ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

Webサカ2の2106シーズンで「選手の欠片」を使い長友と岡崎と香川がモデルの選手を獲得しています

スポンサーリンク

サッカーシミュレーションのブラウザゲーム『Webサカ2』を始めて9週目に入りました。

7シーズン連続となる「本リーグA」に参加中です。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

ブラウザゲーム『Webサカ2』

https://websaka2.jp/

 

2018年6月6日、「ノヴェルアプローチ」社からリリースされたブラウザゲーム『Webサカ2』を2018年7月25日から始めました。

Webサカ2はサッカーのシミュレーションゲームです。

 

私は2018年7月25日から始めていて、2018年9月16日日曜日から7シーズン目です。

毎シーズン日曜がシーズンの切り替わり。

 

f:id:dysdis:20180918153858j:plain

昨シーズン2105シーズンは本Aを、12勝6敗12分(32得点18失点、得失点差18)の8位で終えています。

得失点差を見るとそれほど悪い成績ではないですけど、終わってみればやっぱり中団でした。

2106シーズンも本Aでスタートし、記事作成時点で7試合を終えて4勝2敗1分(14得点13失点、得失点差1)の5位です。

 

2106シーズンの自チーム編成

2106シーズンの自チームの編成です。

 

スタメン

f:id:dysdis:20180918154135j:plain

画像が2105シーズンの自チームのスタメンです。

 

ゴールキーパー (GK) 。

  • 「ショーン・カート」、モデルは「ジョー・ハート」(敬称略)

 

ディフェンダー (DF) は4人。

  • 右サイドバック (SB) 「大西秀喜」、モデル「酒井宏樹」
  • 右センターバック (CB) 「アンヘル・ブルゲラ」、モデル「カルレス・プジョル」
  • 左CB 「カラ・トーレ」、モデル「コロ・トゥーレ」
  • 左SB「イヴァノフ」、モデルなし

 

ミッドフィールダー (MF) は5人

  • 右ディフェンシブハーフ (DH) 「アーノルド・ジョーンズ」、モデル「アーロン・ヴィンター」
  • 左DH「ノリ・チャビン」、モデル「ヌリ・シャヒン」
  • 右サイドハーフ (SH) 「ユミト・アベル」、モデル「メーメット・ショル」
  • オフェンシブハーフ (OH) 「ボアス・玲偉」、モデル「ラモス瑠偉」
  • 左SH「野洲佳司」、モデル「乾貴士」

 

フォワード (FW) は1人。

  • センターフォワード (CF) 「バレリー・ディミトロフ」、モデル「ディミタール・ベルバトフ」

 

ベンチ入りサブメンバー

ベンチ入りサブメンバーです。

サブは7人設定できます。

 

f:id:dysdis:20180918154257j:plain

  • FW「ヌーノ・パウロン」、モデル「ペドロ・パウレタ」
  • FW「ダニエル・アリ」、モデル「ゲオルゲ・ハジ」
  • MF「エドムンド・カルデロン」、モデル「フアン・セバスティアン・ヴェロン」
  • MF「フィリップ・カーク」、モデル「フィリップ・コクー」
  • DF「吉田友樹」、モデル「長友佑都」
  • DF「ブランコ・ミサイルビッチ」、モデル「シニシャ・ミハイロビッチ」
  • GK「ダミアン・デル・モンテ」、モデル「ダビド・デ・ヘア」

 

ベンチ外のメンバー

ベンチ外のメンバーです。

ベンチ外は10人。

 

f:id:dysdis:20180918154531j:plain

  • FW「滝川雅司」、モデル「岡崎慎司」
  • MF「高松信一」、モデル「香川真司」
  • FW「レオン・ドフレイエ」、モデル「ケヴィン・デ・ブルイネ」
  • MF「ジュアン・サイコビッチ」、モデル「デヤン・サビチェビッチ」
  • MF「マイナー」、モデルなし
  • DF「コベルト・ケルキ」、モデル「ロベルト・ヤルニ」
  • GK「マウリシオ・ディアス」、モデル「ジーダ」
  • GK「カール・イエンス・バッハ」、モデル「ハンス=イェルク・ブット」
  • GK「ジェイソン・ヘヴン」、モデル「シェイ・ギヴン」
  • GK「カブレラ」、モデルなし

 

監督

f:id:dysdis:20180918154925j:plain

監督は「イエーガー」です。

モデルなしのノーマル監督と思われます。

 

フォーメーションと個性値

2106シーズンの自チームのフォーメーションです。

 

f:id:dysdis:20180918155011j:plain

フォーメーションは「ドルトムント2011-12」を使用。

毎度おなじみのフォメ。

選手の配置は画像のようになります。

 

戦力は「6626」。

昨シーズンは「6962」でしたから落ちています。

全員の個性/統率力は「88/95」。

 

