ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

私の古着いります? メルカリやヤフオクで出品したら売れるでしょうか

スポンサーリンク

私が持っている古着って売れるのでしょうか? って売り方次第なのでしょうけど。

メルカリなりヤフオクなりで需要があるならやってみたい気持ちが少しあります。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

古着だけはある

私は古着、中でもアメリカ古着が好きなことから結構な数を所有しています。

といってもお金がないときには古着屋さんや中古屋さんに売ってしまっていたり、買い取ってもらったとしても大してお金になりそうにない状態の悪いジャンクに関しては衣料ゴミとして捨ててしまってもいたので、ピーク時よりはずいぶんと減っています。1/3くらいまで減っていると思います。

それでも若い頃から購入してきて物持ちも良い私は、おそらく一般の方々よりは洋服の所有が多い方だと思います。

 

古着たち

例えば、今簡単にお見せできる古着は画像のような洋服ですね。

これらはお気に入りの古着たちなので、これを売りたいということではなく、あくまで私の手元にある古着の一部をご覧いただこうかなとお見せしています。

 

具体的に言っていくと、左上がキルティング地、内ボアのフードジャケットです。

ミリタリーな雰囲気がありますが詳細不明。

袖までボアがあり、袖はリブニッティングで風対策・寒さ対策は万全です。インナーに着るものや地域にもよりますが、真冬でもぎりいけます。

サイズ38くらい。

 

右上がカウチンセーターです。ショールカラー。

カウチンニットにしては珍しく前身頃がボタンでもジッパーでもない「プルオーバー」で、羽織る着方こそできないものの、これからの時期に重宝します。

こちらもサイズ38から40くらい。

タグは全て無くなっていて生産国やブランドはわからず。でもカウチンならカナダ製でしょうね。

 

古着2

左上のカーキ色がミリタリーのジャングルファティーグっぽいジャケットです。アメリカ軍のものでしょう。

ピースマークなど幾つかのワッペンが付いていて、ベトナム感が出ていて良い感じです。

サイズは38程度。

 

その下の赤×黒×緑のチェック柄のシャツが『ペンドルトン (Pendleton) 』です。

ウール素材。襟がオープンカラー、両胸に外付けのフラップポケット、着丈が短め且つ裾がフラットな「ボックス型」といわれるタイプなので、現代のスタイルでも着やすいシャツです。

サイズS表記ですが日本のMほどのサイズ感。

 

右のデニムのチョアジャケットが『ビッグジョン (BIG JOHN) 』です。「ワールドワーカーズ (WORLD WORKERS) 」ブランド。

襟がコーデュロイ地、ライナーがブランケット地です。サイズ38。

 

dysdis.hatenablog.com

 

チョアジャケット、あるいはチョージャケットはカバーオールと呼ばれているアイテムですね。

 

中央付近にあるネイビーというかグレーというか、実際は黒に近い色のスウェットが、「サン・サーフ (SUN SURF) 」や「シュガー・ケーン (SUGAR CANE) 」ブランドで有名な『東洋エンタープライズ』の品。

タグにサイズ表記はなく、着た感じだと小さめのMくらい。カナダ製。

 

古着3

左下のジーンズが「エドウィン (EDWIN) 」のものです。

ロット「1057」。1000番台のロットは1970年代のものみたいです。パッチやタグのデザインも古いタイプでした。

シルエットはジップフライのストレートで、テーパリングがほとんどなさそう。

ジップは「タロン (TALON) 」かと思いきや「EDWIN」の刻印でした。

ウィストのサイズは34インチ表記。体感はもう少し小さいです。丈は直されていて、30インチほどと短め。

 

この年代のエドウィンのステッチに使われている糸がオレンジ色をしている特徴的なもので、個人的にとても好きな色合いをしています。

またこの年代のEDWINのデニム生地は面白い色落ちをします。色落ちというより経年によるものなのでしょう。

インディゴと、色落ちしたときの緯糸(横糸)である白色、それに黄色っぽさもほんの少し入るのですよね。

同じ年代と思われるオーバーオールを持っていて、そちらも1057と同じような色落ちをしていました。

見る人によっては汚らしく映る色かもしれません。私は時代を感じられる色落ちに思えて大好きなんですけどね。

 

右下が「リーバイス (Levi's) 」のコーデュロイパンツ。

色はグレー。ロットが「519」、505に近い細身のストレートシルエットになります。

ジップフライ、ジップは名機「TALON 42」です。

ウェストサイズ32。

私はこの519がとても好き。

古いコーデュロイはアタリが綺麗に付いている印象です。アタリというよりパッカリングと表現した方が良いでしょうか。パッカリングとは縫い合わせ部分のシワのこと。

パッカリングを味わいとして捉えることができるかどうかが古着を好きになれるかどうかの分水嶺になるかもしれません。とまで書いてしまうのはさすがに言い過ぎですか。

オールド・リーバイスのコーデュロイはこのパッカリングが良い具合に出ています。

 

先ほども書いていますように、今紹介した古着そのものを売りたいのではなく、これは私のお気に入りの古着なので売れません。売るとすればそれは今紹介したのとは別の古着たちです。

 

メルカリかヤフオク

ネットで手持ちの古着を売る手段としては『メルカリ』か『ヤフオク! 』があろうかと思います。類似サービスは他にもあるでしょうけど、この2つだけを考えればいいかなと思っています。

 

https://www.mercari.com/jp/

 

メルカリはスマホで売買取引できるフリマアプリですよね。フリーマーケット的なわいわい楽しめるアプリケーション。

 

auctions.yahoo.co.jp

 

ヤフオク! はインターネットで売買できるオークションサイトです。

 

