ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

神ウル強し!DQMSLマスターズGP「帝王杯」第4回ウェイト135以下で「エスターク1」に昇格した際の、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、対人戦となる闘技場「マスターズGP」にて2019年10月21日から「帝王杯」の第4回が開催されています。

 

帝王杯の第4回は「ウェイト135以下+殿堂入りルール」です。

通常でいうカイザー帯である「エスターク」に昇格できました。

エスターク1に昇格した際の、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「帝王杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では「帝王杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による「帝王杯」の告知です。

 

  • 第1回:2019年09月30日月曜日19時00分~2019年10月07日月曜日09時59分
  • 第2回:2019年10月07日月曜日15時00分~2019年10月14日月曜日09時59分
  • 第3回:2019年10月14日月曜日15時00分~2019年10月21日月曜日09時59分
  • 第4回:2019年10月21日月曜日15時00分~2019年10月31日木曜日09時59分

 

スケジュールは上記のようになっていて、全4回を1シーズンとみなして、帝王杯を1ヶ月間戦うことになります。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2019年9月30日(月)19時00分から闘技場マスターズGP「帝王杯」を開催します!
「帝王杯」は「地獄の帝王エスターク」や「デスピサロ」にちなんだ報酬を獲得することができるイベントです!

「マスターズGP」では全国のプレイヤーとマッチングして対戦することができます。
対戦に勝利すると、上位のランクに進出!「帝王杯」限定の報酬や最上位ランクを目指そう!

さらに、2019年10月7日(月)15時00分からは「帝王ふくびきGP」を復刻!
ランクSSの装備品「帝王のつるぎ」や「魔剣士のつるぎ」をゲットできるチャンス!

また、第1回から第4回のマスターズGPのウィークリー報酬では、「デスピサロ★」以上のランクで「とくぎの秘伝書」や「とくぎバイブル」が手に入る!

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

詳しいことは公式サイトの当該ページをご覧になってください。

 

ランクについて

大魔王杯では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランクランク「ゴールデン」が「デスピサロ」に、ランク「カイザー」が「エスターク」にそれぞれ変更されています。

 

「エスターク」ランクについては、通常では開催されている大会の最終の回に解放されますけど、今回は常に解放されているみたいです。

  

「エスターク1」で対戦に敗北し、所持しているランクポイントが必要分を下回った場合は、デスピサロ3へと降格しません。

 

私はGPが苦手なためカイザー帯まで上がった経験がほとんどなく、カイザーの仕様を把握できていません。

間違えたことを書いていたら申し訳ありません。

 

そして、週が変わるとランクが3つ下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

ポイントボーナスについて

2019年8月の「神獣杯」から編成するモンスターに「ポイントボーナス」なるものがつくようになりました。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトの「神獣杯」のページに、上記引用部のように書かれていました。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがついて、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

帝王杯 第4回「ウェイト135以下+殿堂入りルール」

2019年10月21日月曜日15時00分から2019年10月31日木曜日09時59分までの間は、「帝王杯」の第4回が開催されています。 

 

エスターク1

私にとってマスターズGPはDQMSLの苦手なコンテンツです。

 

毎回のように通常でいうところの「ゴールデン1」に昇格するのが精一杯です。 

 

前回「帝王杯」の第3回は通常のカイザー帯である「エスターク1」に昇格することができました。

第4回は前回終了時から3ランク下がったところからのスタートです。

なので帝王杯の第3回は「デスピサロ1」からのスタートになります。

 

dysdis.hatenablog.com

 

先日「デスピサロ3」に昇格できたことをお伝えしています。

 

帝王杯

その後デスピサロ2と3を行ったり来たりしつつも、何とか「エスターク1」に昇格することができました。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

帝王杯

  • 所持ランクポイント:3,520
  • 第31シーズンランクpt:13,590

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

戦績

戦績を見てみましょう。

 

帝王杯

  • シーズン順位:09,856位
  • ウィークリー順位:04,162位

 

私としては上位にいます。

 

帝王杯

  • シーズン勝利数:155勝
  • ウィークリー勝利数:28勝

 

あれこれパーティを悩んでいるうちに、いつの間にか対戦数をこなしていますね。

今回はウルノーガとかみさまの新生転生があったので、余計に手探りが多かったです。

 

帝王杯 第4回のルール

マスターズGP「帝王杯」第4回のルールについてです。

開催期間は2019年10月21日月曜日15時00分から2019年10月31日木曜日09時59分までになります。

 

帝王杯

  • ウェイト制限:135
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:殿堂入りルール

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

ウェイトは135以下になります。

ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

殿堂入りルール

第4回は「殿堂入りルール」が採用されています。

 

殿堂入りしているモンスターを使うことができないルール。

具体的には、直前3シーズンのマスターズGPで、3シーズンすべてのモンスターランキング上位20位以内に入っていたモンスターのことを指します。

 

  • ドラゴメタル強(新生転生/ランクS)
  • ヴォルカドラゴン(ランクSS)
  • 獣王クロコダイン(新生転生/ランクS)
  • スカルナイト(ランクA)
  • 竜王(新生転生/ランクSS)
  • 闇の大魔王ゾーマ(新生転生/ランクSS)
  • 魔神ダークドレアム(新生転生/ランクSS)
  • 魔王オムド・レクス(新生転生/ランクSS)
  • 神獣王WORLD(ランクSS)
  • 竜の童子リオー(ランクSS)
  • ハロウィンリオー(新生転生/ランクSS)
  • 竜の童子リオー(新生転生/ランクSS)
  • はやての貴公子アーロ(ランクSS)

