ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

『Webサカ2』2137シーズンにスリマニがモデルの「アムダニ」とダニエウ・アウヴェスがモデルの「マルクス」を獲得しました

スポンサーリンク

サッカーシミュレーションのブラウザゲーム『Webサカ2』は、始めてから40週目になりました。

新シーズンの獲得選手とフォーメーションの配置を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

ブラウザゲーム『Webサカ2』

2018年6月6日に「ノヴェルアプローチ」社からリリースされたブラウザゲーム『Webサカ2』は、サッカーのシミュレーションゲームです。

 

https://websaka2.jp/

 

私は2018年7月25日からゲームを始めています。

毎週日曜のメンテナンスがシーズンの切り替わりになり、2019年4月21日からは私にとって40シーズン目です。 

 

マスターフォーメーション

2137シーズン開幕時点の自チームのマスターしたフォーメーションの一覧です。

 

一つのフォーメーションで「アリーナリーグ」モードを20勝すると、そのフォーメーションを「マスター」したことになります。

マスターするとどのような効果があるのか知りません。

個人的に当面のゲームのゴールに全フォメマスターを設定しています。

 

マスターフォーメーション

  • ブラジル1994
  • ブラジル2002
  • ロッソ・ミラン2002-03
  • バルセロナ2004-2005
  • マンチェスター・ブルー2011-2012
  • アッズーロ・ミラノ2009-2010
  • ドルトムント2011-2012
  • リバプール2004-2005
  • ドイツ2014
  • ロホ・マドリード2013-2014
  • バイエルン2015-2016
  • アンダルシア2006-2007
  • フランス2006
  • ポルトガル2004
  • アルゼンチン1993

 

フォメ所持数は「41」、そのうちマスターしたフォメが「15」です。

 

ポジションの略称

これからチームのことを書く前に、本文中、各ポジションを表記する際に略称を用います。

下記に一覧を書きましたので、参考になさってください。

 

  • FW:フォワード
    • CF:センターフォワード
    • WG:ウィング
  • MF:ミッドフィールダー
    • OH:オフェンシブハーフ
    • SH:サイドハーフ
    • WB:ウィングバック
    • CH:センターハーフ
    • DH:ディフェンシブハーフ
  • DF:ディフェンダー
    • CB:センターバック
    • SB:サイドバック
  • GK:ゴールキーパー

 

あくまで当ブログで用いている略語であって、『Webサカ2』界隈で共通して通用するかはわかりません。

 

能力の呼称

選手にはステータスが設定されています。

各ステータスを毎回フルで書くのはあれなので、略称を用いて書いています。

あくまで当ブログで用いている用語・略語であって、他では通用しない可能性があります。

 

STP

基本的な能力はスピードとテクニックとパワーの3つです。

 

  • スピード:S
  • テクニック:T
  • パワー:P

 

本文中では能力を上記のように略して書いています。

 

知性・感性、個人・組織

また、選手には「知性・感性」と「個人・組織」の能力値もあります。

「知性・感性」は、その選手が知性的なプレイをするか感性的なプレイをするか中間か、です。

「個人・組織」は、その選手が個人プレイをするか組織プレイをするか中間か、です。

 

書く順番は「知性・感性」を始めに、次に「個人・組織」です。

中間の場合は「0」と表現します。

例えば、「知性1」「組織3」「知性・感性±0」など。

 

2137シーズンの自チーム編成

2137シーズンの自チームの編成です。

 

レギュラー

まずはレギュラーの11人です。

 

スタメン

  • GK「ミルズ」、モデルなし
  • DF「ローム」、モデル「フィリップ・ラーム」(以下敬称略)
  • DF「バイアーノ」、モデルなし
  • DF「マルゲリータ」、モデル「ファビオ・カンナヴァーロ」
  • DF「ベットリッヒ」、モデルなし
  • MF「マイナー」、モデルなし
  • MF「ヨルセン」、モデルなし
  • MF「キャンベル」、モデルなし
  • MF「アベル」、モデル「メーメット・ショル」
  • FW「キーン」、モデル「ハリー・ケイン」
  • FW「アルオマル」、モデルなし

 

以上です。

 

サブ

ベンチ入りするサブのメンバーです。7人設定できます。

 

サブ

  • FW「ファーレス」、モデル「フェルナンド・トーレス」
  • FW「ラミレス」、モデルなし
  • MF「カルデロン」、モデル「フアン・セバスティアン・ヴェロン」
  • MF「ビットマン」、モデルなし
  • DF「マリア・ゴメス」、モデルなし
  • DF「ロッコ」、モデルなし
  • GK「ファイサル」、モデルなし

