ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

私の『Webサカ2』に「リオネル・メッシ」がモデルの「アンドレス・ファンジオ」が来ました。めっちゃ嬉しいです

スポンサーリンク

サッカーシミュレーションのブラウザゲーム『Webサカ2』は、始めてから24週目になりました。22シーズン連続となる「本リーグA」に参加中です。

昨シーズンの結果と、新シーズンの獲得選手とフォーメーションの配置を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

ブラウザゲーム『Webサカ2』

https://websaka2.jp/

 

2018年6月6日に「ノヴェルアプローチ」社からリリースされたブラウザゲーム『Webサカ2』は、サッカー・シミュレーションゲームです。

私は2018年7月25日から始めていて、毎週日曜のメンテナンスがシーズンの切り替わり、2018年12月30日日曜日からは私にとって24シーズン目になります。

 

シーズン結果

昨シーズン2120シーズンは本Aを、15勝9敗6分(56得点41失点、得失点差+15)の7位で終えました。

2119シーズンと同じ順位ですけど、総得点・総失点はいずれも悪化してしまいました。

 

2121シーズンの自チーム編成

2121シーズンの自チームの編成です。

 

スタメン

まずはレギュラーの11人です。

 

レギュラー

  • GK「ダミアン・デル・モンテ」、モデル「ダビド・デ・ヘア」(敬称略)
  • DF「イヴァノフ」、モデルなし
  • DF「モントーヤ」、モデルなし
  • DF「ミゲール・ペコ」、モデル「ジェラール・ピケ」
  • MF「マルシオ・ホドリゴ・シルバ」、モデル「マルセロ」
  • MF「ゾラン・ヤンコビッチ」、モデル「デヤン・スタンコビッチ」
  • MF「アンドレイ・ベッテル」、モデル「アクセル・ヴィツェル」
  • MF「アルベルト・サンタマリア」、モデル「アンヘル・ディ・マリア」
  • MF「マルセリーニョ」、モデル「ロナウジーニョ」
  • MF「高松信一」、モデル「香川真司」
  • FW「エグアボン」、モデルなし

 

FWの「アンデション」、ノーマルFW「ツータン」、オフェンシブハーフ (OH) 「アベル」、MF「ジョーンズ」が下降期に入ってしまい、ドラスティックな変更を余儀なくされました。

しかし、今オフの補強で穴を埋められたかなと思っています。まずまず。

 

ベンチ入りサブメンバー

ベンチ入りサブメンバーです。サブは7人設定できます。

 

ベンチ入り

  • FW「ラミレス」、モデルなし
  • FW「ロイチェンコ」、モデルなし
  • MF「ヨルセン」、モデルなし
  • MF「シエラ」、モデルなし
  • DF「マリア・ゴメス」、モデルなし
  • DF 「スピネッリ」、モデルなし
  • DF「カセリ」、モデルなし

 

昨シーズンはDFだらけになっていたので、チーム内のバランスの調整をしました。個性値の調整も兼ねて。

 

ベンチ外のメンバー

ベンチ外のメンバーです。ベンチ外は10人。

 

ベンチ外

  • FW「アンドレス・ファンジオ」、モデル「リオネル・メッシ」
  • FW「ルイジ・クルス」、モデル「マリオ・ゴメス」
  • FW「ロメオ・ファン・デルリース」、モデル「ロビン・ファン・ペルシ」
  • FW「フレデリク・アンデション」、モデル「ヘンリク・ラーション」
  • MF「ボアス・玲偉」、モデル「ラモス瑠偉」
  • MF「高梁康平」、モデル「今野泰幸」
  • MF「マイナー」、モデルなし
  • DF「チアゴ・グレイシー」、モデル「チアゴ・シウヴァ」
  • DF「エミリオ・ロペス」、モデル「セルヒオ・ラモス」
  • DF「バイゼ」、モデルなし

 

あの人を獲れました。

 

監督

監督

監督は「ジョルジュ」から「デューラー」に変更しました。

国籍は「ドイツ」、タイプは「バランス型」。

どこか「ローター・マテウス」っぽいですけど、モデルなしのノーマル監督と思われます。

 

フォーメーションと個性値

2121シーズンの自チームのフォーメーションです。

 

アリーナリーグ

「アリーナリーグ」用の編成です。

 

フォメ1

使用フォーメーションは昨季の「アッズーロ・ミラノ2009-10 (4-2-1-3) 」から「マンチェスター・ブルー2011-12 (4-4-2) 」に変更しています。

 

配置はGKデル・モンテ、DFは右からイヴァノフ、モントーヤ、ペコ、マルシオ、MFはディフェンシブハーフ (DH) が右ヤンコビッチで左ベッテル、オフェンシブハーフ(OH) が右サンタマリア、左がマルセリーニョ、FWは右 高松、左エグアボンです。

