ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSLマスターズGP「破壊神杯」第2回ウェイト100+1体ウェイト18以下限定で「ハーゴン1」に昇格できません。パーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、対人戦となる闘技場「マスターズGP」にて2019年5月7日15時から「破壊神杯」の第2回が開催されています。

 

破壊神杯の第2回は「ウェイト100+1体ウェイト18以下限定」の制限つきです。

今回は記事作成時点で「ジェネラル2」までしか行けていません。

戦っている私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

 追記:

dysdis.hatenablog.com

 

ハーゴン1に昇格できました。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「破壊神杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では「破壊神杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

私にとってマスターズGPはDQMSLの苦手なコンテンツです。

普段は1日にデイリーミッション消化分の3試合をこなす他はほとんど対戦をしません。

 

dysdis.hatenablog.com

 

今回の「破壊神杯」第2回では苦戦した第1回以上に勝てず、たまに連勝して「ジェネラル2」に行けますけど、ほぼジェネラル1にいます。

 

 

2019年5月度のマスターズGPは「破壊神杯」が開催されています。

 

  • 第1回:2019年4月30日火曜日19時00分~2019年5月7日火曜日09時59分
  • 第2回:2019年5月7日火曜日15時00分~2019年5月14日火曜日09時59分
  • 第3回:2019年5月14日火曜日15時00分~2019年5月21日火曜日09時59分
  • 第4回:2019年5月21日火曜日15時00分~2019年5月31日金曜日09時59分

 

スケジュールは上記のようになっていて、およそ1週間ごとに区切りがあり、区切り4回分を1シーズンとみなして、破壊神杯としては1ヶ月間戦うことになります。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2019年4月30日(火)19時00分から闘技場マスターズGP「破壊神杯」を開催します!
「破壊神杯」は「破壊神シドー」や「ハーゴン」にちなんだ報酬を獲得することができるイベントです!

「マスターズGP」では全国のプレイヤーとマッチングして対戦することができます。
対戦に勝利すると、上位のランクに進出!破壊神杯限定の報酬や最上位ランクを目指そう!

さらに、2019年5月7日(火)15時00分からは「破壊神ふくびきGP」を復刻!
ランクSSの装備品「ハーゴンの杖」をゲットできるチャンス!

また、第4回マスターズGPのウィークリー報酬では、「マスターメダル」が最大5枚手に入る!

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

詳しいことはこちらをご覧になってください。

 

ランクについて

破壊神杯では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「ゴールデン」が「ハーゴン」に、ランク「カイザー」が「シドー」にそれぞれ変更されています。

 

「シドー」ランクについては2019年5月21日15時00分から開催される「破壊神杯」第4回から解放されるとのこと。

第3回までは「ハーゴン3」が最上位という認識で良さそうです。

※「ハーゴン☆3」などを「ハーゴン3」などと表記しています。

 

シドー1で、バトルに負けて所持しているランクポイントが昇格に必要なランクポイントを下回った場合は、ランクが下るとのこと。

先ほど書いたとおり、私はGPが苦手なためカイザー帯まで上がった経験がなく、カイザーの仕様を把握できていません。

間違えたことを書いていたら申し訳ありません。

 

そして、週が変わるとランクが3つ下がりますし、シーズンが変わると戦績やランクがリセットされます。

 

破壊神杯 第2回ウェイト100+1体ウェイト18以下限定制限

2019年5月7日火曜日15時00分から2019年5月14日火曜日09時59分までの間は、「破壊神杯」の第2回が開催されています。 

 

ジェネラル2昇格

記事作成時点で私は「ジェネラル2」にいます。

 

ジェネラル2

ジェネラル2昇格時のスクリーンショットです。

2度目か3度目のジェネラル2昇格です。

ほとんどジェネラル1にいます……勝てない。

 

ポイント

記事作成時点までに手に入ったポイントです。

 

ポイント

  • 所持ランクポイント:1,720
  • 第26シーズンランクpt:3,920

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

戦績

戦績を見てみましょう。

 

順位

  • シーズン順位:18,991位
  • ウィークリー順位:18,966位

 

勝利数

  • シーズン勝利数:40勝
  • ウィークリー勝利数:6勝

 

第2回ではまだ6勝ですか……。

 

破壊神杯 第2回のルール

マスターズGP「破壊神杯」の第2回のルールについてです。

開催期間は2019年5月7日火曜日15時00分から2019年5月14日火曜日09時59分までになります。

 

ルール

  • ウェイト制限:100
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:ウェイト18以下限定

 

以上の対戦ルールが設けられています。

 

パーティの総ウェイトは「100以下」です。

他の条件が揃っていても、総ウェイト101以上では戦闘できません。

総ウェイトは装備のウェイトを含めたものになります。

 

