ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

『Webサカ2』の「ポルトガル2106」フォーメーションについて、各ポジションのモデルになっている選手を予想し、必要能力を考えました

スポンサーリンク

サッカーシミュレーションのブラウザゲーム『Webサカ2』にて、使用していたフォーメーションをマスターできたことで、別のフォーメーションに変更しています。

 

この記事では、新たに選んだフォーメーション「ポルトガル2016」を紹介するとともに、各ポジションのモデルとなっている選手と必要能力を予想、予想を元に自チームの選手を配置した様子を書いています。

 

目次

スポンサーリンク

 

ブラウザゲーム『Webサカ2』

2018年6月6日に「ノヴェルアプローチ」社からリリースされたブラウザゲーム『Webサカ2』は、サッカーのシミュレーションゲームです。

 

https://websaka2.jp/

 

dysdis.hatenablog.com

 

私は2018年7月25日からゲームを始めているようです。

 

マスターフォーメーション

『Webサカ2』には「マスターフォーメーション」というシステム(?)があります。

一つのフォーメーションを使用して「アリーナリーグ」モードで開催されるリーグ戦を計20勝すると、使用していたフォーメーションを「マスター」したことになる、ということのようです。

 

そのフォーメーションをマスターするとどういう効果がもたらされるか、それは「ヘルプ」画面にも書かれていないことで、私にはわかりません。

しかし、他に特にすることがないこともあって、当面のゲームのゴールとして「全フォメマスター」を掲げています。

  

私のマスターフォメ一覧

これまで私がゲームプレイしてきた中でマスターしたフォーメーションを紹介します。

 

f:id:dysdis:20190818082249j:plain

  1. イタリア1994
  2. ギリシャ2004
  3. ブラジル1994
  4. ブラジル2002
  5. ロッソ・ミラン2002-03
  6. バルセロナ2004-2005
  7. スペイン2008
  8. マンチェスター・ブルー2011-2012
  9. アッズーロ・ミラノ2009-2010
  10. ドルトムント2011-2012
  11. リバプール2004-2005
  12. アルゼンチン2014
  13. ドイツ2014
  14. オランダ2014
  15. ブランコ・マドリード2013-14
  16. ロホ・マドリード2013-2014
  17. 大阪・ブルー2008
  18. バイエルン2015-2016
  19. フランス2016
  20. 鹿島2016
  21. 広島2015
  22. アンダルシア2006-2007
  23. レスター2015-16
  24. チリ2016
  25. フランス2006
  26. イングランド1996
  27. ウルグアイ2010
  28. ポルトガル2004
  29. アルゼンチン1993
  30. アッズーロ・ミラノ2013-2014
  31. オランダ1998

 

フォメ所持数は「41」、そのうちマスターしたフォメが「31」です。

 

新フォメはポルトガル2016

以前使用していた「オランダ2014」フォメはマスターすることができました。

 

dysdis.hatenablog.com

 

オランダ14フォメについては過去記事をご覧になってください。

今回私が新たに選んだフォーメーションは「ポルトガル2016」です。


※以降ポルトガル2016を「ポルトガル16」などと略して書いています。

 

f:id:dysdis:20190818082934j:plain

今回ポルトガル16を選んだ理由は、現在使用してる監督「パウリーニョ」が得意とするフォメだったからです。

パウリーニョはジョゼ・モウリーニョがモデルと思います。

 

概要

ポルトガル16フォメの概要です。

 

f:id:dysdis:20190818083007j:plain

  • フォーメーション名:ポルトガル2016
  • タイプ:ポゼッション
  • システム:4-1-3-2

 

1トップか3トップのイメージのあるポルトガルですけど、このときは2トップで、本来ウィングポジションの2人がコンビを組んでいました。

 

詳細

詳細です。

 

詳細

  • スピード:8
  • テクニック:5
  • パワー:4

 

ポルトガル2106は、サッカーポルトガル代表の2016年がモデルになっていると思われます。

2016年というと、「UEFAユーロ」がフランスで開催されました。

ポルトガルがホスト国のフランスを破って悲願の初優勝を果たした大会でしたね。

 

キーポジション

各フォーメーションには、それぞれ3つのキーポジションが存在します。

ポルトガル16フォメのキーポジを見てみましょう。

 

