ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSL『連武討魔行』の「参の試練」を「ドラゴン系だけのパーティ」でミッションを攻略できたのでパーティメンバーを紹介します

スポンサーリンク

2018年8月7日15:00から、スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)では、期間限定のチャレンジクエスト「連武討魔行」が開催されています。

 

先日、期間限定の「冒険スタンプ」に「連武討魔行」に系統縛りによるクリアのミッションが追加されました。

そのうち「参の試練をドラゴン系だけパーティでクリア」の自パーティの編成を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「連武討魔行」

www.dragonquest.jp

 

DQMSLでは2018年8月7日火曜日15:00からドラゴンクエストⅪイベントのチャレンジクエスト「連武討魔行」が、2018年9月30日18:59まで期間限定で実装されています。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

ドゥルダの大修練場を舞台にしたチャレンジクエスト「連武討魔行」が登場!

連武討魔行は強敵たちとの2連戦!
さらに、 「きせきの丘」で使用できる「きせきのカギ」を手に入れたり、「とくぎの秘伝書(ランクB)」を仲間にするために、ミッションに挑戦しよう!

また、各クエストは、初回のみスタミナ0で挑戦できます!

 

[ 対象クエスト ]
■ひとりで冒険
特別クエスト「連武討魔行」
・壱の試練
・弐の試練
・参の試練

上記キャンペーンページにはこのように書かれています。

 

注意事項としては、この「連武討魔行」に出現するモンスターは仲間にならないこと、全滅をしても「旅の僧侶」を呼ぶことができないこと、でしょうか。

ミッションや討伐リストはしっかりとクリア画面まで到達して、ミッションや討伐の達成を確認しましょう。

報酬は「きせきのカギ」だったり「とくぎの秘伝書(B本)」だったりです。

 

「きせきのカギ」が必要になるクエストは、記事作成時点でまだ実装されていませんので、どれくらいの数が必要になるか不明です。

ただ、過去の「カンダタ」や「超魔ゾンビ」などの例を考えると、持っていれば持っているだけ良いでしょう。

 

参の試練「ドラゴン系パーティ縛り」

f:id:dysdis:20180812172605j:plain

2018年8月11日でしたか2018年8月10日でしたか、メイン画面の右側にある「冒険スタンプ」に、「連武討魔行」関連のミッションが追加されました。

今回この記事ではそのうち「参の試練」の「ドラゴン系のモンスターのみでクリアしよう」というミッションを攻略します。

報酬は「とくぎの秘伝書」1体です。

 

画像は既に全てクリア済み状態です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

以前、当ブログでは参の試練の「スライム系だけのパーティでクリア」のミッション攻略の記事を書いています。

参の試練に出現するモンスターなどついて書いているので、こちらもご覧になってください。

 

f:id:dysdis:20180812080953j:plain

「連武討魔行」はどの試練でも2連戦をします。

参の試練は、1戦目の敵編成が「リップス」「フラワーゾンビ」「セイレーンゴースト」の3体です。

状態異常パ。

 

f:id:dysdis:20180812082230j:plain

2戦目の敵編成は「グレイトボンバー」「キラーマシン2」「キラーマシン」の3体です。

物理パ。

 

参の試練「ドラゴン系縛りパーティ」攻略

私の、参の試練「ドラゴン系縛りパーティ」での攻略パーティを紹介します。

 

f:id:dysdis:20180813091636j:plain

攻略メンバーは画像の通りです。

強新生「キングヒドラ強」と「ヴォルカドラゴン」、新生転生「グランシーザー」、「凶スカルゴン」、新生転生「ボボンガー」です。

サポートモンスターには新生転生「グレイナル」をお借りしました。

 

