ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

『Webサカ2』2135シーズンの中間報告。優勝争い中にもかかわらずフォメを「アルゼンチン1993」に変更。DHのモデルがシメオネかレドンドで悩んでいます

スポンサーリンク

サッカーシミュレーションのブラウザゲーム『Webサカ2』は、ゲームを始めてから38週目に入りました。

36シーズン連続となる「本リーグA」に参加中です。

 

今シーズンの中間報告の記事です。

「アリーナリーグ」における自チームの順位と選手成績を紹介し、前半戦の反省とその対策をした様子を書いています。

 

目次

スポンサーリンク

 

ブラウザゲーム『Webサカ2』

2018年6月6日に「ノヴェルアプローチ」社からリリースされたブラウザゲーム『Webサカ2』は、サッカーのシミュレーションゲームです。

 

https://websaka2.jp/

 

私は2018年7月25日からゲームを始めています。

毎週日曜のメンテナンスがシーズンの切り替わりになり、2019年4月7日からは私にとって38シーズン目です。

現状の最高峰リーグ「本リーグA」に36シーズン連続で参加しています。

 

2135シーズンのチーム成績

2135シーズンもちょうど半分を終えました。

中間地点を通過した時点での「アリーナリーグ」における自チームの成績です。

 

成績

  • シーズン:2135
  • ワールド:スナイプ
  • リーグ:ポワントA
  • 勝利:9
  • 敗北:2
  • 引分:4
  • 総得点:45
  • 総失点:20
  • 得失点差:+25
  • 順位(15節終了時点):2

 

2135シーズン第15節終了時点での順位は2位です。

 

昨季は同じタイミングで1位でした。

11勝1敗3分、総得点45総失点19得失点差+26の1位。

今季の総得点と総失点は昨季とほとんど変わりありません。

しかし勝利数が少ないことが差となって順位に反映されているようです。

 

まぁ悪くないので良いでしょう。

 

2135シーズンのフォメ・選手配置

2135シーズンの「アリーナリーグ」モード用の自チーム編成をおさらいします。

 

ポジションの略称

その前に、これから今季の選手やフォーメーション、配置などを書いていきます。

本文中、各ポジションを表記する際に略称を用います。

下記に一覧を書きましたので、参考になさってください。

 

  • FW:フォワード
    • CF:センターフォワード
    • WG:ウィングフォワード
  • MF:ミッドフィールダー
    • OH:オフェンシブハーフ
    • SH:サイドハーフ
    • WB:ウィングバック
    • CH:センターハーフ
    • DH:ディフェンシブハーフ
  • DF:ディフェンダー
    • CB:センターバック
    • SB:サイドバック
  • GK:ゴールキーパー

 

当ブログで使う頻度が高いであろうポジションの略称です。

 

 能力について

各選手にはスピードとテクニックとパワーの能力が設定されています。

 

  • スピード:S
  • テクニック:T
  • パワー:P

本文中では能力を上記のように略して書いています。

 

また、選手には「知性・感性」と「個人・組織」の能力値もあります。

「知性・感性」は、その選手が知性的なプレイをするか感性的なプレイをするか中間か、です。

「個人・組織」は、その選手が個人プレイをするか組織プレイをするか中間か、です。

 

書く順番は「知性・感性」を始めに、次に「個人・組織」です。

中間の場合は「±0」と表現します。

例えば、「知性1」「組織3」など。

 

開幕時の使用フォーメーション

ポルトガル2004

  • フォーメーション名:ポルトガル2004
  • タイプ:スピード
  • システム:4-2-3-1
  • スピード:9、テクニック:6、パワー:3

 

シーズン開幕時はポルトガル04フォメを使用していました。

 

監督

監督

  • 監督:野田伸大
  • タイプ:攻撃型
  • 統率力:72

 

監督はオフシーズン中に「野田伸大」に変えました。

野田は前監督のライビガーと同じ攻撃型ですが、統率力が前任より高いため獲得しています。

 

選手の配置

「アリーナリーグ」モードにおける、シーズン開幕時のフォーメーションです。

 

配置

選手の配置はGKがミルズ、DFが右からヨルセン、ブライ、マイナー、マリア・ゴメス、MFがDHの右にオリバー、左にアレグリーニ、SHの右にマルセリーニョ、左にキャンベル、OH高松、FWがCFファーレスです。

キッカーはPKがマリア・ゴメス、FKとCKがマルセリーニョ、Cap.が画像はアレグリーニになっていますが実際はブライでした。

 

