに使う人はいらっしゃらないかもしれません。

 

ウェイト90以下+ランクS以下レギュレーション&ランクS以下限定パーティ

マスターズGP「6周年杯」の第3回、ウェイト90以下+ランクS以下レギュレーション&ランクS以下限定レギュレーションで「マスター」ランクに昇格した際の、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

編成

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「ドラゴンブッシュ☆4+4、ダースガルマ、ベリアル強☆4、グレゴール☆4、魔軍師イッド☆4」の5体です。

新生転生や強新生が実装されているモンスターは全て転生しています。

 

ドラゴンブッシュのリーダー特性は「全系統の素早さ13%アップ・防御力15%ダウン」です。

装備込みのパーティの総ウェイトは「84」。

若干余裕があります。

 

長引く戦闘が面倒になって「呪文パーティ」に変えました。

速攻ではないと思いますが、1ラウンドか2ラウンドで勝敗が決するように。

面倒で変更したのに、変更したところ勝てるようになりました。

皮肉なもので。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

グレゴールが50%、ダースガルマとベリアル強が40%、イッドが30%、ドラゴンブッシュが0%。

勝てれば160%ものボーナスが入ります。

勝てれば大きいです。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • ドラゴンブッシュ:イオナズン+1、いてつく眼光+1、バギクロス、メラゾーマ+1
  • ダースガルマ:体技代償の封印、カオスストーム、なし、なし
  • ベリアル強:魔界のイオナズン、イオラ、ザオラル、マインドバリア
  • グレゴール:バギマータ+1、マホターン、ベホマラー、まがまがしい光
  • イッド:イオナズン、指パッチン、なし、なし

 

上記のとおりです。

 

スキルのたね

「スキルのたね」についてです。

 

  • ドラゴンブッシュ:素早さ「95」
  • ダースガルマ:素早さ「95」
  • ベリアル強:賢さ「95」
  • グレゴール:素早さ「95」
  • イッド:素早さ「95」

 

種は今回のために全員に振りました。

素早さ95アップが基本です。

例外はベリアルで、ベリアルの特技は行動後の相手に対する特攻がありますから、素早さではなく賢さに振りました。

 

作戦

作戦です。

全員「ガンガンいこうぜ」。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • ドラゴンブッシュ:ダイヤオーブ
  • ダースガルマ:魔法使いハート・覇
  • ベリアル強:強戦士ハート・闇
  • グレゴール:さばきの杖
  • イッド:イッドハート+3

 

以上です。

 

ドラゴンブッシュは「まれに魔力かくせい」がつく、素早さ+15の装備「ダイヤオーブ」。

ダースガルマは「???系の呪文ダメージを15%アップ」がつく、素早さ+15の装備「魔法使いハート・覇」。

ベリアル強は「悪魔系の呪文ダメージを15%アップ」がつく装備「強戦士ハート・闇」。

グレゴールは「バギ系の呪文ダメージを10%アップ」がつく、賢さ+48の装備「さばきの杖」。

イッドは「イオナズンのダメージを10%アップ」がつく、素早さ+15の装備「イッドハート」です。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

今回はとてもシンプルです。

あれこれ考えるのが面倒なので「ガンガンいこうぜ」でAIオートでした。

特技設定で使う特技を絞っても良いでしょう。

 

唯一イッドは例外で、初手で「指パッチン」をします。

内容は「ラウンドの最初に 敵全体に 体技ダメージ 呪文防御を下げる」。

2手目以降は状況次第。

もう一度「指パッチン」をした方が良いと判断すれば指パッチン、そうでなければ他と一緒にガンガンでオートですね。

 

以上のような立ち回りで戦っています。

 

「マホターン」を撃たれたら負け。

シンプルです。

撃たれなければ結構な率で勝つことができました。

 

でもこれではマインド系を撃ってくる相手だと厳しいでしょうね。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「6周年杯」第3回ウェイト90以下+ランクS以下レギュレーション&ランクS以下限定で「マスター」ランクに昇格した際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

本文のパーティはカイザーに上がった途端に勝てなくなりました。

個人的にはカイザーに上がれれば十分なのでこれでも良いですが。

 

ドラゴンクエストVI 幻の大地

ドラゴンクエストVI 幻の大地

  • 発売日: 2017/02/16
  • メディア: アプリ
 

 

スポンサーリンク