ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSLマスターズGP「創造神杯」の第2回ウェイト130で「マデサゴーラ」への道のりが遠すぎます。「ジェネラル2」に昇格したときのパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、対人戦となる闘技場「マスターズGP」にて2019年4月7日15時から「創造神杯」の第2回が開催されています。

 

創造神杯の第2回は「ウェイト130」で、今回は記事作成時点で「ジェネラル2」までしか昇格することができません

第1回より今回の方がずっときついです。

皆さんの参考になるかわかりませんが、ジェネラル2に昇格したパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「創造神杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では「創造神杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

私にとってマスターズGPはDQMSLの苦手なコンテンツです。

普段は1日にデイリーミッション消化分の3試合をこなす他はほとんど対戦をしません。

今回の「創造神杯」第2回でも「ジェネラル2」へ行くことが精一杯です。

 

 

2019年4月度のマスターズGPは「創造神杯」が開催されます。

 

  • 第1回:2019年3月31日日曜日19時00分〜2019年4月7日日曜日9時59分
  • 第2回:2019年4月7日日曜日15時00分~2019年4月14日日曜日9時59分
  • 第3回:2019年4月14日日曜日15時00分~2019年4月21日日曜日9時59分
  • 第4回:2019年4月21日日曜日15時00分~2019年4月30日火曜日9時59分

 

スケジュールは上記のようになっていて、4週間を1シーズンとみなして1ヶ月間戦うことになります。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2019年3月31日(日)19時00分から闘技場マスターズGP「創造神杯」を開催します!
「創造神杯」は「創造神マデサゴーラ」にちなんだ報酬を獲得することができるイベントです!

「マスターズGP」では全国のプレイヤーとマッチングして対戦することができます。
対戦に勝利すると、上位のランクに進出!創造神杯限定の報酬や最上位ランクを目指そう!

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

詳しいことはこちらをご覧になってください。

 

ランクについて

創造神杯では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「ゴールデン」が「マデサゴーラ」に、ランク「カイザー」が「創造神」にそれぞれ変更されています。

 

「創造神」ランクについては2019年4月21日日曜日15時00分から開催される「創造神杯」第4回から解放されるとのこと。

第3回までは「マデサゴーラ3」が最上位という認識で良さそうです。

※「マデサゴーラ☆3」と書くとわかりにくいので「マデサゴーラ3」としています。

 

創造神1で、バトルに負けて所持しているランクポイントが昇格に必要なランクポイントを下回った場合は、ランクが下るとのこと。

先ほど書いたとおり、私はGPが苦手なためカイザー帯まで上がった経験がなく、カイザーの仕様を把握できていません。

間違えたことを書いていたら申し訳ありません。

 

そして、週が変わるとランクが3つ下がりますし、シーズンが変わると戦績やランクがリセットされます。

 

創造神杯 第2回ウェイト130

2019年4月7日日曜日15時00分から2019年4月14日日曜日9時59分までの間は、「創造神杯」の第2回が開催されています。 

 

ジェネラル2昇格

今回私は「ジェネラル2」に昇格することが精一杯です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

ところが今回の第2回は、私は第1回で通常の「ゴールデン1」相当である「マデサゴーラ1」ランクまで上がれたことで、「ジェネラル1」からのスタートとなります。

ジェネラル1からスタートしているのにジェネラル2に上がることで精一杯なのです。

要するに勝てません。

勝てたとしても、それ以上に負けてしまいます。

第1回とは比べ物にならないほどに大苦戦中です。

 

戦績1

戦績2

戦績のスクリーンショットを貼っておきましょう。

記事作成現在「ジェネラル2」にいるときの順位は、シーズン順位が「28,594位」、ウィークリー順位が「28,387位」です。

シーズン勝利数「58勝」とウィークリー勝利数「19勝」です。

 

19勝しているのに、という。

弱すぎですね、私。

 

創造神杯 第2回のルール

マスターズGP「創造神杯」の第2回のルールについてです。

開催期間は2019年4月7日日曜日15時00分から2019年4月14日日曜日9時59分までになります。

 

ルール

  • ウェイト制限:130
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:???系以外のHPとMP+15%
  • 特別ルール:なし

 

以上の対戦ルールが設けられています。

 

パーティの総ウェイトは「130以下」です。

他の条件が揃っていても、総ウェイト131以上は戦闘できません。

総ウェイトは装備のウェイトを含めたものになりますのでご注意ください。

 

第2回は使用モンスターの制限はありません。

制限ウェイト内であればどのモンスターでも使うことができます。

 

ただし、???系の他の全ての系統にHPとMPのいずれもが15%アップするボーナスが付いています。

 

ウェイト130以下のパーティ

マスターズGP「創造神杯」の第3回、ウェイト130制限で「ジェネラル2」に昇格した際の私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

編成

パーティの編成です。

紹介する編成の他にも色々と試しました。

現在は下記の編成に落ち着いています。

 

パーティ

メンバーは「デスピサロ☆4、竜王☆3、キラーマジンガ強☆3、白夜の魔人、ヴォルカドラゴン」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは新生転生しています。

 

