ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

『Webサカ2』の「ワールドツアー」の全チームを倒せました。フォーメーションも全て取れたはずです

スポンサーリンク

サッカーシミュレーションのブラウザゲーム『Webサカ2』は、始めてから13週目になりました。

11シーズン連続となる「本リーグA」に参加中です。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

ブラウザゲーム『Webサカ2』

https://websaka2.jp/

 

2018年6月6日、「ノヴェルアプローチ」社からリリースされたブラウザゲーム『Webサカ2』は、サッカー・シミュレーションゲームです。

私は2018年7月25日から始めていて、毎シーズン日曜がシーズンの切り替わり、2018年10月14日日曜日から13シーズン目です。

 

f:id:dysdis:20181014083335j:plain

昨シーズン2109シーズンは本Aを、20勝4敗6分(95得点38失点、得失点差+57)の3位で終えました。

惜しい!28終了時点(全30節)では1位だったんですよね……本当に惜しかったです。

昨季から急に覚醒して強くなりました。私自身どうして覚醒したのか理由や原因がわかっていません……。

 

とはいえ入賞はできました。初。ありがとうございます。

 

2110シーズンの自チーム編成

2110シーズンの自チームの編成です。

 

スタメン

f:id:dysdis:20181014083624j:plain

画像が自チームのスタメンです。

 

ゴールキーパー (GK) 。

  • GK「ダミアン・デル・モンテ」、モデル「ダビド・デ・ヘア」(敬称略)

 

ディフェンダー (DF) は4人。

  • 右サイドバック (SB) 「バイゼ」、モデルなし
  • 右センターバック (CB) 「モントーヤ」、モデルなし
  • 左CB 「クリスティアン・ペトレスク」、モデル「クリスティアン・キヴ」
  • 左SB「ババヤロー」、モデルなし

 

ミッドフィールダー (MF) は5人

  • ディフェンシブハーフ (DH) 「ビットマン」、モデルなし
  • 右インサイドハーフ (IH) 「アーノルド・ジョーンズ」、モデル「アーロン・ヴィンター」
  • 左IH「ボアス・玲偉」、モデル「ラモス瑠偉」

 

フォワード (FW) は3人。

  • 右ウィング (WG) 「ジュアン・サイコビッチ」、モデル「デヤン・サビチェビッチ」
  • センターフォワード (CF) 「ヌーノ・パウロン」、モデル「ペドロ・パウレタ」
  • 左WG「高松信一」、モデル「香川真司」

 

ノーマル選手の右CBマイナー、左SBのカーク、右WGドフレイエがいずれもピークが終わり下降期に入ってしまいました。

マイナーの代わりにモントーヤ、カークの代わりにババヤロー、ドフレイエの代わりにサイコビッチをそれぞれイン。

ただ昨季よりメンバー的に落ちそうですね……だとすれば優勝は今季も厳しい。

 

ベンチ入りサブメンバー

ベンチ入りサブメンバーです。

サブは7人設定できます。

 

f:id:dysdis:20181014083956j:plain

  • FW「ラミレス」、モデルなし
  • FW「ツータン」、モデルなし
  • FW「ビオラ」、モデルなし
  • MF「ミルコ・ルカリッチ」、モデル「ルカ・モドリッチ」
  • MF「レゲカンプ」、モデルなし
  • DF「中山浩一郎」、モデル「中田浩二」
  • GK「カブレラ」、モデルなし

 

ベンチ外のメンバー

ベンチ外のメンバーです。

ベンチ外は10人。

 

f:id:dysdis:20181014084157j:plain

  • FW「滝川雅司」、モデル「岡崎慎司」
  • MF「モンターニャ」、モデル「マンシーニ」
  • DF「ブリス」、モデルなし
  • MF「リカルド・コンテ」、モデル「ロブソン・ポンテ」
  • MF「ハリ」、モデルなし
  • MF「ノリ・チャビン」、モデル「ヌリ・シャヒン」
  • MF「アルベルト・サンタマリア」、モデル「アンヘル・ディ・マリア」
  • DF「チャド・ローズ」、モデル「ダヴィド・ルイス」
  • DF「マリオ・エンゲルス」、モデル「マッツ・フンメルス」
  • DF「小林孝俊」、モデル「吉田麻也」

