ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSL『連武討魔行』の「弐の試練」を「自然系のみのパーティ」でミッションを攻略できたのでパーティメンバーを紹介します

スポンサーリンク

2018年8月7日15:00から、スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)では、期間限定のチャレンジクエスト「連武討魔行」が開催されています。

 

先日、期間限定の「冒険スタンプ」に「連武討魔行」に系統縛りによるクリアのミッションが追加されました。

そのうち「弐の試練を自然系だけパーティでクリア」の自パーティの編成を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「連武討魔行」

www.dragonquest.jp

 

DQMSLでは2018年8月7日火曜日15:00からドラゴンクエストⅪイベントのチャレンジクエスト「連武討魔行」が、2018年9月30日18:59まで期間限定で実装されています。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

ドゥルダの大修練場を舞台にしたチャレンジクエスト「連武討魔行」が登場!

連武討魔行は強敵たちとの2連戦!
さらに、 「きせきの丘」で使用できる「きせきのカギ」を手に入れたり、「とくぎの秘伝書(ランクB)」を仲間にするために、ミッションに挑戦しよう!

また、各クエストは、初回のみスタミナ0で挑戦できます!

 

[ 対象クエスト ]
■ひとりで冒険
特別クエスト「連武討魔行」
・壱の試練
・弐の試練
・参の試練

上記キャンペーンページにはこのように書かれています。

 

注意事項としては、この「連武討魔行」に出現するモンスターは仲間にならないこと、全滅をしても「旅の僧侶」を呼ぶことができないこと、でしょうか。

ミッションや討伐リストはしっかりとクリア画面まで到達して、ミッションや討伐の達成を確認しましょう。

報酬は「きせきのカギ」だったり「とくぎの秘伝書(B本)」だったりです。

 

「きせきのカギ」が必要になるクエストは、記事作成時点でまだ実装されていませんので、どれくらいの数が必要になるか不明です。

ただ、過去の「カンダタ」や「超魔ゾンビ」などの例を考えると、持っていれば持っているだけ良いでしょう。

 

弐の試練「自然系パーティ縛り」

f:id:dysdis:20180812172605j:plain

2018年8月11日でしたか2018年8月10日でしたか、メイン画面の右側にある「冒険スタンプ」に、「連武討魔行」関連のミッションが追加されました。

今回この記事ではそのうち「弐の試練」の「自然系のモンスターのみでクリアしよう」というミッションを攻略します。

報酬は「スキルのたね」2個です。

 

画像は既に全てクリア済み状態です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

以前、当ブログでは「物質系だけのパーティでクリア」のミッション攻略の記事を書いています。

弐の試練に出現するモンスターなどついて書いているので、こちらもご覧になってください。

 

f:id:dysdis:20180811155225j:plain

「連武討魔行」はいずれの試練でも2連戦をします。

弐の試練は、1戦目の敵編成が「メイジドラキー」と「メイジももんじゃ」と「メイジキメラ」です。

 

f:id:dysdis:20180811155231j:plain

2戦目の敵編成は「ベンガル」と「とらおとこ」と「あらくれパンダ」の3体です。

物理パです。

 

弐の試練「自然系縛りパーティ」攻略

私の、弐の試練「自然系縛りパーティ」での攻略パーティを紹介します。

 

f:id:dysdis:20180812173137j:plain

攻略メンバーは画像の通りです。

「テンタコルス」と「ロック鳥」、新生転生「デスアラウネ」、新生転生「神鳥レティス」、「デビルパピヨン」です。

サポートさんには「ポセイドン」をお借りしました。

 

テンタコルスは、「海原の守り」で味方全体の呪文防御と息防御を上げ、「活力の舞い」で味方を回復しつつ素早さを上げ、「海魔の秘薬」で蘇生と素早さを上げ、「体技封じの舞い」で体技を封じてくれる、キーモンスターです。

ロック鳥は、「漆黒のツメ」「斬撃よそく」「ベホマラー」「マインドバリア」の特技構成で、主に2戦目のマインドバリア要員です。

デスアラウネは、「アラウネウィップ」で斬撃+防御ダウンのデバフ、「いかしの光」でHP回復しつつ状態異常も回復、「バイシオン」で攻撃力アップのバフ、攻撃要員ですね。

レティスは、「神鳥の守護」で2ターンの間ダメージを1/3に減らし、「いやしの雨」で回復+2ターンの間回復状態にし、「はやての息吹」でバギ系息攻撃、「いてつくはどう」で敵にかかる状態変化を解く、何でも屋ポジション。

デビルパピヨンは、味方全体に魔法反射を張る「マホターン」要員です。

 

今見ると回復ばかりで攻撃要員が足りていない感がありますね……。

「プチットヒーローズ」や「フロストナーガ」など入れても良かったかも。

『不思議の塔』で手に入る「ほうおう」を鍛えられているのであれば、「ベギラゴン」や「ギラマータ」が良い攻撃手段になりますね。

私の手持ち「ほうおう」はまだ星17なので厳しいかなと思い、起用しませんでした。

「ほうおう」のレベルが低いと、味方の平均レベルが下がり、サポートモンスターのレベルも下がってしまうので。

 

でも正直、このパーティはサポさんの「ポセイドン」に任せっきりです。

ポセイドンは特性の「一族のめぐみ」により、毎ターン自然系の味方の物理防御力を上げてくれます。

さらに特技「あまつゆのカーテン」を使うことで、斬撃防御を上げてくれ、さらにMP回復状態にもしてくれます。

「大自然の怒り」で敵全体に防御力依存の体技ダメを与えることもできます。

 

弐の試練「自然系パーティ」の立ち回り

弐の試練、自然質系縛りパーティでの立ち回りです。

 

f:id:dysdis:20180813093911j:plain

1戦目は、斬撃を封じられるため、デビルパピヨンのマホターンが活躍します。

メイジドラキーの「魔力かくせい」からのベギラマなど、敵の魔法を反射してもらいます。

後はなぐったり体技や息ダメをコツコツ入れていくだけです。

 

ただメイジももんじゃがマホトラ踊りでこちらのMPを奪っていきます。

なのでメイジももんじゃを初めに倒し、1体を残しておいてポセイドンの「あまつゆのカーテン」でMP回復状態にします。

ある程度MPが回復したらラスト1体を倒して2戦目に行きましょう。

 

2戦目は、あらくれパンダの魅了スキル「みわくのたまころがし」には、ロック鳥の「マインドバリア」で対策をして防げます。

……が、テンタコルスの「体技封じの舞い」で完封できました。

魅了さえ防げれば後は楽ですね。

防御を上げながら、回復を欠かさないようにしながら、コツコツ殴っていくのみ。

 

おわりに

ということで私の「連武討魔行」の「弐の試練」、自然系パーティ縛りの攻略パーティ紹介でした。

 

自然系縛りですと、「マホアゲル」持ちを入れられないので、MP管理が厳しいです。

そのためにポセイドンがいるといないとでは難易度がずいぶん違ってくるでしょう。

ポセイドンがいなければ絶対クリアできなかというとそうではないと思いますが、時間はかかるかもしれませんね。

 

私のフレンドさんはサポートモンスターにポセイドンを入れている方が一人もいらっしゃらなかったので、何度も何度もリストを更新してようやくお一人見つけ出しました。

私も持っていないので、私のフレンドさんも苦労されたかもしれません。

サポートモンスターはユーザー全体から検索をかけられれば良いですが……。

 

今回のミッションはポセイドンを持っていないユーザーさんからすれば、ポセイドンをサポートモンスターに入れているユーザーを見つけることが、一番の難関かも。

 

スポンサーリンク