ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSLマスターズGP「創造神杯」の第1回ウェイト110+プチ殿堂入り制限で「マデサゴーラ」に昇格できません。「ジェネラル2」に行ったときのパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、対人戦となる闘技場「マスターズGP」にて2019年3月31日19:00から「創造神杯」の第1回が開催されています。

 

創造神杯の第1回は「ウェイト110+プチ殿堂入りルール」で、今回は「ジェネラル2」までしか昇格することができません

皆さんの参考になるかわかりませんが、ジェネラル2に昇格したパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

追記:ジェネラル3に昇格しています。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「創造神杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では「創造神杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

私にとってマスターズGPはDQMSLの苦手なコンテンツです。

普段は1日にデイリーミッション消化分の3試合をこなす他はほとんど対戦をしません。

 

dysdis.hatenablog.com

 

2019年3月度に開催された「竜王杯」では「ゴールデン」帯までは行けていました。

ところが、この「創造神杯」第1回では「ジェネラル2」へ行くことが精一杯です。

 

 

2019年4月度のマスターズGPは「創造神杯」が開催されます。

 

  • 第1回:2019年3月31日日曜日19時00分〜2019年4月7日日曜日9時59分
  • 第2回:2019年4月7日日曜日15時00分~2019年4月14日日曜日9時59分
  • 第3回:2019年4月14日日曜日15時00分~2019年4月21日日曜日9時59分
  • 第4回:2019年4月21日日曜日15時00分~2019年4月30日火曜日9時59分

 

スケジュールは上記のようになっていて、4週間を1シーズンとみなして1ヶ月間戦うことになります。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2019年3月31日(日)19時00分から闘技場マスターズGP「創造神杯」を開催します!
「創造神杯」は「創造神マデサゴーラ」にちなんだ報酬を獲得することができるイベントです!

「マスターズGP」では全国のプレイヤーとマッチングして対戦することができます。
対戦に勝利すると、上位のランクに進出!創造神杯限定の報酬や最上位ランクを目指そう!

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

詳しいことはこちらをご覧になってください。

 

ランクについて

創造神杯では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「ゴールデン」が「マデサゴーラ」に、ランク「カイザー」が「創造神」にそれぞれ変更されています。

 

「創造神」ランクについては2019年4月21日日曜日15時00分から開催される「創造神杯」第4回から解放されるとのこと。

第3回までは「マデサゴーラ3」が最上位という認識で良さそうです。

※「マデサゴーラ☆3」と書くとわかりにくいので「マデサゴーラ3」としています。

 

創造神1で、バトルに負けて所持しているランクポイントが昇格に必要なランクポイントを下回った場合は、ランクが下るとのこと。

先ほど書いたとおり、私はGPが苦手なためカイザー帯まで上がった経験がなく、カイザーの仕様を把握できていません。

間違えたことを書いていたら申し訳ありません。

 

そして、週が変わるとランクが3つ下がりますし、シーズンが変わると戦績やランクがリセットされます。

 

創造神杯 第1回ウェイト110+プチ殿堂入り制限

2019年3月31日日曜日19時00分から2019年4月7日日曜日9時59分までの間は、「創造神杯」の第1回が開催されています。 

 

ジェネラル2

今回私は「ジェネラル2」に昇格することが精一杯です。

(追記:ジェネラル3に昇格しています)

私の限界はこの辺りで、ジェネラル1と2の間を行ったり来たりしています。

何時間も粘れば「マデサゴーラ1」まで行けるのかもしれませんけど、そうまでしてやりたいかというと……という。

いや、でも今回は結構対戦しているのですよね……それでもジェネラル2ですから、粘っても無理ですかね。

 

戦績

戦績2

戦績のスクリーンショットを貼っておきましょう。

記事作成現在「ジェネラル2」にいるときの順位は、シーズン順位が「15,026位」、ウィークリー順位が「14,920位」です。

シーズン勝利数「31勝」とウィークリー勝利数「31勝」です。

 

追記:

記事を書いた翌日に、デイリー3戦で2勝したところ「ジェネラル3」まで昇格できました。

 