キーポジション

ドリブラー:左FW、ストッパー:右CB、快速ドリブラー:右FW。

 

ポルトガル2016のモデル選手予想

各フォーメーションにモデルがあるならば、各ポジションにもモデルとなる選手がいるはずです。

ポルトガル16の各ポジションのモデルとなっている選手を予想してみましょう。

 

予想が合っているか・正しいかの自信はありません。

決して鵜呑みにはせず、参考程度に抑えてご覧になってください。

 

ポジションの略称

その前に、これから今季の選手やフォーメーション、配置などを書いていきます。

本文中、各ポジションを表記する際に略称を用います。

下記に一覧を書きましたので、参考になさってください。

 

  • FW:フォワード
    • CF:センターフォワード
    • WG:ウィングフォワード
  • MF:ミッドフィールダー
    • OH:オフェンシブハーフ
    • IH:インサイドハーフ
    • SH:サイドハーフ
    • WB:ウィングバック
    • CH:センターハーフ
    • DH:ディフェンシブハーフ
  • DF:ディフェンダー
    • CB:センターバック
    • SW:スイーパー
    • SB:サイドバック
  • GK:ゴールキーパー

 

当ブログで使う頻度が高いであろうポジションの略称です。

 

 能力について

各選手にはスピードとテクニックとパワーの能力が設定されています。

 

  • S:スピード
  • T:テクニック
  • P:パワー

 

本文中では能力を上記のように略して書いています。

 

注意点は、例えばPS系と書いた場合はSもPも重要で、PがSよりも重要という意味になることです。

逆にSP系ならSもPも重要で、SがPよりも重要という意味。

 

また、選手には「知性・感性」と「個人・組織」の能力値もあります。

「知性・感性」は、その選手が知性的なプレイをするか感性的なプレイをするか中間か、です。

「個人・組織」は、その選手が個人プレイをするか組織プレイをするか中間か、です。

 

書く順番は「知性・感性」を始めに、次に「個人・組織」です。

中間の場合は「±0」と表現します。

例えば、「知性1」「組織3」など。

 

ポルトガル2016のモデル選手一覧(予想)

前置きが長くなりました。

ポルトガル16の各ポジションのモデル選手を具体的に予想していきましょう。

 

  • GK:ルイ・パトリシオ
  • 右SB:セドリック・ソアレス
  • 右CB:ぺぺ
  • 左CB:ジョゼ・フォンテ
  • 左SB:ラファエル・ゲレイロ
  • DH:ウィリアム・カルヴァーリョ
  • 右SH:レナト・サンチェス
  • OH:アドリエン・シウバ
  • 左SH:ジョアン・マリオ
  • 右FW:ナニ
  • 左FW:クリスティアーノ・ロナウド

 

以上です。

ユーロ決勝フランス戦の先発がモデルかなと思っています。

 

とにかく「負けない」チームで、グループステージから引き分け、トーナメントに入ってからも延長やPKでの勝利が続いていたと記憶しています。

守備的と言われていたチームでしたが、引いて守ってロングカウンターということではなく、特に中盤のハードワークで成り立っていた戦術でしょう。

ハードワークありきな戦術なこともあって、試合毎に多くの選手をローテーションさせていた印象です。

固定されていたのはルイ・パトリシオとナニとロナウドくらいだったのではないでしょうか。

当時まだヨーロッパで有名ではない選手も多く使われていることも特徴的です。

一覧をご覧のとおり、ヴェローゾやメイレレス、モウティーニョ、リカルド・カルヴァーリョがいません。

 

各ポジの必要能力の考察

ポルトガル16の各ポジションの必要能力を、モデル選手から考えてみます。

 

あくまでも私の印象から書いていることなので、合っているかどうかは自信がありません。

鵜呑みにせず参考程度に抑えてご覧になってください。

 

GK

GKはルイ・パトリシオと予想。

ほぼ印象のない選手なのですよね……。

P系とは思えないため、STかTS系でしょうか。

伸張は190cmありますから、『Webサカ2』のGKは身長=Pな傾向を感じられることで、STPかTSPかも。

知性・感性、個人・組織はわかりません。

 

DF

DFです。

右から見ていきます。

 

私はどうしても攻撃的な選手に注意が向きがちなため、常にDFの知識や理解がより浅いです。

 

