ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSL「連武討魔行」の「弐の試練」を「物質系だけのパーティ」でミッションを攻略できたのでパーティメンバーを紹介します

スポンサーリンク

2018年8月7日15:00から、スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)では、期間限定のチャレンジクエスト「連武討魔行」が開催されています。

 

今回は、「連武討魔行」のうち「弐の試練」に提示されているミッションから、「物質縛りパーティでクリア」の自パーティの編成を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「連武討魔行」

www.dragonquest.jp

 

DQMSLでは2018年8月7日火曜日15:00からドラゴンクエストⅪイベントのチャレンジクエスト「連武討魔行」が、2018年9月30日18:59まで期間限定で実装されています。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

ドゥルダの大修練場を舞台にしたチャレンジクエスト「連武討魔行」が登場!

連武討魔行は強敵たちとの2連戦!
さらに、 「きせきの丘」で使用できる「きせきのカギ」を手に入れたり、「とくぎの秘伝書(ランクB)」を仲間にするために、ミッションに挑戦しよう!

また、各クエストは、初回のみスタミナ0で挑戦できます!

 

[ 対象クエスト ]
■ひとりで冒険
特別クエスト「連武討魔行」
・壱の試練
・弐の試練
・参の試練

上記キャンペーンページにはこのように書かれています。

 

注意事項としては、この「連武討魔行」に出現するモンスターは仲間にならないこと、全滅をしても「旅の僧侶」を呼ぶことができないこと、でしょうか。

ミッションや討伐リストはしっかりとクリア画面まで到達して、ミッションや討伐の達成を確認しましょう。

報酬は「きせきのカギ」だったり「とくぎの秘伝書(B本)」だったりです。

 

「きせきのカギ」が必要になるクエストは、記事作成時点でまだ実装されていませんので、どれくらいの数が必要になるか不明です。

ただ、過去の「カンダタ」や「超魔ゾンビ」などの例を考えると、持っていれば持っているだけ良いでしょう。

 

弐の試練「物質系パーティ縛り」

f:id:dysdis:20180811155114j:plain

「連武討魔行」のうち「弐の試練」のミッションには「サポートを含む物質系だけのパーティでクリア」というものがあります。

これが個人的に少々厄介でした。

 

f:id:dysdis:20180811155225j:plain

「連武討魔行」はどの試練でも2連戦をします。

弐の試練は、1戦目の敵編成が「メイジドラキー」と「メイジももんじゃ」と「メイジキメラ」です。

魔法パですね。

 

「メイジももんじゃ」がヤラシイ攻撃をしてきます。

「斬撃ふういん」でこちらの斬撃スキルを封印してきたり、「マホトラ踊り」でこちら1体のMPがゼロにさせられたりします。

斬撃ふういんが1ラウンド目、マホトラ踊りは偶数ラウンドにしてくるようです。

また「メイジドラキー」の、「魔力かくせい」をした上でのベギラマを撃ってきます。

「メイジキメラ」などと魔法での連携をされると大変危険です。

 

f:id:dysdis:20180811155231j:plain

2戦目の敵編成は「ベンガル」と「とらおとこ」と「あらくれパンダ」の3体です。

1戦目とは対象的に2戦目は物理パです。

 

2戦目でも「あらくれパンダ」がヤラシイ攻撃を仕掛けてきます。

「みわくのたまころがし」でしたか、これを食らうと高確率で魅了にかかってしまいます。

「マインドバリア」持ちを入れることが重要です。

 

弐の試練「物質系パーティ縛り」攻略

私の、弐の試練「物質系パーティ縛り」での攻略パーティを紹介します。

 

f:id:dysdis:20180811160152j:plain

攻略メンバーは画像の通りです。

強新生「キラーマジンガ強」と「ツイストーチ」、新生転生「まおうのかげ」、「マーズフェイス」、新生転生「ゴールデンパペット」の5体です。

サポートさんには「キラーマジンガ強」をお借りしました。

 

