ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

ワードーウルでカイザー到達!DQMSLマスターズGP「天魔王杯」第1回ウェイト130以下+超魔王系1体制限で「天魔王1」に昇格した際の、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、対人戦となる闘技場「マスターズGP」にて2019年10月31日から「天魔王杯」の第1回が開催されています。

 

天魔王杯の第1回は「ウェイト130以下+超魔王系1体制限ルール」です。

通常でいうカイザー帯である「天魔王」に昇格できました。

天魔王に昇格した際の、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「天魔王杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では「天魔王杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による「天魔王杯」の告知です。

 

  • 第1回:2019年10月31日木曜日12時00分~2019年11月7日木曜日09時59分
  • 第2回:2019年11月7日木曜日15時00分~2019年11月14日木曜日09時59分
  • 第3回:2019年11月14日木曜日15時00分~2019年11月21日木曜日09時59分
  • 第4回:2019年11月21日木曜日15時00分~2019年11月30日土曜日09時59分

 

スケジュールは上記のようになっていて、全4回を1シーズンとみなして、帝王杯を1ヶ月間戦うことになります。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2019年10月31日(木)12時00分から闘技場マスターズGP「天魔王杯」を開催します!
「天魔王杯」は「オルゴ・デミーラ」や「魔王オルゴ・デミーラ」にちなんだ報酬を獲得することができるイベントです!

「マスターズGP」では全国のプレイヤーとマッチングして対戦することができます。
対戦に勝利すると、上位のランクに進出!天魔王杯限定の報酬や最上位ランクを目指そう!

今回のマスターズGPから、「ベス★」ランクから「キング★★★」ランクのマッチングするランクが変更されます。
また、マッチングするランクの変更と合わせて、「ベス★」ランクから「ナイト★★★」ランクの勝利時に対戦相手とのランク差に応じて獲得できるポイントの最大値が増加します。

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

上記引用部の他にも詳しいことが書かれています。

通読なさると良いでしょう。

 

ランクについて

大魔王杯では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「カイザー」が「天魔王」に変更されています。

 

「天魔王」ランクについては今回は常に解放されています。

通常は開催されている大会の最終の回に解放されるようです。

  

「天魔王1」で対戦に敗北し、所持しているランクポイントが必要分を下回った場合は、ゴールデン3へと降格しません。

 

私はGPが苦手なためカイザー帯まで上がった経験がほとんどなく、カイザーの仕様を把握できていません。

間違えたことを書いていたら申し訳ありません。

 

そして、週が変わるとランクが3つ下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

ポイントボーナスについて

2019年8月の「神獣杯」から編成するモンスターに「ポイントボーナス」なるものがつくようになりました。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトの「神獣杯」のページに、上記引用部のように書かれていました。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがついて、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

天魔王杯 第1回「ウェイト130以下+超魔王1体制限」

2019年10月31日木曜日12時00分から2019年11月7日木曜日09時59分までの間は、「天魔王杯」の第1回が開催されています。 

 

天魔王1

前回「帝王杯」の第4回は通常のカイザー帯である「エスターク1」に昇格することができました。

天魔王杯第1回は前回終了時から6ランク下がったところからのスタートです。

なので「ジェネラル1」からのスタートになります。

 

天魔王杯 

記事作成時点で、通常のカイザー帯である「天魔王1」昇格できました。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

天魔王杯

  • 所持ランクポイント:3,700
  • 第32シーズンランクpt:3,700

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

戦績

戦績を見てみましょう。

 

天魔王杯

  • シーズン順位:10,303位
  • ウィークリー順位:10,179位

 

記事作成時点でまだ天魔王杯第1回が始まったばかりなので、順位が表示されていません。

 

天魔王杯

  • シーズン勝利数:43勝
  • ウィークリー勝利数:43勝

 

今回もあれやこれやとメンバーを入れ替え戦っていたら、いつの間に43勝もしていました。

 

天魔王杯 第1回のルール

マスターズGP「天魔王杯」第1回のルールについてです。

開催期間は2019年10月31日木曜日12時00分から2019年11月7日木曜日09時59分までになります。

 

天魔王杯

  • ウェイト制限:130
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:超魔王系1体制限

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

ウェイト130以下になります。

ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

適用される「超魔王系1体制限」ルールについてです。

超魔王系4種類のうち1体までしかパーティに組み込むことができません。

1体ならOK、2体以上はNG。

 

ウェイト130以下+超魔王系1体制限パーティ

マスターズGP「天魔王杯」の第1回、ウェイト130以下+超魔王系1体制限で天魔王1に昇格した際の、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

編成

パーティの編成です。

 

天魔王

メンバーは「WORLD☆1、ネオ・ドーク☆4、ウルノーガ☆3、クロコダイン☆4+4、ドラゴメタル強☆4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

dysdis.hatenablog.com

 

と言いたいところですが、今回のクロコダインは以前紹介したパーティのクロコダインとは異なり、新生転生していないクロコダインにしています。

新生転生前のクロコダインであれば、ポイントボーナスが30%つくからです。

新生転生したクロコダインはポイントボーナスがつきません。

未転生でもクロコダインには「とうこん」の特性はつくため、役割自体は新生後とほぼ変わらなく、それなら……と変更しました。

転生後と転生前を1体ずつ育てておいてよかったです。

 

