ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

『Webサカ2』2139シーズンにロベルト・ソルダードがモデルの「ソリアーノ」とファン・ブロンクホルストがモデルの「ブロッケンファールト」を獲得しました

スポンサーリンク

サッカーシミュレーションのブラウザゲーム『Webサカ2』は、始めてから42週目になりました。

新シーズンの獲得選手とフォーメーションの配置を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

ブラウザゲーム『Webサカ2』

2018年6月6日に「ノヴェルアプローチ」社からリリースされたブラウザゲーム『Webサカ2』は、サッカーのシミュレーションゲームです。

 

https://websaka2.jp/

 

私は2018年7月25日からゲームを始めています。

毎週日曜のメンテナンスがシーズンの切り替わりになり、2019年5月5日からは私にとって42シーズン目です。 

 

マスターフォーメーション

2139シーズン開幕時点の自チームのマスターしたフォーメーションの一覧です。

 

一つのフォーメーションで「アリーナリーグ」モードを20勝すると、そのフォーメーションを「マスター」したことになります。

マスターするとどのような効果があるのか知りません。

個人的に当面のゲームのゴールに全フォメマスターを設定しています。

 

マスターフォーメーション

  1. ブラジル1994
  2. ブラジル2002
  3. ロッソ・ミラン2002-03
  4. バルセロナ2004-2005
  5. マンチェスター・ブルー2011-2012
  6. アッズーロ・ミラノ2009-2010
  7. ドルトムント2011-2012
  8. リバプール2004-2005
  9. アルゼンチン2014
  10. ドイツ2014
  11. ロホ・マドリード2013-2014
  12. バイエルン2015-2016
  13. アンダルシア2006-2007
  14. フランス2006
  15. イングランド1996
  16. ポルトガル2004
  17. アルゼンチン1993

 

フォメ所持数は「41」、そのうちマスターしたフォメが「17」です。

 

ポジションの略称

これからチームのことを書く前に、本文中、各ポジションを表記する際に略称を用います。

下記に一覧を書きましたので、参考になさってください。

 

  • FW:フォワード
    • CF:センターフォワード
    • WG:ウィング
  • MF:ミッドフィールダー
    • OH:オフェンシブハーフ
    • IH:インサイドハーフ
    • SH:サイドハーフ
    • WB:ウィングバック
    • CH:センターハーフ
    • DH:ディフェンシブハーフ
  • DF:ディフェンダー
    • CB:センターバック
    • SB:サイドバック
  • GK:ゴールキーパー

 

あくまで当ブログで用いている略語であって、『Webサカ2』界隈で共通して通用するかはわかりません。

 

能力の呼称

選手にはステータスが設定されています。

各ステータスを毎回フルで書くのはあれなので、略称を用いて書いています。

あくまで当ブログで用いている用語・略語であって、他では通用しない可能性があります。

 

STP

基本的な能力はスピードとテクニックとパワーの3つです。

 

  • スピード:S
  • テクニック:T
  • パワー:P

 

本文中では能力を上記のように略して書いています。

 

知性・感性、個人・組織

また、選手には「知性・感性」と「個人・組織」の能力値もあります。

「知性・感性」は、その選手が知性的なプレイをするか感性的なプレイをするか中間か、です。

「個人・組織」は、その選手が個人プレイをするか組織プレイをするか中間か、です。

 

書く順番は「知性・感性」を始めに、次に「個人・組織」です。

中間の場合は「0」と表現します。

例えば、「知性1」「組織3」「知性・感性±0」など。

 

2139シーズンの自チーム編成

2139シーズンの自チームの編成です。

 

レギュラー

まずはレギュラーの11人です。

 

スタメン

  • GK「ミルズ」、モデルなし
  • DF「バイアーノ」、モデルなし
  • DF「スピネッリ」、モデルなし
  • MF「キケ・エルナンデス」、モデル「ハビ・マルティネス」(以下敬称略)
  • DF「吉田 友樹」、モデル「長友佑都」
  • MF「ゴンサール」、モデルなし
  • MF「ビットマン」、モデルなし
  • MF「カルデロン」、モデル「フアン・セバスティアン・ヴェロン」
  • MF「コリル」、モデルなし
  • FW「アムダニ」、モデル「イスラム・スリマニ」
  • MF「マルセリーニョ」、モデル「ロナウジーニョ」

 

以上です。

 

サブ

ベンチ入りするサブのメンバーです。7人設定できます。

 

サブメン

  • FW「アルオマル」、モデルなし
  • FW「ラミレス」、モデルなし
  • MF「キャンベル」、モデルなし
  • MF「ヨルセン」、モデルなし
  • MF「ブラグスタッド」、モデルなし
  • DF「イヴァノフ」、モデルなし
  • DF「マリア・ゴメス」、モデルなし
  • GK「モリス」、モデルなし

 

以上です。

 

ベンチ外

ベンチ外のメンバーです。ベンチ外は10人。

 