 

WORLDが私の頼みの綱だったのに……。

 

ウェイト135以下+殿堂入りルールパーティ

マスターズGP「帝王杯」の第4回、ウェイト135以下+殿堂入りルールでエスターク1に昇格した際の、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

編成

パーティの編成です。

 

f:id:dysdis:20191022080928j:plain

メンバーは「かみさま、ネオ・ドーク☆4、ウルノーガ☆3、ラース☆1、宵闇の魔人」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

かみさまのリーダー特性は「全系統のHP+20%素早さ+8%・属性5%減」。

装備込みのパーティの総ウェイトは「134」。

 

「かみさま」は無星です。

それでもデスピサロ帯であれば機能しました。

エスターク帯はさすがに厳しいかも知れませんけど。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

「かみさま」とウルノーガが30%、他は全員0%。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • かみさま:天界の守り、神のはどう、ザオリーマ、ベホマラー
  • ネオ・ドーク:悪夢のさん奪+3、奈落の風+3、イオグランデ+3、ぬすっと返し+3
  • ウルノーガ:崩壊の一撃+2、ジゴクロスブレイク+3、青の衝撃+3、ゴールドアストロン+1
  • ラース:とどろくぎしき、ましょうのぎしき、マホターン、ばくえんの秘術
  • 宵闇の魔人:封印の光、におうだち、体技よそく、精霊の守り

 

上記のとおりです。

 

作戦

作戦です。

かみさまと宵闇の魔人が「いのちをだいじに」の他は全員「ガンガンいこうぜ」。

 

装備

装備です。

 

f:id:dysdis:20191022080944j:plain

  • かみさま:パピヨンブレススペードオーブ
  • ネオ・ドーク:エッチな本
  • ウルノーガ:魔王の剣+7(錬金「斬撃ダメージを3%アップ」)
  • ラース:竜神の杖+7(錬金「呪文ダメージを3%アップ」)
  • 宵闇の魔人:天空のフルート+7

 

以上です。

 

私はGPが苦手ですけど「みんなで冒険」も苦手なコンテンツです。

装備の強化が進んでいません。

 

かみさまは、素早さ+12に「ときどき素早さアップ」がつく「スペードオーブ」です。

以前は画像のようにパピヨンブレスでした。

ドークは「ときどきテンションアップ」がつく「エッチな本」。

ウルノーガは、+7以上で「3ターン闇の使い手」がつき、ウルノーガが装備することでドルマブレイクがついて、さらにウェイト0になる専用装備「魔王の剣」。

ラースは、+7でドラゴン・???系への呪文ダメージを10%アップがつく、賢さアップの「竜神の杖」。

宵闇の魔人は、+7以上に強化することで「いきなりみかわし率最大」がつく「天空のフルート」です。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

かみさまが「天界の守り」を宵闇の魔人にかけます。

内容は「味方1体のダメージを 1ターンの間 90%軽減 バトル中に1回のみ 使用できる」。

2手目は「ザオリーマ」が多いです。

内容は「戦闘中1回 味方全体を復活させ完全回復する」。

 

宵闇の魔人は初手で「におうだち」。

天界の守りが切れた2手目は「精霊の守り」です。

内容は「味方全体のすべてのダメージを3分の1 軽減する」。

 

ウルノーガは「青の衝撃」。

内容は「敵全体に無属性の大ダメージを与え 状態変化を解く」。

2手目以降は「崩壊の一撃」。

内容は「敵1体に 斬撃ダメージ みかわし・斬撃回避無視」。

しかし2手目も「青の衝撃」を撃つことがままあります。

バトルの流れ次第。

 

初手で「ゴールドアストロン」を撃つのも全然アリ。

内容は「戦闘中1回 敵1体を行動停止&攻撃・状態変化を無効化」。

撃つ対象は相手の盾役です。

ラウンドがある程度経過した状況で撃つ場合は相手のアタッカーや、全体蘇生で形勢逆転する可能性のあるモンスターに対して使うようにしています。

 

ドークは初手で「悪夢のさん奪」、2手目で「奈落の風」。

悪夢〜の内容は「みがわり不可の全体無属性踊り攻撃 HP吸収状態にする」。

奈落〜の内容は「敵全体にランダムに風のダメージを与え 確率で眠らせる」。

相手にもドークがいる場合は初手から「奈落の風」、あるいは「ぬすっと返し」を選ぶがあります。

ぬすっと返しの内容は「1ターン 味方全体への体技と踊りをはね返す」。

 

ラースは「とどろくぎしき」ですね。

内容は「敵全体に 雷の儀式で攻撃し 継続ダメージ状態にする」。

事前の特技設定で他の特技を使わないようにして、「とどろくぎしき」を連発させるようにします。

ギラ耐性1ランク下げる特性「災いのころも」持ちのため、ギラ系の「とどろくぎしき」を連発させることがより効果的かなと。

 

以上のような立ち回りで戦っているでしょうか。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「帝王杯」第4回のウェイト135以下+殿堂入りルールで「エスターク1」に昇格した際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

超魔王のハーゴンは、今のところやはり勝てる対戦が多いです。

絶対に勝てるということではなく、負けることももちろんありますが。

でもどちらかというとドークやウルノーガの方が怖いですね。

 

ドラゴンクエストモンスターズ+ 新装版 コミック 全5巻完結セット (ガンガンコミックス)

ドラゴンクエストモンスターズ+ 新装版 コミック 全5巻完結セット (ガンガンコミックス)

 

 

スポンサーリンク