ジェネラル3昇格

ジェネラル3

成績

成績2

一応証拠画像。

パーティや装備は下記に紹介したものと全く同じです。
 

創造神杯 第1回のルール

マスターズGP「創造神杯」の第1回のルールについてです。

開催期間は2019年3月31日日曜日19時00分から2019年4月7日日曜日9時59分までになります。

 

f:id:dysdis:20190403161950j:plain

  • ウェイト制限:110
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:プチ殿堂入りルール

 

以上の対戦ルールが設けられています。

 

パーティの総ウェイトは「110以下」です。

他の条件が揃っていても、総ウェイト111以上は戦闘できません。

総ウェイトは装備のウェイトを含めたものになりますのでご注意ください。

 

第1回は使用モンスターの制限があります。

「プチ殿堂入りモンスター」を使用することができません。

 

  • 竜王(新生転生/ランクSS)
  • ヴォルカドラゴン(ランクSS)
  • 魔神ダークドレアム(新生転生/ランクSS)
  • ドラゴメタル強(新生転生/ランクS)
  • JESTER(ランクSS)
  • キラーマジンガ強(新生転生/ランクSS)
  • 魔王オムド・レクス(新生転生/ランクSS)
  • 獣王クロコダイン(新生転生/ランクS)
  • じめじめバブル(新生転生/ランクS)
  • 白夜の魔人(ランクS)
  • 究極エビルプリースト(新生転生/ランクSS)
  • オーシャンボーン(新生転生/ランクSS)
  • ガルマザード(新生転生/ランクSS)
  • 義帝ガオガイヤ(ランクSS)
  • ダーティードール(新生転生/ランクS)
  • ディアノーグ(ランクS)
  • はやての貴公子アーロ(ランクSS)
  • 闇の大魔王ゾーマ(新生転生/ランクSS)
  • エビルトレント(ランクS)
  • オーガキング(新生転生/ランクS)


プチ殿堂入りモンスターは上記になります。

「新生転生」と表記されているモンスターは、新生転生後のモンスターのみが制限対象です。

新生転生前のモンスターは対象外という意味。

 

ウェイト110+プチ殿堂入り制限のパーティ

それでは、マスターズGP「創造神杯」の第1回、ウェイト110+プチ殿堂入り制限で「ジェネラル2」に昇格した際の私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

編成

ウェイト110+プチ殿堂入り制限のパーティの編成です。

 

パーティ

メンバーは「デスピサロ☆4、真・災厄の王☆3、クロコダイン☆4+4、マーズフェイス☆4、ウルスラ☆4」の5体です。

 

クロコダインは新生転生後のみ制限に入っているため、自パーティのような新生転生前のクロコダインであればパーティに入れられます。

他、新生転生が実装されているモンスターは新生転生しています。

 

デスピサロのリーダー特性は「全系統のHP30%アップ」です。

装備込みのパーティの総ウェイトは「109」。

 

このパーティメンバーにした理由は特にないです。

制限がかかっていないモンスターの中で、パワーアップによる強化が進んでいる個体を選んでいったらこうなりました。

特技に体技持ちが多いのは単なる偶然です。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • デスピサロ:絶望の眼差し、異形の進化、神速の剣技+1、いてつく眼光+2
  • 真・災厄の王:真・厄神の絶技+1、災の鉄槌、インドラの矢、魔旋斬+1
  • クロコダイン:獣王激烈掌+2、みがわり+2、マインドバリア、ダメージバリア
  • マーズフェイス:におうだち、メラゾーマ、マインドバリア、イオラ+1
  • ウルスラ:流星+2、ベホマラー+1、ザオリク+1、ライデイン

 

以上です。

特技プラスがほとんど付いていないですからね……そら勝てんわと。

 

作戦

作戦です。

 

作戦

作戦は、デスピサロと災厄の王が「ガンガンいこうぜ」、クロコダインとマーズフェイスが「みんながんばれ」、ウルスラが「いのちだいじに」です。

ウルスラはAIオートにすることが多く、他は手入力がほとんど。

 

装備

装備です。

 

装備

  • デスピサロ:魔剣士のつるぎ(錬金「体技ダメージ5%アップ」)
  • 災厄の王:竜神のヤリ(錬金「体技ダメージ5%アップ」)
  • クロコダイン:りせいのサンダル
  • マーズフェイス:栄光の盾(におうだち・みがわり効果アップ)
  • ウルスラ:りせいのサンダル