デスピサロのリーダー特性は「全系統のHP30%アップ」です。

装備込みのパーティの総ウェイトは「129」。

 

デスピサロのHP30%アップと系統ボーナスを加えれば、随伴のキラーマジンガたちが結構なHP量になるだろうと選びました。

メインアタッカーの竜王との体技連携も考えて。

キラーマジンガは「ブレードゼロ」要員。

白夜はその特性によって毎ターン「ダメージバリア」をしてくれますし、体技か斬撃に偏った相手であれば「体技よそく」や「斬撃よそく」をすれば、相手に特技を反射してくれます。

ヴォルカは通常なら「大樹の守り」で被ダメージを半減するために入れますけど、今回は白夜がいるため役割がかぶっています。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • デスピサロ:絶望の眼差し、異形の進化、神速の剣技+1、いてつく眼光+2
  • 竜王:くいちぎる+3、咆哮+3、しゃくねつ+3、メラゾーマ+3
  • キラーマジンガ強:パニッククラッシュ+3、ブレードゼロ+3、ボミオスブレード+3、大魔神斬り+3
  • 白夜の魔人:リビルド、斬撃よそく、体技よそく、マジックバリア
  • ヴォルカドラゴン:大樹の守り、におうだち、ハッピーブレス、かえんりゅう

 

以上です。

デスピサロの特技プラスをしたいです。

 

作戦

作戦です。

今回は全て手入力で戦っているため、作戦はデフォルトのままのはずです。

全員「ガンガンいこうぜ」ですね。

 

装備

装備です。

 

装備

  • デスピサロ:魔剣士のつるぎ(錬金「体技ダメージ5%アップ」)
  • 竜王:りゅうおうの杖+7(錬金「体技ダメージ5%アップ」)
  • キラーマジンガ強:バリクナジャのムチ+7(錬金「会心率2%アップ」)
  • 白夜の魔人:りせいのサンダル
  • ヴォルカドラゴン:栄光の盾+7(錬金「息ダメージ5%アップ」)

 

以上です。

 

私はGPが苦手ですけど「みんなで冒険」はもっと苦手なコンテンツです。

装備の強化が進んでいません。

 

デスピサロと竜王の装備には錬金効果で体技ダメージアップを付けました。

「魔剣士のつるぎ」はデスピサロが装備する場合はウェイト0。

「りゅうおうの杖」も竜王が装備する場合はウェイト0です。

 

キラーマジンガはランダム5回攻撃の「バリクナジャのムチ」を装備させています。

+7に強化することで通常攻撃時2%で行動停止します。

さらに錬金効果で会心率を上げました。

全ては相手に竜王など「くじけぬ心」や「とうこん」持ちがいるケースを考えてのことです。

 

白夜の魔神は「りせいのサンダル」です。

「ごくまれいみかわし率最大」が発動すれば御の字のお守り代わり。

 

ヴォルカは「栄光の盾」です。

+7に強化して「いきなり体技防御アップ」が付きました。

さらに錬金で「息ダメージアップ」を図っています。

ハッピーブレスの威力アップですね。

以前は錬金で「におうだち・みがわり効果アップ」を付けていましたが、いまいち体感できなかったので、先日付け直しました。 

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

デスピサロは「絶望の眼差し」ばかり撃ちます。

竜王は「咆哮」ばかりで、ワンワン吠えています。

 

キラーマジンガは「ブレードゼロ」が基本ですね。

3ターン目まで生き残っていたら「パニッククラッシュ」を撃ちます。

 

白夜の魔人は、相手に斬撃系特技持ちが多めなら斬撃よそく、体技が多めなら体技よそくをします。

呪文パなら「マジックバリア」。

 

ヴォルカドラゴンは、白夜が毎ターン「ダメージバリア」を張ってくれますから、「大樹の守り」はしないで、初手から「ハッピーブレス」を吹くことが多いです。

2ターン目もハッピーブレスをすることが多いです。

しかし戦闘の流れによっては、キラーマジンガを生かせるために「におうだち」に切り替えることもあります。

 

そんな感じです。

 

正直あきらめています

正直に白状しますと、第2回で「マデサゴーラ1」へ昇格することは既にあきらめました。

19勝もして(それ以上に負けて)ようやくジェネラル1からジェネラル2に昇格していますから、マデサゴーラ1まで上がるためには何回戦えば良いのかと考えたときに。

 

使用モンスターの制限がない今回は特に厳しいですね。

皆さんとの戦力差を痛感します。

戦力差はモンスターのパワーアップだけでなく、特技や装備の強化を含めたトータルの差を。

 

でも創造神杯のように、魔王を冠にしたマスターズGPは勝てなければ魔王装備の強化が進みませんから、戦うことを諦めてしまうと今以上に皆さんとの差が開いてしまいます。

う〜ん、これでは差が開く一方だ……。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「創造神杯」第2回のウェイト130で「ジェネラル2」に昇格したパーティの、編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

デスピサロの特技プラスしてみましょうか。

とくぎ本をほとんど持っていないので+3にすることはできませんけど、せめて絶望の眼差しを+1以上にすれば今よりは戦えるかもしれませんし。

 

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1~4) - PS4

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1~4) - PS4

 

  

スポンサーリンク