選手総個性値68 / 監督統率力72。

戦力値は「7489」です。

 

フォーメーション変更

14節終了後にポルトガル04フォメをマスターしました。

「マスター」の称号は、そのフォメでリーグ戦を20勝すると付きます。

 

マスターフォメ

マスターフォーメーションの一覧の最後に「ポルトガル2004」がありますね。

 

なので15節からは「アルゼンチン1993」にフォメを変更しました。

 

アルゼンチン1993

アルゼンチン1993

  • フォーメーション名:アルゼンチン1993
  • タイプ:テクニック
  • システム:4-3-1-2
  • スピード:5、テクニック:5、パワー:5

 

STP値が低いことが気になります。

やはりフォメの強さもあるみたいですよねぇ。

 

キーポジション

キーポジション

キーポジションは3つ。

インコントリスタと守備的MFと左フォワードです。

ポジションで言うとインコントリスタが右DHか右CH、守備的MFがDH、左フォワードはそのままです。

 

アルゼンチン1993のモデル

「アルゼンチン1993」フォメのモデルは、1993年にエクアドルで開催された「コパ・アメリカ(南米選手権)」におけるアルゼンチン代表と思われます。

アルゼンチンがメキシコとの決勝戦を制して優勝した大会でした。

 

フォーメーションは4-3-1-2。

選手の配置は、GK「セルヒオ・ゴイコチェア」、DFが右から「ファビアン バスアルド」、「オスカル・ルジェリ (C) 」、「ホルヘ・ボレッリ」、「リカルド・アルタミラノ」、MFがDH「フェルナンド・レドンド」、CHの右に「グスタボ・サパタ」、左に「ディエゴ・シメオネ」、OH「ネストル・ゴロシート」、FWが左「ガブリエル・バティストゥータ」、右「アルベルト・アコスタ」と思います。

 

ただ、『Webサカ2』のアルゼンチン1993フォメにおけるキーポジションのテキストから察すると、DHシメオネ、右CHレドンドのように感じられます。

だとするならサパタが左CHですね。

 

サパタとアコスタはJリーグでプレイした経験があったと記憶しています。

 

アルゼンチン1993の選手配置

フォメの変更に伴い、自チームの選手配置も変えています。

 

配置

選手の配置はGKがブランコ、DFが右からローム、スピネッリ、ベットリッヒ、マリア・ゴメス、MFがDHにマイナー、CHの右にヨルセン、左にアレグリーニ、OHルシアーノ・パレイラ、FWが右に高松、左にファーレスです。

キッカーはPKがマリア・ゴメス、FKとCKがルシアーノ・パレイラ、Cap.がブランコ。

 

選手総個性値65 / 監督統率力72。

戦力値は「7578」、開幕時は「7489」でしたから「81」高い数値です。

い、いけるのか?

 

2135期第15節終了時の選手成績

2135シーズンの「アリーナリーグ」第14節が終了した時点の自チームの選手成績です。

 

今回は15節終了時点でなく14節終了時点の成績になります。

理由はポルトガル04だけの成績をお見せした方が役立つかなと思ったからです。

 

選手成績

  • ポジション選手名 (期数) :試合数/得点/アシスト/イエロー/レッド/評価点
  • GKミルズ (2) : 14/0/0/0/0/2.50
  • MFヨルセン (7) : 14/2/0/0/0/3.64
  • DFブライ (3) : 14/2/0/2/0/2.93
  • MFマイナー (4) : 14/1/0/4/1/3.00
  • DFマリア・ゴメス (8) : 14/1/2/4/0/2.93
  • MFマディ・エイタ (4) : 11/2/2/0/0/2.27
  • MFアレグリーニ (5) : 14/1/6/6/0/3.07
  • MFマルセリーニョ (4) : 14/9/11/3/0/3.29
  • MF高松信一 (4) : 14/6/3/1/1/3.00
  • MFキャンベル (1) : 14/9/7/1/0/3.29
  • FWファーレス (7) : 14/6/9/1/0/3.00
  • 監督 野田伸大 (1) : 3.29

 

以上です。

右SHキャンベルは初めて使いましたが動いてくれました。

 

前半戦の反省と対策

今季も優勝争いに参加できています。

ですから反省は特にありません。

15節からフォメを変更していることが結果にどのように影響を及ぼすか、という懸案はあります。

 

