ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

古着に合うソックスの条件は?古着ファッションをするときに履くソックスを紹介します

スポンサーリンク

ファッションのカテゴリーでは、古着で持っている洋服をこれまで何度か紹介してきました。

今回は靴下の話です。ソックス

 

目次

 

スポンサーリンク

古着ファッションの悩み

古着を着ていて結構悩むことがソックスです。靴下。

何を履いたらいいのか、わからなくないですか?

ファッション誌を見ても、古着の特集を組まれるとジーンズやらTシャツ・シャツやらアウターやらスニーカーやらは多く扱われる、というか内容のほとんどがそれらで、案外ソックスについては触れられないのです。

 

いや、結局のところ好きなものを履けよというところで落ち着くのですが。

 

RAILROAD SOCK

個人的に一番多く履いているのが「レイルロード・ソック (RAILROAD SOCK) 」です。

そのホワイト(白無地)を。

 

f:id:dysdis:20181006152941j:plain

 

Amazonで売られていて、私は6パックのものを買います。

価格は2,500円ほどだったかと。

画像は私がAmazonで購入したレイルロードソックの6パック、未開封。

 

f:id:dysdis:20181006154636j:plain

パッケージ裏面の画像です。

 

f:id:dysdis:20181006153149j:plain

開封して1パックだけ取り出した画像です。

このレイルロードソックは安いとか、コスパ抜群とか、履き心地が良いとか、耐久性が高いとか、そういうことは特にない、ごく普通の「スリークォーターソックス」であり「クルーソックス」です。

 

f:id:dysdis:20181006153913j:plain

で、左足で履いてみた画像。

雰囲気がとても良い。

どこに良さを感じているのか自分でもよく分かっていません……生地の適度な粗雑さでしょうか。

 

靴下の選び方・考え方

私は古着の中でも特に「アメリカ古着」が好きでよく着ています。

当ブログで紹介する古着もアメリカ古着や、あちらのものがモデルになっているタイプのものがほとんどです。

あんまりレアなものを紹介すると外でバレるの危険があるかなと思い、あまり手持ちのものを紹介できていませんけれども……ジャンクなものまで含めれば数だけはあります。

 

脱線気味なのでソックスに話を戻しますと、私は……

着ている洋服がアメリカのものなのですから、靴下もアメリカのものにしたらいいじゃん?

……というシンプルな発想でレイルロードソックを選んでいます。

 

そう、レイルロードソックはアメリカのブランドなだけじゃなく「アメリカ製造」のソックスなのです。

証拠に1枚目の画像に「MADE IN THE USA」と書かれていますね。

あえて「THE」と書いているところに彼らの誇りを感じたり感じなかったり。

 

古着ファッションは同じジャンル、同じ国、同じ時代のものを選ぶようにするとまとまりやすくなる、という考え方が私の中にはあります。

実際にそうすることで合わせやすくなる傾向があるでしょう。

古着といっても靴下のような消耗品はなかなか残りませんから、靴下まで時代を合わせることは非常に困難ですし、デッドストックならいざ知らず古着の靴下なんてそもそも使いたくないですよね。

ですから、せめて同じ国のものを選べば違和感が少なく・なくなるのではないかなと考えて選んでいます。シンプルというか安易というか。

 

さらにこのレイルロードソックのクルーソックスの良いポイントがあります。

それはブランドロゴやマークといったロゴや文字がソックスに一切入っていないことです。

完全無地、これも個人的にはとても大きなポイントでした。

 

RAILROAD SOCKとは?

1901年創業アメリカの老舗ソックスメーカーの「RAILROAD SOCK」。ブランド名の通り鉄道作業員向けソックスの生産から始まり、現在ではワーカー向けのソックスからカジュアル向けのソックスまで生産しております。アメリカ製を現在でも維持している貴重なブランドで、その歴史が感じられるクラシックなデザインのパッケージも注目!こちらのソックスは内側がパイル状になっており、ふわっとしたクッション性のある快適な履き心地です。

Amazonの販売ページの抜粋です。

とてもわかりやすいブランド説明です。

 

ラインソックスも好き

スケートをする人が履くような「ラインソックス」も嫌いじゃないです。いえ、嫌いじゃないどころかかなり好きです。

ラインソックスも古着に合います。

 

ところがこれがまぁ好みのラインがないのですね……。

ラインの本数や、ラインの太さ、ライン間の間隔、ラインの色、ライン毎に色が違う等など……なかなか好みのものが見つかりません。

好みのものがあっても値段が高すぎて断念したり。

 

おわりに

レイルロードソックの他にもアメリカのソックスブランドというと、例えば「Helathknit(ヘルスニット)」社もそうですよね、確か。

ヘルスニットのソックスは比較的手に入りやすいので私は履きます。

でもデザインの好み的には「惜しい」商品が多い印象です。

それと「米国製」ではないでしょうか。

 

今回はふくらはぎくらいの長さであるスリークォーターのクルーソックスの紹介でした。

丈の種類でいうと、アンクル丈のソックスでは好みのものが見つけられていません。むしろ教えていただきたいです。

 

スポンサーリンク