キラーマジンガ強は1戦目で斬撃が封じられるのですが、殴りでもそこそこのダメージは出るので採用です。

ツイストーチは、「回復のコツ」&「ベホマラー」持ちのため、「しゅくふくの杖」を装備させて回復要員です。

空きターンはメラゾーマを撃たせます。

「まおうのかげ」は1戦目の魔法パ対策で、味方全体に魔法反射を張る「マホターン」要員、それと「体技封じの息」で敵の体技を封じることができると優位に戦闘を進められます。

マーズフェイスは、1戦目のマホトラ踊り対策で「におうだち」をして被害を一身に受けてもらったり、1戦目で「マインドバリア」を張るために起用しました。

ゴールデンパペットは、MPが減った仲間に「マホアゲル」をし、また2戦目の物理攻撃を避けるため「タップダンス」を使います。

 

弐の試練「物質系パーティ」の立ち回り

弐の試練、物質系パーティ縛りでの立ち回りは基本的に上記で書いたとおりです。

 

1戦目は、斬撃が封じられれば斬撃なしでキラーマジンガ強には攻撃をしてもらいますが、私は幸いにも封じられなかったので斬撃で行けました。

マホトラ踊りにはマーズフェイスの「におうだち」で被害を1体に集中させてから、ゴールデンパペットでMP回復です。

 

普通なら、メイジドラキーの「魔力かくせい」→ベギラマが怖いので、メイジドラキーを最優先に倒した方が良いでしょう。

しかしこちらは「まおうのかげ」で「マホターン」を張っているので、むしろ生かせていました。

メイジドラキーとメイジキメラ、特に前者は勝手に自滅してくれます。

メイジももんじゃのマホトラ踊りの方が個人的には嫌でしたね。

 

2戦目は、ゴールデンパペットの「タップダンス」、「ピオリム」も持っていたのでどちらかを欠かさずかけて、物理を避ける行動を取っていました。

魅了スキルの「みわくのたまころがし」には、マーズフェイスの「マインドバリア」で対策をして防ぎます。

いや体技封じの息をしたかも。

後はキラーマジンガ強の斬撃や、ツイストーチの「メラゾーマ」、「まおうのかげ」の「ヒャダルコ」で攻撃です。

 

ウェイト110以下のパーティで攻略

弐の試練には「サポートを含むウェイト110以下のパーティでクリア」のミッションもあります。

こちらの編成はシンプルに新生転生「ダークドレアム」と新生転生「トガミヒメ」、サポートさんからも新生転生「ダークドレアム」をお借りしました。

サポさん含めて3体パーティでした。

 

立ち回りもシンプルです。

トガミヒメが「鬨のふえ」をしてドレアムの攻撃と素早さを2段階アップさせた上で、ドレアムが「真・魔神の絶技」をぶっ放す。

これだけ。

 

おわりに

ということで私の「連武討魔行」の「弐の試練」、物質系パーティ縛りの攻略パーティ紹介でした。

 

物質系パーティ縛りとウェイト110のミッションを同時に攻略することはしませんでした。 

スタミナ効率を考えれば、同時攻略をした方が良いかもしれないです。

しかし私レベルでは一発打開は難しく、何度か挑戦してしまえば分けて挑むのと変わらない、かえって効率が悪くなるかもしれないと思い、分けています。

 

ミッションは他にも「すべてのモンスターを撃破してクリア」と「経過ラウンド4以下でクリア」があります。

この2つは魔王をたんまり入れて同時にクリアしました。

 

なので、全ミッションをクリアするのにトータル3回出撃させていますね。

それでも初回の挑戦はスタミナ0でできますし、1回のスタミナ消費は5ですから、あまり気にしないでやりました。

 

そうそう、サポートモンスターの設定で、物質系を1体入れておくと喜ばれるかもしれません。

私もキラーマジンガ強を入れておきました。

スポンサーリンク