ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

『Webサカ2』2141シーズンにロナウドがモデルの「ロベルト」などを獲得。フォメも「レスター2015-16」に変更です

スポンサーリンク

サッカーシミュレーションのブラウザゲーム『Webサカ2』は、始めてから44週目になりました。

新シーズンの獲得選手とフォーメーションの配置を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

ブラウザゲーム『Webサカ2』

2018年6月6日に「ノヴェルアプローチ」社からリリースされたブラウザゲーム『Webサカ2』は、サッカーのシミュレーションゲームです。

 

https://websaka2.jp/

 

私は2018年7月25日からゲームを始めています。

毎週日曜のメンテナンスがシーズンの切り替わりになり、2019年5月19日からは私にとって44シーズン目です。 

 

マスターフォーメーション

2140シーズン開幕時点の自チームのマスターしたフォーメーションの一覧です。

 

一つのフォーメーションで「アリーナリーグ」モードを20勝すると、そのフォーメーションを「マスター」したことになります。

マスターするとどのような効果があるのか知りません。

個人的に当面のゲームのゴールに全フォメマスターを設定しています。

 

マスターフォーメーション

  1. イタリア1994
  2. ブラジル1994
  3. ブラジル2002
  4. ロッソ・ミラン2002-03
  5. バルセロナ2004-2005
  6. マンチェスター・ブルー2011-2012
  7. アッズーロ・ミラノ2009-2010
  8. ドルトムント2011-2012
  9. リバプール2004-2005
  10. アルゼンチン2014
  11. ドイツ2014
  12. ロホ・マドリード2013-2014
  13. バイエルン2015-2016
  14. 鹿島2016
  15. アンダルシア2006-2007
  16. フランス2006
  17. イングランド1996
  18. ポルトガル2004
  19. アルゼンチン1993

 

フォメ所持数は「41」、そのうちマスターしたフォメが「19」です。

そろそろ半分に到達しそうです。

 

ポジションの略称

これからチームのことを書く前に、本文中、各ポジションを表記する際に略称を用います。

下記に一覧を書きましたので、参考になさってください。

 

  • FW:フォワード
    • CF:センターフォワード
    • WG:ウィング
  • MF:ミッドフィールダー
    • OH:オフェンシブハーフ
    • IH:インサイドハーフ
    • SH:サイドハーフ
    • WB:ウィングバック
    • CH:センターハーフ
    • DH:ディフェンシブハーフ
  • DF:ディフェンダー
    • CB:センターバック
    • SB:サイドバック
  • GK:ゴールキーパー

 

あくまで当ブログで用いている略語であって、『Webサカ2』界隈で共通して通用するかはわかりません。

 

能力の呼称

選手にはステータスが設定されています。

各ステータスを毎回フルで書くのはあれなので、略称を用いて書いています。

あくまで当ブログで用いている用語・略語であって、他では通用しない可能性があります。

 

STP

基本的な能力はスピードとテクニックとパワーの3つです。

 

  • スピード:S
  • テクニック:T
  • パワー:P

 

本文中では能力を上記のように略して書いています。

 

知性・感性、個人・組織

また、選手には「知性・感性」と「個人・組織」の能力値もあります。

「知性・感性」は、その選手が知性的なプレイをするか感性的なプレイをするか中間か、です。

「個人・組織」は、その選手が個人プレイをするか組織プレイをするか中間か、です。

たぶん。

 

書く順番は「知性・感性」を始めに、次に「個人・組織」です。

中間の場合は「0」と表現します。

例えば、「知性1」「組織3」「知性・感性±0」など。

 

2141シーズンの自チーム編成

2141シーズンの自チームの編成です。

 

レギュラー

まずはレギュラーの11人です。

 

スタメン

  • GK「アラジ」、モデルなし
  • DF「イヴァノフ」、モデルなし
  • DF「スピネッリ」、モデルなし
  • DF「モントーヤ」、モデルなし
  • DF「マリア・ゴメス」、モデルなし
  • MF「ブラグスタッド」、モデルなし
  • MF「グローデス」、モデルなし
  • MF「ゴンサール」、モデルなし
  • MF「ビットマン」、モデルなし
  • MF「マルセリーニョ」、モデル「ロナウジーニョ」(以下敬称略)
  • FW「ソルダード」、モデル「ロベルト・ソルダード」
  • FW「ムサワナサ」、モデルなし

 

以上です。

 

スタメン2

レギュラーのステータス。

イヴァノフが爆発しました。

 

サブ

ベンチ入りするサブのメンバーです。7人設定できます。

 

ベンチ入り

  • FW「マクラーレン」、モデル「オバフェミ・マルティンス」
  • FW「ロベルト」、モデル「ロナウド」
  • MF「ドラビッチ」、モデル「ドラガン・ストイコビッチ」
  • MF「マイナー」、モデルなし
  • DF「マルクス」、モデル「ダニエウ・アウヴェス」
  • DF「エスクエダ」、モデル「ラファエル・マルケス」
  • GK「シャリモフ」、モデルなし

 

以上です。

 

ベンチ外

ベンチ外のメンバーです。ベンチ外は10人。

 

ベンチ外

  • FW「ガリゲス」、モデル「エドゥアルド・バルガス」?
  • FW「ラミレス」、モデルなし
  • MF「キケ・エルナンデス」、モデル「ハビ・マルティネス」
  • MF「コリル」、モデルなし
  • MF「ビットマン」、モデルなし
  • MF「ヨルセン」、モデルなし
  • DF「ブロッケンファールト」、モデル「ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト」
  • DF「バイアーノ」、モデルなし
  • GK「イエンセン」、モデルなし
  • GK「里見和隆」、モデルなし