ゴールキーパーばかり取った

今シーズン獲得した選手は吉田とデル・モンテ、滝川、高松、ディアス、バッハ、カブレラ(ノーマル)、ミサイルビッチです。

キーパーはカートが、成績は悪くないものの良くもないことと、サブにいたヘヴンが落ち目に入ったことで、キーパーばかり取っていました。

 

f:id:dysdis:20180918155633g:plainf:id:dysdis:20180918155635g:plain

キーパーはデ・ヘアがモデルのデル・モンテと……

 

f:id:dysdis:20180918155744g:plainf:id:dysdis:20180918155746g:plain

ジーダがモデルのディアスと……

 

f:id:dysdis:20180918155834g:plainf:id:dysdis:20180918155837g:plain

 ブットがモデルのバッハ……

 

f:id:dysdis:20180918155918g:plainf:id:dysdis:20180918155922g:plain

ノーマルのカブレラを取りました。

 

正直、どの選手も活躍しそうな気がしますけど、中でもデル・モンテが動きそうな予感がするので使っていきたいです。

ただ、デル・モンテは選手説明に早熟の天才ゴールキーパーと書かれていながら、成長曲線はノーマルタイプなんですよね……初期値はあまり高くありません。

ディアスもノーマルタイプで、バッハは晩成タイプ、ですから今すぐにカートの代わりになる選手はいませんでした。

 

カブレラは面白そうなノーマル選手で、2ではない『Webサカ』の攻略サイトを見ると活躍するノーマル選手の一人みたいです。

ただ、奇数期にスランプ、偶数期に絶好調と、1期毎に好不調の波が来るタイプで、かなり使いにくそう。

1で活躍するからといって2で活躍するとは限りませんし。

 

選手の欠片

また、今週は日本人選手を多く取りました。

これは通常のチケットによる選手獲得ではなく、「選手の欠片」なるアイテムから獲得できた選手です。

「選手の欠片」は「ワールドツアー」モードで戦えるチームに勝利することで得られ、その欠片が一定数以上に達するとその選手を獲得できる仕組み。

 

f:id:dysdis:20180918160921g:plainf:id:dysdis:20180918160925g:plain

長友がモデルの吉田と……

f:id:dysdis:20180918160932g:plainf:id:dysdis:20180918160935g:plain

岡崎がモデルの滝川と……

f:id:dysdis:20180918160944g:plainf:id:dysdis:20180918160947g:plain

香川がモデルの高松の3選手です。

 

Jリーグのチームは南米や欧州のチームに比べれば弱いので、ゲームを開始した当初から勝てるJチームから得られる日本の選手の欠片が比較的取りやすくなっています。

 

高松はゲーム開始時に得られるプレゼント選手にもいました。

あちらの高松はドルトムントのユニフォームを着ていて、こちらは日本代表のユニフォームを着ています。

ドルトムントの画像を貼り忘れていると思いますが、おそらく名前は同じでも別IDの認識なのだと思います。別選手扱いということ。

 

欠片の選手を獲得する際は、任意に自チームから放出選手を選んで交換できます。

ですから選手を代謝させたいときや、個性値を調整したいときに使うと良さそうですね。

今回獲得した欠片の選手でいうと吉田は1期目から実用レベルにありそうでしたから、予め早熟タイプとわかっていれば、緊急で穴を埋める用にも使えそうです。

私はシステムがよくわからないまま、何となく獲得できる選手を全て取ってしまいましたが……次からはそのように使いたい。

 

ミサイルビッチ

チケットで獲得した選手で唯一ゴールキーパーではない選手というと、ミハイロビッチがモデルのミサイルビッチです。

ネーミングが面白い。

 

f:id:dysdis:20180918162050g:plainf:id:dysdis:20180918162052g:plain

ミハイロビッチというとフリーキックですね。

ラツィオ時代でしたっけ、フリーキックだけでハットトリックを決めたくらいの名手。

『Webサカ2』でもFKの値が最大の「10」です。

 

ただし能力的には、テクニックはピーク時「9」と高くなりそうですけど、スピードがピーク時「7」低そうですし、パワーもピーク時「8」までしか上がらないですから、活躍するポジションが少ないかもしれません。

 

おわりに

ということで『Webサカ2』の2106シーズンの記事でした。

なかなか上位に行けず、ちょっと飽きてきたかな……と。やはり勝てないと面白くない。

ワールドツアーは、ブラジル2002とフランス2006とポルトガル2016になかなか勝てずにいます。

この3チームは戦力が7800台とか7900台とかなんですよね……強すぎです。

 

あと、そろそろフォーメーションを変えようかなと思っています。

今の閉塞感を打破する一手になるかどうか。

キリよく来シーズンの開幕からにしましょうか。

 

スポンサーリンク