キングヒドラ強は、「息をすいこむ」で次ターンの息ダメージ2倍にした上で、「ブレスストーム」や「焦熱爆破」といった息を吐く、ブレス攻撃係です。

ヴォルカドラゴンは、「大地の守り」で2ターンの間味方へのダメージを半分にした上で、「におうだち」をして守ります。

グランシーザーは、「絶対零度」や「パニッシュメント」のブレス攻撃で、キングヒドラ強との連携を狙います。

凶スカルゴンは、「斬撃よそく」をセットしていて、主に2戦目のキラーマシンズの斬撃に対して反射させる係です。

また「みがわり」も持っているので、回復・蘇生役のボボンガーを守ることもあります。

前述のとおり、ボボンガーは回復・蘇生要員です。

 

サポートモンスターのグレイナルは、「蒼天の守り」が味方全体の物理・呪文・息防御力を上げて、且つMP回復状態にしてくれます。

MP回復状態になることが重要ですので、必須レベルで必要なモンスターでした。

守りを入れた後は、「シャイニングブレス」で敵単体に無属性のブレス攻撃をしてもらいます。

また、「ぎらつく眼光」は敵単体の状態効果を解除した後に確率で息防御を2段階下げます。

私はほぼ使いませんでしたが、余裕があれば使っていきたいところ。

 

息防御のデバフでいうと、「ファンキードラゴ」をお持ちなら使った方が良いですね。

ファンキードラゴの持つ「しっぽビンタ」は息防御を下げます。

私は牧場にいなかったので、無しで挑みました。

地図にはありました。

 

ドラゴン系は回復できるモンスターが非常に少なく、ボボンガーを持っていないユーザーさんには厳しいかもしれませんね。

持っていない場合はサポートモンスターに設定しているフレンドさんたちを探すしかないですか。

あるいは、「コアトル」に「ベホマラー」を付けるとか?

ん〜、回復量が足りなくなる気しかしないです。

 

参の試練「ドラゴン系パーティ」の立ち回り

参の試練、ドラゴン質系縛りパーティでの立ち回りです。

 

f:id:dysdis:20180813093843j:plain

1戦目は、リップスとフラワーゾンビがデイン弱点だったと思うので、グランシーザーのパニッシュメントが非常に効きます。

 

キングヒドラ強は息を吸い込んでからブレスストームや焦熱爆破のみ。

ヴォルカドラゴンは大地の守りからにおうだちのみ。

におうだちで味方を守るヴォルカドラゴンが倒された場合は、ボボンガーの「みかわしのひやく」で蘇生、できれば死なないように「せかいじゅのしずく」や「ハッスルダンス」で回復します。

凶スカルゴンは、「みがわり」でボボンガーなどを守ります。

グレイナルは蒼天の守りで防御バフ+MP回復状態にした後、息攻撃に移行し、キングヒドラ強やグランシーザーの息と連携を取ります。

 

2戦目は、基本的には1戦目と同じ立ち回りです。

違うことは凶スカルゴンが「斬撃よそく」をすることくらい。

斬撃よそくで、キラーマシン2の「ボミオスブレード」を反射できればシメたもの。

 

おわりに

ということで私の「連武討魔行」の「参の試練」、ドラゴン系パーティ縛りの攻略パーティ紹介でした。

 

自然系のポセイドンもそうでしたが、ドラゴン系のグレイナルも持っていないので、今回サポートモンスターで使ってみて、その便利さを痛感しました。

欲しいです。

 

グレイナルの他では、ボボンガーとヴォルカドラゴンを持っているかどうかで難易度は変わってくるかと思います。

特にヴォルカドラゴンは比較的最近実装されたモンスターなので、持っていないユーザーさんも多いでしょう。

私もつい最近手に入れたばかりでした。

運が良かったです。

 

ヴォルカドラゴンをサポートモンスターに設定しておいた方が良いでしょうか?

ボボンガーも。

 

ヴォルカドラゴンを持っていない場合は……

「アギロゴス」か「バザックス」で行けるかも?

アギロゴスは「聖なる防壁」と「オーロラブレス」が強いですから、むしろヴォルカドラゴンより良いような気もします。

アギロゴスの防壁は1戦目で活躍するはず。

バザックスは「みがわり」でボボンガーを守る。

 

「デビルドラグナー」も良いかも。

私は地図を1枚のみ持っていましたが、出していないので今回の起用は見送りました。

 

スポンサーリンク