 

以上です。

 

監督

監督

  • 監督名:ギマ
  • タイプ:守備型
  • 統率力:84

 

監督は「ギマ」です。

2期目。

 

使用フォーメーションと配置

今シーズンの「アリーナリーグ」モードにおける、自チームのフォーメーションと選手の配置です。

 

使用フォーメーション

使用フォーメーションは「レスター2015-16 (4-4-2) 」です。

 

フォメ

  • フォーメーション名:レスター2015-16
  • タイプ:パワー
  • システム:4-4-2
  • スピード:9、テクニック:4、パワー:5

 

一作シーズンの途中から使っていた「鹿島2016」フォメは、昨シーズンの25節終了時にマスターできました。

現在は「レスター2015-16」を使用中です。

レスター15-16は以前も使用していて、マスターする前に他に変更していたフォメでしたから、記事作成時点で既に15勝しています。

レスター15-16の各ポジションや必要能力の予想に関しては、別途記事にする予定です。

 

選手の配置と個性値

選手の配置です。

 

選手配置

選手の配置はGKがアラジ、DFが右からマルクス、モントーヤ、マリア・ゴメス、イヴァノフ、MFがDHの右ブラグスタッドに左グローデス、OHの右ゴンザールに左マルセリーニョ、FWが右ソリアーノに左ムサワナサです。

 

キッカーはペナルティキックがマリア・ゴメス、フリーキックとコーナーキックがマルセリーニョ。

キャプテンはマリア・ゴメスです。

 

選手総個性値60 / 監督統率力84。

戦力値は「7558」。

 

2141シーズンの新獲得選手

今季獲得した実在モデル選手は「マクラーレン」と「ロベルト」と「ガリゲス」の3選手です。

 

ノーマル選手は「グローデス」と「マイナー」、「シャリモフ」、「ビットマン」、「イエンセン」の5選手です。

ビットマンは昨季までも自チームにいましたが、今オフで放出→再獲得しています。

 

マクラーレンはマルティンス

「ジョー・マクラーレン」は、元ナイジェリアFW「オバフェミ・マルティンス」がモデルの選手と思われます。

 

マクラーレンマクラーレン2


エリア適正は左右WGが最高の「7」、CFが「6」。

成長タイプは「早熟」型。

ピーク期は1期。

ピーク時のステータスはS「10」T「3」P「3」。

2-6期がS9あるのでSポジなら6期まで使えるかもしれません。

「感性3」、「個人1」。

 

ウイイレでもスピード欲しさに獲得したことがあるマルティンス。

ゲームではよく知っている選手ですけど、リアルでは見る機会が多くなかったです。

インテル時代などレギュラーで出場しているイメージがないですね。

 

ロベルトはロナウド

「ロベルト」は、元ブラジル代表FW「ロナウド」がモデルの選手と思われます。

 

ロベルトロベルト

エリア適正はCFと左右WGが「7」。

成長タイプはやや「晩成」型。

ピーク期は6-8期。

ピーク時のステータスはS「10」T「8」P「8」。

「感性3」「個人2」。

 

FCバルセロナ時代のインパクトが強すぎます。

爆発的なスピードを持っていて、さらにボールテクニックも得点力も極めて高いですからねぇ。

あんなにスピードを出している状況であんなテクニックを披露できていたことが凄いのですね。

チートレベルな人でした。

自身の爆発力に身体がついて行けなかったのでしょうか、怪我は本当に残念でした。

怪我をしていなかったらどれくらいの記録を残していたか。

そういう、怪我がなかったら……という想像の余地を残すことを含めての伝説なのでしょう。

 

なだけにロベルトのT8は解せないですけど、ロベルトはあくまでロベルトであってロナウドではないと。

晩成というのも意外な設定。

 

ガリゲスはバルガス

「ロベルト・ガリゲス」はチリ代表FW「エドゥアルド・バルガス」がモデルの選手と思われます。

 

ガリゲスガリゲス2

エリア適正は右WGと右SHが「7」、CFと左WG、OH、左SHが「6」。

成長タイプは「早熟」型。

ピーク期は1期。

ピーク時のステータスはS「8」T「9」P「5」。

「知性1」「組織1」。

 

チリ代表の試合はワールドカップなどで何度か観たことあるくらいで、語れるほど見ていないです。

見た限りではチリ代表のプレースタイルはとても好きです。

中南米のサッカーは基本的には私好み。

チリはビエルサ監督時代は話題になっていましたよね。

 

バルガスについてはほぼ語れないです。

南米独特の、個々人の戦術レベルの高さから来る自由さ・奔放さが、この選手にも感じられた記憶はあります。

確か左右でキックを蹴ることができたはず。

 

ネットで調べると、クラブレベルでは欧州へ行くと活躍できず、地元チリや中南米のクラブでは活躍する傾向にあるみたいです。

内弁慶?

 

おわりに

ということで『Webサカ2』の2141シーズンの戦力紹介の記事でした。

 

本文に書いているように、レスター15-16は既に15勝していますから、シーズン中盤までには別のフォメに変更することになるでしょう。

今から次のフォメのことを考えておいた方が良いかもしれないですね。

 

ウイニングイレブン2019 - PS4

ウイニングイレブン2019 - PS4

 

  

スポンサーリンク