アルゼンチン1993は古すぎる

新しく変えた「アルゼンチン1993」フォメは、モデルの情報が古すぎて各ポジションのモデルがわかりにくいです。

シメオネとレドンドとバティストゥータはわかりやすいですけど、他がよくわからないです。

 

アルゼンチン1993の必要能力

アルゼンチン1993の各ポジションの必要能力を、モデル選手から考えてみます。

 

まずGKとDFは軒並みわかりません。

今もそうですけど、昔は特に攻撃的な選手ばかりを追って観ていたので、守備の選手の記憶が曖昧なのですねぇ。

 

MFはDHと右CHが絞れません。

DHのモデルがシメオネかレドンドかわかれば右CHもわかりそうです。

DHは「守備的MF」と書かれていることから、シメオネで良いと思っています。

しかし、右CHは「インコントリスタ」と書かれていて、「潰し屋」の意味と記憶していますから、こちらもシメオネっぽいですよね。

レドンドも見た目とは裏腹に結構ハードなプレイをする選手ではあるのですが。

右CHの説明テキストには「戦術眼やテクニック便りに〜」と書かれていますから、テキスト的にはレドンドのように思えます。

そもそもインコントリスタはイタリア語ですよね、スペイン語圏のアルゼンチンの選手に使うというのは少し違うと思いますが。

それとも「モデルがイタリアでプレイしていた選手だよ」というヒントでしょうか?

それについても、シメオネもレドンドもセリエAでプレイ経験があるのですよね……ますますわからない……。

 

と悩みつつも、今のところDHシメオネ、右CHレドンドで考えています。

レドンドがT優先でPも必要、知性タイプ、個人・組織はどちらでしょう?

シメオネがPとS、できればスタミナ、知性タイプ、組織タイプでしょうか。

 

MFは他もよくわかりません。

左CHサパタはどういう選手でしたっけ……Jリーグの試合を観たはずですけどあまり覚えていないです。

プレイに派手さはなく、中盤に必要な技術は持ち合わせつつ、決定的なパスを出すこともあまりなかったような……。

そこからの想像で書きますけど、STP全てがそこそこ必要で、スタミナもあり、知性タイプ(?)、組織タイプであれば動きそうです。

知性タイプかというとそれも違う気もしますが……±0かも。

OHゴロシートは多彩なキックで周囲にラストパスを送るという、スキルがありエレガントでクラシカルな司令塔タイプの選手だった淡い記憶があります。

Tが必須で感性タイプ、個人タイプが動きそう。

 

FWは左がバティストゥータでしょうから、STPの全てが必要そうですけど、特にPとSは必須でしょう。

STPというよりPST(左の方がより重要)ですね。

選手の説明テキストに「ストライカー」や「点取り屋」などと書かれている選手を配置すると良さそうに思います。

感性タイプかつ個人タイプ。

右FWのアルベルト・アコスタは、ドリブルの得意なアタッカーだったような……ST系ですかね。

こちらも感性、個人でしょうか。

 

シーズン後半戦の選手配置

以上のことを踏まえて、後半戦のフォーメーションと選手配置を考えました。

先ほど貼ったものと同じです。

フォーメーションは「アルゼンチン1993」です。

 

選手配置2

選手の配置はGKがブランコ、DFが右からローム、スピネッリ、ベットリッヒ、マリア・ゴメス、MFがDHにマイナー、CHの右にヨルセン、左にアレグリーニ、OHルシアーノ・パレイラ、FWが右に高松、左にファーレスです。

キッカーはPKがマリア・ゴメス、FKとCKがルシアーノ・パレイラ、Cap.がブランコ。

 

選手総個性値65 / 監督統率力72。

戦力値は「7578」。

 

個性値に余裕がありますから、サブを入れ替えた方が良いかもしれません。

マディ・エイタやオリバー、ブライ辺りを。

 

おわりに

ということで『Webサカ2』の2135シーズン第15節終了時点での結果と、シーズン後半戦をどのように戦うかを紹介した記事でした。

 

アルゼンチン93フォメが強いのかどうか。

弱いフォメであれば順位を落としてしまいそうですけど、負け始めてもこのまま使い続ける予定です。

昔の選手ばかりで、記憶を掘り返しながらモデル選手を探す作業は難しく、でもそこが楽しいと言えば楽しいですね。

 

ウイニングイレブン2019 - PS4

ウイニングイレブン2019 - PS4

 

 

スポンサーリンク