また、以前紹介したことと変わったことはドークの「スキルのたね」です。

実は以前まで種を振っていませんでした。

あえて振っていなかったのではなく、振っているとばかり思っていて、振り忘れていました。

なので「素早さ:75」と「賢さ:45」に振っています。

 

WORLDのリーダー特性は「全系統の最大HPと素早さ10%攻撃力5%アップ」です。

装備込みのパーティの総ウェイトは「130」ジャスト。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

ウルノーガとクロコダインが30%、他は全員0%。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • WORLD:破魔天光+2、ミナデイン+3、神獣の封印+1、ゆうきの斬舞+2
  • ネオ・ドーク:悪夢のさん奪+3、奈落の風+3、イオグランデ+3、ぬすっと返し+3
  • ウルノーガ:崩壊の一撃+2、ジゴクロスブレイク+3、青の衝撃+3、ゴールドアストロン+1
  • クロコダイン:獣王激烈掌+2、みがわり+2、マインドバリア、ダメージバリア
  • ドラゴメタル強:チアフルダンス+1、みがわり、光のはどう+2、マインドバリア

 

上記のとおりです。

 

作戦

作戦です。

クロコダインとが「いのちをだいじに」の他は全員「ガンガンいこうぜ」。

 

装備

装備です。

 

天魔王杯

  • WORLD:ダイヤオーブ
  • ネオ・ドーク:魔法使いハート:覇
  • ウルノーガ:魔王の剣+7(錬金「斬撃ダメージを3%アップ」)
  • クロコダイン:キャプテンシールド+7(錬金「こんらん耐性を1ランクアップ」)
  • ドラゴメタル強:栄光の盾+7(錬金「斬撃ダメージ5%軽減」)

 

以上です。

 

WORLDは「まれに魔力かくせい」がつく「ダイヤオーブ」。

ドークは「???系の呪文ダメージを15%アップ」する「魔法使いハート・覇」。

ウルノーガは+7以上で「3ターン闇の使い手」がつき、ウルノーガが装備することでドルマブレイクがついて、さらにウェイト0になる専用装備「魔王の剣」。

クロコダインは+7以上に強化することで「まれにみかわしきゃく」がつく「キャプテンシールド」です。

ドラゴメタル強は+7以上に強化することで「いきなり体技防御アップ」がつく「栄光の盾」です。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

クロコダインとドラゴメタル強は「みがわり」をします。

どちらか1体が必ずWORLDを守り、もう1体でドークかウルノーガのどちらかを守ります。

ドークはHP吸収状態にすることができるため、どちらかというとウルノーガを守りたい。

 

ドークは相手次第ですね。

相手にドークやウルノーガがいる場合は「ぬすっと返し」をすることが多いです。

内容は「1ターン 味方全体への体技と踊りをはね返す」。

「ぬすっと返し」が相手より先に決まれば、ドークの「悪夢のさん奪」と「ウルノーガ」の「青の衝撃」などを反射できます。

そのために素早さに「スキルのたね」を多めに振っています。

 

ドークやウルノーガがいなければ初手は「悪夢のさん奪」です。

両者がいないパーティと対戦すること自体稀ですが。

内容は「みがわり不可の全体無属性踊り攻撃 HP吸収状態にする」。

2手目以降は「奈落の風」です。

内容は「敵全体にランダムに風のダメージを与え 確率で眠らせる」。

初手で「ぬすっと返し」をした場合や、相手にマホカンタ持ちが2体以上いれば、2手目で「悪夢のさん奪」のことも。

 

ウルノーガは「青の衝撃」で相手盾役を突破します。

内容は「敵全体に無属性の大ダメージを与え 状態変化を解く」。

「ゴールドアストロン」で盾役を固めるのもアリ。

内容は「戦闘中1回 敵1体を行動停止&攻撃・状態変化を無効化」。

ゴールドアストロンを使うと戦闘が長くなるため私は近ごろ選ばないですが、皆さんは選択肢に入れて良いと思います。

2手目も「青の衝撃」のことが多いです。

相手が体技反射状態にある場合は青の衝撃を撃てないので、そのときは「崩壊の一撃」です。

内容は「敵1体に 斬撃ダメージ みかわし・斬撃回避無視」。

 

WORLDは「破魔天光」か「ミナデイン」です。

破魔天光の内容は「敵1体に体技攻撃後 全体に体技攻撃 ???系に効果大」。

ミナデインの内容は「味方のMPを消費し 敵全体にダメージ軽減無視の光の呪文」。

???系が多い、特にミルドラースがいる場合は「破魔天光」を撃たせます。

スライムパーティ相手のときも同様。

ミルドラースや呪文反射系がいなければ「ミナデイン」ですね。

マホカンタ持ちが1体くらいなら構わずミナデイン。

 

以上のような立ち回りで戦っているでしょうか。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「天魔王杯」第1回のウェイト130以下+超魔王系1体制限で「天魔王1」に昇格した際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

次回は無制限ルールなので、☆4や☆4+4魔王同士の殴り合いになると思われ、私では天魔王ランク昇格は無理です。

ゴールデンに上がれるかどうかからして怪しいレベル。

なので第1回で天魔王に上がっておきたいと考えていました。

そうすれば第2回でゴールデン1からスタートできますから。

今回無事上がれて良かったです。 

 

ドラゴンクエストモンスターズ+ 新装版 コミック 全5巻完結セット (ガンガンコミックス)

ドラゴンクエストモンスターズ+ 新装版 コミック 全5巻完結セット (ガンガンコミックス)

 

 

スポンサーリンク