キッカーはPKがエグアボン、FKとCKがマルセリーニョ、Cap.はヤンコビッチ。

 

選手総個性値72 / 監督統率力75。

戦力は「7421」、昨季の「7246」から+175ですか、結構上げられました。

 

ワールドツアー

「ワールドツアー」用の編成です。

 

フォメ2

使用フォーメーションは相変わらずの「ドルトムント2011-12」、4-2-3-1。

 

配置はGKデル・モンテ、DFは右からイヴァノフ、グレイシー、ペコ、マルシオ、MFはDHが右ヤンコビッチ、左ベッテル、サイドハーフ (SH) が右サンタマリア、左 高松、オフェンシブハーフ (OH) がマルセリーニョ、FWはエグアボンです。

キッカーはPKがエグアボン、FKとCKがマルセリーニョ、Cap.はヤンコビッチ。

 

選手総個性値74/監督統率力107。

戦力は「7837」、昨季「7297」から540も上げることに成功しています。

 

2121シーズンの新獲得選手

今季獲得した実在モデル選手は「ファンジオ」と「クルス」、ノーマル選手は「エグアボン」と「ロイチェンコ」、「シエラ」、「カセリ」、「バイゼ」。

記憶が定かでないですけど、バイゼの他は初獲得と思います。

それと昨シーズンのアリーナリーグ29節終了後(全30節)に、「選手のかけら」を使用して「マルセリーニョ」を獲得しています。

 

ファンジオはメッシ

「アンドレス・ファンジオ」は、アルゼンチン代表FW「リオネル・メッシ」がモデルの選手です。

ファンジオの名前は伝説のアルゼンチン人F1レーサー「ファン・マヌエル・ファンジオ」から取っていると思われます。アンドレスはメッシのミドルネームだったような(未確認)。

 

ファンジオ1ファンジオ2

エリア適正は右ウィング (WG) が最大の「7」、左WGとセンターフォワード (CF) 、OH、左右サイドハーフ (SH) が「6」。攻撃的なポジションならどこでも動きそう。

成長タイプは「標準」型。ピークは5-7期、ただピーク前後の4,8期もスピード (S)「9」あるのでポジションによっては動くかもしれません。

ピーク時のステータスはスピード (S) が「10」、テクニック (T) が「9」、パワー (P) が「5」になります。

 

メッシがモデルにしては、成長曲線にしろステータスにしろ低く評価しすぎていませんか?

1期から10期までALL「10」でも何ら不思議ではない選手なのに。ALL「10」では上げすぎであるなら、せめてSTは「10」のままでPを「8」にするくらいで良いでしょう。

ファンジオはメッシがモデルと思われますがメッシそのものではないので、この辺りのことは仕方がないですか。

 

クルスはマリオ・ゴメス

「ルイジ・クルス」は、元ドイツ代表FW「マリオ・ゴメス」がモデルの選手と思われます。

マリオ・ゴメスは母親がスペイン人なのでしたっけ? 名前がドイツ系ではないです。

 

クルス1クルス2

ポジション適正はCFが「7」、両WGが「6」。

成長タイプは「標準」型。

ピークは4-6期、7期から能力がガクッと落ちます。

ピーク時のステータスはS「6」T「8」P「10」、Pが必要なCFのフォメがあればかなり動きそうな感じです。

 

クラシカルなタイプのCFというイメージがあります。

守備に参加しない、組み立てにも参加しない、点を取ることに特化している印象です。クリスチャン・ヴィエリと被るのですよね、私の中では。

クルスはSが低めですけど、マリオ・ゴメスはスピードも案外あったような。ゴリゴリなドリブルも見せて、無理な姿勢でも強引にシュートを打つ、私は結構好きな選手です。

プレイスタイルに間違えがあったら申し訳ありません。

 

ノーマル選手

先ほど書いたように、今季獲得したノーマル選手はエグアボンとロイチェンコ、シエラ、カセリ、バイゼです。

 

バイゼは以前も獲得していて、動いていた記憶があります。

他は初獲得のはず。正直ロイチェンコとシエラとカセリの3選手は動きそうな感覚を全く持つことができないので、使うことはまずないでしょう。あくまでも個性値調整として取りました。

 

エグアボン1エグアボン2


エグアボンは1期目から実用期に入る早熟型の選手のようです。

1期目から、というか1期目しか動かないかもしれません。2期目から下降していきます。

ピークと思われる1期目はS「9」T「8」P「7」あり、S系CFで動きそうです。

エグアボンのような極端な設定の選手の方が使いどころがあって私は好きですけどね。

 

おわりに

ということで『Webサカ2』の2120シーズンの結果と、2121シーズンの戦力紹介の記事でした。

 

今季は昨季より戦力的には充実しました。充実しましたけど優勝を狙えるかと言われると難しいかなと思っています。

良くて3,4位辺りを争えるかなくらいの気構えでいます。

 

スポンサーリンク