 

以上です。

 

ベンチ外

ベンチ外のメンバーです。ベンチ外は10人。

 

ベンチ外

  • FW「アムダニ」、モデル「イスラム・スリマニ」
  • MF「高松信一」、モデル「香川真司」
  • MF「ラスムセン」、モデル「クリスティアン・エリクセン」
  • MF「ラメルティン」、モデルなし
  • MF「ブラグスタッド」、モデルなし
  • DF「エスクエダ」、モデル「ラファエル・マルケス」
  • DF「ブライ」、モデル「サミュエル・クフォー」
  • DF「マルクス」、モデル「ダニエウ・アウヴェス」
  • DF「イヴァノフ」、モデルなし
  • DF「バトビッチ」、モデルなし

 

以上です。

 

監督

監督

  • 監督名:野田伸大
  • タイプ:攻撃型
  • 統率力:71

 

監督は「野田伸大」です。

3期目。

そろそろ交代したいです。

 

使用フォーメーションと配置

今シーズンの「アリーナリーグ」モードにおける、自チームのフォーメーションと選手の配置です。

 

使用フォーメーション

使用フォーメーションは「イングランド1996 (4-4-2) 」です。

 

使用フォーメーション

  • フォーメーション名:イングランド1996
  • タイプ:カウンター
  • システム:4-4-2
  • スピード:4、テクニック:5、パワー:7

 

パワーのある選手が重要になりそう。

 

選手の配置と個性値

選手の配置です。

 

リーグフォメ

GKがミルズ、DFが右からローム、バイアーノ、マルゲリータ、ベットリッヒ、MFがDHマイナー、SHの右にヨルセン、左にキャンベル、OHアベル、FWが右にキーン、左にアルオマル。

 

キッカーはペナルティキックがヨルセン、フリーキックとコーナーキックがアベル。

キャプテンはローム。

 

選手総個性値69 / 監督統率力71。

戦力値は「7384」、昨季イングランド1996フォメに変えたときは「7412」でしたから、28下がっています。

 

追記:

配置を変えました。

 

リーグフォメ

GKがミルズ、DFが右からローム、バイアーノ、マルゲリータ、ベットリッヒ、MFがDHマイナー、SHの右にヨルセン、左にキャンベル、OHアベル、FWが右にファーレス、左にキーン。

 

キッカーはペナルティキックがヨルセン、フリーキックとコーナーキックがアベル。

キャプテンはローム。

 

選手総個性値71 / 監督統率力71。

戦力値は「7399」で、先ほどの「7384」から15ですか、上がっています。

 

ワールドツアー

「ワールドツアー」モード用の編成は、今回から紹介しません。

 

2137シーズンの新獲得選手

今季獲得した実在モデル選手は、「アベル」と「キーン」、「アムダニ」、「マルクス」の4選手です。

アベルとキーンは過去に獲得した経験があります。

アムダニは当ブログでは紹介していないかも、でも獲得したこと自体はあった気がします。

マルクスは初獲得です。

 

ノーマル選手は「バイアーノ」と「ラミレス」、「マリア・ゴメス」、「ロッコ」、「ファイサル」、「ラメルティン」の5選手です。

ロッコとファイサルとラメルティンは初でしょうか。

 

アムダニはスリマニ

「イブラハム・アムダニ」は、アルジェリア代表FW「イスラム・スリマニ」がモデルの選手と思われます。

 

アムダニアムダニ2

エリア適正はCFが最高の「7」、左右WGが「6」。

成長タイプは「早熟」型。

ピーク期は2,3期。

ピーク前後の1期と4-7期までP「8」あるので、動くかもしれません。

ピーク時のステータスはS「8」T「7」P「9」になります。

「知性・感性±0」「個人2」。

 

プレミアリーグはほとんど観ないのであれですけど、レスター・シティで岡崎慎司のチームメイトだった記憶があります。

記事作成現在はトルコのフェネルバフチェにローンで移籍しているようですね。

中盤に下がってパス回しに参加するようなタイプではなく、前線に居座ってチャンスを待つストライカーの記憶です。

が、記憶は定かではありません。

パワーとスピードといったフィジカルに優れる選手、テクニックが低い訳でもなかったような。

イングランドフォメに合いそうな選手なので取ってみましたが、個性値の問題もあって使っていません。

 

マルクスはアウヴェス

「マルセウ・マルクス」は、ブラジル代表DF・MF「ダニエウ・アウヴェス」がモデルの選手と思われます。

 

