ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

歌はブラザートムさん!亥年の干支ソング「オレ、いのししだし!」が特番「2355-0655年越しをご一緒にスペシャル2018-2019」 にて初公開されました

スポンサーリンク

Eテレの人気番組『2355(ニーサンゴーゴー)』と『0655(ゼロロクゴーゴー)』のコラボレーション、2018年から2019年の年越しに放送された『2355-0655 年越しをご一緒にスペシャル 2018-2019』にて、今年2019年の干支ソング「オレ、いのししだし!」が公開されました。 

 

目次

スポンサーリンク

 

Eテレ『2355』『0655』

Eテレの『2355』と『0655』がどのような番組かを説明しておきましょう。

 

きょうの終わりにほっとひといき。
『2355』は、見ると気持ちよくリラックスできる、
おやすみ前にぴったりの5分番組です。

 

- NHKオンライン | Eテレ 2355 

『2355』の番組公式Webサイトにはこのように書かれています。

平日23:55-00:00に「Eテレ」で放送される5分のミニ番組です。

もう一方の『0655』は……

 

0655は、1日のはじまりをつくる5分番組。
「日めくりアニメ」「おはようソング」などの楽しいコーナーで、あなたを送り出します。

 

- NHKオンライン | Eテレ 0655

『0655』の公式Webサイトにはこのように書かれています。

平日06:55-07:00に、同じく「Eテレ」にて放送されている5分のミニ番組です。

 

2355-0655年越しをご一緒にスペシャル2018-2019

毎年、大晦日から翌年の元日にかけた年をまたいで放送される、『2355』と『0655』のコラボレーション特番「年越しをご一緒にスペシャル」が、2018年12月31日23:45から2019年1月1日00:10まで放送されました。

 

dysdis.hatenablog.com

 

番組のタイトルは『2355-0655年越しをご一緒にスペシャル2018-2019』です。

 

今年もやります、『年越しをご一緒にスペシャル』!! 新年の運をキャッチする「新春たなくじ」はもちろん、いのしし年のえとソング、大人気シリーズの新作「だじゃれDE一年間」、爆笑問題がおくる驚きのワークショップ、「BAR仮説」の特別など初お目見え尽くし!

出演:爆笑問題

声:ロッチ、石澤典夫、稲塚貴一 ほか

録画データの番組説明にはこのように書かれていました。番組の概要は引用部分のとおりですね。

 

dysdis.hatenablog.com

 

私が大好きなコーナー「BAR仮説」は、舞台がいつものBARではありませんでした。

コーナータイトルは「2355 こたつで仮説」。

 

twitter.com

 

大晦日の晩、いつもの2人が、メガネを掛けた方(ロッチ・中岡さん)の家に集まって、コタツに入って温まりながら晩酌をしながらおせち料理を食べながらの仮説でした。年末感たっぷり。

お題は「れんこんの穴、なぜある問題」でした。

 

dysdis.hatenablog.com
dysdis.hatenablog.com

 

歌の新作に「だじゃれDE一年間」が披露されていたり、「尾道の渡し船」の特別版「尾道の渡し船 Special ver.」だったり……でした。

それらは今後別途記事にするかもしれません。しないかもしれません。

 

えとソング

『2355・0655年越しをご一緒にスペシャル』では毎年、新年の「干支(えと)」を題材にした歌「えとソング」が披露されるようになっています。

 

2012-2013年は「巳年(みどし)」で「チーム・にょろにょろの歌」、翌2013-2014年は「午年(うまどし)」で「走れ!ウマダ・ウマジロウ」、2014-2015年は「未年(ひつじどし)」で「メーメーメーがやってきた!」、2015-2016年は「申年(さるどし)」で「喜多喜多! さるさるどしー!」、2016-2017が「酉年(とりどし)」で「庭野トリ彦本日もケコケッコー!」、2017-2018が「戌年(いぬどし)」で「ポチが通ります」がそれぞれ年越しの特番で披露されました。

 

Baoblaze 教育玩具 PVC動物モデル 小道具 野生の猪 ギフト 家庭 置物

今年2019年の干支は「亥年(いどし、いのししどし)」、猪(いのしし)です。

どういう干支ソングになったのか……は以下。

 

「オレ、いのししだし!」

冒頭にも書いているように、今年2019年の「えとソング」は「オレ、いのししだし!」でした。

 

記憶が正しければ、誰が曲の作詞と作曲、アニメーションを担当したかの表記はなかったです。

わかったのは歌を歌った人だけで、「オレ、いのししだし!」を歌っていたのは「ブラザートム」さんでした。

 

WON'T BE LONG(完全生産限定盤) [Analog]

オリオリオリオー「バブルガムブラザーズ」の。

 

「オレ、いのししだし!」は曲のジャンル的にはレゲエになるのでしょうか。ゆる〜い曲でした。

これまでの「えとソング」にはないタイプで、これまでの『2355』や『0655』にもないタイプの曲ではないかなと思います。

いや、『0655』のオープニングテーマ「朝が来た!」は、「真心ブラザーズ」が歌っていますけれども、原曲が「ボブ・マーリー (Bob Marley) 」の「Soul Captives」ですから、それ以来かもしれません。

 

「オレ、いのししだし!」の歌詞

新えとソング「オレ、いのししだし!」の歌詞の内容です。

 

曲タイトルの「いのししだし」は、おわかりの通り「いのししどし(いのしし年)」とかかっています。

 

歌詞は、亥年が干支の最後を飾る年のため、そのことについて触れていました。

子丑寅卯辰巳午未申酉戌」ですから。

なので「Long time no see」と、久しぶり的な英語も歌詞もあったり。

 

イノシシが絡む熟語に「猪突猛進(ちょとつもうしん)」がありますけど、歌詞に猪突猛進を絡めてもいました。

動物を集めて十二支を決める謎の大会(レース)があり、猪突猛進で真っ直ぐ進んでしまってコースを外れてしまい、でもギリギリ12に滑り込めた。だから12番目の干支なのだそうです。

イノシシが神経質、きれい好きの性格であることにも触れています。

先ほども書いているように、ゆる~い曲調で、ブラザー・トムさんの歌声も雰囲気にあっていて、キャスティングの妙を感じさせます。

 

おわりに

ということで『2355-0655 年越しをご一緒にスペシャル 2018-2019』の、えとソング「オレ、いのししだし!」についての記事でした。

 

私は「オレ、いのししだし!」は結構好きです。

えとソングは「走れ!ウマダ・ウマジロウ」くらいしか好きな歌がなかったので、えとソングの中ではウマジロウに次いで好きな曲になりそうです。

 

スポンサーリンク