ベンチ外

  • FW「ソルダード」、モデル「ロベルト・ソルダード」
  • MF「高松信一」、モデル「香川真司」
  • DF「エスクエダ」、モデル「ラファエル・マルケス」
  • DF「ブロッケンファールト」、モデル「ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト」
  • DF「マルクス」、モデル「ダニエウ・アウヴェス」
  • DF「マルゲリータ」、モデル「ファビオ・カンナヴァーロ」
  • DF「モントーヤ」、モデルなし
  • GK「アルセ」、モデルなし
  • GK「ヒュードル」、モデルなし

 

以上です。

 

監督

監督

  • 監督名:マルト・ポローヌ
  • タイプ:バランス型
  • 統率力:75

 

監督は「マルト・ポローヌ」です。

2期目。

 

使用フォーメーションと配置

今シーズンの「アリーナリーグ」モードにおける、自チームのフォーメーションと選手の配置です。

 

使用フォーメーション

使用フォーメーションは「イタリア1994 (4-4-2) 」です。

 

フォーメーション

  • フォーメーション名:イタリア1994
  • タイプ:パワー
  • システム:4-4-2
  • スピード:6、テクニック:5、パワー:5

 

フォーメーションの強さがあまりないのでしょうか。

以前のアルゼンチン2014より総数が少ないような……。

 

選手の配置と個性値

選手の配置です。

 

配置

選手の配置はGKがミルズ、DFが右からバイアーノ、スピネッリ、キケ・エルナンデス、吉田、MFが右からゴンザール、ビットマン、カルデロン、コリル、FWが右アムダニ、左マルセリーニョです。

 

キッカーはペナルティキックとフリーキックとコーナーキックがマルセリーニョ。

キャプテンはビットマン。

 

選手総個性値75 / 監督統率力75。

戦力値は「7621」、昨季アルゼンチン14フォメに変えたときは「7350」でしたから、271上がっています。

 

2139シーズンの新獲得選手

今季獲得した実在モデル選手は、「ソリアーノ」と「ブロッケンファールト」の2選手です。

 

ノーマル選手は「コリル」と「モリス」、「アルセ」、「ヒュードル」の4選手です。

GKの代替を探していたのでGKが多めになっています。

 

リカルド・ソリアーノはロベルト・ソルダード

「リカルド・ソリアーノ」は、元スペイン代表FW「ロベルト・ソルダード」がモデルの選手と思われます。

 

ソリアーノソリアーノ2

エリア適正はCFが最高の「7」、左右WGが「6」。

成長タイプは「早熟」型。

ピーク期は2-4期。

ピーク後の5期もSが「8」あるのでSポジなら動くかもしれません。

ピーク時のステータスはS「8」T「8」P「8」になります。

「知性1」、「組織3」。

 

レアル・マドリーでトップチームに上がった頃は好きなプレースタイルの選手でした。

ただここ何年も名前を聞いていない気がします。

報道を見ない理由は、彼は記事作成現在トルコのフェネルバフチェにいるみたいですから、その影響でしょうか。

見始めた頃は点取り屋なイメージがあったのですが、器用な選手でもあるので色々なことがバランス良くできるタイプに移っていった印象です。

認識が誤りでしたら申し訳ありません。

 

ブロッケンファールトはファン・ブロンクホルスト

「ファン・ブロッケンファールト」は、元オランダ代表DF・MF「ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト」がモデルの選手と思われます。

 

ブロッケンファールトブロッケンファールト2

エリア適正は左SBが「7」、左WBと左SHが「6」。

成長タイプはやや「晩成」型。

ピーク期は6-8期。

ピーク時のステータスはS「8」T「9」P「8」です。

「知性1」「組織2」。

個性値が「10」もある点が唯一難点でしょうか。

 

フェイエノールトとレンジャーズ、アーセナル時代はほぼ知りませんけど、バルセロナ時代はよく見ていた選手です。

バルサ時代のシャツの名前は「Gio」でしたね。

基礎的な技術と戦術理解の高さから、左サイドを中心に様々なポジションでプレイできました。

身体的に恵まれてはいない印象で、その分技術やポリバレントさが際立ちます。

私の中でファン・ブロンクホルストは、同じオランダ代表でバルサの選手だったフィリップ・コクと被ります。

監督としては、こういうタイプの選手がチームにいるとありがたいでしょうね。

 

コリルが使えそう

ノーマル選手は紹介しなくて良いかなと思っているのですが、今オフ気になる選手を獲りました。

 

コリルコリル2

「コリル」です。

エリア適正は左右SHとOHが「7」。

成長タイプは「持続」型。

ピーク期は3,5期。

ピーク時のステータスはS「8」T「3」P「9」です。

Sが毎期動くためピーク期自体少ないのですが、Pは2-6期が「9」と安定していますから、Pポジであれば長く使えるかもしれません。

動けば、ですけど。

「知性2」「個人・組織±0」。

 

現在使用している「イタリア1994」フォメの左SHで動きそうな気がしています。

さっそく配置していますから、成績が楽しみです。

 

おわりに

ということで『Webサカ2』の2139シーズンの戦力紹介の記事でした。

 

今季はそこそこ戦えるかなと思っています。

ただ調子が良いとフォメのマスターも早いですから、次のフォメのことも早めに考えておかないといけないですね。

 

ウイニングイレブン2019 - PS4

ウイニングイレブン2019 - PS4

 

  

スポンサーリンク