 

監督

f:id:dysdis:20181014084455j:plain

監督は昨季と同じ「ブルーノ・ジョルジュ」です。

ポルトガル、バランス型。

モデルなしのノーマル監督と思われます。

 

フォーメーションと個性値

2110シーズンの自チームのフォーメーションです。

 

f:id:dysdis:20181014084659j:plain

こちらの画像がアリーナリーグ用の編成。

使用フォーメーションは「バルセロナ2004-05」、4-3-3。

選手総個性値76/監督統率力82です。

戦力は「7075」、昨シーズンが7188でしたから少し下がりました。

 

f:id:dysdis:20181014084923j:plain

こちらがワールドツアー用の編成です。

使用フォーメーションは「ドルトムント2011-12」、4-2-3-1。

選手総個性値76/監督統率力91です。

戦力は「7300」、昨季は7533。

こちらも下がってしまいました。カークとマイナーの離脱が痛い……。

 

ブラジルとフランスとポルトガルを倒せた!

『Webサカ2』の「ワールドツアー」モードでは、日本や南米、ヨーロッパのナショナルチームとクラブチームと戦うことができます。

そのうち「ブラジル2002」と「フランス2006」と「ポルトガル2016」の3チームにどうしても勝てないでいました。

他は勝てています。

 

f:id:dysdis:20181014085150j:plain

f:id:dysdis:20181014085159j:plain

が、昨季ようやく勝つことができました。

フランスもポルトガルもブラジルも、エンブレムの左上に黄色いマークが付いていますよね。

チーム毎に課せられたミッションがあり、プレイヤーがそのミッションをクリアしていると、このマークが付きます。

要するに倒せたということ。

ポルトガルが最後まで残っていて勝てずにいたのですが、辛うじて……いやいや、強かったですね。もう一度3点差で勝てと言われても勝てないでしょう。

 

全チームを制覇しました。おめでとうございますありがとうございます。

ミッションコンプリートでフォーメーションも全て獲ることができたはず。

 

サンタマリアが動きそうな予感

今季は実在モデルで獲得した選手は2人ですか、少なかったです。

 

今季下降期に入ったデ・ブルイネがモデルのドフレイエは、放出した後に再獲得のチャンスが2度ほどありました。しかしいずれもキャンセルしています。

同じシーズンで放出と再獲得ができる状態はゲームの不具合ではないかと思うのですが……どうなのでしょう?

 

f:id:dysdis:20181014090320g:plainf:id:dysdis:20181014090325g:plain

サンタマリアはアルゼンチン代表MFディマリアがモデルと思われます。

リアルの2018-19シーズンはパリ・サンジェルマンに所属していましたっけ?

右サイドを主戦場にしているようで、サイコビッチが担当しているバルサ04-05の右WG、あるいはドルトムント11-12の右SHで動きそうな選手に感じられます。

成長曲線を見ると「早熟」タイプです。

あぁ、早熟だとサイコビッチと被ってしまいますか……「通常」タイプなら良かったのに。

 

f:id:dysdis:20181014090803g:plainf:id:dysdis:20181014090805g:plain

そして、もう一人獲得した中山は、中田浩二をモデルとしているだけあって適正ポジションが幅広く、左SBが最大の「7」、CBと右SB、DH、左右WBが「6」あります。

ただ成長曲線は「早熟」タイプで、こちらも今は人がいるポジションのため持て余している状況です。もったいない。

 

おわりに

ということで『Webサカ2』の2110シーズンの記事でした。

いやぁ、本当に優勝できそうで惜しかったんですよね……詰めの甘さ、これが私クオリティ。

今季は昨季より戦力が落ちているみたいですから、優勝どころか入賞も怪しいでしょう。残留が目標になりそうです。

 

スポンサーリンク