マルクスマルクス2

エリア適正は右SBと右WBが「7」、右SHが「6」。

成長タイプは「標準」型。

ピーク期は4-6期。

ピーク前後の3期と7期も動くかもしれません。

ピーク時のステータスはS「10」T「9」P「5」になります。

「感性1」「個人1」。

 

サイドバックでは最高峰と思います。

個人の戦術理解度が高いのか、どのようなチームでも馴染んでしまう印象です。

アウヴェスがセビージャからバルセロナに移籍したときは、確かペップ・グアルディオラがバルサ・アトレティック(現バルサB)からバルサAの監督に就任したときと重なったと思います。

アウヴェスにとってチームと監督が変わっただけでなく、チームメイトにとっても監督やコーチが変わった難しい時期にもかかわらず、あの難解なグアルディオラやティト・ビラノバの戦術にまたたく間にフィットしたばかりか、右サイドでリオネル・メッシと絶妙なコンビネーションを見せていました。

セビージャ時代もヘスス・ナバスとの右サイドは凶悪でした。

それまでのバルサの右SBというとイタリア代表のジャンルカ・ザンブロッタがいて、メッシはザンブロッタとのコンビが取れていなかった、もっと言えばメッシがザンブロッタを信用していなかったと思います。

メッシは、献身的に上下動を繰り返すザンブロッタにほとんどパスを出さなかったですよね、ザンブロッタが可愛そうになるくらいに。

メッシからすれば、ようやく信頼できるSBが来てくれた、とアウヴェスに対して感じたことでしょう。

ザンブロッタを思うと残酷ですけど、シビアにいかなければ生きて行けない世界でしょうからねぇ。

 

アウヴェスはスピードがあってスタミナもある、神出鬼没(でもチームとしてバランスが決定的に崩れない)、ドリブルに独特なリズムがあって、相手との駆け引きも上手く、パス(特にショートパス)も、クロスもシュートも上手い。

そもそも身体の使い方が上手い。

クロスは攻め上がってから入れるばかりでなく、中に入った上で中盤の位置から斜めに入れることもあって、相手からすると考えもしない位置から考えもしないタイミングでクロスが放り込まれる感覚に陥っていたのではないでしょうか。

あえて難点を挙げれば守備で、軽さとやや安定感に欠けるところがあります。

しかしまぁデメリットなど気にならないくらいメリットが多い選手ですね。

 

大好きな選手なので褒めすぎているかもしれません。

『Webサカ2』のマルクスがどのような働きをするのか、今から実用期が楽しみです。

 

ノーマル選手

ノーマル選手は「バイアーノ」と「ラミレス」、「マリア・ゴメス」、「ロッコ」、「ファイサル」、「ラメルティン」の5選手です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

バイアーノとラミレスとマリア・ゴメスは、当ブログでもこれまで何度も紹介してきた選手たちですね。

 

ロッコロッコ2

DFロッコです。

エリア適正はCBが「7」、左右SBが「6」。

成長曲線は「早熟」型。

ピークは1-3期。

ピーク期の能力はS「6」T「6」P「8」。

「知性・感性±0」「組織3」。

Pポジで組織が必要なら、いけるでしょうか。

 

ファイサルファイサル2

GKファイサルです。

エリア適正はGKが「7」。

成長曲線はやや「晩成」型。

ピークは6,7期。

ピーク期の能力はALL「8」。

「知性1」「個人・組織±0」。

実用期まで待てるかどうか。

 

ラメルティンラメルティン2

MFラメルティンです。

エリア適正はDHが「7」、「6」なし。

成長曲線は「標準」型。

ピークは6期。

ピーク期の能力はS「8」T「5」P「7」。

「知性・感性±0」「個人1」。

Sは4-7期に「8」になるため、SポジDHなら4期から実用期でしょう。

 

今具体的に紹介した選手も、もしかしたら過去に紹介したことがあるかもしれません。

その場合は申し訳ありません。

 

おわりに

ということで『Webサカ2』の2137シーズンの戦力紹介の記事でした。

 

フォメをイングランド1996に変えてから、14試合で10勝3敗1分と良い成績でした。

今季は戦力値が少し下がっているので、勝利をあげるペースは落ちると思います。

それでも今季の中盤から終盤にマスターできると予想されますから、次のフォメも考えておかなければいけません。

監督の交代も視野に入れつつ。

 

dysdis.hatenablog.com

 

そうそう、マルセリーニョが今季下降期に入ったのに土曜日に循環させることを忘れていました。

前日まで循環させなきゃと思っていたのですが、当日になって忘れています……。

オフシーズンに放出しているので、今シーズン中に獲得すると思います。

 

FIFA 19 - PS4

FIFA 19 - PS4

 

 

スポンサーリンク