右SBはセドリック・ソアレスと予想。

足元の技術が高いSBです。

組み立てに参加できていた印象で、ポゼッション志向のサッカーに合っているでしょう。

運動量があって動き回る、素早さを感じさせます。

 

ST系で、スタミナも欲しい。

知性、組織。

 

右CBはぺぺと予想。

スピードとパワーが際立ちますが、ボールテクニックもあって、完成度の高いCBです。

ただ熱くなると試合中にトラブルを起こすこともあり……。

PST。

感性、個人。

 

左CBはジョゼ・フォンテと予想。

身長が高く空中戦が得意です。

一方でスピードに難があって、突っかけられると弱い印象。

P系。

知性、組織。

 

左SBはラファエル・ゲレイロと予想。

中盤でもプレイしている選手で攻撃的なプレイを持ち味とします。

スピードがあり、ドリブルや飛び出しなどをしますし、ボールテクニックもあります。

ST系。

SBだけでなく中盤でプレイ可能な選手を配置すると良さそう。

というより、フィリップ・コクがモデルのカークみたいに、中盤だけど左SBもプレイできる選手が良さげ。

知性、±0。

 

MF

MFです。

 

DHはウィリアム・カルヴァーリョと予想。

長身のディフェンシブハーフです。

ボール奪取力に優れていることから、アンカータイプと見る向きもあるかもしれません。

しかし、展開力やパス能力もあって、必要とあればドリブルで運ぶこともしたはずなので、必ずしも底に居続ける訳でもない印象です。

PTS。

±0、±0。

 

右SHはレナト・サンチェスと予想。

本職はセンターハーフと思いますがサイドもこなします。

ダーヴィッツに例えられることが多いみたいで、プレイ強度が高く、運動量が豊富な選手です。

ボールテクニックもあって、ドリブルにブラジルの選手のようなリズムがあります。

PST、スタミナも欲しい。

SHではなくDHやCHに適正がある選手の方が動きそう。

知性、±0。

 

OHはアドリエン・シウバと予想。

プレイメイカーですね。

キックが上手いです。

T。

プレイエリアはOHとCHでプレイできると良いかもしれません。 

±0、組織。

 

左SHはジョアン・マリオと予想。

「サッカー」の上手い選手。

パスもドリブルもボールキープもレベルが高いです。

ポジションも中盤ならどこでもプレイ可能と思いますので、戦術理解や柔軟性が高いのでしょう。

欠点は得点が多くないことくらい。

T。

知性、個人。

 

FW

FWです。

 

右FWはナニと予想。

身体能力の高い、技工系のドリブラーですね。

ST。

FWと紹介していますけど、使う選手は右WGのプレイエリアの高い選手が良いかもしれません。

感性、個人。

 

左FWがクリスティアーノ・ロナウドと予想。

説明不要な選手。

2016年当時、彼は既に30歳を迎えていて、若い頃のイメージにあったドリブラーではなく、ストライカーとしてのスタイルへ移行していた時期と思います。

STP。

プレイエリアはCFより左WGにあると良いでしょう。

感性、個人。

 

選手配置

各ポジションの選手や必要能力を予想したことを踏まえて、自チームにおけるポルトガル16の選手配置を考えました。

 

f:id:dysdis:20190818083337j:plain

レギュラーとして使っている選手たちの能力です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

新シーズンの自チームの構成の詳細は、以前書いた記事をご覧になってください。

 

f:id:dysdis:20190818083108j:plain

選手の配置はGKがミルズ、DFが右からバイアーノ、マイナー、スピネッリ、マリア・ゴメス、MFがDHガルシア、SHの右にビットマン、左にフットレ、OHマルセリーニョ、FWの右にアモール、左にリベリーノです。

 

戦力値は「7460」。

 

おわりに

ということで『Webサカ2』で「ポルトガル2016」フォーメーションに変更し、モデル選手を予想し必要能力を考え、その上で自チームの選手を配置したことを紹介した記事でした。

 

実はこのポルトガル16は以前も使っていました。

なので記事作成時点で既に14勝しています。

あと6勝でマスターしてしまうため、シーズン中にまた異なるフォメに移行することになりそうです。

 

FIFA 19 - PS4

FIFA 19 - PS4

 

 

スポンサーリンク