ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

懐かしのミルク味のアイスキャンデー『業務スーパー』に丸永製菓『ミルクアイス』が売られていたので買って食べてみました

スポンサーリンク

業務スーパー』に『丸永製菓』の「ミルクアイス」という、アイスキャンデーが売られていたので購入してみました。 

パッケージや価格、容量、原材料、見た目の紹介、食べた感想、アレンジを書いています。

 

目次

 

スポンサーリンク
 

 

アイスは好き

私はアイスが好きです。

 

明治 エッセルスーパーカップ 超バニラ 200ml×24個

お金がないですですから、『明治』の「エッセルスーパーカップ」の「超バニラ味」が80円前後で売られているときに狙って購入して食べています。

バニラが基本で、間にチョコクッキー味を入れていくスタイル。

 

dysdis.hatenablog.com

 

当ブログの過去記事にもたまに登場しているはずです。

 

dysdis.hatenablog.com

 

昨年は『ガリガリ君 リッチ レアチーズ味』がヒットでした。

 

『業務スーパー』で購入

今回紹介するお菓子は冒頭から申し上げているとおりアイスです。

購入したお店は『神戸物産』が全国に展開するスーパーマーケットチェーンの『業務スーパー』です。

 

www.gyomusuper.jp

 

業務スーパーは日ごろからお世話になっているスーパーです。

 

dysdis.hatenablog.com

 

コーヒー豆などをよく買っています。

 

丸永製菓「ミルクアイス」

今回購入した品は丸永製菓「ミルクアイス」です。

 

ミルクアイス

画像が丸永の「ミルクアイス」です。

アイスで銀のパッケージは珍しい気がします。

 

MILK TASTE

marunaga

丸永製菓

 

MILK

ミルク

アイス

*ICE*

 

なつかしの味

 

牛乳仕立て

 

種類別 アイスミルク

 

必要な情報がしっかり入っています。

どのような商品かがわかりやすいですし、良いパッケージデザインと思います。

 

ミルクアイス

パッケージ裏面は、上部が英語の栄養成分表示、下部左側に日本語の原材料・栄養成分表示などが書かれていました。

 

丸永のこだわりの美味しさ

 

◎ミルクの味わいが

なつかしいアイスキャンデー

◎牛乳仕立てのやさしい甘さ

 

画像左下にいる赤白の牛が教えてくれています。

 

アイスキャンデーって何?

アイスキャンデーってそもそも何? というところからです。

 

アイスキャンディーは、棒状の氷菓を指し、日本ではアイスバーとも呼ばれる。

(略)

水、果汁、牛乳などに、砂糖などの甘味料、香料、着色料、固形の原料などを加えて、型に流し込み、木製やプラスチック製の棒を差し入れて凍らせたもの。

(略)

形状は直方体のものが多く円筒形の場合もある。

 

アイスキャンディー - Wikipedia

 

アイスキャンディーのWikipediaには上記引用部のように書かれていました。

 

アイスキャンデーとアイスキャンディーの違いは?

アイスキャンデーとアイスキャンディーは同じものですよね。

丸永製菓「ミルクアイス」には「アイスキャンデー」、Wikipediaには「アイスキャンディー」を使用しています。

 

個人的にアイスキャンデーは古臭い言い回しに感じられます。

とはいえ2019年現在でもしばしば見られるワードです。

 

あえて「デー」を使っているのだと思いますが、あえて使う理由は何でしょう?

「ディー」だと、ティーなどと聞き間違う可能性があるからでしょうか。

 

『丸永製菓』

今回紹介している「ミルクアイス」は『丸永製菓』という会社の商品です。

 

www.marunaga.com

 

本社は福岡県久留米市にあるようです。

乳業メーカーさん。

 

丸永製菓 九州名物 しろくまアイス 12個

私の中では「しろくま」の会社のイメージが強い。

それしかないレベルで。

 

丸永製菓のwebサイトの商品ページを探してみましたが、「ミルクアイス」は存在しませんでした。

探し方が悪かったのでしょうか。

新商品すぎて情報の更新が追いつかないのでしょうか。

 

原材料や栄養成分など

『丸永製菓』の「ミルクアイス」の原材料や栄養成分を見てみましょう。

 

原材料

原材料です。

 

原材料

  • 牛乳
  • 糖類
    • 砂糖
    • 異性化液糖
    • 粉飴
  • 乳製品
  • デキストリン
  • 香料
  • 安定剤
    • 増粘多糖類
  • 乳化剤
  • 甘味料
    • スクラロース

 

一部に乳成分を含む。

内容量は「85ml」。

 

アレルギー物質に注意してください。

 

栄養成分

栄養成分です。

 

  • 熱量:120Kcal
  • タンパク質:2.5g
  • 脂質:3.4g
  • 炭水化物:20.0g
  • 食塩相当量:0.1g

 

1本あたりの栄養成分(推定値)です。 

 

価格

丸永製菓「ミルクアイス」を『業務スーパー』で購入したときの価格です。

価格は60円(税抜き)でした。

1グラムあたりの値段は0.71円ほど。

 

取り出す

丸永製菓「ミルクアイス」を袋から取り出してみました。

 

ミルクアイス

ほぼ直方体のミルクアイスに棒が刺さっている、ベーシックなアイスキャンデーです。

思いの外ずっしり重みを感じます。

 

ミルクアイス

アイスを割ってみました。

柱状節理的な断面が、いかにもアイスキャンデー。

懐かしさが爆発します。

 

食べてみた

丸永製菓「ミルクアイス」を食べてみました。

これから食べた感想を書きますけど、私の感覚や評価が絶対的なものではないことは考慮の上ご覧になってください。

 

皆さんがアイスキャンデーを食べたときのことを思い出してください。

食感は想像したとおりです。

柱状節理部分を噛むと「キシキシ」言います。

 

味もやっぱりアイスキャンデーのミルク味のまんまです。

さっぱりはしていません。

練乳的に濃厚な甘さを感じます。

原材料の項目を見ても、牛乳だけでなく糖類が3種類も入っていますから、その影響が大きいのでしょう。

 

甘すぎるくらいに感じられる方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は好きな甘さです。

 

合わせて食べる

私はそのままを食べていました。

コーヒーを飲みながら。

 

コーヒーの苦味は間違いなく合いますね。

少し溶かしてから、インスタントコーヒーを少し、あるいはココアパウダーなどを振りかけると美味しいでしょう。

シナモンをかけると尚良し。

 

苦味が苦手な人はブルーベリーなどベリー系の酸味を加えるても合うかもしれないです。

もちろんそのままでも十分美味しいです。

 

おわりに

ということで、スーパーマーケット『業務スーパー』に丸永製菓『ミルクアイス』が売られていたので、買って食べてみた記事でした。

 

味は忘れましたけど、丸永製菓さんの銀パッケージの棒アイスは他にももう1種類ありました。

ライムとかレモンとか柑橘系の味だったような。

 

丸永製菓 九州名物 しろくまアイス 12個
 

 

スポンサーリンク