メルカリとヤフオク! は似ているようで異なります。

メルカリはフリーマーケットですから、出品者が設定した値段から、購入予定者さんが値段に納得をして、あるいは購入予定者さんからの値下げ交渉を経て出品者と購入予定者がお互い納得したところで売買契約が成立する(みたい)です。

オークションは、出品者が設定した価格から自分が買い取りたい金額を提示して、期限内により高額の価格を提示できた人が落札する(みたい)です。

メルカリは価格が出品時から下がる可能性があり、ヤフオク! は価格が出品時から上がる可能性がある、というかまず上がるでしょう。

 

「みたい」とわざわざ書いている理由は、私がどちらも経験したことがないからです。ネット情報を読んで書いています。間違えていたら申し訳ありません。

メルカリとヤフオクのどちらが良いかは人によるのでしょうか。

私のような人と関わることが苦手な人や、値下げ交渉を煩わしいと感じる方にはメルカリは嫌でしょうし、メッセージのやり取りや交渉事を楽しめる人にとってはメルカリの方が楽しいと感じられるでしょう。

 

ネットで情報を読んでいる限り、メルカリでの取引の方が出品した品が売れやすそうな印象があります。トラブルも多そうですが。

 

携帯を持っていない!

大きな問題点として、私は携帯電話やスマホを持っていないことがあります。

 

仕事ができていないですし、家にこもっていることがほとんどなので、スマホを持つ理由がなかったのですね。

「iPod touch」は所有していて、そちらでスマホゲームはできています。

PCやiOSを使うことができればメルカリの出品ページを見ることは可能でしょうけど、電話番号を持っていないとそれ以上のこと、「出品」も「購入」もできないですよね……。

 

実は先日、ある「ASP」さんから参加しませんかとお誘いを頂戴した機会がありました。クローズドのASPさんのようです。

ありがたく利用させていただこうかと話がトントン拍子に進んで、いざ登録というところで……引っかかったのですね。

 

SMS認証」でしたっけ、携帯電話の電話番号が必要で、携帯電話を持っていない私はそこから先に進むことができませんでした。

なので、泣く泣くお断りのメールをして登録を諦めることになりました。

せっかくのチャンスを逃してしまうのが私なのですよねぇ……その日から数日は激しく落ち込みました。

 

おそらくですけど、メルカリにもそのSMS認証が必要になるのでしょう。よって今の私には使うことができないはずです。

 

ヤフオク! フリマ出品

一方、『ヤフオク! 』はフリマ出品であれば「Yahoo!プレミアム会員」でなくても出品できるみたいなのですね。

 

ヤフオク!ヘルプ - フリマ出品で出品するには

 

こちらも出品するためには、先ほども書いたSMS認証が必要みたいです。

ところがSMS認証とは別の方法、「本人確認」でも登録ができるみたいでから、スマホ契約をしていない私でもヤフオク! のフリマ出品ならできそうです。

 

本人確認とは、Yahoo!ウォレットに登録されたお客様の住所および氏名あてに送付される暗号を、ウェブ画面にて入力し、登録されたご本人であることを認証する手続きです。

上記リンク先のヘルプにはこのように書かれています。

Yahoo!から贈られてくる暗号を私がWebの画面に入力すればOKということ。

 

ヤフオク! のフリマ出品は「定額商品専用」だそうです。

出品価格と購入価格が同じということ。

つまり、オークションのように購入予定者が価格を入札することで出品時より価格が上がることがなく、またフリーマーケットのように購入予定者が値下げ交渉をすることで出品時より価格が下がることもないみたいです。

交渉事が苦手な私のような人間にピッタリな感じがします。

 

ヤフオク! フリマの問題点

ヤフオク! フリマ出品の問題点は、調べた限りでは1点ありそうです。

 

それは「期間」で、出品してから7日間しか期間がなく、7日間売れなければもう一度初めから再出品しなければいけないみたいなのですね。

売れるまで出品しっぱなしができない、ということ。

 

出品数が少なければ問題はさほど大きくないですが、出品数が多ければ多いほどネックになりそうな仕様になることでしょう。

ただ、1週間経っても売れない品は、その後も売れない可能性が高そうですけどね。

 

スマホを買うという選択

手段としてはスマホを買うこともあるでしょう。そしてフリマ出品とメルカリを併用すると。

 

iPhoneは私にとって高価なので、安いAndroid端末が対象になりそう。

Amazonで探してみると1万円未満の端末まであるのですね……これならいけるかもしれないと少し思ってしまいました。

 

ASUS ZenFone 4 MAX SIMフリースマートフォン【日本正規代理店品】ZC520KL-GD32S3/A

ただ、最近はあのメーカーなどがあれみたいなので、台湾の『エイスース (ASUS) 』の「ZenFone 4 MAX」などが狙い目かもしれません。

製造があちらならメーカーの違いは大して意味ない気もしますが……。

 

mvno.dmm.com

 

私がスマホを使うとしたら、ほとんど家のWi-Fiでの通信を利用することになりますから、高速通信の契約は必要ないでしょう。

ですから契約をするなら格安の『DMMモバイル』の「ライトプラン」+「SMS」や……

 

rokemoba.com

 

ロケットモバイル』の「神プラン」+「SMS」になりそうです。

少し前に調べたときには、ロケモバの神プランは新規の契約を結べない感じでしたが、現在はどうなのか調べていません。

簡単に調べただけなので他にも色々なサービスがあると思います。

 

おわりに

ということで、私の古着を売ろうか、売るならどうしたらいいかの記事でした。

この記事をご覧になって、紹介したような古着を持っている人の品なら欲しいかも、という方がいらっしゃるでしょうか。

とか色々調べて書きましたけど、面倒くさがりの私のことなので結局は売らないかもしれませんね。

 

スポンサーリンク