 

以上です。

 

私はGPが苦手ですけど「みんなで冒険」はもっと苦手なコンテンツです。

装備の強化が進んでいません。

 

デスピサロと災厄の王の装備には、錬金効果で体技ダメージアップを付けました。

「魔剣士のつるぎ」はデスピサロが装備する場合はウェイト0です。

 

もしかして画像の災厄の王は竜神の杖を装備しているでしょうか。

記事作成現在は、体技ダメージ5%アップの錬金効果を付けた「竜神のヤリ」に変更しています。

申し訳ありません。

 

クロコダインとウルスラは「りせいのサンダル」です。

効果は「ごくまれにみかわし率最大」。

「ごくまれ」の確率は5%ほどとのこと。

ウェイト0装備なので十分。

 

マーズフェイスは「栄光の盾」です。

+7に強化することで固有効果「いきなり体技防御アップ」が付きました。

さらに錬金して「におうだち・みがわり効果アップ」を付けていますが、効果は体感できていません。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

デスピサロは「絶望の眼差し」ばかり撃っています。

災厄の「厄神の絶技」で相手を全滅できそうなら、その前にデスピサロが「いてつく眼光」をして眼光→絶技のコンボをします。

 

災厄は1ターン目が絶技、HPが減った2ターン目以降に「災いの鉄槌」を使うことが多いです。

先ほど書いたように、相手を倒せそうなときやピンポイントで倒したいモンスターがいるときは、デスピサロが「いてつく眼光」をして、その後に災厄が「絶技」をします。

絶技は全体ランダムなので、相手モンスターがある程度絞られてから撃った方が効率は良いと思います。

とはいえデバフ付きなので、1ターン目から撃つ意味はあるかなと。

 

クロコダインは、1ターン目に「ダメージバリア」をして、2ターン目はデスピサロを「みがわり」、3ターン目まで生き残っていれば再度ダメバリか「マインドバリア」をします。

 

マーズフェイスは1ターン目で「マインドバリア」をします。

マーズというと「におうだち」をしてくるイメージが強いと思います。

私はあえてマインドバリアを撃つことが多いですね。

2ターン目まで生き残っていれば以降は「におうだち」です。

 

ウルスラはAIオートがほとんど。

 

装備「マデサゴーラの鎧」

「創造神杯」では昇格をすると「創造神ふくびき券GP」なるアイテムを入手できます。

 

創造神ふくびきGP

「創造神ふくびき券GP」は「創造神ふくびきGP」のふくびきを回すことができるアイテムです。

 

画像の「創造神ふくびきGP」は、メイン画面のメインメニュー→「ふくびき」→タブメニュー「イベント」の順に選択(タップ)するとあります。

 

マデサゴーラの鎧

 「創造神ふくびきGP」では、マデサゴーラの専用装備「マデサゴーラの鎧」が手に入ります。

画像がふくびきからマデサゴーラの鎧が手に入ったときの様子です。

 

マデサゴーラの鎧2

  • 名前:マデサゴーラの鎧
  • 能力:賢さ+43、防御力+45
  • 固有効果:特定魔王装備時ウェイト0
  • 錬金効果:--

 

専用装備と言っても他のモンスターが装備することも可能です。

しかし、他のモンスターが装備するとウェイト5、マデサゴーラが装備するとウェイト0になる違いがあります。

今回の創造神杯第1回のようにウェイトが厳しい場合にウェイト0が活きますね。

 

強化

強化は現状+4です。

+7までは遠い。

 

錬金効果

「ギラグレイドのダメージを30%アップ」の錬金効果を付けました。

「マヒャデドスのダメージを30%アップ」にするか迷いました。

どちらにした方が良いのでしょうね。

 

装備

マデサゴーラに装備させました。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「創造神杯」第1回のウェイト110+プチ殿堂入り制限で「ジェネラル2」に昇格したパーティの、編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

いやぁ今回は厳しい……ジェネラル3以上に行ける気がしません。

 

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1~4) - PS4

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1~4) - PS4

 

  

スポンサーリンク