第2回は使用モンスターの制限があります。

モンスター1体のウェイトが18以下です。

ウェイト19以上のモンスターを使用できません。

 

ウェイト18以下ですと、魔王のランクSでの運用はできないはずです。

例えば、私がランクSで運用をしている「エルギオス」や「ダースガルマ」はランクSでもウェイトが「23」あります。

 

ウェイト100+ウェイト18以下限定制限のパーティ

マスターズGP「破壊神杯」の第2回、ウェイト100+1体ウェイト18以下限定制限のパーティで「ジェネラル2」に昇格した際の、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

編成

パーティの編成です。

紹介する編成の他にも色々と試しました。

現在は下記の編成に落ち着いていますけど、今後も変更する可能性があります。

 

パーティ

メンバーは「じめじめバブル☆4、ディアノーグ☆4、ダーティードール☆4、メルトア☆4、ドラゴメタル強☆4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは新生転生しています。

 

じめじめバブルのリーダー特性は「全系統の素早さ10%アップ」です。

装備込みのパーティの総ウェイトはピッタリ「100」。

 

他にも、「マホターン」役のグレゴールや「におうごろし」役のえんまのつかい、「におうだち」役のスラキャンサーやオーガキング、毎ターン「ダメージバリア」&「よそく」による反射役の白夜の魔人、回復・蘇生役のボボンガーなどを試しています。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • じめじめバブル:ほうしの嵐+1、ミステリブレス、キノコ爆弾+1、マジックバリア
  • ディアノーグ:かがやく息+1、バギクロス、いてつく眼光、まどいのさけび+1
  • ダーティードール:オカルトソード、ダーティーショット+2、ダメージバリア+1、ちからため
  • メルトア:まどいのひとみ+1、しょくしゅ攻撃、まどろみの光+1、体技よそく+2
  • ドラゴメタル強:チアフルダンス+1、みがわり、光のはどう+2、マインドバリア

 

以上です。

 

作戦

作戦です。

 

作戦

ドラゴメタル強が「いのちだいじに」で、他は「ガンガンいこうぜ」です。

実際の戦闘ではドラゴメタルの他は手入力がほとんど。

 

装備

装備です。

 

装備

  • じめじめバブル:王者の剣+7
  • ディアノーグ:おうごんのツメ+7
  • ダーティードール:ロトの剣+10
  • メルトア:栄光の盾(錬金「息ダメージ5%アップ」)
  • ドラゴメタル強:しゅくふくの杖+2

 

以上です。

 

私はGPが苦手ですけど「みんなで冒険」はもっと苦手なコンテンツです。

装備の強化が進んでいません。

 

じめじめバブルは「王者の剣+7」です。

王者の剣は+7に強化することで、3ターンの間状態異常を回復するようです。

状態異常にかからなくなる訳ではない。

 

ディアノーグは「おうごんのツメ+7」です。

おうごんのツメは素早さアップ目的ですけど、「毒・マヒ・眠り・マ素」の相手に対してダメージが上がる固有効果持ちのため、状態状パーティとの相性が良いでしょう。

 

ダーティードールは「ロトの剣+10」です。

ロトの剣は+7以上に強化することにうよって、HPが尽きても一度だけHP5%の状態(でしたっけ?)で復活します。

状態異常付与からのオカルトソードがメインのアタッカーですからなるべく生き残らせたいので装備させています。

 

メルトアは体技防御の上がる「栄光の盾」です。

メルトアを毛嫌いしているプレイヤーが多い印象で、狙われやすいと思ったから。

 

ドラゴメタル強は回復量を上げるための「しゅくふくの杖」です。

画像は+2のしゅくふくの杖でしたが、記事を書いている現在は+7の同装備に変更しています。

+7に強化すると、回復量15%アップから20%アップに上がります。

 

ダーティードールの装備は「おうごんのツメ」の方が良いかなぁと思っています。

今後変えるかも。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

じめじめバブルは「ほうしの嵐」、ディアノーグは「まどいのさけび」です。

相手を状態異常にしてから、ダーティードールに「オカルトソード」を撃たせます。

これが基本です。

 

メルトアも相手を混乱させる「まどろみの光」を撃つことが多いですけど、体技持ちモンスターが多い場合は「体技よそく」をすることもあります。

代名詞的な「しょくしゅ攻撃」は今のところしていません。

 

ドラゴメタルはHP回復か状態異常回復です。

「みがわり」でダーティードールを守ることもします。

 

このような立ち回りで戦っているでしょうか。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「破壊神杯」第2回のウェイト100+ウェイト18以下限定制限で、私が使っているパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

今回は戦闘が長くなりがちなのが……。

 

ドラゴンクエストII 悪霊の神々

ドラゴンクエストII 悪霊の神々

 

 

スポンサーリンク